ウェッジ

2016年11月22日

三浦技研の純鉄ウェッジ(MG-S01)

軟鉄以上の極上打感ってどんな感じ?ようやく三浦技研の新ウエッジを試打できた。個人的な評価としては、よく上がりやさしくなった印象。そしてバックフェースの形状がなんとも美しい。さすが三浦技研!

記事の続きを読む

2015年02月19日

東邦ゴルフ匠ウェッジ

姫路の東邦ゴルフ匠ウェッジにロフト角のバリエーションが増えた。これまでより3種類増えて、48・50・52・54・56・58度で全6パターンのラインナップに!その中からさっそく52度を取り寄せて試打開始。

記事の続きを読む

2015年02月02日

三浦技研MB-5000WBアプローチウェッジ

試打を重ねること数カ月。結局サンドウェッジに合わせてアプローチウェッジもセッティング入り。クラブ性能は言うまでもないが、一番のポイントはクラブ形状。アイアンからの流れを重視しての決定となった。

記事の続きを読む

2014年12月22日

ロフト調整作業中

ここにきて各番手の飛距離が伸び、自分の感覚よりも飛び過ぎるアプローチウェッジのロフト角調整。今よりも飛ばないというか上がりやすいようにしてもらった。簡単に言うと少しだけロフト角を寝かせた。作業は至って簡単(に見えた)で待つこと数分、数百円の工賃で終了。

記事の続きを読む

2014年10月30日

MB-5000WB

オーダーから約20日。予定日より10日以上も早く新サンドウェッジが完成した。モノは三浦技研MB-5000WBの57度。ここのところずっと試打したりラウンドで借りたりしてその良さを体感していたので、自分専用スペックでカスタムするとどうなってしまうのか?に期待して。

記事の続きを読む

2014年03月19日

東邦ゴルフ軟鉄鍛造フォージドウェッジ

楽天でかなりの高評価を得ている東邦ゴルフのウェッジ。その軟鉄鍛造56度を昨年暮れから使っているが、さらに極めたいと思いライ角変更とシャフトの相談を持ちかけて快諾頂いて先日到着。気に入ったクラブを自分仕様にスペック変更するというのは実に快感!まだ練習場での使用のみながら、そのインプレッションをまとめた。

記事の続きを読む

2014年03月11日

MIZUNO MP-R4 (2)

2週間前にオーダーしていたミズノのウェッジが届いた。予定よりかなり早かったのは直営店オーダーだったからかどうかは不明。例によってスペックシートと保証書が附属。バックフェースにかなりデザイン性があるせいか、新品を見るとサテン仕上げでもテッカテカに見える。ウェッジがあまり綺麗だと格好良くないので、早く使い古したい(笑)。

記事の続きを読む

2014年02月21日

ミズノMP-R4ウェッジ

今回はウェッジの物色+仕立て目的でミズノエスポートへ。目当てはアプローチウエッジ。MP的に言うとフェアウェイウェッジ。サンドウェッジはすでに昨年末から活躍しているエースが居るが、PWとの間のクラブがなかなか決定しないままでいた。そこで最終的に踏み込んだのがMPウェッジの中から選んでカスタムしてしまうというもの。

記事の続きを読む

2013年11月13日

軟鉄鍛造匠ウェッジ

姫路の職人が手掛けた軟鉄鍛造ウェッジを生産工場から直接入手。いわゆる地クラブだが、ウェッジはやはり姫路ものに尽きる。地クラブにもいろいろあるが、今やそれをウリにして立ちあげる高価過ぎるなクラブが多すぎる中で、こういった職人ものの価格は呆れるほど安い。

記事の続きを読む

2012年10月15日

2本のサンドウェッジ

ここ数ラウンドはボーケイのウェッジを使用。それまではアキラのツアーウェッジを気に入って使っていた。そもそもなんでボーケイを買ったのかは今となってはよく分からない(笑)。とまあそんな理由から、午前中のある待ち時間を利用して打ち比べに出向いた。

