ゴルフ道具

2015年07月10日

コスメポーチをゴルフポーチに!

メンズ、レディース問わず使い勝手抜群の激安ポーチを紹介。実はこいつの正体はゴルフ用でもスポーツ用でもない化粧&トラベルポーチ。機能性と送料込みで1コインでお釣りがくるという価格にもびっくり。

記事の続きを読む

2015年06月10日

SRIXON Z-STAR XV


ボールを変更して9ラウンドを消化したので、飛距離性能やスピン性能などを細かくまとめた。ボールを検索すると、メーカー系やそっち寄りの広告っぽい提灯記事しかないので、ここでは感じたそのままに。


記事の続きを読む

2014年08月18日

ゴルフボールいろいろ

市場ではスピン系ゴルフボールでさえ飛距離をアピールするのが主流。でもこれは実際の性能じゃなくて「キャッチコピー」の話。さて実際に、この飛距離ってどらくらい違うものだろうか?ヘッドスピードが異なると結果も違ってくるんだろうか?という実験に参加した時の様子を少し・・・。

記事の続きを読む

2014年08月13日

使えるボール3ブランド

未発売品を含めて主要メーカー34種類のボールを一気に試せるという機会に恵まれた。ゴルフボールを大別すると、飛距離系、スピン系、高級品、廉価品、おしゃれ系に分かれる。同じクラブとシチュエーションで一気に打ってみて初めて分かったことを私なりに記事にする。

記事の続きを読む

2014年07月09日

コモコーメパターカバー

コースでは全員が同じ所にパターを入れてガチャガチャしちゃうので保護が必要不可欠。ってことで、パターカバーをレディースゴルファー御用達ブランドのコモコーメにしてみた。ホルダー代わりになるボア素材のベイビーテール付きで、大きな花柄刺繍をスワロで囲んだハデハデ仕様。

記事の続きを読む

2014年06月27日

エリートグリップY360°S

エリートグリップの2014年新作。継ぎ目がないというシームレスグリップを早速装着。特にそのグリップ力は、実際に使用している工房店長の評価も高く、周囲の評判も実に高いとか。決して安くはないが、国産品で1本ずつ個装し管理されているので個体差が極めて少ないのもウリらしい。

記事の続きを読む

2014年04月16日

ECCOスタンド式キャディバッグ

キャディバッグを担いでラウンドすることは恐らくないと思うが、今後は手引きカートのコースへ多く出るかもしれないので、それに合わせて超軽量のスタンド式キャディバッグを購入した。実際に使ってみるとそのメリットとデメリットが分かってきたので、私感をまとめてみた。

記事の続きを読む

2014年03月27日

SRIXON Z-STAR

ボールには大きく分けて飛距離のディスタンス系とスピン系がある。初心者の頃は安いものを選び、その後は飛距離、最後はスピン系や打感に落ち着いてスコアメイクするという流れになるんだろうか。

記事の続きを読む

2013年11月20日

ウィンウィンスタイルヘッドカバー (1)

ユーティリティ2本のヘッドカバーを純正から変更。スリムでタイトでキャディバッグから飛び出した時のおしゃれ感を考えて、ネットでじっくり探してたどり着いたのがこれ。ファスナー式なので、コースでの利便性という心配はあったけれど、スムーズに上の方まで開くので合格。

ウィンウィンスタイルのポップスタイルシリーズで、メーカー的には少しおじさんにはポップ過ぎる感がある中、シンプルなものを発見。

全9種類あるポップなエナメルカラーの中から、キャディバッグの色に合わせてシルバーを選んだ。アイアンカバーとウッドカバーをシルバーとコントラストの良い派手目のオレンジにしているので、今回はキャディバッグと同系のシルバーにして、視界に対して沈ませてみた。

「俺はこのメーカー使ってんだぞ!」的に誇示したいという意味では純正も捨てがたいが、いかんせんPINGのカバーは緩くてすぐ脱げる。格好良くて使い勝手も良く作ってあるので、この耐久性は大変残念。ということで純正は中古ショップに売りに出す時用に一応保管。

記事の続きを読む

2013年09月18日

自転車で練習場に通う

練習場まで約2km、レッスン場まで約4kmは主に自転車で通う。それ以前は奥さん用のアシスト(電動)自転車を使っていたが、通勤が近くなったので春に購入。こういうタイプの方が速くて楽なのを知る。

で、問題はクラブの持ち運びだった。購入時に自転車で荷台装着の相談もしたけど、「格好悪いからやめて」と言われた(笑)。それでクラブケースを方から担ぐことになるんだけど、どうもしっくりこない。

一時落ち着いたのは、ジュニア用。近くの練習場へは普通のクラブケースの中にドライバーを含めた3〜4本を持参して、レッスンにはアイアンしか持っていかないことが多いので、それで妥協していた。ジュニア用は2段階の長さ調整出来るので、UTくらいまで入った。

