キャディバッグの様子

技量に合わせて目的別のクラブで構成するという観点からの全11本。打てないクラブやあまり使わないクラブは入っていませんし、この中に苦手クラブはありません。

常に完成しないのがゴルフの技術でありクラブセッティングですが、今回の11本はどこにも不満や不足部分がないのでセッティングだけは完成形と言えるかも。


長いクラブのセッティングを少し変更


クラブセッティング2019年5月29日

前回からの変更は、フェアウェイウッドの追加とユーティリティの番手入れ替え。これはおもに180〜210Yあたりをカバーするクラブですが、番手をどう入れるかではなくてそれぞれの目的を考えてセッティングした使える2本です。

これ以外ではサンドウェッジを新調。入れ替え時はシャフトをさらに柔らかくしてもっと短くしてみようかなとも考えましたが、ひとまずは以前と同じ仕様で新調しました。


DR グランプリ・ワンミニッツ G57
シャフト(CHIP GOLF ADC-1 F0)
1W/42.50インチ/13度

FW ムジーク・オンザスクリューDF
シャフト(CHIP GOLF ADC-1)
7W/39.50インチ/21度

UT ピン・アンサー・ハイブリッド
シャフト(CHIP GOLF ADC-1 F0)
4U/38.50インチ/23度

アイアン 三浦技研 CB-1008
シャフト(CHIP GOLF ADC-1 SPL-i)
6I/36.50インチ/30度

アイアン 三浦技研 CB-1008
シャフト(N.S.PRO ZELOS 7)
7I/36.00インチ/35度
8I/35.75インチ/40度
9I/35.50インチ/45度
PW/35.25インチ/50度

ウェッジ 三浦技研 MB-5000WB
シャフト(N.S.PRO ZELOS 7)
AW/35.125インチ/53度

ウェッジ 三浦技研 MG-R01(チップゴルフカスタム)
シャフト(CHIP GOLF ADC-1+)
SW/34.50インチ/56度

パター Edel Golf E-2
PW/32.00インチ


前回との変更点をピックアップ


ムジークの短尺7W
三浦の黒ウエッジ

【ドライバー】
前回43.5インチを42.5インチまで短くできるようリシャフトして、「正確性は増したが少し飛ばなくなった」と記事にしましたが、その後の練習で飛距離は以前と遜色なくなりました。やはり使い方(当て方)の問題でしたね。リシャフトは難しい!

(関連記事)
やさしさと安定性を求め、さらに短いドライバーに挑戦!|ゴルフマニア手帳


【フェアウェイウッド】
短尺7Wの性能はその使用上、通常クラブの5Wに匹敵するものですが、このやさしさは素晴らしいのひと言!いろいろな場面でかなり重宝しています。やさしく遠くへ飛ばせるという安心感はもしかしたらドライバー以上に心にゆとりが出来ますね!

(関連記事)
短尺フェアウェイウッドの飛距離と正確性|ゴルフマニア手帳


【ユーティリティ】
27度から23度にしてやさしくなりました。ロフトが立ったのにやさしいくなるというのは少し矛盾がありますが技術のせいもあるでしょう。27度まで寝ていると打ち出し角が安定せずに、ミスした時の失敗感がかなりありました。

(関連記事)
便利な1本にしたい!やさしいユーティリティを求めて!|ゴルフマニア手帳


【サンドウェッジ】
これはチップゴルフ工房に薦められて投入したもので、まだコースでは未使用。打感が大きく変わりました。またソール形状から抜けの良さが抜群なので期待してます。低く力を伝えてスピンの効いたアプローチが出来そうなので今から楽しみです。

(関連記事)
三浦技研MG-R01のカスタムウェッジ到着!|ゴルフマニア手帳


各番手の使用距離など


いつも紹介しているとおり、飛距離(使用距離)も紹介しておきます。7Wの追加とUTの番手変更でアイアン以上の必要距離が充実してきました。

※内容は、番手、平均キャリー(使用するキャリー幅)

1W 220Y(215〜230Y)
7W 195Y(185〜210Y)
4U 180Y(170〜195Y)
6I 160Y(150〜170Y)
7I 145Y(135〜155Y)
8I 130Y(125〜140Y)
9I 115Y(105〜125Y)
PW 100Y(85〜110Y)
AW 80Y(〜95Y)
SW 65Y(〜40Y)

※ウェッジではフルショットをしないのでこういう表記になります。

アイアンは6、7番は飛ばすクラブ、8番以下はグリーンを捉えるクラブという意識付けをしていますが、私の場合は全番手同じように振り切ってしまうため、ショートアイアンの精度が低いのが悩みです。距離を落としても方向性を求めないといけませんねぇ。

それを解消してくれそうなのがアイアンのカーボンシャフト化で、工房からもかなり強く薦められているんですが、古い頭のせいかなかなか踏み切れません。

カーボンシャフトは高価ですしね(苦笑)。

今後、新ウェッジでアプローチが安定してきたら、次はパーオン率のアップを考えないといけないので、その時に真剣に試打したりして考えてみたいです。