サンドウェッジ比較

写真はほぼ構えた時の角度から撮影したもの。左がボーケイで右がアキラのツアーウエッジ。形すらもボーケイの方が当たり前に感じるようになってきた。最初は違和感あったのに、さすが多くのプレーヤーが使う定番だけあって、慣れるとこっちが自然に感じる。

AKIRA TourWedge(56-12度)
久しぶりに使ってみて再確認したが、やはりバランスがD1だけあってかなり軽い。実はこの軽さが良い場面もあるのだけれど、ボーケイの方はD4もあるので相当違う。さすがにこの差は不安な感じ。

打感は前にも表現したが、実にソリッド感溢れる手応え。こちらの方が操作性が良く、手応えどおりのボールが出る。ゆえに上手に打たないと手応えが悪い。でもほど良い柔らかさが癖になる。

Titlest VOKEY DESIGN SM4 WEDGE(56-11度)
こちらは良くも悪くもオートマチックさを感じる。打感は頼りないと感じる人もいるんじゃないか?と思うほどソフト。アキラが金属剥き出しっぽい感じなら、こちらは仕上げ方がかなり厚塗りな感じ。

人によって感じ方は異なると思うが、自分の場合はボーケイの方が簡単なクラブだと感じる。アキラと比較するとオートマチックで感触が馬鹿っぽい(表現は悪いが)が、それにも慣れつつあるかな。

練習場で見かけた風景

先の打席で芸術品のようなクラブで練習されている老人がいた。あまりに綺麗だったので盗み撮りをさせてもらった。将来こういう趣味のいいゴルファーになりたいもんだ。その頃には数字はもういいだろう。


2011年11月17日

ウェッジのセッティングを変えたばかりだが、北の武器商人さんのおかげでソールが削られたSWというものを初体験。SWでのアプローチは難しいと考えていたけれど、ソール形状によっては芝からでも凄く打ちやすくなることを実感。自分なりの好みも生まれてきた。

AKIRA TOUR WEDGE
AKIRA TOUR WEDGE
AKIRA TourWedge(銅下+PVD仕上げ)
56-12度 NSPRO950GH(S)
35.00inch/D1/448g


そこでたどり着いたのがアキラプロダクツのツアーウェッジ。こだわったポイントはソール形状、ノーメッキの黒系仕上げであること。あと自分はどうもダイナミックゴールドの打感がダメなので合計3点。

これをなんと取引先の社長からひとまず無償で戴けた。かなりのクラブ道楽家で、「自宅練習できるスペースを作ったからおいで!」とのことで邪魔した際に発見。半ば無理やり戴くことになった(笑)。ただ練習で数回しか打ってないという言葉どおり新品同様の綺麗さ。取引先だけに借りはあまり作れないので後日相応のお礼をする予定。

早速打たせてもらった感想は、打感がとにかく柔らか。そしてバウンスが結構あるのにその形状から大変抜けが良い。バンカーでも芝でもそれぞれの役目を果たしてくれそうな予感。まだ練習用のマットではこれ以上ない感触を得られた。早く芝とバンカーでも試してみたい。

サンドウェッジ比較

写真左がゴルフエフォートのカスタムウェッジで、ここ最近のお気に入りだったがソールが削られすぎていて抜けまくる。56度のPWみたいな感じのSWなのだがバンカーでのオートマチック性が全くないので自力で砂を切っていく技量が必要。自分には無理だった。でもこれによって黒系のノーメッキが好きになり、アプローチが楽しくなった。

写真右がボーケイ・スピンミルドで、北の武器商人さん仕様でソールが削られたもの。こっちのソール形状が理想。シャフトは、ボーケイがDGでエフォートがNS950だったが、この比較でも自分はNS950の方が好みであることを再確認できた。この2本の経験は大きかった。

ちょうど2週間前、両方の良さを足して2で割ったクラブがないかと考えて近所の工房にカスタムウェッジ製作の相談をしていた。そして先週末にアキラのツアーウェッジをネットで見つけて、アキラプロダクツに電話して取扱店や試せる所がないか利いていた矢先だった。


2011年09月15日

ウェッジのセッティング

−アイアンセットのGWが増えて−
先日アイアンセットのGWが増えたのでバッグの中は15本。今週末のラウンドではGWとAW(52度)を両方打ち比べたかったので、3Wか5番アイアンを抜いて行く予定だった。ところが昨晩友人から、「ややこしいこと考えないでアプローチはGWだけで行け!」と怒られた。

