ドライバー

2016年04月27日

グランプリワンミニッツM52ドライバー試打

なにげなく試打してみた噂のドライバー、グランプリ・ワンミニッツのシリーズ最新作に魅せられてしまった。飛距離、打感、方向性などが求めていたものに限りなく近い。試打〜コースレンタルを経て購入決定。

記事の続きを読む

2015年09月08日

ムジークオンザスクリューDDドライバー

噂の飛距離系ドライバーと銘打たれた「Muziik On The Screw DD」がいよいよ解禁!試打評価用に月初からレンタルしてもらっていたが、日々その手応えに手放せなくなって週明けに買っちゃった(笑)。

記事の続きを読む

2015年08月04日

TPRXアウラ

TPRXの最新シャフト「アウラ」。飛距離性能はもとより、思い切って叩けるのが魅力。ネットでの評価記事が少なく、もうこれは自分で飽きるほど試打するしかないと、ここしばらく打ち続けていた。

記事の続きを読む

2014年07月02日

ATTAS 5GoGo

人気シャフトATTASシリーズの第5弾(5GoGo)をマイドライバー(ヤマハインプレスX-D202)に装着。ネットで検索すると「振りやすくてクセがない」という評判と、「タイミングがとりやすい」という評価が多い。これはメーカーのキャッチコピーどおりだが、まさにそのとおりだった。

記事の続きを読む

2014年05月02日

ヤマハインプレスX D202

コースで試打以上の好結果が得られたD202ドライバー。2012年モデルなので中古での購入。スライスによって飛距離をロスしてしまう私のようなゴルファーでも安心してぶっ叩ける頼もしいクラブ。入手2日後の実戦投入で好結果が出たが、その後の練習打ちも含めた評価をまとめた。

記事の続きを読む

2014年04月21日

ヤマハインプレスX D202 ドライバー試打

ヤマハのインプレスXシリーズ、2012年モデルのD202を練習場で試打。この数ヶ月で様々なドライバーを試したが、なかなかコレと思えるものがなく諦めかけていた。その矢先に出会った好感触のドライバー。求めていたものがほぼ(全部じゃないけど)備わったと思える感触が得られた。

記事の続きを読む

2013年09月14日

タイトリストVG3ドライバー

レッスンコーチの薦めもあって、ドライバーのシャッフとを硬く(重く)してみようと、同じドライバーのSシャフトをゴルフパートナーに依頼。他店から取り寄せてもらってグリップ交換も済ませていざ練習場へ。

今日は午前から打ち合わせが入っていたが、その取引先の社長と一緒に高島平の練習場へGO!ここ最近のぎこちない感覚が一掃され、この日はなんだか全番手を気持ちよく打てた日だった。

同じドライバーのシャフト硬度違い
グリップも同じで見た目上は全く同じ。5gも違わないのにワッグルするとシャフトの真ん中から先が少し重く感じる。直感的な表現では、「振り回されないようにしっかり構えないと」という感覚。

振ってみた感想はほとんど変わらないものの、ヘッド軌道が安定するような感覚。ただ、Rの時ほど「適当に軽く振ってもそれなりに」という寛容さが少しだけ少なくなったかもしれない。それと、しっかり振った時のミス幅が減る気がした。これは今後の検証も必要。

タイトリストVG3純正50Sシャフト

ドライバーを打つときに、自分には2種類の打ち方がある。簡単に表現するとしっかり打つ場時と合わせるだけの場合。後者は、3W、5Wでもいいんじゃないか?と思えるようなシチュエーションや自信がない場合に用いる。Sシャフトはこの前者が良くなり、後者はこれから模索するという感じだろうか。日が替わればまた違う結果もでるだろう。

生意気にも凄く気にする打感も変わった。球をグシャリを捕まえる大好きな感触はちょっと薄れた。ほんの少しだけど、ポコンと飛び行くような感じになった。これは私固有の感覚表現なので大したことじゃない。

いずれにしても、46インチでそんなヘビースペックじゃないので、これでも通常よりは随分ソフトなんだろう。自分が普通に打てるんだから。

タイトリストのMBアイアンも試す
ご一緒した取引先の社長のクラブ。ゴルフの楽しみ方を教えた私のせいかのか、とにかくクラブ(格好)にこだわる方。まあ、「最初は格好が大だからこだわって楽しもう」として、キャディバッグやウェアまで細かくアドバイスしたので仕方ない(笑)。最初はPINGのアイアンだったのに、先週買ったというタイトリストのMBアイアンには驚いた。

タイトリストMB712試打

シャフトはDGのS200。当然私にはかなりのオーバースペックなので最初っから「振ろう」という意識は全くなく、少し上げて落とすだけ。まず8番を試したら全く問題なく、しかもよく上がって止まる。

そして写真の5番アイアン。かなり集中してスイングしたら、たまたま凄くいい球が出た。マットからだが、感触は言うまでもなく快感。でもかなりの重労働感(笑)。格好良いとは思うけどしんど過ぎる。

ついでに、同じくS200の挿さった19度のUTも試す。これもスリークォーターの意識でかなりうまく打てた。これまた感触や音が最高。でもさっきのアイアン以上に無理があるので、これもナイだろう(笑)。

この経験でウェッジに関しては、再びDGでもいいのかな?なんてことも考えた。今度はウェッジも沢山打たせてもらおう。





2012年07月21日

新VG3初うち (2)

今やお気に入りのドライバーとなったVG3の10度初打ち。新品同様だけど中古クラブなので「新ドライバー」というのも変な感じ。

まず最初に打感が少し違うと感じた。標準的な10度表示のクラブともなってくると、やはりつかむというよりヒットしている硬めの感触。これは自分のヘッドスピードや、ヒール寄りヒットの関係もあるんだろう。

最初は幾分弾道にバラ付きが出たが、11度と交互に打つことでほとんど同じ感覚でスイングでき、しかも希望どおりに上がり方を抑えられる効果が確認できた。ミスヒットするとやはりサイドスピン量は増す。

新VG3初うち (1)

ティーを高くしてカチ上げたりテンプラさせてみたり、低くしてヒールトップさせてみたりという、自分がよくやるミスも再現して確認した。やはり適当に打っても安心ということでは11度。直進性は増すがいろんなことが起こる可能性が少し増えるかな?というのが10度という結果。

これはドライバーを11度に換えた時に分かっていた内容。でもあの時ほどその差がなく、これは“使えるクラブ”の期待大の感触。自分なりの表現を使うと、8番アイアンと5番アイアンほど打感は違うが7番アイアンくらいに打てる(ようになった?)という間隔を得た嬉しい感じ。

新VG3初うち (3)

本当の効果は、来週のラウンドで実際に使ってみてのお楽しみ。明日も練習に行けたら、タイミングやテンポを変えてみたり、強振してみたりもしておこう。明日は11度を自宅に置いてでかけよう。


2012年07月18日

タイトリストVG3(2010年モデル) (2)
タイトリストVG3(2010年モデル) (3)

新ドライバーとはいっても、今のドライバーのロフト角違い。良い状態のものをゴルフパートナー練馬中村橋店で探してもらったもの。

いつものグリップに交換してもらったので、ロフト角以外のスペックは全て同じもの。見た目も構えた感じも違いがあまり分からない。構えた時のフェースの見え方はもちろん違うけれど、これも僅かなもの。

とは言ってもドライバーの1度違いは大違い。ここ最近ボールの上がり過ぎが気になっていて、先日のラウンドではもはや決定的に高すぎると判断して導入にチャレンジ。10度台は何度かチャレンジしきたが今度こそは上手く行きそうな気がしているので楽しみ。

タイトリストVG3(2010年モデル) (1)
タイトリストVG3(2010年モデル) (4)

