ゴルフ場

2012年05月01日

皆川城カントリークラブは、ベントの2グリーン。基本的に受けグリーンで斜め方向に受けている場合もある。打ち上げや砲台もあって、ネットのクチコミには、バンカーが効いているというクチコミも多い。

2グリーンの攻め方(a)
2グリーンの攻め方(b)

2つの写真は皆川城カントリークラブのグリーン周りの代表例。両サイドにしかバンカーがないパターンもあれば、中央と奥に配置されているようなパターンもある。狙う時に視覚的に気になるのは、中央や左右に関わらずグリーンセンターよりも手前側にバンカーがある時。

でも盲点がある。皆川城CCのAグリーンとBグリーンの間は、ほとんどのホールでフラットになっている。よって、写真の赤く塗ったエリアが自分の狙い目。使用グリーンが右か左かでもっと円は小さくなるが、どちらにしてもこの範囲内。黄色い部分は、「ドロップエリア」に指定されていて、黄色い看板が立っている場所。ゆえにラフでもそんなに深くない。

すなわち外しどころがはっきりしていて決めやすい。中央手前にバンカーがない時は、2つのグリーンの中央手前。中央手前にバンカーがある時は縦の距離感重視で、グリーンとグリーンの間が良い。

これに、グリーンの低い方から攻めるというセオリーを加味しながら、その日のショットの精度に合わせて狙えば良い。もちろん外すのが目的ではないけれど、外しどころが特定できるメリットは大きいと思う。

グリーンを外してもパーが取りやすかったのは、こういった所に原因があるように思う。初訪問時にベストスコアが出たのも、外しどころを探すという自分のゴルフパターンが合っていたということだろう。

余談だが、このドロップエリア。スコアカード裏面のローカルルールを確認しても、未使用グリーンに乗った時に使うとは記載されていな。OBやペナルティ発生時に使うのだろうか?次の機会にでも聞いてみよう。

次に予定している千代田カントリークラブも2グリーンだが、グリーンサイズが小さく横並びだけではない。グリーン間が窪んでいるホールや間にバンカーが設置されているホールもあるので、注意が必要。


2012年04月26日

皆川城1

GW後半の天気予報が不安定だったので、急遽予定を変更して連休前半にラウンド日程を変更。直前割引が出ていたのでついでにコースも変更。昨年初の70台を経験した皆川城カントリークラブに。

早速予習しておこうと昨年のラウンド記事やメモに目を通すが、当然スコアが良すぎて大したメモが残っていない(笑)。ということでネットにあるクチコミに目を通してみたら、自分の記憶と違う点があった。

皆川城3

グリーンは上からかなり速い?
楽天GORAの最近のクチコミを見ると、口を揃えたように上からかなり速いという投稿が多い。自分には速いなんて記憶が全くなく、記事にも手元のメモにもグリーンの速さには全く触れていない。

だた、そのクチコミを昨年夏のラウンド時まで遡ると、「重い」と「速い」が交互に投稿されていた。まとめると、朝は朝露などで重いがだんだん速くなってくるという傾向。そういえば昨年は早朝枠だった。

あるいは、「昔はもっと速かった」という投稿もあったので、今年になってメンテの見直しがあったか、一昨年の異常気象から各地でグリーンの傷みが問題だったので、前回は簡単になっていたのか。

いずれにしても、「後半は奥からは速いかも」と考えてプレーした方が良さそう。幸い比較的簡単と言われるインスタートからなので、徐々に感覚を研ぎ澄ませていこう。2グリーンでガードバンカーが気になるホールが多く、手前セオリーだけでは通用しないが、2グリーンの外し所は意外と単純だとも思っているので、頭脳プレーに徹したい。

皆川城6

使用ティーはどうしようか?
ゴルフ場に聞くと、「レギュラーは青ですが、ほとんどの方は白からプレーして頂いている。でも青の使用には制限を設けていません。」とのことだった。困った。できればコース側で決めて欲しい(笑)。

白と青では500Yも違うが、今回は青(レギュラー)でやりたい。でもまあしょうがない。一応同伴者に希望を伝えてあとは決めてもらおう。年少者で経験浅の自分1人だけ青でやるなんてイヤミになるし。

今回の目標とテーマ
いずれの場合でも、85以内で回れるマネジメントに努めて、結果は結果というのがテーマであり目標。使用ティーによって大きく異なってしまうこともあるけれど、どちらにせよ「賢いゴルフ」をしたい。


2012年04月11日

アゼリアヒルズのスコア分析

1番ホール。過去5回で一度もパーがないホール。ティーショットは今回も引っ掛けた。でも初めて左のバンカーを越えたので、それだけは嬉しかった。しかしセカンドをこれまでと同様にミスしてしまう。

今回はシャンクのゴロで、グリーン右手前のバンカーに入れた。ガードバンカーと呼ぶにはちょっと距離があり、なぜこんな所にバンカーがあるんだろうという位置だけど、自分のためにあったのかも(笑)。

アゼリアヒルズ1番2打目地点

毎度ティーショットはそこそこに打っているのに、セカンドが全く決まらないホール。インスタートで後半になることがあっても、やはり同じミスをするということは、グリーン周りの景色が苦手なのか?もしくは簡単に見えて油断したり、欲を出したりしてしまっているんだろうか。

アゼリアヒルズ3番ティーグラウンド

3番ホールは、200Y地点に谷があるやっかいなホール。ここもパーが取れたことがない。今回はぎりぎりまで突っ込もうと考えていたが、ドライバーまでは使えないティー位置で5Wのスリークォーター。これがトップして左に低く出たフェードで結果オーライのベストポジション。

アゼリアヒルズ3番セカンド地点

これはいける!と思って放ったセカンドは、風に押し戻されてグリーン直前で止まる。思ったよりも転がったアプローチは、カップを5歩越えたが狙える位置。しかし蹴られてボギー。次は攻略できそう。

アゼリアヒルズ8番ティーグラウンド

8番は左ドッグレッグに見える真っ直ぐの長いパー4。ティーショットは左ラフでグリーンまで190Y残した。グリーンまでバリアフリーで手前なら罠もないので5Wで攻めたが超トップ。しかしこれがうまい具合にグリーンまでコロコロ転がってカップ手前8歩にオン!

