練習(屋外)

2017年02月16日

メトログリーン東陽

普段からインドア練習場オンリーで、屋外で練習することがめっきりなくなってしまった。でもたまには外で風を感じながら、実際のボールが飛んでいく緊張感を感じないと、ってことで久しぶりの屋外レンジ。

記事の続きを読む

2014年01月20日

ゴルフスイングの土台作り (3)
私は学生時代陸上をやっていて、今でもほぼ毎日少量ながらスクワットを行い、歩くのが大好きでおまけに関西人なのでかなり早歩き。ということで、下半身というよりは脚力に自信がある。なのになぜ、スイングにどっしり感がないのか?という単純な疑問からスタート。

下半身が「土台」と思えるところまで重心を落とすドリル。私の場合はここまで落とさないと「土台になってるなぁ〜」という感じで振れなかったのと、どうせやるなら出来るところまで!ってことで。

記事の続きを読む

2014年01月07日

9番アイアンが基本クラブ

冬場はプロっぽくオフシーズンと決め込んでいるので、じっくり落ち着いた練習ができる。じっくり時間を使ってあせらずゆっくりと基礎を固められる期間を作るのだ。こういった期間を設けることによって目標を持った集中練習ができるので、私にとっては凄く重要で楽しい時期。

記事の続きを読む

2013年10月25日

奥様久々の練習

今日は夫婦でレンジへ出かけた。娘が産まれてから1度だけ出かけた記憶があるにしてもおそらく3年ぶりくらい。6年前に夫婦で始めたゴルフだけど、彼女は2009年6月以来コースに出ていない。

娘も幼稚園に行くようになったことだし、その時間内に行って帰ってこられるゴルフ場が荒川河川敷にいくつもある。まずはハーフプレー出来るところを探して再開してみようってことでまずは肩慣らしに。

最盛期には及ばないだろうが、結果は想像以上。すぐにもプレーできる感じだった。4年もブランクあるのにこれは凄いかも。

今日の自分の練習は、奥さんの再開がメインだったのでハーフスイングとアプローチを多めに合計230球ほど打った。これはいつもの倍くらいの球数だけど、あることを徹底して確認したかったから。

記事の続きを読む

2013年10月23日

寒い日の朝のゴルフ練習場

練習場から人が減る、良い季節になった。これからどんどん人が減って益々待たずに好きな打席に入ることができるようになる。

最近は平日の朝7〜8時頃がもっぱらの練習時間。なのでもともと混んではいないが、「空いてそうな時間」の予測幅が大きくなるので、朝の貴重な時間を割くにはとてもいい環境になってきた。

それ以外に「他人がサボってる間に」という、「抜け駆け的」な自己満足感が増すのが以前から好き。例えると、「バーディーとボギーで2打差が開く」みたいな感覚。そんなのどうでもいいか(笑)。

でも一番嬉しいのは、にわかゴルファーがいなくなること。特にグループで来るこの手の人達は実にやっかいなので助かる。やっぱり、出来るだけ静かな環境で、上手な人に囲まれて練習したいから。

冬場で平日の早朝なんて、それはもうお手本の宝庫。練習場自体の空気もキリッと締まって、独特の環境がそこにある。


2013年10月06日

6番アイアン練習動画

風邪のひき始めが先月の19日頃。その後、娘と伝染し合って今もまだ症状が改善されないまま。もともとアレルギー性鼻炎スタートだったのでややこしく、改善されてから通院したので医者も不明だと。そしてやっと症状から解放されたと思ったら数日前から強烈な肩凝り。

体調がすぐれないまま3週間。ボールを打ったのは先月のラウンド以降2回のみ。この間は素振りばかり。でもたまには打たないのも良かった様子で、日曜日は久しぶりながら好感触の練習になった。

素振りばかりの日々から、クラブでボールを打てる悦び。こういうのは気分的効果なんだろうか。な〜んにも考えないで過ごした後、久しぶりにクラブを握ったという「フレッシュ感だけ」じゃないので、繋ぎ目のある良いブランクになったように思う。今のところ(笑)。

でも相変わらず「カットし過ぎ」というミスはやらかしてしまう。クラブが右肩の上から下りてきてしまう。もっとベルトの上というか、背中の真ん中くらいから下りてきてもらわないと・・・。難しいなぁ。

その形を優先すると、右足前くらいからダフる(笑)。もうダフっても良いからダフりまくって矯正すべきなんだろうけど、外の練習場ではなかなかそこまで出来ない。木曜日の室内レッスンで徹底してみよう。


2013年08月29日

早朝練習のひとコマ


タイトルどおりの写真じゃないのは許してもらう(笑)。

今日の練習でも約半分のボールをハーフスイングに消費。グリップ位置が右腰→左腰までスイングなので、人によってはスリークォーターと呼ぶかもしれない。これで6月から再開させたレッスンの復習中。


現在取り組んでいる目標は、簡単に言うと「効率良いスイング」。もっと言うと「楽に見えて凄い球を打つヤツになる」というもの。具体的には「ヘッドスピードを上げるための動きを覚える」ということなのかな。

取り組んでるのはこんなこと
ボールを捕まえるスイングプレーン
左股関節への体重移動をしっかり
ダウンスイングは腰から動く(回りすぎない)
ハンドダウンで体の正面でインパクト
ヘッドが戻ってくるタイミングをつかむ
ボールの先を加速ポイントにしてターフを取る


1行ずつにすると多い。でも実際の動きとしては重複している内容があるので、頭の中はそんなに一杯じゃない。それで、これらを理解したり体に覚えさせるためにはフルスイングばかりしてたら追いつかない。

レッスンで課題に取り組んでいる期間、コースでの影響を気にする人がいるが、私はそんなことどうでもいい。実際にコーチも「明日ラウンドなんです」なんて生徒には、あまりややこしいレッスンを強要しない。

成果が出るとしたら、真面目に取り組んで(レッスン間の自習も含め)少なくとも数カ月は先。それまで良かったり悪かったりで、ギザギザで緩やかな右肩上がりな線を引いていくもんだろう。

そんな私も、最近は良かったり悪かったりを交互に繰り返す。この感覚は懐かしい。レッスンに通い詰めてた頃、今より更にヘタッピだったあの頃もそうだったなぁ。で、振り返るとズンズン上手になってた。手加減されないために、「いつコースへ行く」なんてことも隠してた(笑)。