ボールが上がらなかったのでドライバーを使わず3Wだった時代。奥さんのドライバー(13度)でちょうど良かった時代。模索しながら10.5度を使っていた時代。その後またレディースに戻そうかと考えていた時にこのVG3を初めて試して即決。思えば試打クラブは9度だったことを考えると、11度は最初から臆病過ぎだったかもしれない。

当時は、サイドスピンで右に曲がるのを嫌ってロフトのあるドライバーを選択したわけで、今の心地よいフェードがあるのだと思う。果たしてこの曲がり幅がどうなるものか?しばらくは2本とも持っていよう。


2011年12月25日

クラブセッティング

タイトリストVG3を本格導入
先月末に試打会で初めて打ち、その直後から知人に借り受けていたタイトリストのドライバーだったが、今日まで合計9回の練習で打って結局大1枚で譲ってもらうことにした。内心ではもっと早くからメインにしようと決めていたのだけど、借りたままだといつ返却命令が来るか分からないので、正式に「返したくないから」ということで決めてもらった。

このドライバーを振った直後だと、どのドライバーを振ってもそれなりにうまく打てる魔法のクラブ。柔らかくて軽くて長くて上がり易いというスペックなので、勝手にスイングがリズミカルになるからだろう。それに打感が最高なのが良い。コースでも同じ効果が出るといいなぁ。

クラブセッティングの変化
6月にウェアウェイウッド2本を買い替えたのは、手元にコンペ優勝の商品券があったからだったが、ウェッジの入れ替えについては、北の武器商人さんからタイプ別のSWを3本借りて勉強になり、セッティングを大幅に見直した。ショートゲームが以前にも増して楽しくなり練習量も増えてどんどん良くなる予感。今後のための大きな収穫だった。

UTの変更はおまけみたいなもの。5番アイアンを抜いてUTを入れたいなぁ〜と思っていたところ、知人に27度のUTを頂いて他の番手も揃えたくなっただけ。これは下取りとポイントでやりくり。

そして今回は景品で貰ったというドライバーを譲ってもらった。「ずっと持っていいよ」とは言ってもらっていたが、それだとしっくり来ないので申し訳程度の金額ではあるがお支払いすることにした。

全て合わせて総出費は2万円ちょっとではあるけれど、商品券や下取りなどの金額も含めるとあと8万円くらいかかってることになる。こんなことができるなんて将来2度とないだろうなぁ〜。


2011年08月25日

依頼してあったドライバーのヘッド交換が仕上がった。最近よく通うようになったゴルフパートナー中村橋店で、同じドライバーのロフト角違いで綺麗なものを探してもらって施工に至った。

CIMG9931
CIMG9940
CIMG9960
Callaway E・R・C--CF
11.5度 44.75inch D1.0 305.5g 58度 450cc
Motore Speeder VC5.0 FLEX-R
NO1 GRIP 50 RED

ロフト角は10.5度→11.5度に変更。もちろん中古だけど、綺麗な状態のものが探せたので新調したようになった。目的は、楽に上がるクラブで楽に振りたいから。今の理想である、“ティーショット用のフェアウェイウッド”というイメージに近づきたかった。

先週のお盆休みに環八にある有賀園ゴルフで、様々なロフト角やフレックスのドライバーを試打してみて決断。クラブの種類にもよるけれど、ドライバーの場合たった1度でかなりの違いがあるということがよく分かった。あと、ロフト角が違うだけで腕に感じる打感も全然違う。でもこれは打ち方によるものかもしれない。

試し打ちもしないでいきなり施工に踏み切ったが、これが吉と出ることを祈りたい。見た目はほとんど違いを感じないので、視覚的効果は得られなさそう。打席に立ってみないと分からないが。


2011年05月15日

ドライバーショット

先日の練習で久しぶりに練習場で打ってみたレーディース用ヘッドの旧ドライバー。この土曜日も持参してやっぱりこっちの方が安心感、安定感ともに高いんだなぁと実感。ボールを吸収してしまいそうなソフトな打感も心地良い。練習では「打ち比べ」と思いながらも、時々やたらと上がるのがどうしたら収まるか?を模索している自分がいる。ということはやっぱり自分はこっちを使いたいんだなぁと自分に正直になることにした。

ティーを低くすることで、上がってしまう原因の1つを解消できた。もう1つの理由は、時々開いてインパクトをしてしまう点。低いとはいえティーアップしたボールをこのロフト角のドライバーで開いてしまうと、とてつもなく上がってしまう。ただ、これの良いところはサイドスピンがあまりかからないのでそんなにえげつない曲り方はしないという点。

Big Bertha 2008
Big Bertha 2008

ミスショットの再現
土曜日の練習では、2本のドライバーで実際にどちらが安全なのか?安心して振れるか?をテストするために、あえてミスショットの再現を何球も実験してみた。自分に多いミスとして、アッパー軌道のトップ、捻転の浅い打ち急ぎ、そして最後に力んで打った場合。

Callaway Big Bertha 2008 レディースモデル
13.0度 44.75inch D1.0 305g 56度 440cc
シャフト:Motore Speeder VC5.0 FLEX-R
グリップ:Lamkin CROSSLINE COLOR

ロフトが寝ているからなのか、どのミスにも寛容。というかかなり適当に振ってもそんなに大きなミスショットにはならなかった。8割以上がほどよい高さのドローボール。残りの悪いショットは、右へたよりないテンプラ気味のプッシュアウト。あまりスライスはしない。試しに普段よりオーバースイング気味に叩いても、普通に勢いのあるボールが出た。

Callaway E・R・C--CF
10.5度 44.75inch D1.5 310g 58度 450cc
シャフト:Motore Speeder VC5.0 FLEX-R
グリップ:Lamkin CROSSLINE COLOR

このドライバーをちゃんと飛ばすためには、他のクラブとは違ういくつもの注意事項が必要。実際ここ数ラウンドで使用して、スコア的にはまとまっているけれど、ティーグラウンドでは常にドキドキで何度も素振り。時々すごく飛んでくれるので可能性は大きいけれど、当然のことながらミスの方が多いので、気分的には常に大叩きと隣り合わせ。こちらで感触が良かった時は概ねプッシュアウトで、右に真っ直ぐ強くでる。同じプッシュアウトでも全くレディースヘッドとボールが異なるのが不思議。

最近は全てのクラブで球筋がドロー。よく捕まるのでこのまま練習を続けてそのうち捕まったフェードに変えて行きたいなんて思っているが、ドライバーだけスライスというちぐはぐな感じだった。レディースヘッドの方は他のクラブと同じイメージで振れて弾道も一緒。変化しつつある今のスイングを崩さないためにも、しばらくこっちに戻してみよう。

ERCは、もともと練習用として中古購入したものだけど、今度他のタイプも含めてロフト角11〜12度くらいの中古も探して試してみよう。


2010年10月15日

2本のドライバー
ドライバーヘッド比較

リシャフト品を引き取りにフジクラまで立ち寄った。フジクラでの試し打ちの感触は予想以上に上々。「レディースヘッドよりもやや柔らかく感じるかもしれない」と店長に言われたが、自分ではほぼ同じに感じた。ヘッドそこ違うけれど、このシャフトのダウンスイング時のしなる感触とインパクト時の手応えはが気に入っていて、それはそのまま感じられた。

これは先入観・安心感もあるからだろうし、シャフトの返りが自分に合ってるからインパクトが気持ち良いのだと思う。これで同じシャフトのドライバーが自宅に2本。10ヶ月お世話になった奥さんのドライバーをやっと本人に返せるか。とは言っても育児でゴルフ休養中だけど…。

しかし、フジクラでの計測で以前よりもヘッドスピード・ボール初速が落ちていることが判明。上の写真が昨年暮れのもので、下の写真が先日フィッティングした時のもの。左の数字がヘッドスピード、右の数字がボール初速。そして同じ試打クラブを振った時の平均的数値。

ヘッドスピードとボール初速(2009年12月)
ヘッドスピードとボール初速(2010年10月)