2パットの初パーも、攻略したというよりは、運が味方してくれた。自分は飛距離がないのでセカンドが長いクラブになる。今回はラッキーだったけれど、セカンドの無理や力みがスコアを崩すのだろう。グリーン回りが簡単なので、ここは無理しないことが崩さないポイントだろう。

アゼリアヒルズ12番

12番は、なんでここでスコアを崩すのか不可解なホール。今回は前の組がカップインするまでの時間でよく考えた。見晴らしが良くて風の影響を受けやすい打ち下し。コースガイドに目をやると「9mの打ち下しを計算して打ちましょう。」とあった。「もしやこれに惑わされてる?」と思ったので風だけを計算して打ち下ろしは無視してしっかり打った。

結果、ピン筋に飛んで左手前5歩につけた。ラインの読みが甘く、わずかに外してタップインのパー。コースガイドが余計なのか、思った以上に上空の風が強いのか、パーを取っても原因は不可解。

アゼリアヒルズ13番ティーグラウンド

13番は、右のOBが浅くて怖い緩やかな打ち下ろし。よって、いつも右に吸い込まれるようにスライスを打ってしまう。今回は風があったので意識的に低く出したのが功を奏してフェアウェイ右にぎりぎり止まった。

ここの2打目地点は左足下がりになる。ティーショットがセーフでも2打目でミスをしやすいホールなので、大きめのクラブで、ボールをやや右寄りに置きクラブを短く持ってライン出しスリークォーター。

グリーンオンしたものの感じを出しすぎて距離不足。今日のカップ位置は奥だったが、奥から速いので突っ込む勇気はなかった。上り12歩のスネークラインが残って、ファーストパットは1歩半ショート。お先のパットはカップの縁を一瞬蹴りかけたがクルリと入ってくれた。

アゼリアヒルズ18番グリーン奥からの写真

18番は、カップが中央から手前の時は絶対手前から。打ち上げでさらに縦長の砲台グリーン。奥から見た目以上に速く、縦長で右手前に傾斜しているが実は左端も下っているやっかいなグリーン。何回も横からのアプローチで苦労してるのに、完全に忘れていた。

今回はティーショットを右にミス。前の木がスタイミーだったが、ラフの上でボールが浮いていたので5番アイアンで狙うことを選択。グリーン周りの難しさをすっかり忘れて放ったショットは、理想を上回る綺麗なインテンショナルスライス。ピン横についたのでちょっと舞い上がる。

実は難しい位置だと思い出したのは、グリーンの反対側まで転がってしまったアプローチを打った後。いつもその反対側からアプローチすることが多いので、その景色からやっと思い出した。

ここは次から絶対に手前から攻めないと。その前にティーショットを左方向へ置かなければいけない。カップ位置によっては、パーを取るなんて想像も出来ない感じだったので、カップ位置にも注意。

今年あと数回はここをラウンドして、なんとしてでも全てのホールの平均スコアをボギー以下に収めたい。またそれくらい出来ないと、あちこちのコースへ行きながら平均スコア85未満なんて妄想でしかない。


2010年06月29日

今年は今のところ全5ラウンドを消化。6月5日のラウンドを最後に、梅雨が明けるまではしばらく休憩にするつもりだった。ところがコンペや知人の上京などでバタバタと予定が詰まることに。でも普段と違うのは、どの予定も自分主導で決めた予定ではないから新鮮であるということ。

7月の予定

鳳凰ゴルフ倶楽部・東コース
取引先で開催される5組のコンペ。知っている人が2〜3人しかいないのと山岳地域のトリッキーなコースみたいなので少しドキドキ。最近は茨城県の広くて平坦なコースしか行ってないからどうなることか。不安もありながら楽しみの方が多い。この時期なので天気は諦めているが、かなり久しぶりのキャディ付きラウンドなので頑張るぞー!

おかだいらゴルフリンクス
北海道から北の武器商人さんが出張でいらっしゃるので、私の最も得意となっている最近のホームコースでご一緒することに。昨秋、今春と立て続けに中止になったのでご一緒するのは昨年4月以来。これまでご一緒した2回よりは、余裕を持って楽しめると思う。ゴルフを語りながらお互い80台、しかもどちらかがベストスコアで回れるといいなぁ。

ザ・インペリアルカントリークラブ
取引先で開催されるコンペに参加。一応「調整中」にしてもらっているので欠席するかも。ここは、おかだいらへ向かう途中にあって、いつも綺麗なクラブハウスが気になっていたコース。コースの評価も良いみたいなので楽しみ。これを参加すると3週連続になってしまう。

霞ヶ浦カントリー倶楽部
前回絶不調だったhinoe_uma66さんとご一緒のラウンド。千葉の名門林間コースを思わせるような佇まいで、こちらも大変楽しみ。広くも狭くもないけれど、高い木々や絶妙のハザードが小難しい。前回はいい結果を残せたけれど、なんか難しいイメージばかり残っている。

8月の予定

瀬田ゴルフコース・北コース
毎年恒例、関西方面の友人に集まってもらってのラウンド。今年の帰省はうまく休みが取れず日取りが悪いため2組のみ。いつもトーナメントで使われているコースをリクエストするのだけど、今年もいいコースを選定してもらったので楽しみ。そう言えば、昨年は優勝したっけ。

8月はあと中〜後半くらいに早朝ラウンドを1回入れるかな。ゴルフを始めてから3年目。過去2年は、勢いがあったので歳のわりには夏バテもなく過ごせたけど、そろそろゴルフも日常化してきて気が張ることもなくなったので(笑)、今年あたりはバテないか心配…。


2010年03月13日

花葉カントリークラブ
花葉カントリークラブ

千葉県成田市にある花葉カントリークラブの視察プレーに友人2人と行ってきた。来年秋の営業開始に向けて会員募集を行っているコース。造成中の様子を見学しながら、すでに完成している9Hを2周回る。

今年の打ち始めに向けての良い練習になると思ったのだけど、この日の天候は気温と空模様だけはゴルフ日和ながら、暴風がすさまじくまともに立っていられない突風も吹き付けて大変だった。ゴルフの練習というよりはもはや精神力の鍛錬?という感じ。特にティーグラウンドは見晴らしが良い場所が多かったので、アドレスするのも大変だった。

一応スコアは、PAR35の1週目が58、2周目が47だったが、芝がまだ活着していない部分や、ベアグラウンドも多かったのでルールはかなり適当なルールで進行。なので、ふだんあまりしないようなショットを試してみたり、練習したい場所にボールを移動させたり、レイアップしてアプローチの練習に充てたりという具合にして回った。

暴風で面白かったのは、まず301Yの狭くて短いパー4。強いフォローだったが、快心のあたりはフェアウェイと突っ切ってグリーン前ガードバンカーの手前ぎりぎり。残り30Yの地点まで行った。

そして158Yで打ち下ろしのPAR3。ここのティーグラウンドではもう立っているのがやっとというほどの強烈なアゲインスト。奥も広いし200Yくらい打ってみようということで、5Wを手に快心の当たり。そして飛び切った地点の上空から垂直落下して手前のガードバンカーに目玉。