思えば80Y未満のショットを52度1本でやるようになったのは、その友人のプレーに影響を受けたから。彼はSWまで全てアイアンセットのもので単品ウェッジは使っていない。ということで今回は、3Wも5番アイアンも抜かずにAW(52度)を自宅に置いていくことにする。

よく考えたらそれくらいしないと比較にならない。しかもこのGWはアイアンセットの流れのものだから、“PWの次のクラブ”的な考えで初打ちでも前から使っていたクラブのように打てた。助言してもらったことによってあることが吹っ切れたような気持ちになった。楽しみ!

−今後のクラブセッティング−
ここ最近は表にあるA案・B案などいろいろ考えた。どちらかと言うとA案が面白いんじゃないか?と思っていたが、友人の助言でB案の考えが強まってきた。SWに関しては今はバンカー+上げないといけない特殊な状況時専用になっていて最近とても調子が良い。

B案に56度については、GWはウェッジというよりは11番アイアンのようなイメージなので、単品ウェッジを1本にするなら今まで使ってきた52度と58度の中間にしたいと思っただけ。幸い自宅には今SWが4本もあるのでいろいろ試せるし、この部分だけなら焦らなくても良い。

さてGW投入は、ゴルフにどんな影響を与えてくれるだろうか。次が苦手コースなのが微妙だけど、ラウンドで最も使うクラブでもあるので、いろんなことを試してみたいと思う。きっといい結果がでるはず。


2011年09月11日

向原ゴルフセンター練習風景

ゴルフパートナーで使用中のアイアンセットの中古ウェッジを探して取り寄せてもらった。MX−25のGW(ギャップウェッジ)で51度でシャフトも同じNS950のR。ほとんど使われておらず新品同様。グリップも同じものに交換してもらって、バランス調整に鉛を4g貼った。

早速練習場へ持参して試し打ち。想像どおりというか、当たり前に気持ちよく打てて打感も想像どおり。PWよりもフェースは大きくソール幅もあるのでトップブレードが厚く感じたが、さすがに打感は抜群。

距離のコントロール、高低の打ち分け、開いても被せても大好きな8番アイアンやPWと同じように打てる。当たり前の結果。これと1球ずつ交互にフォーティーンの52度を打つとやけにうまく打てる。だけど溝の仕様が違いすぎるのでスピンのかかり具合は歴然たる差がある。ただ人工芝相手の判断なのでコースで使ってみないと判らないが。

MX-25 GW 導入
ウエッジ比較

これでなんとなく感じたのは、打感、あるいはクラブによって上達の仕方がやっぱり違うのではないか?ということ。フォーティーンのウェッジも使用者が多く悪いクラブではない。シャフトをあまりポピュラーじゃないものにリシャフトしているのでここも気になっているところ。

次の連休のラウンドは3Wを抜いてこの3本入れて行こうか?週半ばには北の武器商人さんから様々な仕様のウェッジが3本届くので、それを試してみていろいろ考えてみよう。これはとても楽しみ。

−サイドスピンが減ったドライバー−
ラウンドで1回、練習で3回打った感触は、やはりロフト角が増した分サイドスピンが減ったと思う。また、ロフト角が増えたから開いたインパクトは厳禁という意識が強いせいもある思う。ドライバーの場合、たった1度でもかなり違うと言うが本当にそう思った。それに打感がとても柔らかく気持ち良くなった。実際はこの効果が一番嬉しい。

地元の神輿担ぎ
午後は神輿担ぎ

この週末は地元のお祭り。昨年に続いて神輿担ぎに参加。今年は子供神輿も手伝ったので大人神輿は少しサボれたけれど、子供神輿の補助で神輿をずっと片手で吊っていたので明日当たり腕の筋肉痛が結構きそうな予感。どっちにしても体中痛くなるんだろうなぁ(笑)。