たまに試打しに遊びに行くGOLF5での計測では、常に40〜43くらいあるのでここ最近で落ちたということか。でも計測機が違うから単純比較は出来ないのかな。ちょっとスイングの注意点を気にし過ぎてる傾向があるから躊躇のあるスイングになってしまってるのかも。


2010年10月10日

木場のフジクラ
フジクラ・ゴルフクラブ相談室

木場のフジクラゴルフクラブ相談室に予約を入れて行ってきた。今回訪れた理由は、ドライバー2本の数値比較と、中古購入のERCをリシャフトしたらどうなるか?の相談。ということで前回お世話になった佐藤店長を指名させてもらって、ドライバー2本を持参した。

自分が一番興味があったのは、今メインで使っている13度のレディスヘッドに装着しているMotore Speeder VC.0の試打クラブ。同じシャフトで違うヘッドが付いたドライバーの感触を体感したかった。打感は違うとしても、その振った感触が同じなら…という希望もあって。

結果は、ほぼ同じ感触を得られて振っていて凄く心地良い。シャフトがしなる感触、自分の弱点を補ってくれる戻るタイミングとその感触。今回も同系統の各モデルを試したが、やはりこれが合ってる様子。

Motore Speeder VT(黒)
まず差し出されたのは黒シャフト。素振りした感じでは、表現は悪いがなんかブヨブヨして頼りない感じ。そのイメージのまま打ったせいかどうもタイミングが合わない。「あ〜でもない、こ〜でもない」と思いながら数球打ったところで「全く合わないですね!やめましょう」と店長。このシャフトは少しでも“振ってしまう”とダメな気がした。あと15年、20年してクラブを振れなくなったら、これに世話になるのもいいかもしれない。

Motore Speeder VC.1(青)
次に渡されたのが青シャフト。VC.0に限りなく近い感触というか目を閉じてたら分からないくらい。自分が打つと打ち出し角は低いが、ボール初速はこれが一番。いわゆる“強い球が出る”という感じ。将来、ボールがもっと上がるようになったら、飛距離アップにいいかもしれない。

Motore Speeder VC.0(赤)
やっぱり気持ちの良さはこれが一番。これが自分に合う理由をクラブヘッドがボールコンタクトする瞬間連続写真で説明してもらった。ロフトが立ったままでインパクトを迎えてしまうのが自分のスイング。そしてこのシャフトは、その弱点をあっさり補ってくれる。

上記の理由に加えて、スイングした時の感触が良く安心感があるのであれば、リシャフトするなら今と同じもの(VC.0)でしょうという結論。ヘッドの構造上、キャロウェイのヘッドに挿すと少し硬めに仕上がるので、ここの試打クラブよりも更に近い感じに仕上がるとのこと。

そしてリシャフトを決断。「ロフト以外は全く同じように使いたい」という漠然とした要望を伝え、、グリップも通常のグリップをやや伸ばして細めに装着してもらった前と同じグリップと装着方法で依頼。

最後に店長から「同じ感じで使ってもらえるよう頑張って調整します。とりわけ長さは全く同じが良いと思うのでそうさせて下さい。ヘッド重量の関係でバランスが出ない場合は鉛を貼らせて下さい。」と言われ、その他にも細かい感覚的なことや要望を伝えて、あとはお任せに。

今のレディスヘッドドライバーで充分だと結論を出したばかりだが、ここまで条件が揃れば例えすぐに好結果が出なくても諦めがつくし、その後の練習の甲斐もある。そして少なくとも、迷いながらコマを進めるという不安定な気持ちがこれで消える。完成が楽しみ。


2010年08月21日

GOLF5の工房

今日は寝坊して練習に行くタイミングを逃したので、午後からGOLF5に出かけて先日買ったドライバーのグリップ交換。待っている間、例によってまた何本かのドライバーを試打。中でもやはりオノフのドライバーが合ってるようで、これが最も真っ直ぐ飛んで距離もでる。見た目や特性の差もあるが、大きく違うのはシャフトが中調子だという点。

ドライバーのグリップ
ドライバーグリップ交換

さて、今日は店が暇だったせいかすぐに呼ばれたので、試打は約5分ほどで終了。グリップ交換前にこの試打ブースで打って計測値を見てみれば良かった。また今度持って来よう。

今使ってるドライバーは、グリップとシャフトが赤でヘッドが青。それに比べるといかにも地味だったので、グリップをイオミックの赤にした。しかしこのクラブはシャフトが地味過ぎる。ヘッドはしょうがないとして、ドライバーのシャフトはやっぱり派手でないと楽しくないなぁ。

2010年08月19日

そろそろ標準的なロフト角があるドライバーの練習を再開しようと、先週新橋の中古店を何件か回ってドライバー物色。自分の場合、精神的なものが大きいせいか、市場の大半のドライバーは見た目と構えた時の感じでほぼ打てる気がしない。そんな中でもなんとか探したいと思って消去法のような感じで最後に残ったのがこのERCIII。

練習用と言いながらも、本当はこれがすぐにも本番で使えると良いのだけれど、過去の実績からしてもその確率は低い。しかし最近は、ショップでの試打でロフト角10度のドライバーがそこそこ打てるようになってきたので、そろそろ練習再開の頃じゃないかなぁと考えた。

キャロウェイERCドライバー(ヘッド)
キャロウェイERCドライバー(フェース)
BASSARA F53x5ct

購入した練習用ドライバーの仕様
ヘッド:Callaway GOLF E・R・CIII CF
シャフト:BASSARA F53 FLEX-R
グリップ:Golf Pride DD2
クラブ重量:309g
バランス:D2
ヘッド体積:450cc
ロフト角:10.5°
ライ角:58°
シャフト長:45.5inch
キックポイント:中調子


使用中ドライバーの仕様
ヘッド:Callaway GOLF Big Bertha 2008(Ladies MODEL)
シャフト:Motore Speeder VC5.0 FLEX-R
グリップ:Lamkin CROSSLINE COLOR
クラブ重量:305g
バランス:D1
ヘッド体積:440cc
ロフト角:13°
ライ角:56°
シャフト長:44.75inch
キックポイント:先中調子

現在のドライバーの記事

今使ってるのは、ドライバーがどうしても上手に振れなかった自分への苦肉の策、かつ画期的な選択だったわけで、ドライバーという名前はついているが、でかいスプーン(3W)のようなもの。「いずれドライバーを持ち替えればあと20Yは飛ばせる。」という“伸び代(のびしろ)”を常に想像していたが、いよいよ秋シーズン、あるいは来シーズンに備えて練習を再開してみたい。とは言っても現在はアイアン特訓中だし、週末の初打ちの結果が例によって悲惨ならばまたしばらくお蔵入りも。

比較的打てそうなロフト角11.5ってことも考えたけど、そんな小刻みにステップアップしてもしょうがないと思い10.5度を選択。どうせなら歴然たる差が望めそうなスペックということで、シャフトも少しだけ長いものを選んだ。これで練習を続けて、良さそうならコースにも2本持参するようにして徐々に慣れるのが理想。「これで大丈夫」という自信がついてきたらリシャフトなどのチューンナップも考えたい。

しばらくは他にやりたいこともあるので、ぼちぼちって感じかな。



2010年07月13日

ドライバー試打

相変わらず女性用のドライバーヘッド(13度)を使っている自分。今のところ特に問題も感じずショットも安定しているので重宝している。だけど時々は“もっと飛距離が欲しい”と思うこともある。と自分の場合「男性用のドライバーに持ち変える」という選択肢が残されているので、定期的に近くのGOLF5まで出かけてドライバーを試打している。

これまでは「そろそろ打てるかな?」と思っても、相変わらず極端なハンドファーストでインパクトするので、全くボールが上がらなかったり、また変に力んで超低空のスライスしか打てないのがオチだった。