この他にも風に戻されたり、ボールの落下時は右へ左へボールが流れてそれはそれで楽しめた。でも毎回ティーグランドがキツかった。

造成中の花葉カントリークラブ

コースはフェアウェイがベント芝で青々としていてとても綺麗。セパレート用の木々はまだ成長途上なのでリンクスのような感じ。ベント芝も年数が経っていないためまだ層もなく、しかも砂が入れてあったため、特有のフカフカ感は3年後までお預けといったところ。

秋までにアイランドグリーン、アイランドティーグラウンド、滝も完成するらしいが、木々が伸びてベント芝の層が増すまでには数年かかる。3〜5年したら凄く良いコースになっているんだろう。おまけにプレー料金も高めの高級コースになりそう。土日で2万超、平日でも1万8千円くらいになるらしい。会員権買って自分だけ安くプレー出来ても、友人を誘いづらいコースになってしまいそうだ。でも将来楽しみ。


関連リンク
花葉カントリークラブ


2009年04月13日

クラブの手入れ

ラウンド翌日、キャディバッグを開けてみるとクラブが汚れたままでがっかり。ラウンド後は自分で手入れするから別に良いのだけど、クラブ確認の時に「拭き終わったらカバーこれだから。」と、お兄さんにウェッジ専用カバー2つと袋型のアイアンカバー渡したのになぁ。

キャディマスター室に見慣れないにお兄さんが2人居たのが気になってはいたけど、PGMグループに変わったからそっちから来た人だろう程度にしか思ってなかった。他の同伴者のクラブも心配。

こっちはパブリックで年会費しか払ってない会員だけど、一応大切な友人連れて行ったのに恥かいちゃうよ。ともかく今日は忙しかったので連絡忘れてたけど、明日ゴルフ場にお伺い立てましょう。


2009年04月03日

ハーモニーヒルズゴルフクラブ

PGMグループに株式譲渡したホームコース、イトーピア栃木ゴルフ倶楽部だが、この4月から新名称に変わってしまった。そしてその新しい名前はハーモニーヒルズゴルフクラブだって。なんか全部カタカナで14文字ってずいぶん面倒臭くてどーでも良さそうな名前。

一気に愛着が失せた感じ。そういや今の会員制度が来年以降どうなるか聞いてくるの忘れちゃった。来週行った時に確認しよう。ちなみに姉妹コースのイトーピア千葉の方はムーンレイクゴルフクラブに改称。

丘が沢山あるコースだからハーモニーヒルズ、池が綺麗でナイターやってるからムーンレイクなんだろうなきっと。営業的に綺麗な響きの名前にしたということなんだろうけど、もっと地域性があったり、必然性のある由来があったりしたものにして欲しかったと思う。


関連リンク
ハーモニーヒルズゴルフクラブ(旧イトーピア栃木ゴルフ倶楽部)
報道資料(PDF)
PGMグループ取得予定のゴルフ場新名称が決定


2009年02月15日

イトーピア栃木ゴルフ倶楽部

ホームコースとして利用しているイトーピア栃木ゴルフ倶楽部(伊藤忠商事株式会社)から3月末をもってPGMグループに株式譲渡するという内容の郵便物が届いた。寝耳に水で驚いた。

経営の厳しいコースが外資系コースとして生まれ変わるという流れはもはや珍しいことではないけれど、廃れた部分など微塵もなく整備も設備も綺麗に行き届いていたコースだったのに。

自分はコースもさることながら、ここのスタッフ(特にキャディマスター室の方々)が気に入って今年から正会員にさせてもらった。会員になってまだ何度も利用していないというのに…。まぁ株式譲渡だからすぐに何が変わるということではないけれど、ゴルフ場名も整備が整い次第変更されるらしい。いずれ経営内容にも着手することだろう。

ここはパブリックコースだけど、会費制の会員制度があって、自分はその正会員。PGMグループの運営になったらこの制度はなくなるんだろうか。そうなったらホームコースとしての意味付けも薄くなって行かなくなるだろうなぁ。またホームコース候補を探さないと。

▼報道資料[PDF]
・伊藤忠商事株式会社から株式譲渡により、PGMグループへ


2008年10月30日

みずなみカントリー倶楽部

年内の予定は今のところあと6ラウンド。この先2ヶ月は楽しみなラウンドがいくつかあって予定を眺めているだけで幸せな気分(笑)。

まず11月後半には、ブロガーの北の武器商人さんhinoe_uma66さんとのラウンド。ご両人に会える楽しみはもちろんのこと、いつもラウンド記事を拝見している方々のプレーが見られ、自分も見てもらえると思うと楽しみでしょうがない。

あと密かに楽しみにしているのが「歩行プレー」であるということ。単に乗用カート予約が満員だっただけなのだけど、日頃から歩行プレーを夢見ていたのでやっと実現する。普段のラウンドでも極力歩くようにしているけれど、コース形状をも考えると比較にならないだろうなぁ。わくわく。

そしてその翌週に写真のみずなみカントリー倶楽部が控えている。ここは女子のGOLF5レディーストーナメント開催地。大阪と三重に住む永遠のライバルゴルファーが集まってのプレー。年に何回も集まれないし、今回は更にベストメンバーでもあるので力が入り過ぎないように注意が必要。このラウンドは前泊プレー。

12月に入ってからは会社の会長とのラウンドが茨城県石岡市のサミットゴルフクラブで待っている。自分から嘆願したとは言えこのラウンドは緊張しそうだなぁ。90で回った時のスコア表を見せてやっと「じゃあ行こうか」と言ってもらえたのだけど、筆頭取引先の社長との3Bだからなんとか付いて行けるようなプレーで頑張らないと。

今年の最終ラウンドは、聖地ロペ倶楽部。自分で勝手に聖地と呼んでいるだけだけど(笑)。このバラエティーに富んだ連戦で鍛えられ、聖地では集大成と呼べるようなプレーが出来ればいいな。


2008年09月06日

ジュンクラシックCC(クラブハウス玄関から)

昨年の初ラウンドからちょうど一年のアリバーサリー。ゴルフを始めるきっかけを作ってくれた友人の上京に合わせてジュンクラシックカントリークラブ前泊ラウンドを企画。今回は車ではなくメンバー全員が東京駅に集合して新幹線でまったりと旅行気分。

最寄駅からゴルフ好きの秋澤さんが運転するタクシーに乗って到着。何度も写真で見て憧れていた和風モダンなクラブハウス前に到着。ここはクラブハウス、宿泊所、キャディマスター、食堂(レストラン)の全てが古く、コンパクトで趣があり、バブリーなリゾートゴルフ場とは全く違う。初めてなのに故郷に戻ってきたような感じ。