「今日の失敗は来年の自分のためにある。」

以前、ウチの奥さんがどこかのコースでボソッっと言った言葉。きっとどこかで聞いてきたのだろうけど、今でもよく覚えてる。

2013年07月23日

向原ゴルフセンター

意外と混んでる平日の早朝練習、時間は7時〜8時。待たないでいいし入場料もないしボールも多い。いい汗かいてシャワー浴びて出勤すると目も体も冴えて仕事もいきなりスタートダッシュできる。

いいことづくめ。

今日は左に一直線(少しドロー気味)のボールが多くでた。しかも8番アイアンあたりで。コーチから修正を課せられている「回りすぎ」ということなんだろうか。出球から判断すると回り過ぎ+アッパー過ぎ+力入りすぎ(振ってしまってる)ってことなんだろうなぁ〜。

5月末から再開させたレッスン。あれ依頼、気持ちの悪い日と凄く気持ち良くスイングできる日が交互にくる。新しいものに取り組んでる時のあの懐かしい感じが蘇ってきている。進化している証拠。

と思っておく(笑)。


2013年02月24日

オフシーズンの練習風景

オフシーズンは毎週平均2回の練習をほぼ休まず続けた。家族と遊びに出る時も、クラブセットを持参して近くの練習場を探したり、娘と2人で出かける時もレッスン場で遊ばせたりで、休まないようにした。

一番の成果は、自転車で通う練習場に、3W(スプーン)と5番アイアンを必ず持参。その2本を練習の基本クラブにすることによって、この2本がかなり楽なクラブと感じるようになったこと。

当然その下の5W、6番アイアンはもっと楽になったのは言うまでもないこと。途中で一瞬ショートアイアンに違和感を感じるという妙な弊害が出かけたが大したことはなかった。これでやっとバッグの中のクラブが全部打てるようになった。ゴルフ開始6年目にしてやっと。

肉体的には、オリジナルの結構きついスクワットを週に4回、風呂場のミストサウナを浴びながら12月から欠かさず続けている。これのスイングへの成果ははっきりいって分からない。ただ、学生時代に陸上で鍛えた足の筋肉の張りが少しずつ戻っているのが嬉しい。

もともと娘を自転車に乗せて5〜10kmくらい先に遊びに行く習慣はあったけれど、冬はできないのでこれをスクワットを取り入れた。自転車よりもこうやって筋肉の動きを感じながら動く方が手応えがある。具体的には階段や走るのが楽になって、疲れにくくなった。

ここ数年は大きく平均スコアが伸びるようなことはなくなったが、昨年はかなりゴルフが進歩した。今年も同様の期待が持てそう。内容が良くなれば数字の少しずつついてくるだろう。後は頭と精神状態。


2013年01月03日

2013年練習開始
ドライバーの打痕

タイトルは特にドライバーショットのテーマ。フェードと呼べないようなスライスを時々打ってしまうようになったので、開かず擦らずの中弾道で強い球目指して2日、3日と連続で練習場へ出向いた。

テークバックからトップにかけて、まるでカット打ちのようなフェースの動きがある。正面から見るとトップでフェースがこっちを向く。空に向けるようにするには、トップで右手を出前持ち(死語)状態にしないと。

右手が出前持ちの動き
テークバックからこの動きのための準備が始まるため、いきなり動き方が違ってくる。でも左手甲を甲側に追ってしまう悪癖も直る。左手甲を張りながらのテークバックもやりたかったので一石二鳥。

しかしイマドキ、こんな風に出前のお盆を点に向けて担いでる人がいるんだろうか(笑)と余計なことも考えながら続ける。ダウンスイングでは右手のひらでボールを引っ叩く感じ。リストターンというよりは、スナップを利かせた野球のアンダースローのような雰囲気。ただし投球イメージではなくて、地面に埋め込むというかゴロを転がすイメージ。

いきなりボールが強くなるが安定性は低下。でも時々出るドライバーの強い弾道が癖になりそう。飛距離アップの効果があるかどうかは不明だけど平均飛距離は上がってくれそうに感じた。

おまけにこれはアイアンやウッド系もいい感じ。ウェッジでのショートスイングもミスの少ないボールコンタクトが取れそう。これは春までしばらく続けてみよう。ボールをあまり上げないゴルファーになりたい。


2012年11月01日

5番アイアン練習動画

練習の甲斐あって、5番アイアンが簡単に思えてきた。練習に必ず持参するようになってしばらく経つが、コースでの実績が増えてなおさらそう思えるようになってきた。良い練習クラブにもなっている。

意識としては5〜7番が同じようなイメージでミドルアイアン。8番以降がショートアイアン的なイメージで使っている。人によっては5番をロングアイアンと呼ぶみたいだけど、3番から普通にセッティングされていた昔はどこからをロングアイアンと呼んだんだろう・・・。

5番アイアンで得られる効果は、体を使ってヘッドをボールに導き、クラブヘッドが走る感覚。腕でボールコンタクトさせるのではなく、あくまで体全体でヘッドをボールへ「導く」というイメージが自分に合う。

動画は、
1球目…薄い
2球目…ナイスショット
3球目…ダフリ
4球目…プッシュアウト気味
5球目…ナイスショット

3球目はコースでは、100Yも飛ばないチョロだろう。実際にコースではこんなにドローしない。自分の場合、ショートアイアンではフェードが出て5〜7番ではあまり右へは曲がらず、真っ直ぐかややドロー。

ウッド系では、アイアン練習同様に長い3Wを中心に練習中。でもまだアイアンほどの効果は出ていない。じわじわといった感じ。


2012年10月14日

ハンドファースト
PWのインパクト静止画

インパクト時の注意事項。左脇を締めてハンドファーストの形でボール位置を通過するようにクラブヘッドを導く。あくまで「導く」という意識を大切にする。力でその形を作ろうとすると手ばかり先に出て、ボールを右に置いてパンチショットしたようにしかならないので注意。

この土日で意識した練習内容。5〜6番アイアンとウェッジ以外は概ねこのイメージでボールが結構捕まるようになってきた。ただこの力感は完全習得するまでまだまだ時間がかかることになりそう。

5〜6番アイアンは凄く引っ掛けてしまう。ウェッジは一定のスピードというか一定の力感でなかなかスイングできない。高い球、普通の球、低い球と打ち分けたいので、やってることが贅沢過ぎるのかも。