ということで先週の土曜日、ウェッジのグリップ交換も兼ねて久しぶりにGOLF5まで出かけて、グリップ交換の待ち時間を使ってまずはキャロウェイの2本を試してみることにした。これを選んだのは単に見た目で打てそうな気がしたからというのが理由。実に単純。

ドライバー試打

New LEGACY TypeS
純正のRシャフトで10.5度。45インチながらシャフトがヘッドに入り込んでいる?せいか短く感じた。あと軽くて気持ち悪かった。そして何球が打った結果、想像以上に違和感なくスイングできて、気になる打ち出し角も14度前後とこれまでの自分にはない好結果。でもプッシュアウトのスライス球が多く、単にヘッドが開いているだけかも。

DIABLO EDGE Black
ノンボーゼルで気持ち悪いが、フェイスの形が今のドライバーに似ているのでこれも打ってみることにした。こちらは打ち出し角が15度前後でボールのバラつきも少なめ。なんだ、これも打てるじゃないか!でもなんとなく上からの見た目が素直な円形じゃなく歪(いびつ)で、これが自分の愛用ドライバーになるのには抵抗があるなぁ。

ONOFF XD
ここで帰ろうと思ったらずっと計測に立ち会ってくれた店員さんが、是非これを試してくれとオノフのドライバーを持ってきた。純正Rシャフトの10度で中元調子。先調子に慣れているので半信半疑。しかも全く興味のないブランドだったので気が乗らなかった。だけど方向性が急激に急に安定し、15〜16度の打ち出し角でまっすぐブレなく良く飛ぶ。

この計測結果にはちょっと驚き。しかしこの計測器はどこまで信用できるんだろうか?今度自分の愛用ドライバーを持参して、この計測器の信憑性を試してみようと思う。でも男性用ドライバーで打ち出し角がこんなに大きく出たのは初めて。オノフのこのタイプは11度のロフト角もあるといので一瞬食指が動きかけたが、まだドライバーを変える気はないので金銭的にもスコア的にも技術的にも余裕が出てきたら考えよう。

とにかく、将来に希望が見えてきた。


2010年01月25日

思えばドライバーが打てるようになるまで23ヶ月を要した。23ヶ月目に出会えたのはなんと女性用ドライバー。だから実はまだ本心から「ドライバーが打てるようになった」とは思っていない。しかし、このクラブのおかげで100を叩かなくなり、90も何度か切ることができた。

それまでは、「ドライバーは最大飛距離を稼ぐクラブ」であり、同時に最もギャンブル性の高いクラブだと考えていた。決して間違いではないのだけれど、結果的にはこれが自分を邪魔していた。

今のクラブでスイングする時にそういった気負いは全くなく、むしろ最も安全なクラブとさえ思えるようになった。リシャフトした今も、ヘッドは女性用なので他人と飛距離争いをしようなんて思わないし、それがとても良い言い訳にもなってくれるので大変気が楽でもある。あとは、今のスイングのままで使えそうなドライバーを探しまくったのも良かった。仕様を限定せず試打しまくった。最終的にはそれらの考えを持ってフジクラで分析してもらって現時点の結論を見出せたのが大きい。

今のドライバーの安心感を例えると、PAR5のセカンドショットで無理すれば狙えるところをあえてUTでレイアップする時のような感じ。もしくは大きなヘッドのUTをティーアップして打っているようなイメージという方が解かりやすいだろうか。いや、これも解かりにくいか(笑)。

自分の場合は、「200Y前後の位置に満遍なく運べて、普通にセカンドショットが打てライなら合格(フェアウェイである必要はない)。」というとても低いレベルでの話。今年はこのままどこも無理せずにリシャフト効果だけで10〜15Yくらい先にボールがあれば良いなぁ…なんて都合良く考えている。そしてそのうち「ボールが上がりすぎる。」という悩みが出だしたらそこがやっとヘッドを通常(10度くらい)に戻す時期。

その時も今のままの安心感が残ってくれていることが条件。

ドライバー
ドライバー
ドライバー
ドライバー

ヘッド:CallawayGOLF Big Bertha 2008
シャフト:Fujikura Motore Speeder VC5.0 FLEX-R
グリップ:Lamkin CROSSLINE COLOR

クラブ重量:305g
バランス:D0
ヘッドに貼った鉛:3.5g
ヘッド体積:440cm3
ライ角:56.0inch
シャフト長:44.75inch
組み立て&調整:フジクラゴルフクラブ相談室木場店



2009年12月27日

ドライバーヘッドの鉛

昨日のレッスン前にフジクラ・ゴルフクラブ相談室に預けてあったリシャフトドライバーを取りに行った。シャフトは、フィッティングですっかりその感触に惚れてしまったモトーレ・スピーダー。どのヘッドに装着しようかと悩んだが、結局今の安心感をどこかに残しておきたいということから、思い切ってレディースドライバーをリシャフトすることに決めた。

フジクラのフィッターさんは一瞬躊躇されたが、私のカルテを取り出して親身に相談に乗ってくれた。「出来るだけフィッティングで一番良かった試打クラブに近い状態」「可能ならシャフトは45インチ未満」という無理難題を申し出て、向こうからは「バランスが出ないのでヘッドに鉛を貼る」「計測上の判断で希望のRではなくR2に使うかもしれない」「あとはカルテを元にお任せ」という条件が整って今日それが完成。

ドライバーリシャフト全景
ドライバーリシャフト

オリジナルドライバー完成
自動ドアが開くと同時に自分の顔を見て担当のフィッターさんが「やりましたよ!レディースヘッドで!」と妙な達成感を滲み出しながら笑顔で迎えてくれた。ここは普段からこういう雰囲気なんだろうか(笑)。

打席が空いていたので「打ってみますか?」と早速試し打ち。すぐ試せるとは思っていなかったのでちょっとびっくり。ヘッドスピード、ボール初速、打ち出し角度、打感、安心感ともに申し分なし。さすがにスピン量は3000〜3300と少し多めだけどロフトがあるからしょうがない。

帰宅後、いざ練習場へ
そして自宅に戻ってから練習場へ直行。逸る気持ちを抑えながらアイアンから練習に入り、いよいよドライバー。初っ端からミスショットが出ると凹んでしまいそうだったので、レディースドライバーの時のようにかなり加減したスイングから。高価なリシャフトなので贔屓目もあるかもしれないが、ちょっと有り得ないほどの感触とボールの勢いに感動。

たった1球打っただけですぐ休憩(笑)。これが続くとも思えなかったので休憩しながらそのワクワク感にしばし浸りたかった。案の定、その後このクラブの問題点が浮上。加減した手抜きスイングが功を奏していたレディースシャフト時代と比べ、こいつはしっかり振れる代わりにナイスショットが1〜2発続くと、思わず次は力んでしまうという手順。

ドライバー練習(前半)

怖いほどのヘッドが走る感触
捕まり具合とその感触はリシャフト前の比じゃなくなった。ただ時々切り返しの一瞬に「硬い!」と感じてしまう時があり、そういう時はミスショットを出してしまう。これは正しくは「感じてしまう」のではなく、切り返しですでにミスを犯しているというだけかもしれない。

また、プッシュアウトや引っ掛けなどのミスショット時も、以前より強い勢いでミス方向へ出る怖さ。プッシュアウトはそのまま曲がらないので怖さは少ないけれど、引っ掛けたボールの勢いが凄い。そのうち慣れてきたら右を向いてアドレスする事も出てくるのかなぁ?と感じる。

軟鉄のような感触?
ドライバーのリシャフトは初体験なので、良いシャフトは他もすべてそうなのかもしれないが、なんか軟鉄クラブのような感触。ボールが実際当たるのはヘッドだからこういう感想はおかしいかもしれないが…。

ドライバー練習(後半)

スイング動画
動画は、練習開始直後のゆっくりスイングと、そこそこ力を入れてスイングした後半のもの。今日は他のクラブも含めてやや左方向にボールが出てしまうことが多く、少し張り切りすぎだったかもしれない。動画に収めたボールも勢いは増したと感じるがまだ安定度に欠ける。