2010年01月14日

サンドウェッジ

このサンドウェッジ(SW)とはちょうど2年の付き合い。以前は使い込まれたウェッジに憧れたが、こうしてあらためて見ると汚い。写真は実際よりも綺麗に写ってしまったけれど、あまり格好良くない傷痕も。

以前はアプローチウェッジ(AW)との使い分けに悩んだ時期もあったけれど、今は役割もはっきりして分かれて悩むこともなくなった。最も打ち方のバリエーションが多く、練習していても時間を忘れて没頭でき、自宅練習も含めるとパターと並んで練習量の多いクラブ。

頂き物と中古クラブでゴルフを始めて、自分にとってはお金をかけた初めての新品クラブがこれ。合計46ラウンドで使ったので、これくらいの傷は当然なんだろうけど、新品当初のスピン力はとっくにない。でも今のセッティングの中で最も長く付き合っている愛着あるクラブ。

サンドウェッジ

先週、ふと足を運んだゴルフショップで、同シリーズの新しいモデルを試してみた。もし買い替えるならコレだとは思ったが、意外にも欲しくならなかった。リシャフト、バランス、ライ角、ロフト角など自分仕様に調整済みのクラブとの比較だから当然かもしれないが…。アイアン、ウェッジの新ルールもあることだし、しばらくはこの傷だらけでいこう。


2008年07月08日

FOURTEEN MT-28 J.SPECFOURTEEN MT-28 J.SPEC
FOURTEEN MT-28 J.SPECFOURTEEN MT-28 J.SPEC with Dinamic Gold HIGH LAUNCH

今SWが凄く楽しい。武器商人さんに譲ってもらったクルーズ・スピンコントロールは、先日のショートコースで結局友人に取られてしまった(笑)。彼は常々アプローチに悩んでいて今まで100ヤード以内を主にPWで補っていた。時々必要に迫られてSWを使っても刃に当ててグリーンオーバーさせたり、逆に届かずのオンパレード。それがクラブを替えただけで著しく乗るようになり、更に時々寄るようにまでなった。

これだけ結果が出ると返せとは言わせない表情になっていた(笑)。ちょうど自分もリシャフトしたMT-28 J.SPECとどちらをメインにするか決め兼ねていたところだったので、いい踏ん切りになったということで彼のキャディバッグに収めることに。

自分にとってもSWが以前より増して「楽しい道具」になってきた。「楽しい」から「使える」になってきたら「道具」を「武器」と呼ぶようになるのかな。これもダイナミックゴールドと出会った賜物。リシャフトデビュー&工房デビューして良かった。

MT-28 J.SPECに挿したDynamic Gold HIGH LAUNCH S300は、DGより柔らかいというのは何度か振ってるとすぐ解る。これは先調子のせいだろう。でも先調子という感覚はあまりない感じ。あくまで「DGより柔らく感じる」くらいしか自分には解らない。シッカリ感もDGとNSの中間くらいだろうか。これは狙い通り。

もうSWは最大でも65〜70ヤードほどしか飛ばないクラブになった。というかそれ以上飛ぶほど目一杯振れない。これでAWとの使い分けを迷わなくて良くなった。もちろんそうなるようにとリシャフト&バランス調整したのだから大成功。そのうちAWもいじりたくなるかな。

あとは腕…。


2008年版ウェッジの選び方




2008年07月01日

サンドウェッジをリシャフト

リシャフトに出していたSWが完成した。シャフトはDynamic Gold HL(ダイナミックゴールド・ハイローンチ)で、DGのクセに先調子という、トゥルーテンパーの2008年新製品。実はN.S.PRO1150でもいいかなと思っていたのだけれど「だったらコレ試してみれば?」という事で工房の社長にに薦められて決めた。

⇒ゴルフショップ坂(サカゴルフ)

35インチ、バランスD3、グリップはフォーティーンオリジナルでお願いしてライ角もAW同様少しフラットに調整してもらった。ウェッジでハイローンチの特性が生きるのかどうかよりも、総重量と慣れない元調子よりも先調子を一度試してみようと思っての選択。まあゴルファー経験が1年にも満たないので、素人の自己満足なのだけれど。ウェッジは特にこの「自己満足」が大事だと思っているので。

早速自宅で試打。重量感はやっぱりこのくらいが良い感じ。開いた時も打ち易くなった。もっとも武器商人さんに譲ってもらったクルーズのスピンコントロール(改)も相当打ち易い(特に方向性)。考えてみればこのSWを譲ってもらったおかげでこの思い切った調整に踏み切れた。

今からレンジで打つのが楽しみ!