久しぶりに土日2日連続でレンジに出かけていい練習ができた。やはり週1回では単に身体慣らしにしかならないような気がする。まあ自宅素振りにすっかりサボっていたので、仕方ないか・・・。


2012年10月11日

7番アイアン練習動画

リンク先の動画は数日前の夜練習のもの。ラウンド後に見てもらったアドバイスから大きく、そして楽にクラブを振り上げられるようになった。楽にリズム良く振っている感じはあっても右股関節が伸び上がっている。

以前までの経緯としては、この癖を抑えているうちにスイングがコンパクトになり確実性が増した。でもスイングが窮屈になっていた。それを自分なりに大きくしたらまた伸びあがり始めた。

クラブを直線的に上に振り上げてしまう癖があるので、体の後方にクラブを回して直線ではなくて円で振る意識を持たないと・・・。自分を軸としてクラブがその周りを回る。そんな感じでクラブを振りたいものだ。




2012年10月08日

ウェッジの方向性

長らくの課題だった40〜60Yのウェッジショットは、インパクト以降で上半身を回転させてボールを運んでいくイメージで、方向性がかなり良くなってきた。やや右に打ち出してしまうことがまだ時々あるけれど、確実に良くなってきている。

ちょっと右に出るから左を向いて構えるということを長くやってきたけれど、他のミスを誘導したり他のショットとのギャップがこれによって減るのは確実で、なにしろやはり考えがシンプルになる。

昨日のラウンドでは、いつも以上にウッドとUTが良かった。とても分厚いインパクトを感じられて気持ちが良かった。これを一過性のものに終わらせたくないので、今日は多めに反復させた。

しかいまだまだ長いのは不安定さがある。今日は3W、UT21度、5番アイアンを多めに練習した。各タイプ別クラブの最も長いクラブたちで最近はこの3本の練習量が以前より多い。

3Wで練習すれば5Wは自動的に楽に感じるし、UTも24度が簡単に思える。アイアンもしかりという理由。このおかげでアイアンはかなりの効果を得られていると思う。ウッドもそうありたい。


2012年10月06日

IMAG0794
VIDEO0013_0000028317

一昨日のラウンド後のアドバイスによる抽出ポイントをなぞるべく朝から練習場へ。久しぶりに240球も打った。

ウェッジでインパクト以降に上半身を回転させていく、という動きは本当に方向性を良くしてくれることを再確認。ただ、両腕の一体感も注意してこなせるが、相変わらずスイングテンポが安定しない。リズムとテンポだけは練習場で徹底的に再現できないと、緊張感のあるコースで出来るわけがない部分だと思うので、今後も大きな練習課題。

ミドルアイアン以上のクラブでは、しっかりトップと呼べる位置まで捻転させてから、こちらもリズムとテンポを大切に振り抜く練習。トップでの間の取り方を探しながらの練習となった。3球に1球、いや5球に1球くらいだろうか。今まで以上に気持ちの良いボールが出る。安定性はまだまだだけど将来への確かな手応えを感じられる。

クラブが長くなればばるほど、難しい課題だと感じた。でも平均的に弾道は良くなっているので、この方向性を信じてしばらく進もう。明日のラウンドは、自分を信じて、しっかりそしてゆったり振り抜くという1日にしようと思う。スコアを戻すのはその次でいいくらいの気持ちで。

幸い明日はアゼリアヒルズ。ここでの平均スコアは良いので、もう数字は要らない。たまにはそんなことおかまいなしに、コースでのスイング練習になるようなプレーをしてみようと思う。


2012年09月30日

向原ゴルフセンター

最近ボールとの距離がまた近くなってきて、インパクトで詰まることが増えてきた。どうなるかというと、ダフッてクラブが跳ねてトップしてダックフックみたいなボールになる。コースでは単なるチョロだろう。

可能な限り近い方が方向性が良くなるものの、近すぎると大きなミスが増えるのが難しいところ。近くても右肘の引き込みというか絞り込みよってうまくいった時はたまらない感触が得られるのだが。

ということで、従来の感覚よりも右腕で打つような感じで方向性を出すことに集中した練習を始めだした。これは定期的に行うことで、自分の場合は左腕の方が腕力握力ともに強いので、時々はこの意識調整が必要なのかもしれない。特にアプローチは効果抜群。

eccoゴルフシューズの履き心地

ecco ゴルフシューズの履き心地
今日は新しく買ったシューズを持参した。履き心地は大満足。靴の中で足をがっちり包み込んでくれる感触が最高。特に歩行時ですごく足に優しい感触を与えてくれる。これは芝の上を歩くのが楽しみ。


2012年07月08日

練習風景SW

先週から取り組んでいる右内腿の粘り。全クラブ共通で芯で捕えらえる感触に効果大。特にウェッジの弾道の打ち分けの安定感が増したことは嬉しい。簡単に言うと距離感で、細かく言うとボールの高さや直進性などの勢い、止めたい時&転がしたい時の打ち分け。

ショットへの効果は、芯を喰う率。特にフェアウェイウッドとUTでどうしようもないカス当たりが減ってきた。これを機に“当てに行く”という感覚から距離を稼ぎたい時への対応もできるかもしれない。

体の右側(肩・膝・目線)が下がってしまうことの矯正になっていると思うので、ラウンド後半にある下半身の疲れからのミスも減ることに繋がるかもしれない。右足は“送る”んじゃなくて、粘っているんだけどヘッドに引っ張られて左側に寄って行くという感じが自分は必要。

加えて、長いクラブになると直線的なイメージでクラブを振りがち。右肩の後ろ→左肩の後ろにクラブを丸く振る感覚が必要。

7番アイアンの打痕

ラウンド予定の雨天中止が続いてしまったが、今度の週末は取引先のコンペでさらに中1週で小さなコンペと続く。いずれも初めてのコースなので飛び抜けた数字はないだろうけど、そつなく楽しむ。

しかし頭も体も忙しい。こんなんで夏休み取れるだろうか。とは言ってもゴルフの練習と娘としっかり遊ぶ時間は惜しんでないので、日曜の夜はクタクタ。続く月曜の夜は立ち上がれない事もある(笑)。


2012年05月20日

スイング動画

一気にゴルフ人口が増える日和になってきた。練習は早朝のサービス枠を利用しているので待つほど混まないが、自分が帰る時間帯は早朝サービスが終わるタイミングなので、特に日曜日は凄かった。