担ぎ方はいずれもヘッド側を下にする方法。これで一応安定する。だいたいクラブ入れて肩ひもも付いてるクセして、重くなる方が上っておかしくないか?それに肩ひもの位置も納得いかないものが多い。

それで先週出会ったのがこの筒状のクラブケース。たすき掛けに背中に回しての座りがちょうど良かった。これで道中のストレスもかなり軽減された。アイアンだけの時はヘッドカバーの位置調整で小さくなる。

まだベストというわけではないけれど、ベストに近いベター。選んだ理由は形じゃなくて、肩ひもの位置というか掛けた時のバランス。できるだけ体からはみ出ないように担ぎたいので、背中側でどう安定するか。

自転車に乗って担ぎやすいクラブケース作ってくれないかな。リュック式に両肩に掛けられて、お尻よりあまり下にならないもの。まあ、そんな需要はほとんどないから無理か。もしくは自作か。


2012年09月26日

お気に入りのeccoゴルフシューズ

ゴルフシューズを履いた時のあの違和感。また練習場で履いた時と、天然芝のゴルフ場で履いた時の感触の違い。普段履きスニーカーのような感じで心地良く違和感なく履けるゴルフシューズを探し求めた結果。

記事の続きを読む

2011年11月22日

思えばもう3年以上も使用ボールを変えていない。始めた当初はたまたま貰ったボールがニューイングだったので使っていた。とても打感が柔らくて安くて易しく感じた。ある日、V10をたまたま使ってみたら同じように柔らかかったので、それ以来今日まで使い続けている。

3種類のボール
先日のラウンドでは思うところあって、写真の3種類のボールを順番に使ってみた。左からV10、X-jD、X01-MILDの順。

打ち比べて新しいメインボールを決めようと思っていたけれど、結果は普段使っていないボールが目の前にあるだけで不安になり、V10以外の時はミスショットばかり。純粋な打ち比べは出来なかった。

TOURSTAGE X-jD
V10に代わる直進性を期待したけれど、打感が硬くておまけにクラブの先端に当てたもんだから、嫌な感触だけが残った(笑)。合計2ホールで使ったが、ドライバーは2回ともカス当たりで手がシビレる。宣伝では飛ぶボールなのでいつかまた挑戦して芯に当てたい。

TOURSTAGE X01 MILD
噂に違わぬ嘘のような柔らかさ。パッティングの時にちょっと軽くて頼りない感じがしたが、これはアリだと思った。ただ、ドライバーでえげつなく曲がった。これはこの日の打ち手の問題だけど、あの記憶を抱えたまま次も使うのは怖い。でも柔らかくて気持ちは良かった。

ということで解かったのは、自分にとってボールを代えるのは他の道具を変える以上に勇気が要ることだと解かった。それだけ。


2011年11月02日

今回のラウンドで初めて持参した新アイテム2点。ひとつはツアー中継でもよく見かける目土ボトル。置き場に困るので、カラビナやホルダーが付いたアウトドア用のボトルで間に合わせようとしたが、容量や口の大きさを考えると良いのがなかったので結局ゴルフ用のものを入手。

富岡CC(20111028) (4)

キャディバッグや乗用カートのどこかに引っ掛けられるように、強度あるプラスチック製で大き目のカラビナを取っ手に通してある。よくカートに積んである目土バッグ+スコップよりも簡単にスマートに使える。

別になくても良いものをわざわざ使う理由は2点。クラブと一緒にこれを持ってボール位置まで行くことで、しっかり打ち込む意識が持てるというおまじない的役目と、ゴルフ場の方へのアピール(笑)。

もうひとつは取引先からサンプルとしてもらったICレコーダー。いわゆる音を録音する機械。最近は携帯やスマートフォン、iPodなどにも同様の機能があるので廃れたジャンルだが、声の収録にかけては安価で大変ハイスペック。少し前から練習時のメモ代わりとして使っていた。

ICレコーダー

ピンマイク+音声認識起動を使えば、スイッチを入れたままでプレー中に喋っていれば勝手に録音されるなぁ〜とも思ったが、ピンマイク挿してブツブツ言いながらプレーするのも怪しいので却下。

結局今回は試しに毎ホール、ホールアウト後にそのホールでのポイントをメモ代わりに録音してみた。1ホールあたりに要したその録音時間は約20〜30秒。これならプレーにも支障ないし、同伴者にも迷惑かけることはないだろう。時々機械に向かってブツブツ言ってるのは怪しいけれど、これくらいは勘弁してもらおう(笑)。

ラウンドの詳細メモを残すというのは初めての試みで、これまでは記憶だけで記事を書いてきた。だいたい覚えてはいるものの、こうして自分で録音したメモを聞くと、細かいことまで思い出して有意義。