サンドウェッジ自宅で試打

自宅での試打ムービー。45度ほど開いて自宅のじゅうたんにバウンスを当て込むと相当近所迷惑なので少々遠慮気味に…。手加減すると方向性が悪くなり目的から反れて自宅のあちこちに当ててしまう。最後はバウンド後にカメラを直撃!


人気シャフトはココが凄い!




2008年06月19日

フォーティーンMT-28 J.SPEC(SW・58度)クルーズ・スピンコントロール(SW・56度)

昨日に続いて2本のSWを徹底的に打ち比べ。左の写真がMT-28 J.SPEC(58度)で右がスピンコントロール(56度)。大きく異なる点はクラブのバランス。半年使用して慣れ親しんだJ.SPECがD2で、今週手にしたばかりのスピンコントロールがD5という自分としては強烈に重さを感じる未知のバランス。

写真は20ヤード程度のつもりでスイングしたものだが、今の自分の感覚で言うと56度のスピンコントロールの方がピッタリの距離を打てそうな気がする。…が、たぶんそれも20ヤードまで。クォータースイングまで上げるとDGシャフトのD5バランスだとまだしっかりと打てない。週末にグリップ交換予定なのでこれがしっくりきたらおそらく今よりマシなスイングが出来そうに思う。

実はまだ「SWは重い方が良い」と言われる実感を得られていない。皆がそう言うから「そうなんだ」と頭に刻まれているだけ。まあそれだけでもかなりの安心感なんだけど、それともうひとつ「よし!スピンコントロールで行こう!」と決め兼ねる原因は、半年間付き合ってきたJ.SPECにまだ愛しさが残っているから。

今後この重さの良さを実感出来た時にJ.SPWCにDGを挿すことも出来るわけだし。ウェイト調整に着手してロフトを1度立たせて見る手もある。今後のメインをどっちにするかは先送りにしたとしても、これにはいい勉強をさせてもらっている。

昨日一緒にレンジに行った友人がひどくスピンコントロールを気に入った。他人に気に入られると手離したくなくなるのが心情。一応持ち主である武器商人さんから友人が購入しても良いと承諾を得たが優先権は私にあるので、今しばらくは勉強用としてこいつには頑張ってもらう。

6番アイアンのダウンスイング時々右に出る事が増えたアイアン

今日のインドアレンジはSW主体だったが、最近時々右に出てしまうアイアンのスイング確認も行った。クラブは6番。左に踏み込みながらダウンはインサイドからのスイングが少し出来るようになってから時々右に出るように。上手く手首が返れば良い球になるのだけれど…。


半期に一度の大総力祭




2008年06月17日

サンドウェッジ比較

北の武器商人さんから先日届いたサンドウェッジ(写真右)。クルーズ・ウェーブスピンコントロールの56度をDGシャフトに差し替えたもの。全体的に丸みを帯びた顔は自分の好きなタイプで、写真左のフォーティーンMT-28 J.SPECも丸いが更に丸々としている。

溝はJ.SPECより2本少なく感覚が広めにとってある。使用度も浅いので溝はくっきり効いているが、フェイスにミーリング加工はされておらず簡単にスピンがかかるタイプではなさそう。この2本の共通点はバックフェイスのくぼみ。ワイドなソール部が必要以上に重くならないためと、これによってスイートエリアが広くなるらしい。

サンドウェッジ比較

グリップが武器商人さん仕様の62口径なので、自分には少し細く感じるが構えた感じは全く違和感なし。自宅練習で30球ほど試し打ち。まさに重さでボールを捕まえるといった感じでズッシリしっかりと出っ歯部分でボールを拾い上げてくれるイメージ。グリーン脇からのアプローチで使う分にはいい感触かもしれない。


現品限りの大処分!クラブ&ギアアウトレットコーナー!