冬の寒い日も同じ時間に練習を続けてきた面々に、温かくなってくるこれからの時期だけゴルフをする面々が加わる。「今頃慌てて練習しに来たって遅いよ!」と優越感にも浸れる季節ながら・・・。

さて、先週の曲げる練習が功を奏したかどうか分らないけれど、この2日間は何も意識しないでも捕まりの良い感じが戻ってきた。

ハンドファーストで打ち込む
極端めのハンドファーストを作りながら緩やかにダウンブロー。鋭角に入れるという意味ではなく、横長の楕円イメージで最下点がボールの先というだけの意識。これでアオリ打ちを防ごうというもの。

最も効果が出ているのが、ウェッジのバラ付きの軽減。以前は本当にバラバラだったけれど、最近は随分マシになった。でもマシになっただけでまだまだ良くなったとは言えない。もうひと踏ん張り。

長いクラブを多めに練習
ロフトが立ってくると、ボールを上げようとする意識がより強く働いてしまうので、アオリ打ちがどんどん顔を出す。ダフる大ミスも出るし、良くてもマット上をクラブヘッドが滑るようにヒットしているだけ。

ダウンブローを意識してやっとレベルに振れているのが、今の自分の様子だろうと思うが、ようやくその角度や形が安定しつつある。それが証拠に長年の天敵、3Wが面白いように地面から打てる。面白いとは言っても感触が良いのは半分強。今までと比べてという意味。

得意クラブ、気持良く打てるクラブでドリルするのも良いが、やはり今のテーマが最も再現しにくい3W、UTの長い方、5番アイアンでの練習が少しずつ効いてきた。上手く打てない日は、ある意味つまらない時間を過ごすことになるが、これは自分で決めた“練習”だから。

続けて打てる練習場で9割打てるようにして、やっとコースでは半々を少し超えるくらいの気持ちで立てると思うので継続あるのみ。


2012年05月13日

向原ゴルフセンターで練習中

この土日は、先週ほどの手応えがなかったので今一度インパクトシールを貼ってショートスイングからの手順に戻した。

理由のひとつとして思うのは、早朝時間帯なのにすっかりオンシーズンになって好きな打席が選べなくなったこと。2日とも2階のほぼ中央の打席だったが、使用頻度が高いせいか足場マットの減りが気になる。あと左足が下がっているように感じる。加えて打席の放物線のせいか1階に落ちてしまいそうで、振りぬくことに躊躇してしまうことがある。次回からは違和感を感じたら、足場マットを前後逆に敷き直してみよう。

左右に曲げてみる
少し前からやり始めたことだが、当たりの悪いと思ったらすぐに「今日は基本練習の日」としてしまい、ショートスイングに明け暮れるのだが、そのメニューに「左右に曲げる練習」を加えてみた。

以前はフックもスライスも派手に曲がったものだが、最近はどちらにしてもそんなに曲がらなくなった。これは操作技術が悪くなったのか、逆に良くなった結果なのかイマイチ不明。後者だとしておこう。

ショートスイングや、足を揃えて飛ばない練習、左足1本で打つ練習などは全てコースでの実践やトラブルショット時に大いに役立つ。そして練習後半には勝手に当たりが戻っていると、一石二鳥の効果がある。

これらに曲げる練習というメニューが加わって、さらに練習内容が充実してきたと思える。やはり練習場を後にする時には、「また上達した」と重いながら気分良く帰りたいものである。

しかし日曜日の男女国内プロゴルフは、いずれも大嫌いな選手が強い勝ち方をした。とてもブルーな日曜日後半を過ごすことになった(笑)。


2012年05月10日

Wai2倶楽部

先日の練習でピンときた打ち込む感覚出張先の岡山で確認。セットアップ手順、テークバックの動作、ファンドファースト状態でのヘッド入射角への意識と、新しい手順・動作・意識のルーティーン化が目的。

1泊だったが、初日の夜と2日目の早朝で連日通った。特に早朝タイムはボール単価5円と破格値。羨ましいほどの環境。

貸しクラブで練習
貸しクラブで練習

貸しクラブ例によってイマイチだったので、いつもどおりアイアンはマッスルバックの重いクラブとカーボンシャフトの幅広ソールのアイアンを交互に打ったり、ウッド系はスリークォータースイングでミート練習程度。

ボーイング787の主翼

さて、羽田−岡山といえばANAのボーイング787。飛行機好きの池田勇太プロの記事で予備知識があったので、主翼のやや後方に席を取って主翼のしなり具合をずっと眺めていた(笑)。特に離陸時は凄かったが、離陸時は撮影できないので、写真は高度が上がってからのもの。


2012年05月06日

ドライバーの打痕

この連休は後半3日間で約7時間800球打ち込んだ。最終日にやっと模索していた感触が身を結びそうな結果が出た。写真はその初日のドライバーのものなので、記事のないようにあまり関係ない(笑)。

自分のミスの大半はあおり打ちによるものなので、ボールを打つ際に前傾した体の平衡感覚をリセットするような作業。これは足を閉じて行うと効果てき面。また右肩が下がらないようにという意識よりも、右膝を曲げないで我慢するよう意識するのが正しい様子。

もっと言うと右膝ではなく、右膝の上部分の内側の筋肉で踏ん張ってテークバックして、ダウンスイングでもその部分を飛球線方向に送らないで我慢する動き。これによって右肩というか右部分が下がらない。

セットアップとアドレス
体の正面でフェースを開き気味にグリップ&セット。そしてこのままハンドファースト位置にグリップをプレスしてフェースをスクエアにするので、動き自体は緩やかにフォワードプレスしているような手順。

スイング動作意識
テークバックは低く出すが、右が下がらないように軸に対して水平を保ち前傾しているが棒立ちみたいなイメージ。手でクラブを上げて勢いをつけようとしないで捻転でこれを行うように意識。レベルブローの軌道を目と体に焼き付けてボールの先のターフを取るつもりでボールの場所にクラブヘッドが通過させるように、右肘でそれを誘導する。

ここしばらくは、無意識のうちにヘッド入射角と加速ポイントが気になるようになっていたのだが、これらを良くするためのルーティーンがまとまってきつつある。今日はアイアンショットで左股関節前にボールを置いても凄く気持ちよくボールをとらえられた。最近にはなかった出来事。

言葉はおかしいが、レベルブローなのにダウンブローに打ち込むことができるようになったというような感触が生まれた。これは全クラブに通ずるところ。でもまだ序盤。これが2週3週続いたら面白くなる。