ジュンクラシックカントリークラブ十九番穴・田舎家

到着後はまず名物の「十九番穴・田舎家」で腹ごしらえ。茅葺屋根の風情ある食堂。しかもどのメニューもゴルフ場らしからぬ値段に少々驚き。ソフトドリンクに至っては全て無料。ここはコース内にある売店も全て無料なのでこの時期は特に最高。ショートコースラウンド用に持参したクラブを軒先に置いて、青空と美しいコースを見ながら軒先に設けられた外の席でゆっくり食事を楽しんだ。

ジュンクラシックCC(ショートコース)ジュンクラシック(ショートコース)

ショートコースは全12ホールで100〜110Y前後を中心に最長193Y。本コース同様各ホールに「ロストの森」「シャンクの池」など愛嬌ある名前が付けられていた。前泊客は無料で回り放題なのだけれど、さすがに翌日にラウンドを控えて何周も出来ないので1周で終了。

景観に重点を置いた美しいホールが多くティーグランドに立つ度にしばし眺めて楽しむ雰囲気。ゆえに少々トリッキーだったけれど、スコアカードも付けずに「楽しむ」という感じだった。

ジュンクラシックCC(パッティング練習場のベンチ)ジュンクラシックCC(フォレストイン)

時間がなくてアプローチ練習場は使わなかったけど、前泊だとパッティング練習も充分に出来るのでここぞとばかりに練習した。ネットのない250Yレンジは日没間近だったので50球ほどで終了。

田舎家で楽しい夕食を済ませた後、麻雀ルームへ直行し深夜2時近くまで遊んだ。テニス、卓球、麻雀すべてが無料というのは罠だ(笑)。周囲を見るとこんな遅くまで遊んでるのは自分達だけだった模様。ここがゴルフ場だってことを一瞬忘れて遊んでしまっていた(笑)。

宿泊は、トーナメント開催時に選手が止まったというフォレストイン。部屋の扉の「1980 S.Ballesteros」という文字にも少し感動。向かいの部屋には「Tommy Nakajima」と書かれていた。

2008年08月01日

Dynamic Gold HL X100

先日工房から帰ってきたAWのシャフトシールをよく見てみると「X100」となってる。依頼したのは「S300」。「S300」が挿さってるSWと比べてもあまり違いがなさそうなので心配はしていなかったが一応工房に電話。そしてシールの貼り間違えが判明(笑)。「すぐ貼り替えるから持ってきて欲しい」と言われたが、これも面白いのでしばらく付けておくことにして、また寄った時に貼り替えてもらうことに。

さて明日は茨城県水戸にある水戸レイクスカントリークラブ。今まで2度予約したことがあるのだけれど、2度ともに雨で直前キャンセル。3度目の正直となる。

公式HPにはレギュラーティーで6,635Yとあったのでワクワクしたが、一応確認のためゴルフ場に確認したところ白ティーは6,221Yとのこと。この距離は公式HPでフロントティーとしてある。残念さが半分、ホッとしたのが半分(笑)。あと名前のわりにコースレイアウトにウォーターハザードが少ないのでこれも調べたら、公式HPに記されていない池が沢山あった。ちゃんと更新してくれよ(笑)。

次にGDOのスコア入力画面でレートを確認しようと思ったら、この6,221Yのティーを選ぶ選択肢がなかったので不明。フロントを選ぶとレディースティーの合計距離になってしまう。こういう場合どうすれば良いんだろう。レギュラーで入力しちゃうと400Yも違ってしまう…。ちなみにレギュラーティーだと70.6とあるから2〜3引いた感じかな。なんか気持ち悪いのでゴルフ場にちゃんと説明聞いて、もし改造されているのならGDOに申請しよっと。


2008年04月10日

ロックヒルゴルフクラブに向かって

土曜日のラウンドは、茨城県のロックヒルゴルフクラブ・レイクコース。写真は昨年秋に同コースをラウンドした時のもの。都心からは遠いけれど、自分とほぼ同じレベルのゴルファーが3人集まるのでフェアウェイが広め&体験済みのここに決めた。

最近はコースレートが高いコースを狙って選んでるのだけれど、ロックヒルのレギュラーティーはロックコースが69.5、レイクコースが69.8(ともにJGA基準採用のGDOレイティングによる)とやや低め。なのであえて再度ベントフェアウェイのレイクコースに挑むことに。

最近のラウンドで言うと…

02/16 109(rating:66.0)アジア取手CC
03/08 112(rating:74.2)セブンハンドレッドC
04/06 115(rating:74.0)グランディ那須白河GC

昨秋のラウンド時はロックコースだったけど、1ラウンド後にハーフでレイクコースを体験。その時に残っている記憶では、先週のグランディ那須白河のベント芝よりも葉が大きかったような気がする。

ロックヒルゴルフクラブ
↑昨秋のロックヒルGCでフェアウェイを駆けるキタさん


そしてここはラフが深かった印象がある。まあこの時期だから昨年の秋よりはマシなのかもしれないけど、決して浅くはないと心に留めて謙虚なゴルフに徹しよう。

ちなみにマスターズが開幕する明日4月11日は俺の誕生日!ゴルフの神様が何かプレゼントしてくれないかなぁ。そういえば「春に三日の晴れ間なし」の言葉通り今週に入ってからの関東は雨続き。しかしこの土曜だけはかなりのゴルフ日和となりそう。もしかしてこれがプレゼントなのかな(笑)。まあそうだと思って良からぬ期待はせずに頑張ろう(笑)。好天気の下、フカフカのベント芝を目一杯かっ飛ばすのだ(違)!