プロフィール
ゴルフマニア手帳 by 大西義治
名称:ゴルフマニア手帳
著者:大西義治(はるる)
生年:1964年(昭和39年)
身長:165cm
体重:62kg
出身地:大阪府大阪市
住まい:東京都板橋区

自営業を営む趣味ゴルファー。東京都板橋区在住。生涯続けられるスポーツとして、趣味のゴルフを43歳から始めました。
  
クラブセッティング
ドライバー
GP ONE MINUTE M52
TRPX AURA(S)
フェアウェイウッド
BBD's 304T(#4)
TRPX RED-HOT TYPE-P(2+)
ユーティリティ・ハイブリッド
PING Anser(#20)
TRPX UT-7(1+)
PING Anser(#23)
TRPX UT-8(1+)
アイアン
MIZUNO MP-53(#5-PW)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
ウェッジ
MIURA MB-5000WB(#53)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
MIURA MB-5000WB(#57)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
パター
Edel Golf E-2
ボール
SRIXON Z-STAR
戦績
通算記録
通算ラウンド数(186)
2016年ラウンド数(24)
2015年ラウンド数(21)
2014年ラウンド数(20)
2013年ラウンド数(24)
2012年ラウンド数(17)
2011年ラウンド数(14)
2010年ラウンド数(17)
2009年ラウンド数(19)
2008年ラウンド数(26)
2007年ラウンド数(4)
ベストスコア(75)
ワーストスコア(152)
ベストハーフ(37)
ワーストハーフ(80)
ハンデキャップ
JGA/USGA(12.6)
GDO(15)
2016年の記録
ラウンド数(24)
平均スコア(86.7)
平均パット数(1.83-2.07)
フェアウェイキープ率(44.0%)
パーオン率(27.3%)
リカバリー率(22.3%)
サンドセーブ率(17.3%)
ラウンド予定
2017年3月
猿島カントリー倶楽部
ワンウェイゴルフクラブ
2016年
2016/11/25
大栄カントリー倶楽部
2016/11/18
浦和ゴルフ倶楽部
2016/11/09
美里ゴルフ倶楽部
2016/10/28
カレドニアンGC
20/16/10/14
サミットGC
2016/10/08
十日町CC
2016/09/29
阿見ゴルフクラブ
2016/09/09
ザ・インペリアルCC
2016/09/02
阿見ゴルフクラブ
2016/08/19
猿島カントリー倶楽部
2016/08/11
ザ・インペリアルCC
2016/07/27
千葉CC-梅郷C
2016/07/14
紫あやめ36-EAST
2016/07/01
阿見ゴルフクラブ
2016/06/16
紫あやめ36-EAST
2016/06/01
紫CCすみれコース
2016/05/26
阿見ゴルフクラブ
2016/05/12
阿見ゴルフクラブ
2016/05/05
ザ・インペリアルCC
2016/04/22
紫CCすみれコース
2016/04/15
浦和ゴルフ倶楽部
2016/04/07
新武蔵丘ゴルフコース
2016/03/25
紫あやめ36-EAST
2016/03/18
八千代ゴルフクラブ

86(35)

92(28)

86(33)

94(35)

84(31)

95(37)

88(33)

86(36)

81(30)

86(29)

75(32)

96(37)

86(34)

85(30)

79(28)

95(34)

89(37)

84(31)

82(36)

84(35)

90(32)

79(28)

95(39)

84(30)
2015年
2015/11/13
紫あやめ36-EAST
2015/10/31
十日町CC
2015/10/16
紫CCすみれコース
2015/10/09
エーデルワイスGC
2015/09/18
若洲ゴルフリンクス
2015/09/11
ザ・インペリアルCC
2015/08/28
紫CCすみれコース
2015/08/20
千代田CC-中東
2015/07/31
千葉CC-梅郷C
2015/07/23
紫あやめ36-EAST
2015/06/24
紫あやめ36-EAST
2015/06/13
八千代GC
2015/06/06
双鈴GC関コース
2015/05/29
紫CCすみれコース
2015/05/23
十日町CC
2015/05/15
阿見ゴルフクラブ
2015/05/04
阿見ゴルフクラブ
2015/04/24
若洲ゴルフリンクス
2015/04/18
紫あやめ36-WEST
2015/03/27
紫あやめ36-WEST
2015/03/20
紫あやめ36-EAST