2012年04月28日

地を這うようなテークバック

テークバックは低く長くした方がインパクトに安定感が増す。よく言われる当たり前のこと。これを腕だけで行おうとしていたようで、長いクラブになると途端にできなかった。これを解決してくれそうなのが、右股関節上で派手に前傾するイメージでのテークバック。

伸び上がり気味にテークバックしてしまうのと比べると、捻転が足りない気がしてクラブをもっと振り上げたい衝動に駆られるが、体が硬いせいもあって前傾があるぶん、それ以上腕も振り上げようがなくなる。

そしてダウンスイングでも、これなら伸び上がってグリップが遠く離れてしまうのを少しは矯正してくれそう。地面を叩いてしまわないためには右肘を通すところが限られるので、肘先行の動きが現れる。

前傾を極端に維持して右肘の通り道を誘導

写真は極端な自分の“イメージ”なので大変格好悪いが(笑)、イメージとしてはこんな感じ。実際のスイングでは対して変わってないことが確認できたが、下りてくる右肘の向きがだいぶ良くなって、今日の練習では気持ちよくインパクトできる確率が増した。

ドライバーでは詰まりそうになって、まだ体勢が崩れそうでスイングの形としては安定感がないが、ボールはとても強くなった。ラウンド直前にバラバラだったパズルのピースを置くヒントが得られた感触。タイミングとしてはもの凄く都合が悪いが、翌日に芝の上から試せるのは幸せ。

火曜日に横浜で山に向かって打つ練習場で、あれこれと考えながら打っていたのが今になって役立った。これで苦手意識の強い打ち上げホールも怖くなくなってくるだろうか。


2012年04月22日

この土日は久しぶり天気も問題なく、2日続けて練習できた。火曜日に記事にした“腕は内からヘッドは外から”を試す予定だったが、練習開始早々にしてこの意識だけではダメなことが解った。

これだけだと、フェースを開いて擦るような練習にしかならない。それで番組中、“左腕を返しながら”という説明があったのを思い出した。

左腕を返していくイメージ

まずはショートスイングでこの意識を試し、すごく捕まりと感触が良いのを確認。ただし上半身の開きが早いと、練習場の左角へまっしぐらに飛んでしまうので、しっかり捻転して上半身を遅らせるというか我慢するのが条件。でもこれで先行動作が出来上がるので一石二鳥。

捕まえようとして右腕に意識がある時は、野球のアンダースローの感じが良いと思ったこともあったが、逆にダフリも増えた。自分も場合は左腕を早めに返しながらインパクトを迎えるという意識が良いかも。

捕まらない時期が長く、被せ気味にグリップする癖があるため、普通に打つと今はドローボール。これを少し開き気味に構えると必ずスライスしていたボールも、この2日はちょういいフェードが打てた。

これはウェッジにも良い傾向が出て、距離のコントロールやボールの高低差の出し方がすごくいい感じになってきた。だたし、ウェッジに関してはクラブの入射角とボールに入る位置がまだまだまばら。

テークバックを低く長く出す意識で改善されるが、どうも調子の良い球が連続するとヒョイと腕でクラブを上げてしまう。これはラウンドでもすぐにこうしてしまう。しばらくはこれらの反復練習になりそう。


2012年04月15日

ラウンド後2回目の練習。スコアはともかく、先週のラウンドで悪かったショットをそのまま引きずっている。スイング動画を撮り、あおり打ちがひどくなっていたので足を閉じての修正ドリル。ボールの行方は気にせずショートスイングで体のバランスを整えるような意識。

スイングを大きくし始めると、ラウンド時と同じような感触の鈍いボールばかり。それに時々シャンク気味の情けない球も。

いったいどこでボールを捕らえているんだろう?と、いつものインパクトシールを8番アイアンに装着。打つ前に頭の中を整理。ヒールに打痕が付かないよう、インから入れてトゥー寄りで捕らえよう、と。

8番アイアンの打痕

すると途端にいい当たりに戻る。自分の場合、まだまだ一打毎に注意事項を念じながら集中しないとダメなんだなぁと再確認。この課題に関しては同様の特訓を長く行い、もう無意識で良いと思っていた。

しかし知らずのうちに逆戻りしていたということ。思い返せば、ウェッジでその兆候は出ていたのにそれに気づかなかった。

インサイドから入れるイメージ

自分の場合、インから入れる意識をして、なおかつクラブフェースの先端で捕まえる意識をして、ちょうどレベルに振れているようだ。しかしどこかで無意識にチェンジしないと、今度はどんどん別の悪い癖が付くと思うのでそのタイミングを注意していたつもりだったのに。

これでまた徐々に良くなってくれるといいけど。


2012年03月24日

肘先行動作確認中

ドライバーが面白くなってきたので、もうちょっとパワフルに打てないものかと模索していた。力を入れるとか、スイングスピードや体重移動を大きくするとか、身体を鍛えるとかじゃなくて、今のままで効率良く。

いろいろ試しているうちに、「ハンドルを左に切るように」というのが割と近いイメージだと気づいたが、車を運転しないせいか日によってはあまりピンと来ない。脱力や脱グリップ圧も良いが加減が難しい。

それで今日試してみて良かったのが、野球のアンダースローの腕の使い方をイメージしたもの。肘先行のダウンスイングでスナップも使うというイメージ。今日のところはこれが的を得た様子。

もともと正しいリストターンができない、左腕の方が強い、ダウンスイング腕が浮いてしまうなどのパワーロススイングなので、一石二鳥以上の効果があったように思う。手首を使いすぎてしまう人がこれをやったら怖いことが起こるかもしれないし、身体が開いたり右肩が突っ込んだりしてしまっても左に出てさらにフックという怖いことになる。

5番アイアンの打痕

さて今日は久しぶりに5番アイアンを引っ張り出した。久しぶりの5番アイアンは最初なかなか強敵だったが、インパクトシールを貼って10球を丁寧に打ってみたら凄くまとも。やっぱり集中力か。

10球中8球が納得のボールだった。やっぱりこうして打てるなら27度のUTよりも方向性が安心。そして6番との繋がりも良い。UT3本体制で数ラウンドやってたが、やっぱり3本も要らないかなぁ〜。