モトーレ・スピーダーシャフト

今回のスペック変更内容
Callaway BB→Fujikura Motore Speeder V5.0
長さ:44.0→45.0inch
バランス:B9.5→C9.5
シャフト重量:43→56g
クラブ総重量:280→305g
調子:先→先中調子
フレックス:L→R
トルク:6.7→5.5
振動数:210→240cpm
※シャフト重量はカタログの数値。


2009年12月20日

フジクラ・ゴルフクラブ相談室
江東区木場のフジクラ本社横にあるフジクラ・ゴルフクラブ相談室まで出かけた。目的はドライバーのシャフトフィッティング。レディースドライバーに巡りあうまでドライバーが打てなかった自分が、シャフト屋さんによってどう分析〜アドバイスされるのかとても興味があった。

簡単な問診表みたいなのを記入し、まずは今の状況、悩み、どうしたいか?などの会話から。その後、自分のクラブでのスイングを計測し、続けて適正に沿って差し出される試打クラブで次々打つという手順。数値や結果だけでなく、自分のフィーリングも大切されて心地良かった。

フィッティングは予約制で、担当が付いて1人約30〜40分みっちり診てくれ、帰りに後方&正面から撮影したスイング映像のDVDまで貰えて無料。おまけに、大してセールスされるわけでもない。なんだか「もっと売り込んでくれないかなぁ」ってこっちが思ったほど(笑)。

フジクラ・ゴルフクラブ相談室
フジクラ・ゴルフクラブ相談室

適正シャフトまでの道のり
最初は先調子の“ZCOM TW64”のRを渡されて計測。これまで打ったことのある中では扱いやすかったが、まあ普通に打ちづらい男性用のドライバーという感触。続いて“RONBAX X”を打った。綺麗なシャフトで前から気になっていたが話にならず2球で終了(笑)。

そして“Motore Speeder”の登場。このシャフトで劇的に数値が変わって、なにより安心感と感触が最高だった。段階を経て仕様違いを試していくうちにしっくり来たのがVC5.0のRシャフト。打つまでもなく素振りの段階で「これが一番いいかも」と感じ、案の定ナイスショット連発。

とにかくヘッドの走りが気持ちよくて、ずっと振っていたい気分。打った後でスペックをRと聞いて意外。R2も試させて貰ったが結構違う。なんと言ったら良いかピッタリの言葉が見つからないけれど、しっかりしているのに凄くしなりを感じ、「打感に遊びがない」とでも言うような感触。

Motore Speeder
フジクラ・ゴルフクラブ相談室にて

リシャフトするか否か
今使っているキャロウェイ(レディース)のヘッドにこれを挿したらどうなるか訊ねると「少し硬めに仕上がる」とのことだった。工賃込みで4.2万なので簡単には決められない。ちなみに試打クラブにはフジクラのオリジナルヘッド“FIT ON 460”が使われていて、公には販売されていないヘッドとのこと。この組み合わせの価格と聞くと、ヘッドだけでが3.5万なので合計7.8万円。う〜ん、とても買えないなぁ…。

計測数値
いろんな数値が計測で出たが、最も分かりやすいところでヘッドスピードとボール初速の場合、マイクラブで40−58、試打クラブで41−61と少し差が出た。微妙な差だけどスピン量も1000ほど差があるので違いは歴然。グニャっとしなるのではなく、ブォンと安定したしなり。

BB
Motore Speeder
係の人からのコメント
よく練習されていてSシャフトでも充分振れるスイング。ハンドファーストにインパクトし、フェースが立ってヒットしてしまっているためボールが上がらないのが惜しい。以前の不安を一掃してくれた今のレディースクラブの存在が大きいので、これをリシャフトするのには勇気がいる。同じタイプの中古ヘッドを手に入れてそれにこのシャフトを挿してはどうか?

その13度のドライバーで「上がりすぎる」くらいのボールが打てるようになるように練習を続けて、段階的に一般的なロフト角のヘッドを考えれても良いと思う。個人的には男性用のクラブを振って欲しいが、一時的でもスコアが悪化したり、低い弾道になるのは楽しくないでしょう。


おっしゃる通り。よく当たる占い師のような方でした。
しかし、リシャフトって高い…。


関連リンク
フジクラ・ゴルフクラブ相談室


2009年12月10日

今年一番の収穫は、なんと言っても前にちゃんと飛ぶドライバーと出会えたということ。それが驚くことに女性用クラブである事実。じっくりブログを読み返せば他にもあったと思うけれどこれは大きかった。上半期の相変わらず100を行ったり来たりしていたゴルフが一変した。

だた未だもって何が良いのかよく解らない。柔らかさ、長さ、重さ、バランス、ヘッド体積と形状、シャフトとグリップの細さなど全てが男性用と極端に違う。本当はもう少ししっかり振れるものが良いとか、飛距離がもう少し欲しいという希望がある。だからせめてどこか自分に合っているのかが解かれば、クラブ選びの段階からもっと楽しくなるんだけど…。

ということで、近日中に木場にあるフジクラゴルフクラブ相談室へ訪問して使用クラブの測定と分析、適正シャフトの選定、いわゆるフィッティングをしてもらいに行く予定。今日早速、電話でその流れや簡単な相談と予約の空き状況を聞いたところ。意外にも結構空いてる様子。

フィッティングの先にはリシャフトという選択肢もあるが、今のところそのフィッティングを試してみたいという好奇心だけ。一応価格も聞いたがフィッティングは無料で、ランバックスにリシャフトしたとすると工賃、グリップ交換込みで総額4万円とのこと。クラブが買える値段(笑)。

ちなみに使用ドライバーのスペックは…。

レディスドライバー
Callaway Golf BIG BERTHA Women's Driver

ヘッド体積:440cm3
ヘッド構造:6-4チタンヘッド
シャフト名:BB SERIES(40w:L)
シャフト重量:43g
トルク:6.7
調子:先調子
クラブ長さ:44.0インチ
ロフト角度:13.0
ライ角度:56.0
バランス:C0
クラブ重さ:277g


電話で簡単な相談を含めて聞いたところ、40g程度の女性用として使用できるタイプのものから試せるみたいなので、気も楽に。半年ぶりくらいに買ったゴルフ雑誌にも頼もしいことが書かれていた。

(週刊ゴルフダイジェストより)
ドライバーが苦手な人は、長さを44.5インチ程度に短くし、クラブ全体の重量を重くすると、振り遅れにくく、ミート率が上がって飛距離が伸びる場合が多い。クラブが短いぶん、シャフトは柔らかめ、ロフト多めを選ぶのがポイント。しっかり系のシャフトとの相性が良い。


雑誌に都合の良い記事を見つけて盛り上がるのはあまり好きじゃないし、一部該当しない部分もあるけれど、“ミート率を上げる”という部分に興味を持った。今年は冒頭にあるように、“打てるドライバー”を見つけたので、今度は自分に“合ったドライバー”を見つけたいなぁ。


関連リンク
フジクラゴルフクラブ相談室


2009年10月27日

ドライバー練習(向原ゴルフセンター)

今週末のラウンドから自分のドライバーを使ってみようと思う。思えば以前怖くて打てなかったフェアウェイウッドの時も、怖がらずに実戦で使用することで徐々に打てるようになった。幸い、全く上がらないというどうしようもない状況から脱している。次のラウンドは他の3名が滅多に90台を打たないという方達なので、自分が一番下手なのは明白。マイペースで下手ぶりを披露できる格好のシチュエーションでもある。

実は数日前からそのつもりだったので、コーチにグリップ交換をお願いしてあった。そのドライバーをレッスン場へ取りに行ってその足で近所のレンジへ出かけ、ドライバー中心に練習。全140球のうち100球近くはドライバー練習に費やしただろうか。他のクラブに比べたら方向性も悪いし弾道もバラバラ。他のクラブでは出ないスライスも出る。