2011年10月06日

新しいキャディバッグが詰まれた姿

新しいキャディバッグ、初ゴルフ場での勇姿。左側に積まれたということは最も上級者に見えたのか?と思ったが、これは単なる予約の時の名前順ということでがっかり(笑)。きちんとしているゴルフ場だった。

凝った仕切りのものからオーソドックスな6分割式にした感想は、とてもシンプルで扱いやすくて便利。強いてリクエストするなら、PW、GW、SWを3本まとめて持ち出すことが多いので、最下段は仕切りがなくてズドンと1穴の方が便利かもしれないとは思った。

カートに積んだ際のポケットの向きと収納の多さは充分。実際プレー中にポケットをガサガサやることはほとんどないが・・・。ネームプレートは以前のアディダスのまま使ってるのでちょっとかっこ悪い(笑)。

プレーとは直接関係ないけれど、今後はヘッドカバーやキャディバッグ周りの小物をコーディネイトして更なる快適化計画を予定。スコアと技術はすぐにどうもならないので、こっち優先でもいいだろう(笑)。

関連記事
コモコーメのキャディバッグ


2011年09月30日

コモコーメのキャディバッグ

奥さんの臨時収入からキャディバッグを買ってもらった。日曜日のラウンドに合わせて本日到着。コモコーメの限定色。限定とは言ってもそんなに売れるブランドではないので入手は簡単(笑)。

これまでと同じ9型ながら、今回のはプロタイプと呼ばれるものなので一気に収納が楽になった。今までは無理矢理突っ込んでいたようなものも楽々入る。これは便利。同プランドのスタンド式も考えたが、担ぐわけでもなく練習に持参することもほぼないのでこちらで正解。

キャディバッグ新調

キャディバッグを新調した理由は、クレブを入れる仕切り。今までのはちょっと凝った仕切りになっていて複雑で面倒だった。キャディ付きの時はよく並べ替えられるし、きっと使いづらいんだろうと思う。やっぱり仕切りはシンプルに限る。今回のはごく普通の3段の6つ仕切り。びっくりするほどクラブが整理しやすい。これは想像以上。

キャディバッグと杏仁花

これでクラブをバッグに戻す時などのストレスが減る。娘との初対面も成功。頬ずりして一緒に喜んでくれた。一気にテンションが上がってこれでスコアアップ、レベルアップ間違いなし!だといいな(笑)。

やっぱりプレゼントは嬉しさ100倍!北の武器商人さんから戴いたSWもいきなり活躍してくれて凄く気に入ったし、新調のGWでも50Yのまぐれチップインが自信になった。今年の残りラウンドは、このウェッジ2本を多めに練習して積極的にいろいろ試してモノにしたい。


2011年08月04日

ショットナビポケットネオ

ギフトで距離測定器を戴いた。ショットナビの中でも必要最小限の機能だけを備えたポケット・ネオという種類。数日前に「どれがいいか?」と聞かれ値段も考慮して選ばせてもらったがシンプルでいい感じ。

側面にある電源ボタン、ライトボタンを除くと4つしかボタンがないというシンプルさ。基本的な距離表示はグリーンセンターと花道攻略が前提のエッジまでの水平距離。ハザードモードで使えば、ハザード手前までや超えるための距離も表示され、木・林・OBなどの表示もある。

自分が興味があるのは地点登録による飛距離表示。この測定を重ねていくことで自分の飛距離の目安が今より正確に分かる。そしてGPS計測器が本当に生かせるようになってくる気がする。

実際は3〜5Yの誤差があるというから、あまり今の状況と変わらないかもしれない。最も効果を発揮しそうなのは隣のホールから打つ時なんだろうか?でも最近はそんな場面がほとんどない。あと「100Y以内で威力を発揮」というレビューが多いが、目分量で打ってきたゴルフに数字の表示が加わることによってどんな影響があるのか興味深い。


2011年07月25日

ゴルフプライド G400 VD・ラバー

ゴルフプライドのラバーグリップにカラーバリエーションを持ったタイプが発売されている。最近まで知らなかった。さっそくショップに連絡して在庫を確認。ウッド2本とユーティリティ2本を交換してきた。

種類は「VD・ラバー」というタイプで、マーブルチックな模様がアクセントになっている。それぞれシャフトの色に合わせて赤と青に交換。

ウッドは先月購入した際にイオミックのものを装着したばかりだけど、どうも細い上にソフト過ぎて頼りなさを感じていたところ。ユーティリティの方は黒のベルベットラバー装着だったが、どうせならということで気分だけでついでに交換。これでカラーリングは完璧。