2012年03月18日

6番アイアンスイング動画

練習場でのアイアンはどう打ってもドローボール。ドライバーとフェアウェイウッドはストレートからフェード。UTはその両方が出る。アイアンがちょうど良いフェードで長いクラブがスライスだった以前と比較すると随分捕まるようになったということだろうけど、先日のラウンドで起こったミスを考えると、やはりイン(下)から入るミスは怖い。

まずスイングを確認・修正しないでシールを貼ってみると、ヒールヒットが多かったドライバーが中央に集まり、中心で打てていたアイアンはいかにもドローヒッターという痕がついていた。先日のラウンド(ドライバーが良くてアイアンはダフり気味)をそのまま物語るような…。

ドライバー打痕
8番アイアン打痕

以前、調子に乗って練習場で打ち分けて遊んでいた時に、フェード打ちの練習をやり過ぎてスライスしか打てなくなった経緯がある。あれを再度繰り返すのも悩ましいところ。ちょうど2年前のことで、逆に考えるとあの直後から2年近くかけてやっと捕まるようになったのが現在。

まさにもうすぐ5年になるゴルフ歴の、あるひとつの分岐点に立たされたような感覚。ダウンブローの復習をしつつ、アイアンとウッドの球筋を揃えるところから始めてみようかと考えている。


2012年03月11日

土曜日は法事で静岡だったので、今週の練習は日曜だけ。コンペを3日後に控えた今日は、インパクトシールを使った練習は休憩。アプローチするクラブを中心に、クラブの入れ方についていろいろ実験した。

それっぽい言葉を使うとしたら、フェースの向きとヘッドの入射角を変えて打つ実験。どんなボールが出るか?どんなミスが出るか?あとはアドレスでボールの置かれたマットがコースの天然芝とオーバーラップするまでイメージを膨らませて、緊張感を出して打った。

下の連続写真はSWを使った40Y前後ショット。2階打席なので50Y先のグリーンまで届いてしまうが、まあだいたい40Yだろうつもり。グリップ位置が腰から腰をちょっと超えるくらいの振り幅。

SW連続写真1
SW連続写真2
SW連続写真3
SW連続写真4

被せたり開いたり、インから入れたり上から入れたり、フェースを立てたり寝かせたり、それらを複合したりして打つ。上から立て気味に入れた方が大きなミスは少ない。それでも入射角次第で高いボールも打てるのは解かっているが、細かい操作までは出来ない。

これかは今後の課題に残すとして、使うクラブがSWでももっと直進性のあるボールが打てるようにしようと思う。そうすることで勝手にスピン量も増して落ちてからそうは転がらないのだから。しかし相変わらずSWが下手だなぁ〜と思う。一番自在性が必要なクラブなのに。

これだけで250球ほど打って、あとは4〜5球ずつ。ウッドとUTがまずまず当たるようになってきただろうか。全般的に良くも悪くも最近の感じそのままなので、コースに出てゴルフは組み立てやすいはず。

でも90切るかどうかってとこだろうか。幸い、昨年とても気分よくゴルフさせていただいたFMラジオ局の支社長さんと今年も同じ組になったので大変楽しみ。前年度優勝者という空気はたぶんもう今年しか味わえないのでこれを存分に楽しもうと思っている(笑)。


2012年03月04日

UT24度のスイング動画

河川敷ラウンド翌日の練習。手引きカートプレーの翌日なので、身体が少し重かった。普段のラウンドでもなるべく歩くようにしてるつもりだったけれど、やっぱり歩きと乗用カートプレーは違うんだなぁ〜と実感。

さて今日もインパクトマーカーを貼った練習。今回はインパクトが安定しないSWにも貼ってみた。あと、フェアウェイウッド用も入手したのでそれも使ってみた。貼らずに打った時よりも貼ってマークが付く位置を気にした方が良い球がでる。やはり集中力、注意力が違うのか。

SWのインパクトマーク
UT24度のインパクトマーク
5Wのインパクトマーク
ドライバーのインパクトマーク

ところで、このボールマーク練習ではいろんな気づきがある。芯で捕らえるために必要な準備としてアドレスとボール位置が大切であることが分かるし、この部分に集中するようにもなる。また、クラブをどこまで振り上げるか?というスイング幅に対しても赤信号を出してくれる。

とりわけ最後の「振りすぎ注意」を教えてくれるのが大きい。当然のことだけれど、振りすぎるとまともな場所に当たらなくなる。ボールマークが付いた位置、実際の弾道、クラブの入り方などを総合的に見ながら練習を進めていくが、スイングの細かいポイントよりも今はこの練習方法が最も効率が良くて、今の自分に合ってると思っている。

2012年02月26日

冬の間、ずっと空いていた練習場が今日から混み始めた。今日は6時の開店から1時間後の7時に到着したが満席。3分も待たずに打席に入れたが、冬期の同時刻は2階打席なら半分以上空いていることが多かったので、冬眠ゴルファーたちが戻ってきたような活況。

冬場の早朝時間は、本気の人とお爺ちゃんサークルの空間で心地良かったが、そろそろいろんなゴルファーが混ざり合う季節になってきたということ。それでも早朝は本気の人が多いからまだやりやすい。

ただいま練習中

昨日の1階打席での力みや煽り打ちを修正すべく、肩から脱力してリラックスしたリズム重視のスイングを反復。1階打席だとなかなか修復が利かないが2階だとすぐに落ち着いて結果が出る。

コースでも時々同じようなことが起こる。気持ちも含めて力み過ぎて最後まで良い感じの力感を得られなかったり、地面をしっかり踏みしめる感触が探せないまま抜け出せない感じ。

やっぱり2階打席ばかりじゃなくて、時々は1階でそのプレッシャーと向き合う方が良さそうな気がする。打ち上げホールが苦手という点もこの練習場なら克服させてくれそうだし…。やってみるか。


2012年02月25日

向原ゴルフセンター1階打席

朝から雨で寒さぶり返しの1日。今年のラウンド開始に備えてそろそろ大詰めなので、寒いとか雨だとか言ってられない。こんな日はきっと空いてるだろうからと、午後の練習にしたが案の定空いていた。

練習場は、ボール自動回収のためアップヒルになっている。そう見えないほど滑らかな勾配がついているのだが、正面のマンションの1階部分と2階打席がちょうど同じ高さくらい。それ故に1階で練習していると知らずにうちに煽り打ちになってしまうのでいつもは2階でやる。