かなり不安な気持ちの中で、今日はボール位置をどこにすれば最適かを徹底的に模索。レディースドライバーでは左足つま先より1個右側に入れるのが良かったが、左足つま先が一番良さそう。加えてリズムを絶対崩さないように大きくゆったりスイングすることに終始した。あとテークバックでしっかり右足に体重を乗せるのも忘れずに。

リズムが安定してきたところで、フォロースイングだけ少し力を入れてシャフトが首に巻きつくよう振り切ってみる。かなり気持ち良いが、これをした時はスライス弾道の曲がり幅が増すのでとりあえずやめとこう。

最近のスコアは90台前半に集中して落ち着いてきた。この定着は今年の大目標でもあった。とりあえずは達成できたとして、あとの2ヶ月はスコアの平均が再び上がってしまったとしても、来年のためにいろんなことにチャレンジしてみようと思う。凹まない程度に(笑)。


2009年10月22日

ショット練習(向原ゴルフセンター)

火曜日のラウンド直後からだろうか、何故か無性にイオンスポーツのドライバーが打ちたくなった。理由は簡単。ラウンドで5Wのシャフトの調子がやけに心地良く感じ、お蔵入りしていた同シリーズのドライバーを使わない手はないのでは?という衝動に駆られたから。苦手意識があった頃はヘッドの厚みに違和感を感じていたけれど、昨晩突然衝動に駆られ自宅で久しぶりに構えてみると不思議とそれがなくなっていた。

今日の練習には、そのドライバー、5W、7I、PWの4本を持参。最近の練習ではテークバックとダウンスイングばかりに気を使ってきた。それがボールの捕まりを微妙にしているのでは?と考え、今日はフォローに気を使ってみた。腕をしっかり返して、体の重心とクラブヘッドが引っ張り合う感じをイメージ。これが功を奏したかやけに捕まる。

ドライバーは?というと、やはりダウンスイングから力が入ってしまっておまけに上半身の回転も早すぎて左にばかり飛ぶ始末。「5Wのように柔らかく」としつこく言い聞かせて素振りを繰り返し、どこに飛ぼうがおかまいなしにシャフトのしなりを利して、後半はやっとまともに。

もう少しコツをつかめば、近々にもメインドライバーをこっちにチェンジししても良いかもしれない。そう思えるような手応えをちょっぴり感じた練習ができた。5Wとドライバーを交互に練習することで、徐々にドライバーの振り方を覚えられるかもしれない。

今日の練習は全70球。ドライバーは40球ちょっとで、他のクラブは10球弱ずつ。素振りだけは200回近くしたかな(笑)。アップした動画は練習の最後にPW、7I、5Wを各2球、ドライバーを3球打ったもの。3球続けてドライバーがちゃんと飛んだのは今日が初めてかも(笑)。

関連リンク
向原ゴルフセンター


2009年08月28日

奥さんのレディースドライバー

男性が女性用クラブを使っちゃいけないというルールはない。ボールが上がりやすいロフト角、短いシャフト、軽くて軟らかい振り心地。これらの要素で、ドライバーが苦手で打てない私の悩みを解決しれくれた。

記事の続きを読む

2009年08月22日

青いドライバー

自分のドライバーに青いフィルムシートを貼ってみた。理由は、自分にとって振りやすいと感じるレディスドライバーのヘッドが青いので、同じ色にしてみたらどうだろう?という単純発想から。

笑われるかもしれないけれど本人は真剣。ドライヤーを使って曲線にも綺麗に貼れるシートを友人のお店から拝借してテスト貼り。今日はレッスン前に即席で貼り付けたので見栄えは汚いが効果あったかも。これが数回の練習で良いようなら塗装に出す予定。

今日はレッスンでコーチにドライバーのことを相談してみた。ヘッドの大きさ、長さ、色それぞれ理由はあるのだろうけど、一番はシャフトのしなり具合にあるかもしれないとのことだった。柔らかいので、無意識のうちにゆったり振れているのだろうとのこと。

そして新事実を教えてもらったのだけど、自分のドライバーはシリーズこそ奥さんのレディスドライバーと同じだけれど、シャフトがソールまで貫通しているスルーボアタイプだから表示のフレックスほどはしならないということ。この知識はなかったので今日初めて知った。

ドライバーショット

今日のレッスンは、この自分のドライバーをレディスのようにゆったり振ることを教わり(特にダウンスイング時)、伸び上がる癖は膝と股関節を柔らかくうまく使うようにと教わった。思えばアイアンは比較的柔らかく使っていると思うが、ウッドは両足がピンと突っ張ってしまう。膝と股関節をもっと柔軟に使えるようになればミート率も上がる。

プッシュアウト癖は、腰を早めに飛球線方向に向けてしまうことで徐々に修正できつつある。でもまだ開いて擦ってしまいそうで怖い。これは屋外レンジでの反復練習で今後払拭していこうと思う。


2009年07月22日

自分用にレディースドライバーをもう1本買って、部分的にカスタマイズしてみようか?なんて考えたりしていた中で、もっと単純にこのレディスドライバーの元となっている男性用を捜せばいいという結論に。

BIG BERTHA 460
BIG BERTHA 460
BIG BERTHA 460

そしてたどり着いた2007年モデルのビッグバーサ460。幸いにもルール適合。新品がかろうじて存在していたので、ネットで希望のスペックを探して即購入。握ったこともないクラブを購入するのは初めて。金額は1万8千円。イオンスポーツのドライバーは大阪の友人からのプレゼント品なので、考えてみればドライバーを購入するのもこれが初めて。

レディースドライバーと同シリーズなので共通点が多い。北の武器商人さんが指摘してくれたライ角が同じというのが最も大きな着目点だったけれど、目玉のような独特のシャローフェース、シャフトの種類、キックポイント、グリップの種類が同じというのも心強い。

逆に、ロフト角、ヘッドの投影面積、重量(バランス)が結構違うのでそこは少し不安。でも今現在、スペック上で不安点が最も少ないのがこのドライバーということになるのは確か。これで練習することに決定。

ドライバー比較

New Big Bertha
460
Big Bertha
Ladies
長さ44.7544.0
ヘッド体積460440
ロフト角10.013.0
ライ角56.056.0
バランスD1C0
総重量302g277g
トルク5.16.7
シャフト50W40W
キック先調子先調子
ヘッド色ブラックブルー


道具か腕前か?には賛否両論あるだろうけれど、ことドライバーに関しては、道具を替えたらあっさり打てるようになったので、道具(スペック)に頼ってみることにして迷わず購入したが、果たして…。

昨日から不整脈が出たりして通院したほど体調がすぐれないので、すぐにレンジへという感じではないけれど、楽しみにしつつ安静モード。

関連記事
・ドライバー比較


2009年07月13日

ドライバー比較(ヘッド)
左側がレディスドライバー

上手く打てるレディスドライバーと、ほとんどスイングにならない自分のドライバーを並べて比較してみた。「ヘッドが大きいのが苦手」と思っていたけれど、こうして並べると構えた時の差は全くない。むしろアドレスから見たヘッド面積はレディスドライバーの方が大きい。

ドライバー比較(フェース)

長さも1インチしか違わないので、どうやら自分で考えていた「見た目の先入観」が原因ではなさそうな気がしてきた。

2本のスペック比較
EONSPORTS
GIGA XF460
Callaway
Big Bertha
長さ45.044.0
ヘッド体積460440
ロフト角10.513.0
ライ角60.056.0
バランスD1.5C0
総重量296g277g
トルク4.26.7

これらを踏まえて自宅で2本を交互に軽く8時→4時で振ってみた。感じたことはシャフトフレックス(RとL)の違いはもちろん、総重量を含めたバランス、グリップの太さ、あとロフト角の効果が大きいか。