グリップの素材や太さは、スイング中のグリップ圧に大きな影響を与えるので凄く大事な部分。最近特に気にするようになってきた。この夏を越えたら次はショートアイアンのグリップも交換しよう。アイアンは使い慣れたベルベットラバーが最適だし、気分的にも黒がいい。

ちなみに、ウェッジ2本はゴルフプライドの「DD2」を装着中。硬めの内層と柔らかめの外層の2ピースラバー。実際の使用感は太めで全体的に硬く感じる。硬く使いたいという主旨で選んだものだが、時々「柔らかいグリップだったらどうなんだろう?」と思うこともある。

グリップ交換直後のクラブを眺める杏仁花

ツアーベルベット・ラバーとの比較
ツアーベルベットと比較すると、概ね似たような感触ながらほんの少しだけ柔らく感じる。でもアイアンに挿さってるツアーベルベットは装着から時間が経ってるので細かい比較できない。しっとり感が増してグリップ力はこちらの方が良さそう。でも耐久性は怪しいかもしれない。


2011年05月31日

ドライバーグリップ交換

次のラウンドでレディースヘッドのドライバーを復活させようと思っていたけれど、先週の練習で気が変わった。使うからにはかなり安定してもらわないと意味がないところ、そうでもない結果が出たから。

そこでメインドライバーであるERCに、以前から気になって先送りにしていたNO1グリップを装着。気になっていた理由は、これをリシャフトした時にフジクラの店長から「ソフトなグリップを好むスイングだからこっちの方が良い」と言われて気になっていたから。なぜその時NO1にしなかったかと言うと、シャフトが赤いから赤いグリップが良いのだけど、NO1はちょっと赤の質が違うので、別のグリップを選んだというわけ。これは昨年の10月のことだから、8ヶ月近く抱えていたことになる。

今回のグリップ交換は、ゴルフパートナーの練馬中村橋店まで足を運んだ。ここが最も近いショップなんだけど、中古店だと全てが古い気がして問い合わせすらしなかった(笑)。「グリップ交換できますか?」「もちろん」との返事だったが、すごく当たり前の質問をしてしまった。

NO1グリップは、グリップ力には定評があるけれど、磨耗がかなり激しいと聞く。店でも耐久性部分であまり薦められなかったが、やはり体験してみたかったし、どれかけ早く減るのか経験してみようと思った。

さて、これで何かが良くなってくれればいいけれど、どうだろう。少なくとも気分一新という効果は得られた。次に行くコースは、ピードダイ設計でとても戦略的だと聞くので、出番は少ないかもしれないが・・・。

Tour Wpar 2G(ツアーラップ)
今回グリップ交換に訪ねて、お店でひと際目立っていたグリップがゴルフプライドのツアーラップというもの。店員さんや常連客の間でも流行っているらしく、店員さんの装着クラブも握らせてもらった。

ツアーラップレッド

まず見た目がエナメル質でテカテカの光沢。感触も見た目通りのベトベトした感じでグローブなしでも良さそうなくらい。グリップ力はNO1ほどではないとのことだけど充分過ぎ、耐久性などの総合点も考えると今最もお薦めだと言う。しかも安い。NO1が減ったら次はこれを試そう。


2010年11月28日

CIMG5378

最近までお蔵入りっぽくなっていたオークリーの黒シューズ。ウェアに合わせて最近履き始めたら実にいい。ということで欠けまくっていた鋲の交換をするため、朝から娘を連れてゴルフ5までおでかけ。

黒のシューズを履くときは、黒+赤のコーディネートが多いので、鋲も赤いのを買ってみた。こうして写真を撮るとコントラストがかなりきつい。でも足の裏だからほとんど自分で見ることはないからオッケ!

前に奥さんのスパイクの鋲交換をした時は、付録で付いていたような簡単な金具でやったせいか結構難しく感じたけれど、今回はちゃんとした工具を買ったのでとても簡単に着脱できた。ラウンド後に、エアコンプレッサーでよくシューシューやるが、こうして鋲交換する時のためにも念入りに手入れしておくことが大事みたい。

大手チェーン店であれば、鋲を買ったら無料で交換してくれるところも多いみたいで自分でやることもないかもしれない。でも、鋲を外した状態で靴底をゴシゴシ綺麗に洗いたいので自分で交換。鋲を外した後のネジ山からもどっさりと芝が出てきた。

SN3N0024


2010年08月25日

前回のラウンドでは、特にグリーン上でのプレーが結果・イメージともに本当に楽しかった。いつもと何が違ったのだろう?と探してた。もちろん毎日の自宅練習の成果であることも確かだろうけど、スタート前に同組のtomiさんから貰ったボールマーカーが気になる存在。

ボールマーカー(コイン)

自分は大雑把な性格ながら、時折ジンクスやゲン担ぎを気にすることがあったりする。実はかねてからボールマーカーは、帽子につけるマグネット式ではなくポケットから出す姿の方が格好良いと思っていた。しかもできれば西洋のコインだったりするともっと格好良いかな〜と。