2008年04月03日

グランディ那須白河ゴルフクラブ

今週末は福島県と栃木県の県境付近にあるグランディ那須白河ゴルフクラブまで一泊二日のゴルフの旅にお出かけ。天気もかなり良さそうでリゾートゴルフが堪能出来そう。

グランドエクシヴ那須白河

宿泊はゴルフ場内にある「グランドエクシヴ那須白河・ロッジ棟」で、窓から綺麗なコースが一望できる。到着直後のタイミングで敷地内にある練習コースを予約してあって、3ホールを何周か時間制でプレーできるというシステム。時間が余ったらそのまま練習場へという感じ。

リゾートトラストレディス2007リゾートトラストレディス2007

昨年まで2年間リゾートトラストレディスの開催コースだったところで、実際にトーナメントで一昨年使用されたWEST&SOUTHコースをラウンドする。なんでも一昨年のトーナメントで使用したWESTコースのスコアが振るわなかったらしく、昨年はEASTコースに変更した経緯があるみたいで嫌な予感(笑)。

リゾートトラストの法人会員会社の紹介で予約したので、かなり格安なプランでラッキーなのだけど、うねりの多いグリーン、アンジュレーションの効いたベント芝のフェアウェイ、ほとんどのホールに池がある等、厳しいゴルフとなるのかな(笑)。

当日は友人たちと4人。新幹線でゆったり旅行気分を味わいながら楽しむことに徹するつもり。決して凹みませんように(;´Д`)


⇒グランディ那須白河ゴルフクラブ
⇒リゾートトラストレディス2007


2008年01月28日

ラ・ヴィスタゴルフリゾートラ・ヴィスタゴルフリゾート

ラ・ヴィスタゴルフリゾートラ・ヴィスタゴルフリゾート

実は先々週に決定してたんだけど書くの忘れてた。

7週間ぶりの次ラウンドが2月7日(木)に決定。コースは太平洋クラブ提携コースのラ・ヴィスタゴルフリゾート。過去に住友VISA太平洋クラブレディースが開催されたこともあるコース。大阪から上京するTJさんの希望でここに決定!

特訓したティーショットが前に飛んでくれれば、これまでよりはマシな内容でラウンド出来る事でしょう(笑)。自分的にはちょっと距離のあるコースになるけれど、長くて難しい方が沢山打てるので良し!(笑)。

楽しいラウンドになりますように。


2008年01月04日

ウェストワンズカンツリー倶楽部

正月2日から帰省で大阪へ。帰省ついでに予定していたウェストワンズカンツリー倶楽部でのラウンドは左腰痛のため不参加。でもせっかくなのでゴルフ場に同行してキャディ役をさせてもらった(^ω^)

ゴルフはやりたかったけれど、昼食代だけで練習用グリーンでパットの練習して、みんなに付いてカートに乗ってコースを一周してお風呂にも入れたので、何故か得した気分(^ω^)

ウェストワンズカンツリー倶楽部にて
↑途中でスイング練習なんかしてる私

本当はパットの練習したり風呂を使ったりしちゃダメだったのかもしれないけれど、最終ホールでは思わず残り100ヤードから参加させてもらったりもして(笑)。

ウェストワンズカンツリー倶楽部

コースはピート・ダイ設計の大変綺麗なコース。フェアウェイが黄金色で陽が差すととても神秘的な感じに。丘陵地になりながら極端なアップダウンもなくホール毎のセパレートも木が数本立っているだけで白杭もほとんどナシ。写真は隣のコースに打ち込んだキタさんの様子。

この日のラウンドは、大阪の友人TJさん、カメさんの2人と東京から参戦のキタさんの3人となる予定だったけど、急遽俺の代わりにTJさんの紹介で竹さんが参戦で4人でのラウンド。

ウェストワンズカンツリー倶楽部のカート後方から

池の効いたホールが多く、嫌な位置にあるフェアウェイバンカーや、深いガードバンカー、アンジュレーション豊かなフェアウェイ、大きなワングリーンもうねうねでさすがはピート・ダイ設計と唸らせるようなコース。

特にグリーンが難しく4人ともかなり苦戦していた。特筆はいつも90台前半で周るTJさんのスコア。なんと124回も叩いていた。TJさんと竹さんは昨日今日とラウンド2連チャンなので体力切れかな(;´Д`)

まぁラウンドは不参加となったけど、キャディ役として回れてとても有意義な一日になりました。腰の調子も日々よくなって春を待たずにあと1ラウンドしたくなってきちゃったかも(^ω^)


2007年12月29日

ウェストワンズカンツリー倶楽部(13H)

年明けの4日は兵庫県にあるウェストワンズカンツリー倶楽部まで遠征。大阪の実家に帰省ついでのラウンド。

ピート・ダイ設計コースなので公式ページのコースレイアウトを見ているだけで楽しくなってくるけど、ラウンド自体はかなり苦労しそう。前回の京カントリーも池の効いた難コースだったけどそれ以上に(;´Д`)

ウェストワンズカンツリー倶楽部(18H)

前回は池ポチャ3回、OB7発だったけど今回は隣のホールとのセパレートもなくてOB杭がほとんどないみたいなのでOBの心配はないけど、他の組の方に迷惑にならない程度に豪快に行こう(^ω^)

前回ツアーステージの1個400円のボールを10個も消費してしまったので、今回は同ブランドでもロストボールの安いのを入手(笑)。

ウェストワンズカンツリー倶楽部(16H)

今回ばかりはスコアは気にしないで、ナイスショットが何回できるかを楽しんで来よう。でも150とかはもう嫌だからそれなりに(^ω^)

ウェストワンズカンツリー倶楽部


2007年12月13日

京カントリークラブ(4番ホール)京カントリークラブ(13番ホール)

来週月曜日は千葉の成田空港近くにある京カントリークラブでラウンドです。距離は短めだけど難コースとして有名。

激しい起伏のフェアウェイとグリーンに加えOUTコースは池ばかり。上手な人いわく落としどころがかなり限られる難コースって事なんだけど、どこに落ちるか分らない腕の人はどうすれば良いんだろ(笑)。

京カントリークラブ(11番ホール)

でも京カントリークラブは、以前にハマっていたオンラインゴルフゲームでかなりよく遊んだコースなので、現物とゲームじゃかなり異なるのだろうけど全ホールが頭に入っていて、自分的に名物ホールが半分くらいあるので難コースとは言っても楽しみの方が多い(^ω^)

ティーショット池越え、フェアウェイ片側がずっと池、グリーン手間にも池、グリーンをえぐるようにクチを開けて待ってる160ヤードのショート、飛び飛びにしか設けられていないフェアウェイ、アイアンしか使えないような2つの池越え293ヤードのミドル、そして最終ホールが谷越え167ヤードのショートホール(;´Д`)

かなり叩くんだろなぁ(^ω^)

京カントリークラブ(お風呂)

やっぱお風呂が一番楽しみか(笑)。

京カントリークラブ


2007年11月23日

鶴カントリークラブ

宇都宮なので都内からは遠いけどインターから近かった。インターを降りてからゴルフ場までの間にコンビニがないのを、ゆう3とキタさんが騒いでたがそんなに問題があるだろうか(笑)。

ラウンドは西コース→東コースを回ったが、アップダウンのきついホールが多くドッグレッグも多かった。どの程度が丘陵コースでどの程度を山岳コースというのかよく解らないけれど俺は山岳気分だった。特筆は東コース4ホール目。スキーのジャンプ台のような打ち下ろしドッグレッグがあった。