思えば3Wでティーショットしている時も、ティーアップは指1本強で少し高めにセットするわりに、他人様のドライバーより低く出るボールを打つので、ボールが上がる打ち方じゃないんだろう。でもロフト角は買い換えないと変更が効かないのでどうしようもない。

グリップの太さ、バランスは変更が効くので今度試してみようかな。でもD0→D1.5にしたバランスを元に戻したりできるんだろうか。



2008年12月14日

MIZUNO MP425 DRIVERMIZUNO MP425 DRIVER
MIZUNO MP425 DRIVERMIZUNO MP425 DRIVER

MIZUNO MP CRAFT 425
このドライバー気に入った!でも高すぎる。

気になっていたので散歩がてら新宿のヴィクトリアで実物拝見。ヘッド体積425cm3というのが気になって数日前から「一応見るだけでも見ておきたい」と思っていた。ミズノ公式サイトで写真は見ていたけれど実物の方が顔が良くみえた。そして構えた感じが最高でバランスも良さそう。

構えただけで「これならすぐにでも使えそう」と思わせてくれた。ドライバーでそう思ったのはこれが初めてかもしれない。

だけど欲しくなるので試打はしなかった。クラブが自分がひとつの道具にかけられると考える予算を大幅にオーバーしている。現行商品のうちに試打しておかないとショップで試打クラブがなくなってしまうので、そのうち打ってしまうだろうけど…。


2008年02月04日

イオンスポーツXF460イオンスポーツXF460

かなり久しぶりにドライバーをキャディバッグから取り出して、ヘッドカバーを外してみた。「でかっ(笑)」。このドライバーは、大阪の友人TJ氏からゴルフを再開した記念に「今度はゴルフをずっと続ける」という約束の下にプレゼントしてもらったもの(^ω^)

しかし、アイアンが楽しくてウッドを全く練習しなかったせいで、5Iより長いクラブは皆目ダメだった。なんとかこのプレゼントクラブを上手く使えるようにと12月からまず5Wを1ヶ月猛練習。続いて最近は3Wを集中練習して「嫌になってしまわないよう」に封印してきた。

うまく打てるかどうかは別として、もうすっかり長いクラブが怖くなくなった。ケガが完治したらそろそろ封印を解いてドライバーの練習はじめるかな。自分が決めたウッド攻略法とはいえ、プレゼントされて以来1度も自分で振っていない(笑)。

練習場で「ちょっと貸して」と、このクラブを振る友人達はこぞってすごい球を打ち「これいいねー」と言ってくれる。春にはコイツでナイスショットを連発する自分を想像しながら今日も安静中(^ω^)

EON SPORTS
GIGA XF460 DRIVER
Loft Angle:10/FLEX:R



2007年10月09日

ドライバー1

先週のラウンド当日、TJ氏から嬉しいプレゼント!なんと彼愛用のGIGA-XF460ドライバーをもらっちゃった(^ω^)先日買い揃えたフェアウェイウッドとお揃いなので感激(^ω^)

フェアウェイウッドも打てないのにドライバーが打てるワケないってことで我がキャディバッグにはドライバーがなかったのだけれど(笑)貰ったドライバーをキャディバッグに積み込んで、エキストラ9Hは無理を承知で使った(^ω^)もちろん全然飛ばなかったけど(笑)。

ドライバー2

ドライバーを頂戴するにあたってTJ氏から「ゴルフ、続けて下さいね!」と一言。もうこれで4年前みたいに「や〜めた!」って言えなくなってきたかも…。( ;゚д゚)

プロフィール
ゴルフマニア手帳 by 大西義治
名称:ゴルフマニア手帳
著者:大西義治(はるる)
生年:1964年(昭和39年)
身長:165cm
体重:62kg
出身地:大阪府大阪市
住まい:東京都板橋区

自営業を営む趣味ゴルファー。東京都板橋区在住。生涯続けられるスポーツとして、趣味のゴルフを43歳から始めました。
  
クラブセッティング
ドライバー
GP ONE MINUTE M52
TRPX AURA(S)
フェアウェイウッド
BBD's 304T(#4)
TRPX RED-HOT TYPE-P(2+)
ユーティリティ・ハイブリッド
PING Anser(#20)
TRPX UT-7(1+)
PING Anser(#23)
TRPX UT-8(1+)
アイアン
MIZUNO MP-53(#5-PW)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
ウェッジ
MIURA MB-5000WB(#53)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
MIURA MB-5000WB(#57)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
パター
Edel Golf E-2
ボール
SRIXON Z-STAR
戦績
通算記録
通算ラウンド数(186)
2016年ラウンド数(24)
2015年ラウンド数(21)
2014年ラウンド数(20)
2013年ラウンド数(24)
2012年ラウンド数(17)
2011年ラウンド数(14)
2010年ラウンド数(17)
2009年ラウンド数(19)
2008年ラウンド数(26)
2007年ラウンド数(4)
ベストスコア(75)
ワーストスコア(152)
ベストハーフ(37)
ワーストハーフ(80)
ハンデキャップ
JGA/USGA(12.6)
GDO(15)
2016年の記録
ラウンド数(24)
平均スコア(86.7)
平均パット数(1.83-2.07)
フェアウェイキープ率(44.0%)
パーオン率(27.3%)
リカバリー率(22.3%)
サンドセーブ率(17.3%)
ラウンド予定
2017年3月
猿島カントリー倶楽部
ワンウェイゴルフクラブ
2016年
2016/11/25
大栄カントリー倶楽部
2016/11/18
浦和ゴルフ倶楽部
2016/11/09
美里ゴルフ倶楽部
2016/10/28
カレドニアンGC
20/16/10/14
サミットGC
2016/10/08
十日町CC
2016/09/29
阿見ゴルフクラブ
2016/09/09
ザ・インペリアルCC
2016/09/02
阿見ゴルフクラブ
2016/08/19
猿島カントリー倶楽部
2016/08/11
ザ・インペリアルCC
2016/07/27
千葉CC-梅郷C
2016/07/14
紫あやめ36-EAST
2016/07/01
阿見ゴルフクラブ
2016/06/16
紫あやめ36-EAST
2016/06/01
紫CCすみれコース
2016/05/26
阿見ゴルフクラブ
2016/05/12
阿見ゴルフクラブ
2016/05/05
ザ・インペリアルCC
2016/04/22
紫CCすみれコース
2016/04/15
浦和ゴルフ倶楽部
2016/04/07
新武蔵丘ゴルフコース
2016/03/25
紫あやめ36-EAST
2016/03/18
八千代ゴルフクラブ

86(35)

92(28)

86(33)

94(35)

84(31)

95(37)

88(33)

86(36)

81(30)

86(29)

75(32)

96(37)

86(34)

85(30)

79(28)

95(34)

89(37)

84(31)

82(36)

84(35)

90(32)

79(28)

95(39)

84(30)
2015年
2015/11/13
紫あやめ36-EAST
2015/10/31
十日町CC
2015/10/16
紫CCすみれコース
2015/10/09
エーデルワイスGC
2015/09/18
若洲ゴルフリンクス
2015/09/11
ザ・インペリアルCC
2015/08/28
紫CCすみれコース
2015/08/20
千代田CC-中東
2015/07/31
千葉CC-梅郷C
2015/07/23
紫あやめ36-EAST
2015/06/24
紫あやめ36-EAST
2015/06/13
八千代GC
2015/06/06
双鈴GC関コース
2015/05/29
紫CCすみれコース
2015/05/23
十日町CC
2015/05/15
阿見ゴルフクラブ
2015/05/04
阿見ゴルフクラブ
2015/04/24
若洲ゴルフリンクス
2015/04/18
紫あやめ36-WEST
2015/03/27
紫あやめ36-WEST
2015/03/20
紫あやめ36-EAST

85(30)

99(36)

98(34)

96(38)

94(35)

87(32)

93(31)

83(34)