そして今回たまたま中国のコインをもらって、早速使わないのも失礼だな〜なんて考えて早速使用。1ホール目はボギーオン。パーパットを控えておもむろにポケットからコインを取り出してマーク。自分のその仕草に少し酔ったりして(笑)。その3mほどのパットが気持ちよく入ったもんだから俄然気分が盛り上がって次のホールへ。

ところが2番ホールのグリーン上で、ポケットを探ってもなかなか見当たらない。あれ?と思ってキャップにもマグネット式のマーカーがあるからそれを使おうと、キャップのツバに手を伸ばすとなんと普段使っているルコックのマーカーの上にピタリとくっ付いていたのでビックリ。

さっそくtomiさんに「これ磁石に反応するよ!」なんて報告しながら、ポケットから取り出すのをやめて、それ以来ずっとキャップに付けて最後まで使った。土台ではなくて、ルコックのマーカーに磁石が付いているため単体ではここに付かないが、マーカーが頭に2個あっても別にいい。

しばらくはこれをラッキーアイテムとして重宝させることになりそう。


2010年01月10日

キイトイトリヘッドカバー (1)

自分の愛用ドライバーは奥さんからの借り物。先日リシャフトしたので借り物かどうか微妙になってしまったが、「ヘッドカバーは換えない」というのが借してもらえる条件なので、カバーもそのまま。

意外に知られていないこのキャラクターは、サンエックスの人気キャラクター、リラックマの仲間。最初は奥さんもリラックマを買うつもりだったらしいが、あまりに可愛くてこっちにしたらしい。

キイトイトリヘッドカバー (3)
キイトイトリヘッドカバー (6)

ところでこのヘッドカバー。キャディさん達にすこぶる人気が高い。どこのゴルフ場へ行ってもだいたい大騒ぎ(笑)。面白かったのは、高根GCのキャディさん。スタート前に「しばらく抱っこしていたい」と言われ、練習場まで私のクラブを全て抱えながら付いて来てくれた。この日はセルフプレーだったが、キャディ付きの練習になった。コース攻略方法を教えてもらいながら練習したという面白い体験ができた(笑)。

先日の玉造GCでも、スタートホールでヘッドカバーを地面において素振りしていたら、スタートホール担当のキャディさんに「地面に置くと汚れるから抱っこしておきますね」と言われ、ずっと抱っこされてた。あと、どことは言えないけれど、練習コインを1枚くれた人もいた。

キイトイトリヘッドカバー (5)

スタート前もそうだけど、特にプレー終了時は数人のキャディさんに囲まれることが通例になりつつある。場合によっては、終了後のクラブも念入りに磨いてもらえるようになった気がする。

思いかげない効力に感謝。


2010年01月08日

自作ヤーデージブック

ヤーデージブックを自作するようになったのは、プロが試合中に縦開きのヤーデージブックを見ている姿に憧れたから。まあ、ゴルフ場へ行けば大概は乗用カートにコースガイドが積まれているので必要ないかもしれないが、ポケットに入っていればなお便利だと思ったから。

結構面倒なので、何度も行くゴルフ場やネットでのレビューで難しそうなコースだと分かって、なおかつ時間がある時しか作れない。でもこういう準備から入るのが楽しい性格なので、それが一番の理由かな。

ゴルフ場のホームページなどからコースガイドをコピーして、これに距離などを書き足し編集してプリントアウトするだけ。プロのようにはいかないけれど、自分専用だから自分の都合に合えば良い。仕事柄、フォトショップやイラストレーターというソフトを使って作っている。

どんな形であれ、ポケットに携帯できれば良いのだけど、自分の場合は100円ショップで買ったハガキホルダーに収めている。よく行くコース別に何冊か作っているが、自分で撮った写真なども入れたり、自分がナイスショットを簡単にイメージできるヒント的なものも入れる。

自分専用あんちょこ

距離の計測は、Googleマップの航空写真で地図作成機能を使えば簡単に行えるが、測定に耐えられるサイズに地図が拡大できない地域のコースもある。その場合は、PAR72PLAZAでゴルフ場を検索すればコースデータというのがあって、それで簡単に計測できる。

主にバンカー、池、グリーンを基準に、“そこまで”と“そこから”の距離を記入。それ以外は机上では無理だけど、何度か行って確認できたことは次に来た時用にコース上で書き足す。大事なのは、初コースである場合そのゴルフ場のヤード表示がグリーンエッジまでのものか、センターまでのものかを聞き、それに合わせて計測すること。