鶴カントリークラブ7

グリーンは初心者の俺にはあんまり解らなかったけど、歴史のあるコースなのでかなり小さく、ベテランゴルファーゆう3が言うには「複数の傾斜が融合していて難しいグリーン」とのことだった。この日は40パットしたけど、40も打つ初心者には関係ないってことかな(^ω^)

鶴カントリークラブ8

広さは今までラウンドした中では一番狭かった。すごく狭いというわけではないけれどティーグランドから左右どっちも開けているという初心者思いのホールはほとんどナッシング!左右どちらかがフェアウェイ出たらすぐ白杭で、クラブの先っぽに当てたチョロがOBに…という事が10回ほど。まぁこれは腕の問題か(笑)。

鶴カントリークラブ9

どのホールもバンカーが効いていて、腕の鳴る人にはたまらないのかな。しかし今回はよくバンカーに入った。バンカーは砂というよりは土だったせいか、1回目は脱出に失敗したものの、その場でゆう3にレクチャー受けてからは全て1回で出せてグリーンオン(乗るだけだけど)となった。硬いバンカーだったので今後もこんなにうまくいくとは思わないけど、ゆう3にとってはこれが逆にやっかいだったみたい。かずっとはほとんどバンカーショット見なかったから、効いてるとは言えこれも腕の問題か(笑)。

鶴カントリークラブ16

アップダウン&ドッグレッグ&効果的なガードバンカー&小さく複雑なグリーン。やっかいなコースだったけれど、これを戦略性に富んだコースと呼べるように精進しよう(^ω^)

鶴カントリークラブ19


2007年10月24日

鶴カントリー倶楽部1

次回のラウンドが決定した。鶴カントリー倶楽部・宇都宮コースで、栃木県宇都宮ICから5分の場所。日付は約1ヶ月後の11月23日(祝)だけど11月3日(土)にキャンセル待ち予約入れてあるコースがあるから間に1ラウンド入るかもだけど(^ω^)

鶴カントリー倶楽部

(公式サイトの説明文)
天然樹が色濃く残る広々とした用地に、ひとつひとつ変化のある27ホールをレイアウト。心なごむ自然の妙が四季折々のプレーを一層楽しませてくれます。ゆとりがあり整備が行き届いた各ホール程良く調和したハザードの戦略など、ゴルフの醍醐味を存分に満喫ください。

西コース:3168Y
中コース:3272Y
東コース:3195Y

鶴カントリー倶楽部1

宣伝では丘陵で適度なアップダウンとは書いてあるものの、楽天GORAやGDOのコメント見ると限りなく山岳コースに近い丘陵コースらしい。公式サイトの各ホール毎の案内&攻略文章見てもネットで見る写真のイメージ以上に、打ち下ろし・打ち上げ・ドッグレッグという単語が多く出てくるので、心してかかりましょう!

同伴メンバーは、上手な人2人と下手な人2人の4人。思えば4人で回るのは今回が初めてだわ(笑)。まぁ普通は4人でするものなので初体験の4人プレーを満喫しましょ(^ω^)

2007年10月06日

ロックヒル4

都心からはちょっと遠いけど、フェアウェイが広くてキレイでとにかく安いのが魅力。安い&遠いってことで若いプレーヤーが多くマナーは悪いイメージ。前回の小見川東急は「是非ともまたラウンドしたいコース」だったけど、ここは「気が村向いたらキャディ付きでまた行って見たい」って感じかなぁ。

ふかふかのフェアウェイ(^ω^)

ロックヒル1

フェアウェイはフカフカしてて気持ちよかった。そのせいか午後のエキストララウンドでは、250ヤード付近はもうあちこちで芝が取れて悲惨な状態(笑)。マナーの問題だろうけど、キャディマスター室付近でもあんまりキャディさん見なかったからほとんどセルフなんだろーね。

ラフが深くて大変(;´Д`)

ロックヒルのラフ

写真は最も長かった部分のものなので、全部こんな感じってワケではないけど「セルフが多いコースなんだからもっと刈っておいてよぉ〜」って感じ(笑)。打つのに苦労するほどではないけど、ほぼ全体的にボールが完全に隠れる長さだった。疲れた…(;´Д`)

グリーンはイマイチ

ロックヒル2

遠目には美しいグリーンも、積年のボールマークが無数に点在。コースが綺麗なだけにもったいないなぁ〜って感じ。

アクセス

行きは早朝だったんんでスイスイと新宿から約2時間。仲間同士でワイワイ行くんでぎりぎりストレスのない距離かな。でも帰りはキツかった(笑)。ゴルフ場からインターで渋滞あるし、三郷ICあたりから首都高は渋滞続き。土曜日は一般道が空いてるんで、向島か駒形で降りて一般道…がベスト。

その他

クラブハウスは少し古かったけどホテルになってるビルで広くて豪華。ロッカーが2階で面倒&狭かった。風呂は浴室中央に湯船があるタイプなんで少々混んでいてもゆったり入れる。

カートは運転式。練習場はカートを借りて300メートルほど走ったところに。ついてから練習場でサインして1コイン300円45球。食事混みプランは、フロント受付時に食券をもらんだけど食券対応メニューは大したものなし。食券+100〜500円でいろんなメニューが食える。

今度行く時はキャディ必須!と思ったけど、ここは土日だとキャディ付きプランありません(笑)。平日にゴルフするならこんな遠くまでは来ないし…ってことは2度と行くことないのかな(笑)。

2007年09月18日

ロックフルゴルフクラブ

次回ラウンドが決定した。前ラウンドからほぼ1ヵ月後の10月6日(土)。コースはロックヒルゴルフクラブロックコース(^ω^)

ここに決定した理由は、1.5ラウンド&2サム保証で安かった事。しかも昼食付きで土曜なのに1万ちょいの破格値。楽天GORAのコース評価も4.1と高く実際にラウンドしたゴルファーさん達のコメントも見てもなかなかイイ感じ(^ω^)

ロックヒル2

前回ラウンドコース同様1グリーンで今度は3段グリーンまであるらしい。コース名の通り所々に岩がむき出しで出ているらしく、日本のコースらしくない佇まいもあるそうで、FWが広く柔らかい(←コレが気に入った)ってことです。

最初はキタさんと2人でラウンド予定で、コースの予約を取ったんだけど、その後に気になるコメント発見!上級者の方のコメントだったんだけど「ラフが深くロストしてしまった。」って。もっとコメントを読み続けると同じ事を書いてる人が結構沢山(・ω・ノ)ノ

これはヤバイ…しかもセルフだし…。ってことで急遽上級者の友人を数人当たるも、別のコンペが入っていたり仕事だったりで都合つかず。そこで次回ラウンド決定の報告も兼ねて大阪のTJ氏に電話する。

「いいなぁ」
「僕も行きたいなぁ」

俺もすかさず誘惑の言葉を連続発射しTJさんの同伴を半ば強引にゲットしたのでした(^ω^)しかし2ヶ月連続で東京までゴルフしに来るとは…TJ氏ギザオソロシス(^ω^)

2007年08月29日

小見川東急

ゆう3のお薦めでゴルフ再開後の初ラウンドとなるコースは千葉県の小見川東急ゴルフクラブに決定!