94(33)

84(34)

86(29)

83(30)

91(33)

92(32)

89(40)

80(31)

84(34)

86(32)

91(33)

83(29)

87(30)
2014年
2014/12/19
紫あやめ36-EAST
2014/12/05
紫CCすみれC
2014/11/21
サミットGC
2014/11/01
十日町CC
2014/10/24
サミットGC
2014/10/01
紫あやめ36-WEST
2014/09/06
紫あやめ36-EAST
2014/08/22
阿見ゴルフクラブ
2014/07/25
川越CC
2014/07/17
紫あやめ36-EAST
2014/06/19
阿見ゴルフクラブ
2014/06/14
千代田CC
2014/05/28
紫あやめ36-EAST
2014/05/24
十日町CC
2014/05/03
おかだいらGL
2014/04/25
紫CCすみれC
2014/04/18
阿見ゴルフクラブ
2014/04/11
赤羽ゴルフ倶楽部
2014/03/29
紫あやめ36-EAST
2014/03/12
紫あやめ36-EAST

83(33)

90(34)

82(34)

100(38)

84(33)

88(29)

94(36)

85(31)

90(33)

84(30)

91(32)

80(30)

88(34)

90(38)

82(31)

90(37)

83(31)

85(32)

83(29)

84(30)
2013年
2013/12/31
紫あやめ36-EAST
2013/12/20
紫CCすみれC
2013/12/13
紫あやめ36-EAST
2013/11/22
千代田CC
2013/11/09
十日町CC
2013/10/17
富士桜CC
2013/10/11
セゴビアGC
2013/09/21
紫あやめ36-EAST
013/09/06
ワンウェイGC
2013/08/23
千葉CC・梅郷C
2013/08/14
紫あやめ36-EAST
2013/08/07
阿見ゴルフクラブ
2013/07/27
ひかみCC
2013/07/17
紫あやめ36-EAST
2013/07/13
紫あやめ36-EAST
2013/07/10
紫あやめ36-EAST
2013/06/08
紫あやめ36-WEST
2013/06/04
紫あやめ36-EAST
2013/05/18
ムーンレイク茂原
2013/05/15
おおむさらきGC
2013/04/28
ザ・GC竜ヶ崎
2013/04/13
阿見ゴルフクラブ
2013/03/20
紫あやめ36-WEST
2013/03/09
アゼリアヒルズCC

85(29)

91(32)

85(34)

93(37)

103(38)

89(32)

90(34)

84(28)

90(33)

92(32)

85(34)

78(30)

87(36)

96(31)

90(32)

85(33)

89(32)

86(31)

86(40)

91(35)

90(36)

86(37)

86(30)

85(35)
2012年
2012/12/30
アゼリアヒルズCC
2012/12/12
川越CC
2012/12/01
紫あやめ36-WEST
2012/11/24
富岡CC
2012/11/17
さいたまGC
2012/11/10
アゼリアヒルズCC
2012/10/21
ザ・インペリアルCC
2012/10/07
アゼリアヒルズCC
2012/10/04
エーデルワイスGC
2012/09/15
ハーモニーヒルズGC
2012/07/24
阿見GC
2012/07/14
高麗川CC
2012/06/23
千代田CC
2012/04/29
皆川城CC
2012/04/07
アゼリアヒルズCC
2012/03/14
湘南シーサイドCC
2012/03/03
朝霞パブリックG

92(36)

97(33)

88(31)

102(39)

87(31)

85(33)

88(31)

80(36)

104(36)

83(35)

86(30)

92(32)

82(30)

84(30)

80(33)

94(31)

92(30)
2011年
2011/12/30
アゼリアヒルズCC
2011/11/26
つつじヶ丘CC
2011/11/09
ホワイトバーチCC
2011/10/29
富岡CC
2011/10/02
埼玉GC
2011/09/23
アゼリアヒルズCC
2011/09/17
ホワイトバーチCC
2011/09/03
霞ヶ浦CC
2011/08/13
ホワイトバーチCC
2011/08/08
おおむらさきGC
201107/16
皆川城CC
2011/05/03
ハーモニーヒルズGC
2011/04/02
アゼリアヒルズCC
2011/03/09
湘南シーサイドCC

88(36)

101(41)

88(31)

94(37)

95(31)

87(31)

92(34)

86(32)

92(31)

91(34)

78(32)

83(39)

83(33)

85(32)
2010年
2010/12/30
アゼリアヒルズCC
2010/12/18
高根CC
2010/12/04
おかだいらGL
2010/11/27
おかだいらGL
2010/11/03
ハーモニーヒルズGC
2010/10/02
富岡CC
2010/09/04
ハーモニーヒルズGC
2010/08/28
玉造GC・捻木C
2010/08/09
瀬田GC・北C
2010/07/31
霞ヶ浦CC
2010/07/24
ザ・インペリアルCC
2010/07/03
鳳凰GC・東C
2010/06/05
おかだいらGL
2010/05/29
玉造GC・若海C
2010/05/01
おかだいらGL
2010/04/24
霞ヶ浦CC
2010/03/27
水戸レイクスCC

88(32)

98(38)

96(36)

93(33)

87(36)

96(34)

86(37)

102(45)

91(32)

90(36)

81(35)

94(35)

82(33)

94(33)

88(35)

84(29)

97(34)
2009年
2009/12/31
玉造GC・捻木C
2009/12/05
アジア取手CC
2009/12/01
高根CC(BT)
2009/11/21
玉造GC・捻木C
2009/11/01
玉造GC・・若海C
2009/10/20
おかだいらGL
2009/10/10
笠間CC
2009/09/21
笠間CC
2009/09/19
おかだいらGL
2009/08/13
滋賀GC
2009/07/09

笠間CC
2009/07/04
アジア取手CC
2009/06/13
笠間CC
2009/05/11
太平洋クラブ六甲
2009/04/29
ザ・GC竜ヶ崎
2009/04/11
ハーモニーヒルズGC
2009/03/28
イトーピア栃木GC
2009/01/11
千代田CC
2009/01/03
イトーピア栃木GC

90(36)

92(37)

88(30)

100(37)

99(30)

92(38)

96(34)

91(36)

88(32)

91(38)

90(33)

87(36)

95(38)

107(38)

96(37)

109(44)

125(41)

102(35)

102(41)
2008年
2008/12/21
イトーピア栃木GC
2008/12/08
サミットGC
2008/12/06
水戸レイクスCC
2008/11/30
みずなみCC
2008/11/22
東都飯能CC
2008/11/08
イトーピア栃木GC
2008/10/26
水戸レイクスCC
2008/10/09
小見川東急GC
2008/10/05
イトーピア栃木GC
2008/09/27
水戸レイクスCC
2008/09/15
イトーピア栃木GC
2008/09/07
ジュンクラシックCC
2008/08/31
東庄GC
2008/08/16
マスターズGC
2008/08/02
水戸レイクスCC
2008/07/26
板倉ゴルフ場
2008/07/20
アジア取手CC
2008/07/12
ロイヤルフォレスト
2008/06/15
アジア取手CC
2008/06/04
小見川東急GC
2008/05/18
アジア取手CC
2008/05/05
セブンハンドレッド
2008/04/12
ロックヒルGC
2008/04/06
グランディ那須白河
2008/03/08
セブンハンドレッドC
2008/02/16
アジア取手CC

98(38)

98(40)

102(42)

107(35)

103(35)

100(35)

96(39)

95(32)

101(39)

90(30)

95(35)

106(38)

103(38)

106(32)

99(40)

106(35)

99(39)

101(36)

94(32)

100(37)

101(40)

104(44)

108(43)

115(42)

112(38)

109(35)
2007年
2007/12/17
京CC
2007/11/23
鶴CC・宇都宮C
2007/10/06
ロックヒルGC
2007/09/05
小見川東急GC

125(41)

152(40)

137(44)

130(40)
過去記事