おまけにプレー日の使用グリーンや、使用ティーグラウンドも聞ければなお完璧。経験上、ほとんどのゴルフ場がきちんと教えてくれる。でもネットであらかじめそのゴルフ場のグリーン数やティーグランド数などの予備知識を持っておかないと、やりとりがちぐはぐになるので注意。

前日ならカップ位置まで教えてくれる場合もあるけれど、これはそのゴルフ場のカップ位置の決め方、表現方法を知っておく必要がある。翌日のカップ位置をFAXで送ってくれる親切なコースもあった。稀ではあるけれど本格的なヤーデージブックを用意しているコースもあるので、キャディマスターで聞いてみると案外くれたりする場合もある。

自作ヤーデージブック

アベレージ90ちょっとのゴルファーが、ここまでこだわる必要があるのかと笑われるからもしれない。でも、この準備作業自体が楽しいし、これが下調べになってメモまであると、安心してショットできる。

ナイスショット用の書き入れだけではなく、フェアウェイのサイドバンカーから様々な場所への距離を書き入れておけば、ティーショットがトラブルになった時の対策にも役立つし、グリーン周りが難しそうな場合は、その周辺に集中して様々な距離を書き込んでおけば意外な利点も。

まあ手っ取り早く距離が知りたい場合は、ショットナビなどのGPS機器を買えば全て解決する(笑)。電子機器をポケットに入れてゴルフすることに抵抗がある自分は今のところこれを見送っている。また、持てば同伴者からアテにされて煩わしそうということもある。その点、自作だとそういうことがない。あまり見せびらかさないのもコツ。


関連リンク
・Google マップ
・PAR72PLAZA
・SIMON MEMO

moon design 簡単マーク式 ゴルフスコアブック (本金仕上金具つき) (6317 ミッドナイトブルー)

新品価格
¥2,000から



moon design 特許出願ゴルフスコアブック (すいすい回れる優れ物)0933 (リフィル2冊セット)

新品価格
¥1,600から





2009年04月15日

ゴルフ手帳

先日1日のユニーク訪問数が初めて200を超えた。アクセスの多い日のパターンはおそらくゴルフ雑誌の売れ行きと一緒。中でも2大タイトルと言えるのが「スライス克服」と「飛距離アップ」。この他にクラブの型番をタイトルにした日もアクセスが多い。

さて、本題。

私のブログにもいろんな検索キーからのヒットで訪問される。中でも興味深いのが「ゴルフ手帳」で検索される方が多いこと。これはブログのタイトルが関係しているもので、万人がゴルフ用の手帳に興味があるわけではないと思う。でもデジタルなパソコンを使いながらも、あえてアナログな“手帳”を検索する方がいることも興味深い。

いつかこの検索のされ方に応えたいとも思ったりしていた。

ゴルフ手帳の現状

実在する“ゴルフ手帳”で最も多いのが「スケジュール帳」と「スコアカードホルダー」などの記録保存型。これにマナー、ルールなどが付録でついているパターン。パソコンを使えない年配のゴルファーにはこれで充分かもしれないが、はっきり言ってパソコンを操る人には不要。普段も持ち歩けてなおかつラウンド中にも重宝するような手帳じゃないと。


ヤーデージブックとGPS

ラウンド中に重宝すると言えばヤーデージブックが代表格。これはプロの間でサイモンメモが有名。しかしアマチュアが気軽に入手出来るものではなく、ゴルフ場によってはカートに詳しいガイドが積んであるのでそれで充分という方も多いはず。しかしアマチュアゴルファーが詳細なコースガイドを望んでいたことは、ショットナビポケットなどのGPS機器が昨年爆発的にヒットしたことで証明されたのかもしれない。

ヤーデージブック(サイモンメモ)

自分が欲しいゴルフ手帳

実は以前に作りかけてやめた自作手帳がある。

コースガイドは毎度自作して持参するけれど、これとは別に「自分専用のミスの傾向と対策」をインデックスを付けてまとめたた手帳。しかし「どうまとめよう?写真と絵も入れたい!逆引きにした方が良い?」など考えただけで疲れてほぼ発案段階でやめた(笑)。

「今日はやけにダフる」「トップが多い」「またスライス病が…」

ラウンドに出るとつい盲目になって、終わってから「あっ」とある事に気づいたり、またラウンド中にスイングを修正しようとするものの、テンパってるものだから的確な修正方法が即座に浮かんで来ない。また頭では解っていても緊張感からなかなか体が言うことを聞かない。

こういう時にサクッとポケットから取り出せる便利な手帳

「こういう時どうドロップするんだっけ?」
「ここは救済ありかなぁ?」

なんて最も多くて勘違いの多いルールがイラスト付きで付録になっているのも良い。R&Aのルールブックは常に持参しているけれど、専門用語の定義から覚える必要があるのであまり実用的じゃないから。