85(30)

99(36)

98(34)

96(38)

94(35)

87(32)

93(31)

83(34)

94(33)

84(34)

86(29)

83(30)

91(33)

92(32)

89(40)

80(31)

84(34)

86(32)

91(33)

83(29)

87(30)
2014年
2014/12/19
紫あやめ36-EAST
2014/12/05
紫CCすみれC
2014/11/21
サミットGC
2014/11/01
十日町CC
2014/10/24
サミットGC
2014/10/01
紫あやめ36-WEST
2014/09/06
紫あやめ36-EAST
2014/08/22
阿見ゴルフクラブ
2014/07/25
川越CC
2014/07/17
紫あやめ36-EAST
2014/06/19
阿見ゴルフクラブ
2014/06/14
千代田CC
2014/05/28
紫あやめ36-EAST
2014/05/24
十日町CC
2014/05/03
おかだいらGL
2014/04/25
紫CCすみれC
2014/04/18
阿見ゴルフクラブ
2014/04/11
赤羽ゴルフ倶楽部
2014/03/29
紫あやめ36-EAST
2014/03/12
紫あやめ36-EAST

83(33)

90(34)

82(34)

100(38)

84(33)

88(29)

94(36)

85(31)

90(33)

84(30)

91(32)

80(30)

88(34)

90(38)

82(31)

90(37)

83(31)

85(32)

83(29)

84(30)
2013年
2013/12/31
紫あやめ36-EAST
2013/12/20
紫CCすみれC
2013/12/13
紫あやめ36-EAST
2013/11/22
千代田CC
2013/11/09
十日町CC
2013/10/17
富士桜CC
2013/10/11
セゴビアGC
2013/09/21
紫あやめ36-EAST
013/09/06
ワンウェイGC
2013/08/23
千葉CC・梅郷C
2013/08/14
紫あやめ36-EAST
2013/08/07
阿見ゴルフクラブ
2013/07/27
ひかみCC
2013/07/17
紫あやめ36-EAST
2013/07/13
紫あやめ36-EAST
2013/07/10
紫あやめ36-EAST
2013/06/08
紫あやめ36-WEST
2013/06/04
紫あやめ36-EAST
2013/05/18
ムーンレイク茂原
2013/05/15
おおむさらきGC
2013/04/28
ザ・GC竜ヶ崎
2013/04/13
阿見ゴルフクラブ
2013/03/20
紫あやめ36-WEST
2013/03/09
アゼリアヒルズCC

85(29)

91(32)

85(34)

93(37)

103(38)

89(32)

90(34)

84(28)

90(33)

92(32)

85(34)

78(30)

87(36)

96(31)

90(32)

85(33)

89(32)

86(31)

86(40)

91(35)

90(36)

86(37)

86(30)

85(35)
2012年
2012/12/30
アゼリアヒルズCC
2012/12/12
川越CC
2012/12/01
紫あやめ36-WEST
2012/11/24
富岡CC
2012/11/17
さいたまGC
2012/11/10
アゼリアヒルズCC
2012/10/21
ザ・インペリアルCC
2012/10/07
アゼリアヒルズCC
2012/10/04
エーデルワイスGC
2012/09/15
ハーモニーヒルズGC
2012/07/24
阿見GC
2012/07/14
高麗川CC
2012/06/23
千代田CC
2012/04/29
皆川城CC
2012/04/07
アゼリアヒルズCC
2012/03/14
湘南シーサイドCC
2012/03/03
朝霞パブリックG

92(36)

97(33)

88(31)

102(39)

87(31)

85(33)

88(31)

80(36)

104(36)

83(35)

86(30)

92(32)

82(30)

84(30)

80(33)

94(31)