でも今日はアプローチを多くやりたかったのと、そろそろ目の高さに慣れておきたかったので1階打席へ。そしてこれが見事に煽り打ち癖を露呈してしまうショットの連発となった。最初は3球に1球はダフったし、その後も5球に1球。長いクラブはもっと確率が悪かった。

そしてついオーバースイングになってしまっていた。そこで普段以上にコンパクトスイングを意識。100球ほど打ってやっと身体にそれらを言い聞かせてなだめることが出来てきた。昨年同様、今年も本番まえにどこかの河川敷で1度練習ラウンドをやっておこうか。


プロフィール
ゴルフマニア手帳 by 大西義治
名称:ゴルフマニア手帳
著者:大西義治(はるる)
生年:1964年(昭和39年)
身長:165cm
体重:62kg
出身地:大阪府大阪市
住まい:東京都板橋区

自営業を営む趣味ゴルファー。東京都板橋区在住。生涯続けられるスポーツとして、趣味のゴルフを43歳から始めました。
  
クラブセッティング
ドライバー
GP ONE MINUTE M52
TRPX AURA(S)
フェアウェイウッド
BBD's 304T(#4)
TRPX RED-HOT TYPE-P(2+)
ユーティリティ・ハイブリッド
PING Anser(#20)
TRPX UT-7(1+)
PING Anser(#23)
TRPX UT-8(1+)
アイアン
MIZUNO MP-53(#5-PW)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
ウェッジ
MIURA MB-5000WB(#53)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
MIURA MB-5000WB(#57)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
パター
Edel Golf E-2
ボール
SRIXON Z-STAR
戦績
通算記録
通算ラウンド数(186)
2016年ラウンド数(24)
2015年ラウンド数(21)
2014年ラウンド数(20)
2013年ラウンド数(24)
2012年ラウンド数(17)
2011年ラウンド数(14)
2010年ラウンド数(17)
2009年ラウンド数(19)
2008年ラウンド数(26)
2007年ラウンド数(4)
ベストスコア(75)
ワーストスコア(152)
ベストハーフ(37)
ワーストハーフ(80)
ハンデキャップ
JGA/USGA(12.6)
GDO(15)
2016年の記録
ラウンド数(24)
平均スコア(86.7)
平均パット数(1.83-2.07)
フェアウェイキープ率(44.0%)
パーオン率(27.3%)
リカバリー率(22.3%)
サンドセーブ率(17.3%)
ラウンド予定
2017年3月
猿島カントリー倶楽部
ワンウェイゴルフクラブ
2016年
2016/11/25
大栄カントリー倶楽部
2016/11/18
浦和ゴルフ倶楽部
2016/11/09
美里ゴルフ倶楽部
2016/10/28
カレドニアンGC
20/16/10/14
サミットGC
2016/10/08
十日町CC
2016/09/29
阿見ゴルフクラブ
2016/09/09
ザ・インペリアルCC
2016/09/02
阿見ゴルフクラブ
2016/08/19
猿島カントリー倶楽部
2016/08/11
ザ・インペリアルCC
2016/07/27
千葉CC-梅郷C
2016/07/14
紫あやめ36-EAST
2016/07/01
阿見ゴルフクラブ
2016/06/16
紫あやめ36-EAST
2016/06/01
紫CCすみれコース
2016/05/26
阿見ゴルフクラブ
2016/05/12
阿見ゴルフクラブ
2016/05/05
ザ・インペリアルCC
2016/04/22
紫CCすみれコース
2016/04/15
浦和ゴルフ倶楽部
2016/04/07
新武蔵丘ゴルフコース
2016/03/25
紫あやめ36-EAST
2016/03/18
八千代ゴルフクラブ

86(35)

92(28)

86(33)

94(35)

84(31)

95(37)

88(33)

86(36)

81(30)

86(29)

75(32)

96(37)

86(34)

85(30)

79(28)

95(34)

89(37)

84(31)

82(36)

84(35)

90(32)

79(28)

95(39)

84(30)
2015年
2015/11/13
紫あやめ36-EAST
2015/10/31
十日町CC
2015/10/16
紫CCすみれコース
2015/10/09
エーデルワイスGC
2015/09/18
若洲ゴルフリンクス
2015/09/11
ザ・インペリアルCC
2015/08/28
紫CCすみれコース
2015/08/20
千代田CC-中東
2015/07/31
千葉CC-梅郷C
2015/07/23
紫あやめ36-EAST
2015/06/24
紫あやめ36-EAST
2015/06/13
八千代GC
2015/06/06
双鈴GC関コース
2015/05/29
紫CCすみれコース
2015/05/23
十日町CC
2015/05/15
阿見ゴルフクラブ
2015/05/04
阿見ゴルフクラブ
2015/04/24
若洲ゴルフリンクス
2015/04/18
紫あやめ36-WEST
2015/03/27
紫あやめ36-WEST
2015/03/20
紫あやめ36-EAST

85(30)

99(36)

98(34)

96(38)

94(35)

87(32)

93(31)

83(34)

94(33)

84(34)

86(29)

83(30)

91(33)

92(32)

89(40)

80(31)

84(34)

86(32)

91(33)

83(29)

87(30)
2014年
2014/12/19
紫あやめ36-EAST
2014/12/05
紫CCすみれC
2014/11/21
サミットGC
2014/11/01
十日町CC
2014/10/24
サミットGC
2014/10/01
紫あやめ36-WEST
2014/09/06
紫あやめ36-EAST
2014/08/22
阿見ゴルフクラブ
2014/07/25
川越CC
2014/07/17
紫あやめ36-EAST
2014/06/19
阿見ゴルフクラブ
2014/06/14
千代田CC
2014/05/28
紫あやめ36-EAST
2014/05/24
十日町CC
2014/05/03
おかだいらGL
2014/04/25
紫CCすみれC
2014/04/18
阿見ゴルフクラブ
2014/04/11
赤羽ゴルフ倶楽部
2014/03/29
紫あやめ36-EAST
2014/03/12
紫あやめ36-EAST

83(33)

90(34)

82(34)

100(38)

84(33)

88(29)

94(36)

85(31)

90(33)

84(30)

91(32)

80(30)

88(34)

90(38)

82(31)

90(37)

83(31)

85(32)

83(29)