また、ミス続きで凹んでいる時や緊張している時に、目を通すだけで心が和む写真を入れておけたり、そういったメンタル部分を救ってくれそうな有名な格言も、シチュエーションごとにまとめてあるとか。段階的に初心者手帳、100切り手帳、90切り手帳などがあっても良い。

こういうのは、手帳というより“あんちょこ”になるかもしれないけれど、という事でどなたか便利なゴルフ手帳作って下さい。


関連記事
・ゴルフ雑誌表紙の見出し
・コースの攻め方と逃げ方

関連リンク
・サイモンメモ
・ゴルフ場のヤーデージブック(エスプランニング)


2008年11月07日

ファイテンの商品

職場のすぐ近くにあるファイテンショップでネックレスとチタンテープを購入。効果のほどは謎だけど、ネックレスはファッションとして、テープは店員さんへのお礼で買い求めた。

ゴルフウェアはシンプルなジップシャツが好きで、夏の場合は少しジップを下ろして着ているが秋から冬にかけてはジップ閉める。そうするとどうも首周りが寂しくてアクセサリー的なものが欲しい→どうせならアスリートライクなものを…という流れ。

入店すると即座に店員が接客に付き、効果が欲しい部分を訊ねたりデモンストレーションをしてくれる。悪く言うと厳しいセールスをしてくる、良く言うと熱心に応じてくれる、というタイプの業態。嫌いじゃないけれど少し胡散臭さを感じながら商品を選ぶ(笑)。

ネックレスを探していると「肩凝りですか?」と聞かれた。「肩は凝らない体質なのでファッションとして見に来ました。」と答えると、あのTVでも有名なデモンストレーションを体験させてくれた。

2リットルの水が入ったペットボトルが紐で2本結わいてあり、指2本で持ち上げてるというデモ。最初は普通に持ち上げ、直後にファイテンのブレスを手首に付けて持ち上げると軽く感じ、それでピンと来なかった場合に今度はブレスを外して持つと重く感じるというやつ。結果、自分は全く効果がない様子^^;

次に疲れた足を軽くしてくれるというので、椅子に座って靴と靴下を脱いでズボンの裾を捲り上げる。足の裏をマッサージしながらピップエレキバンみたいなものとチタンテープをがっちり貼られ、ふくらはぎをジェル状のもので優しく念入りにマッサージしてもらった。

マッサージが終了し「足踏みしてみて下さい。軽く感じませんか?」と言われた。確かに軽く感じたけれど商品ではなく、お姉さんのマッサージの効力のような気がする(笑)。しかし足が疲れていたのでかなり助かった。お礼にテープを購入することにした。

効果はなくても気休めにはなるだろうから、次のラウンドでは付属の説明書を見て足の筋肉に沿っていろいろ試してみよう。実は「気休め」が大好きで文字通り「気が休まる」という効果はあるのだから。


2008年10月30日

鋲を外した状態のゴルフシューズ

彼女のゴルフシューズで鋲交換にチャレンジしてみた。上の写真は鋲を外した時の状態。しかし芝があちこちに残っていて手入れが悪い(笑)。鋲を外した部分の溝にも泥と芝がビッシリだったがここは自分も盲点だった。きちんと手入れする人は常日頃から鋲を外してこの溝部分も綺麗にしているのだろうか。

ゴルフシューズのスパイク鋲と着脱器具

鋲を購入したショップの店員が「意外に外しづらいので難しかったら持ってきて下さい。」と言っていたのでさぞかしやっかいな作業かと思っていたら案外簡単で少しがかり(笑)。外すときに着脱工具を差す窪みのゴミさえ綺麗にしてしっかりロックしてから回せばなんてことなかった。

スパイク鋲を新調したゴルフシューズ

鋲が折れていたのは3本だけだったが、気持ち悪いからってことで14本全て交換。靴底だけが感動のリニューアル。交換しながら「こんなところにもスイングの秘密があるのか」と少し考えさせられた。ネットでどんな鋲があるのかチェックしてみたり…。


2008年10月22日

ヘッドカバー入れ替え

友人から貰ったドライバーは純正のヘッドカバーがなかったので、今まではアディダスのヘッドカバーを付けていた。2本あったユーティリティもお揃いのアディダスで揃えていたけれど、何気なくメーカーに純正カバーの在庫を尋ねてみたらあるとの返事で手に入れた。これでウッドのカバーは全て純正品で揃った。

そして今回購入したユーティリティのカバー。やっぱり安っぽくて気に入らず写真のUS PRO TOUR Collectionから選んで購入。このシリーズはプチお気に入りでキャップも持っているが、カバーも大きくなくフィットして気に入った。

ということで不要になったアディダスのドライバー用とユーティリティ用カバー2個はオークションに出すことに。共に2007年モデルだけどこれが驚いたことに、合計落札価格が自分の新品購入金額を上回ってしまった。少し申し訳ない感じ。