92(30)
2011年
2011/12/30
アゼリアヒルズCC
2011/11/26
つつじヶ丘CC
2011/11/09
ホワイトバーチCC
2011/10/29
富岡CC
2011/10/02
埼玉GC
2011/09/23
アゼリアヒルズCC
2011/09/17
ホワイトバーチCC
2011/09/03
霞ヶ浦CC
2011/08/13
ホワイトバーチCC
2011/08/08
おおむらさきGC
201107/16
皆川城CC
2011/05/03
ハーモニーヒルズGC
2011/04/02
アゼリアヒルズCC
2011/03/09
湘南シーサイドCC

88(36)

101(41)

88(31)

94(37)

95(31)

87(31)

92(34)

86(32)

92(31)

91(34)

78(32)

83(39)

83(33)

85(32)
2010年
2010/12/30
アゼリアヒルズCC
2010/12/18
高根CC
2010/12/04
おかだいらGL
2010/11/27
おかだいらGL
2010/11/03
ハーモニーヒルズGC
2010/10/02
富岡CC
2010/09/04
ハーモニーヒルズGC
2010/08/28
玉造GC・捻木C
2010/08/09
瀬田GC・北C
2010/07/31
霞ヶ浦CC
2010/07/24
ザ・インペリアルCC
2010/07/03
鳳凰GC・東C
2010/06/05
おかだいらGL
2010/05/29
玉造GC・若海C
2010/05/01
おかだいらGL
2010/04/24
霞ヶ浦CC
2010/03/27
水戸レイクスCC

88(32)

98(38)

96(36)

93(33)

87(36)

96(34)

86(37)

102(45)

91(32)

90(36)

81(35)

94(35)

82(33)

94(33)

88(35)

84(29)

97(34)
2009年
2009/12/31
玉造GC・捻木C
2009/12/05
アジア取手CC
2009/12/01
高根CC(BT)
2009/11/21
玉造GC・捻木C
2009/11/01
玉造GC・・若海C
2009/10/20
おかだいらGL
2009/10/10
笠間CC
2009/09/21
笠間CC
2009/09/19
おかだいらGL
2009/08/13
滋賀GC
2009/07/09

笠間CC
2009/07/04
アジア取手CC
2009/06/13
笠間CC
2009/05/11
太平洋クラブ六甲
2009/04/29
ザ・GC竜ヶ崎
2009/04/11
ハーモニーヒルズGC
2009/03/28
イトーピア栃木GC
2009/01/11
千代田CC
2009/01/03
イトーピア栃木GC

90(36)

92(37)

88(30)

100(37)

99(30)

92(38)

96(34)

91(36)

88(32)

91(38)

90(33)

87(36)

95(38)

107(38)

96(37)

109(44)

125(41)

102(35)

102(41)
2008年
2008/12/21
イトーピア栃木GC
2008/12/08
サミットGC
2008/12/06
水戸レイクスCC
2008/11/30
みずなみCC
2008/11/22
東都飯能CC
2008/11/08
イトーピア栃木GC
2008/10/26
水戸レイクスCC
2008/10/09
小見川東急GC
2008/10/05
イトーピア栃木GC
2008/09/27
水戸レイクスCC
2008/09/15
イトーピア栃木GC
2008/09/07
ジュンクラシックCC
2008/08/31
東庄GC
2008/08/16
マスターズGC
2008/08/02
水戸レイクスCC
2008/07/26
板倉ゴルフ場
2008/07/20
アジア取手CC
2008/07/12
ロイヤルフォレスト
2008/06/15
アジア取手CC
2008/06/04
小見川東急GC
2008/05/18
アジア取手CC
2008/05/05
セブンハンドレッド
2008/04/12
ロックヒルGC
2008/04/06
グランディ那須白河
2008/03/08
セブンハンドレッドC
2008/02/16
アジア取手CC

98(38)

98(40)

102(42)

107(35)

103(35)

100(35)

96(39)

95(32)

101(39)

90(30)

95(35)

106(38)

103(38)

106(32)

99(40)

106(35)

99(39)

101(36)

94(32)

100(37)

101(40)

104(44)

108(43)

115(42)

112(38)

109(35)
2007年
2007/12/17
京CC
2007/11/23
鶴CC・宇都宮C
2007/10/06
ロックヒルGC
2007/09/05
小見川東急GC

125(41)

152(40)

137(44)

130(40)
過去記事