楽天GORAでキャディ付き3B×13,550円で予約も完了。メンバーは俺、TJ氏キタさんの3名。キャディ付きにした理由は俺とキタさんで軽く250以上は叩くだろうから少しでもTJ氏の負担を軽減するため(笑)

楽天GORAのレビューを見ると、FWのアンジュレーションがキツク、池も効いていてとにかくグリーンが難しい…らしい。ま、どうにでもなれ(笑)


プロフィール
ゴルフマニア手帳 by 大西義治
名称:ゴルフマニア手帳
著者:大西義治(はるる)
生年:1964年(昭和39年)
身長:165cm
体重:62kg
出身地:大阪府大阪市
住まい:東京都板橋区

自営業を営む趣味ゴルファー。東京都板橋区在住。生涯続けられるスポーツとして、趣味のゴルフを43歳から始めました。
  
クラブセッティング
ドライバー
GP ONE MINUTE M52
TRPX AURA(S)
フェアウェイウッド
BBD's 304T(#4)
TRPX RED-HOT TYPE-P(2+)
ユーティリティ・ハイブリッド
PING Anser(#20)
TRPX UT-7(1+)
PING Anser(#23)
TRPX UT-8(1+)
アイアン
MIZUNO MP-53(#5-PW)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
ウェッジ
MIURA MB-5000WB(#53)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
MIURA MB-5000WB(#57)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
パター
Edel Golf E-2
ボール
SRIXON Z-STAR
戦績
通算記録
通算ラウンド数(186)
2016年ラウンド数(24)
2015年ラウンド数(21)
2014年ラウンド数(20)
2013年ラウンド数(24)
2012年ラウンド数(17)
2011年ラウンド数(14)
2010年ラウンド数(17)
2009年ラウンド数(19)
2008年ラウンド数(26)
2007年ラウンド数(4)
ベストスコア(75)
ワーストスコア(152)
ベストハーフ(37)
ワーストハーフ(80)
ハンデキャップ
JGA/USGA(12.6)
GDO(15)
2016年の記録
ラウンド数(24)
平均スコア(86.7)
平均パット数(1.83-2.07)
フェアウェイキープ率(44.0%)
パーオン率(27.3%)
リカバリー率(22.3%)
サンドセーブ率(17.3%)
ラウンド予定
2017年3月
猿島カントリー倶楽部
ワンウェイゴルフクラブ
2016年
2016/11/25
大栄カントリー倶楽部
2016/11/18
浦和ゴルフ倶楽部
2016/11/09
美里ゴルフ倶楽部
2016/10/28
カレドニアンGC
20/16/10/14
サミットGC
2016/10/08
十日町CC
2016/09/29
阿見ゴルフクラブ
2016/09/09
ザ・インペリアルCC
2016/09/02
阿見ゴルフクラブ
2016/08/19
猿島カントリー倶楽部
2016/08/11
ザ・インペリアルCC
2016/07/27
千葉CC-梅郷C
2016/07/14
紫あやめ36-EAST
2016/07/01
阿見ゴルフクラブ
2016/06/16
紫あやめ36-EAST
2016/06/01
紫CCすみれコース
2016/05/26
阿見ゴルフクラブ
2016/05/12
阿見ゴルフクラブ
2016/05/05
ザ・インペリアルCC
2016/04/22
紫CCすみれコース
2016/04/15
浦和ゴルフ倶楽部
2016/04/07
新武蔵丘ゴルフコース
2016/03/25
紫あやめ36-EAST
2016/03/18
八千代ゴルフクラブ

86(35)

92(28)

86(33)

94(35)

84(31)

95(37)

88(33)

86(36)

81(30)

86(29)

75(32)

96(37)

86(34)

85(30)

79(28)

95(34)

89(37)

84(31)

82(36)

84(35)

90(32)

79(28)

95(39)

84(30)
2015年
2015/11/13
紫あやめ36-EAST
2015/10/31
十日町CC
2015/10/16
紫CCすみれコース
2015/10/09
エーデルワイスGC
2015/09/18
若洲ゴルフリンクス
2015/09/11
ザ・インペリアルCC
2015/08/28
紫CCすみれコース
2015/08/20
千代田CC-中東
2015/07/31
千葉CC-梅郷C
2015/07/23
紫あやめ36-EAST
2015/06/24
紫あやめ36-EAST
2015/06/13
八千代GC
2015/06/06
双鈴GC関コース
2015/05/29
紫CCすみれコース
2015/05/23
十日町CC
2015/05/15
阿見ゴルフクラブ
2015/05/04
阿見ゴルフクラブ
2015/04/24
若洲ゴルフリンクス
2015/04/18
紫あやめ36-WEST
2015/03/27
紫あやめ36-WEST
2015/03/20
紫あやめ36-EAST

85(30)

99(36)

98(34)

96(38)

94(35)

87(32)

93(31)

83(34)

94(33)

84(34)

86(29)

83(30)

91(33)

92(32)

89(40)

80(31)

84(34)

86(32)

91(33)

83(29)

87(30)
2014年
2014/12/19
紫あやめ36-EAST
2014/12/05
紫CCすみれC
2014/11/21
サミットGC
2014/11/01
十日町CC
2014/10/24
サミットGC
2014/10/01
紫あやめ36-WEST
2014/09/06
紫あやめ36-EAST
2014/08/22
阿見ゴルフクラブ
2014/07/25
川越CC
2014/07/17
紫あやめ36-EAST
2014/06/19
阿見ゴルフクラブ
2014/06/14
千代田CC
2014/05/28
紫あやめ36-EAST
2014/05/24
十日町CC
2014/05/03
おかだいらGL
2014/04/25
紫CCすみれC
2014/04/18
阿見ゴルフクラブ
2014/04/11
赤羽ゴルフ倶楽部
2014/03/29
紫あやめ36-EAST
2014/03/12
紫あやめ36-EAST

83(33)

90(34)

82(34)

100(38)

84(33)

88(29)

94(36)

85(31)

90(33)

84(30)

91(32)

80(30)

88(34)

90(38)

82(31)

90(37)

83(31)

85(32)

83(29)