84(30)
2013年
2013/12/31
紫あやめ36-EAST
2013/12/20
紫CCすみれC
2013/12/13
紫あやめ36-EAST
2013/11/22
千代田CC
2013/11/09
十日町CC
2013/10/17
富士桜CC
2013/10/11
セゴビアGC
2013/09/21
紫あやめ36-EAST
013/09/06
ワンウェイGC
2013/08/23
千葉CC・梅郷C
2013/08/14
紫あやめ36-EAST
2013/08/07
阿見ゴルフクラブ
2013/07/27
ひかみCC
2013/07/17
紫あやめ36-EAST
2013/07/13
紫あやめ36-EAST
2013/07/10
紫あやめ36-EAST
2013/06/08
紫あやめ36-WEST
2013/06/04
紫あやめ36-EAST
2013/05/18
ムーンレイク茂原
2013/05/15
おおむさらきGC
2013/04/28
ザ・GC竜ヶ崎
2013/04/13
阿見ゴルフクラブ
2013/03/20
紫あやめ36-WEST
2013/03/09
アゼリアヒルズCC

85(29)

91(32)

85(34)

93(37)

103(38)

89(32)

90(34)

84(28)

90(33)

92(32)

85(34)

78(30)

87(36)

96(31)

90(32)

85(33)

89(32)

86(31)

86(40)

91(35)

90(36)

86(37)

86(30)

85(35)
2012年
2012/12/30
アゼリアヒルズCC
2012/12/12
川越CC
2012/12/01
紫あやめ36-WEST
2012/11/24
富岡CC
2012/11/17
さいたまGC
2012/11/10
アゼリアヒルズCC
2012/10/21
ザ・インペリアルCC
2012/10/07
アゼリアヒルズCC
2012/10/04
エーデルワイスGC
2012/09/15
ハーモニーヒルズGC
2012/07/24
阿見GC
2012/07/14
高麗川CC
2012/06/23
千代田CC
2012/04/29
皆川城CC
2012/04/07
アゼリアヒルズCC
2012/03/14
湘南シーサイドCC
2012/03/03
朝霞パブリックG

92(36)

97(33)

88(31)

102(39)

87(31)

85(33)

88(31)

80(36)

104(36)

83(35)

86(30)

92(32)

82(30)

84(30)

80(33)

94(31)

92(30)
2011年
2011/12/30
アゼリアヒルズCC
2011/11/26
つつじヶ丘CC
2011/11/09
ホワイトバーチCC
2011/10/29
富岡CC
2011/10/02
埼玉GC
2011/09/23
アゼリアヒルズCC
2011/09/17
ホワイトバーチCC
2011/09/03
霞ヶ浦CC
2011/08/13
ホワイトバーチCC
2011/08/08
おおむらさきGC
201107/16
皆川城CC
2011/05/03
ハーモニーヒルズGC
2011/04/02
アゼリアヒルズCC
2011/03/09
湘南シーサイドCC

88(36)

101(41)

88(31)

94(37)

95(31)

87(31)

92(34)

86(32)

92(31)

91(34)

78(32)

83(39)

83(33)

85(32)
2010年
2010/12/30
アゼリアヒルズCC
2010/12/18
高根CC
2010/12/04
おかだいらGL
2010/11/27
おかだいらGL
2010/11/03
ハーモニーヒルズGC
2010/10/02
富岡CC
2010/09/04
ハーモニーヒルズGC
2010/08/28
玉造GC・捻木C
2010/08/09
瀬田GC・北C
2010/07/31
霞ヶ浦CC
2010/07/24
ザ・インペリアルCC
2010/07/03
鳳凰GC・東C
2010/06/05
おかだいらGL
2010/05/29
玉造GC・若海C
2010/05/01
おかだいらGL
2010/04/24
霞ヶ浦CC
2010/03/27
水戸レイクスCC

88(32)

98(38)

96(36)

93(33)

87(36)

96(34)

86(37)

102(45)

91(32)

90(36)

81(35)

94(35)

82(33)

94(33)

88(35)

84(29)

97(34)
2009年
2009/12/31
玉造GC・捻木C
2009/12/05
アジア取手CC
2009/12/01
高根CC(BT)
2009/11/21
玉造GC・捻木C
2009/11/01
玉造GC・・若海C
2009/10/20
おかだいらGL
2009/10/10
笠間CC
2009/09/21
笠間CC
2009/09/19
おかだいらGL
2009/08/13
滋賀GC
2009/07/09

笠間CC
2009/07/04
アジア取手CC
2009/06/13
笠間CC
2009/05/11
太平洋クラブ六甲
2009/04/29
ザ・GC竜ヶ崎
2009/04/11
ハーモニーヒルズGC
2009/03/28
イトーピア栃木GC
2009/01/11
千代田CC
2009/01/03
イトーピア栃木GC

90(36)

92(37)

88(30)

100(37)

99(30)

92(38)

96(34)

91(36)

88(32)

91(38)

90(33)

87(36)

95(38)

107(38)

96(37)

109(44)

125(41)

102(35)

102(41)
2008年
2008/12/21
イトーピア栃木GC
2008/12/08
サミットGC
2008/12/06
水戸レイクスCC
2008/11/30
みずなみCC
2008/11/22
東都飯能CC
2008/11/08
イトーピア栃木GC
2008/10/26
水戸レイクスCC
2008/10/09
小見川東急GC
2008/10/05
イトーピア栃木GC
2008/09/27
水戸レイクスCC
2008/09/15
イトーピア栃木GC
2008/09/07
ジュンクラシックCC
2008/08/31
東庄GC
2008/08/16
マスターズGC
2008/08/02
水戸レイクスCC
2008/07/26
板倉ゴルフ場
2008/07/20
アジア取手CC
2008/07/12
ロイヤルフォレスト
2008/06/15
アジア取手CC
2008/06/04
小見川東急GC
2008/05/18
アジア取手CC
2008/05/05
セブンハンドレッド
2008/04/12
ロックヒルGC
2008/04/06
グランディ那須白河
2008/03/08
セブンハンドレッドC
2008/02/16
アジア取手CC

98(38)

98(40)

102(42)

107(35)

103(35)

100(35)

96(39)

95(32)

101(39)

90(30)

95(35)

106(38)

103(38)

106(32)

99(40)

106(35)

99(39)

101(36)

94(32)

100(37)

101(40)

104(44)

108(43)

115(42)

112(38)

109(35)
2007年
2007/12/17
京CC
2007/11/23
鶴CC・宇都宮C
2007/10/06
ロックヒルGC
2007/09/05
小見川東急GC

125(41)

152(40)

137(44)

130(40)
過去記事