84(30)
2013年
2013/12/31
紫あやめ36-EAST
2013/12/20
紫CCすみれC
2013/12/13
紫あやめ36-EAST
2013/11/22
千代田CC
2013/11/09
十日町CC
2013/10/17
富士桜CC
2013/10/11
セゴビアGC
2013/09/21
紫あやめ36-EAST
013/09/06
ワンウェイGC
2013/08/23
千葉CC・梅郷C
2013/08/14
紫あやめ36-EAST
2013/08/07
阿見ゴルフクラブ
2013/07/27
ひかみCC
2013/07/17
紫あやめ36-EAST
2013/07/13
紫あやめ36-EAST
2013/07/10
紫あやめ36-EAST
2013/06/08
紫あやめ36-WEST
2013/06/04
紫あやめ36-EAST
2013/05/18
ムーンレイク茂原
2013/05/15
おおむさらきGC
2013/04/28
ザ・GC竜ヶ崎
2013/04/13
阿見ゴルフクラブ
2013/03/20
紫あやめ36-WEST
2013/03/09
アゼリアヒルズCC

85(29)

91(32)

85(34)

93(37)

103(38)

89(32)

90(34)

84(28)

90(33)

92(32)

85(34)

78(30)

87(36)

96(31)

90(32)

85(33)

89(32)

86(31)

86(40)

91(35)

90(36)

86(37)

86(30)

85(35)
2012年
2012/12/30
アゼリアヒルズCC
2012/12/12
川越CC
2012/12/01
紫あやめ36-WEST
2012/11/24
富岡CC
2012/11/17
さいたまGC
2012/11/10
アゼリアヒルズCC
2012/10/21
ザ・インペリアルCC
2012/10/07
アゼリアヒルズCC
2012/10/04
エーデルワイスGC
2012/09/15
ハーモニーヒルズGC
2012/07/24
阿見GC
2012/07/14
高麗川CC
2012/06/23
千代田CC
2012/04/29
皆川城CC
2012/04/07
アゼリアヒルズCC
2012/03/14
湘南シーサイドCC
2012/03/03
朝霞パブリックG

92(36)

97(33)

88(31)

102(39)

87(31)

85(33)

88(31)

80(36)

104(36)

83(35)

86(30)

92(32)

82(30)

84(30)

80(33)

94(31)

92(30)
2011年
2011/12/30
アゼリアヒルズCC
2011/11/26
つつじヶ丘CC
2011/11/09
ホワイトバーチCC
2011/10/29
富岡CC
2011/10/02
埼玉GC
2011/09/23
アゼリアヒルズCC
2011/09/17
ホワイトバーチCC
2011/09/03
霞ヶ浦CC
2011/08/13
ホワイトバーチCC
2011/08/08
おおむらさきGC
201107/16
皆川城CC
2011/05/03
ハーモニーヒルズGC
2011/04/02
アゼリアヒルズCC
2011/03/09
湘南シーサイドCC

88(36)

101(41)

88(31)

94(37)

95(31)

87(31)

92(34)

86(32)

92(31)

91(34)

78(32)

83(39)

83(33)

85(32)
2010年
2010/12/30
アゼリアヒルズCC
2010/12/18
高根CC
2010/12/04
おかだいらGL
2010/11/27
おかだいらGL
2010/11/03
ハーモニーヒルズGC
2010/10/02
富岡CC
2010/09/04
ハーモニーヒルズGC
2010/08/28
玉造GC・捻木C
2010/08/09
瀬田GC・北C
2010/07/31
霞ヶ浦CC
2010/07/24
ザ・インペリアルCC
2010/07/03
鳳凰GC・東C
2010/06/05
おかだいらGL
2010/05/29
玉造GC・若海C
2010/05/01
おかだいらGL
2010/04/24
霞ヶ浦CC
2010/03/27
水戸レイクスCC

88(32)

98(38)

96(36)

93(33)

87(36)

96(34)

86(37)

102(45)

91(32)

90(36)

81(35)

94(35)

82(33)

94(33)

88(35)

84(29)

97(34)
2009年
2009/12/31
玉造GC・捻木C
2009/12/05
アジア取手CC
2009/12/01
高根CC(BT)
2009/11/21
玉造GC・捻木C
2009/11/01
玉造GC・・若海C
2009/10/20
おかだいらGL
2009/10/10
笠間CC
2009/09/21
笠間CC
2009/09/19
おかだいらGL
2009/08/13
滋賀GC
2009/07/09

笠間CC
2009/07/04
アジア取手CC
2009/06/13
笠間CC
2009/05/11
太平洋クラブ六甲
2009/04/29
ザ・GC竜ヶ崎
2009/04/11
ハーモニーヒルズGC
2009/03/28
イトーピア栃木GC
2009/01/11
千代田CC
2009/01/03
イトーピア栃木GC

90(36)

92(37)

88(30)

100(37)

99(30)

92(38)

96(34)

91(36)

88(32)

91(38)

90(33)

87(36)

95(38)

107(38)

96(37)

109(44)

125(41)

102(35)

102(41)
2008年
2008/12/21
イトーピア栃木GC
2008/12/08
サミットGC
2008/12/06
水戸レイクスCC
2008/11/30
みずなみCC
2008/11/22
東都飯能CC
2008/11/08
イトーピア栃木GC
2008/10/26
水戸レイクスCC
2008/10/09
小見川東急GC
2008/10/05
イトーピア栃木GC
2008/09/27
水戸レイクスCC
2008/09/15
イトーピア栃木GC
2008/09/07
ジュンクラシックCC
2008/08/31
東庄GC
2008/08/16
マスターズGC
2008/08/02
水戸レイクスCC
2008/07/26
板倉ゴルフ場
2008/07/20
アジア取手CC
2008/07/12
ロイヤルフォレスト
2008/06/15
アジア取手CC
2008/06/04
小見川東急GC
2008/05/18
アジア取手CC
2008/05/05
セブンハンドレッド
2008/04/12
ロックヒルGC
2008/04/06
グランディ那須白河
2008/03/08
セブンハンドレッドC
2008/02/16
アジア取手CC

98(38)

98(40)

102(42)

107(35)

103(35)

100(35)

96(39)

95(32)

101(39)

90(30)

95(35)

106(38)

103(38)

106(32)

99(40)

106(35)

99(39)

101(36)

94(32)

100(37)

101(40)

104(44)

108(43)

115(42)

112(38)

109(35)
2007年
2007/12/17
京CC
2007/11/23
鶴CC・宇都宮C
2007/10/06
ロックヒルGC
2007/09/05
小見川東急GC

125(41)

152(40)

137(44)

130(40)
過去記事