こういうこともあるんだなぁ。


2008年10月17日

パーリーゲイツパターカバー

11月にご一緒する武器商人さんと「パターカバーが被るなぁ」と、少し前からパターカバーを物色していた。同時に「目印でも付ければ良いか」とも考えていたのだけれど、やっと良いのが見つかった。

純正カバーも気に入っていたので「同じ色で使い易そうでしっかりしたもの」が条件だったけれどほぼ満たしてくれている。しかし保護という点ではこの純正カバーはかなりしっかりしているので負けてしまうけど。

パーリーゲイツパターカバー

多少躊躇したのはファスナー式だという点。着脱時にパターを傷めてしまわないかという心配と手間の問題。純正カバーはファスナーでもマグネットでもなく、そのままクィっと入れてマジックテープで留めるようになっていてフィット感よろしく実にうまく作られている。純正なのであたりまえだけど(笑)。マジックテープも一応付いているだけで留めなくても抜けるようなことはまずない。

「ファスナーはいちいち面倒だなぁ」とも考えたけれど、実際に手にしてみるとその分を補う「入れやすさ」があった。トータルで考えるとやはり純正に分があるけれどかなり気に入った。パターカバーはずっと探していたけれどこんなに気に入ったのは初めて。あとカラビナが付いているのも良い。でも使わずに地面に置くだろうけど(笑)。


2008年07月22日

自宅でパット練習

今日からパッティング強化期間に突入。自宅で出来ることはただひたすら真っ直ぐ出すこと。そしてせっかくピンのパターに替えたのだから、どんな距離だろうとその距離分をしっかりとヒッティングして気持ちの良い音を出すこと。

この削りだしパターの感触はなんとも心地良い。退屈なパッティング練習にやる気を与えてくれる。実はパット練習はしばらくサボっていたがこれを機に再開。

あとは数回使いながら長さ調整とグリップ交換も考えてみたい。34インチがなかったので35インチを購入したのだけれど、もともと短く持つ癖があるのでこれも悪くない。またグリップが細くて薄すぎる感じもするのだけれど、太いのに替えると重さを感じられなくなるかもしれないので慎重に考えたい。

自分の場合、スコアの35〜40%がパッティングなわけだから、スコアップを考えるのならまずパット。100叩かないって最低目標も大事だけれど、そのためにはパットは悪くても36以内にしないと。


灼熱のダイナマイトセール!




2008年07月07日

キャロウェイ・ビッグバーサ(ゴルフボール)

先週のショートコースでキャロウェイ・ビッグバーサ07を使ってみた。普段はTOURSTAGE・V10オンリーなのでこれとの比較しか出来ないが打感はV10より硬め。硬いとは言ってもビッグバーサを硬いという人はあまりいないかもしれない。比較対象のV10がソフトすぎるから。詳しく言えば「硬いけど軽い」だろうか。

あと球離れが早いせいかV10よりよく転がる。この感触は特にパッティングで感じた。パッティング時の感触は最高。転がりもすごく良くて高麗グリーンなのにスーッと転がって伸びて行く感じ。ランニングアプローチでも同様。上げて止めたい時はしっかり自分でスピンをかけるか、うまくロブショットして高く上げないとV10のようには止まらない気がした。

アプローチとパットでしか使ってないので感想は以上(笑)。でも100ヤード以上からグリーンを狙った時に、かなりV10と違ったイメージになってしまうような気がする。もしグリーン周りからボールを交換できるなら迷うことなくビッグバーサにしたいけれど…。

しかしこのボールが3,000円切ってるとは安い!


2008年06月05日

ラウンドで使用したボールラウンドで使用したボール

昨日のラウンドは、自分なりに2つの新記録があった。1つはボールを1球も失くさなかったこと。おまけにボールチェンジもせずに、写真のこの1球で18ホールを終えボールも無事帰宅した。別に18Hワンボールルールと決めてラウンドしているわけではないのだけれど一種のげん担ぎみたいな感じ。おかげでボロボロ…。

V10の新品は高価なのでロストボールのA級と呼ばれるものを使用しているが、将来ボールの性能にこだわり出したら途中で交換したりもするのだろうか。最近はボールをそんなに失くさなくなってきたので、そろそろ新品も買ってみようかと思う今日この頃。

もうひとつは、18回全てカップインまでプレーしたこと。逆を言うとOKを貰えたパットがなかっただけではあるが(厳密には1度OKを貰ったがパットした)。ついでに書くと「お先パット」の回数も数えてはいないが明らかに新記録だった。残り距離的に少々マナー違反的な「お先」もあって、いざ構えてから焦ったのもあったが全て入った。

「お先」の可否の基準とかあるんだろうか。


トッププレーヤーのクラブセッティング




プロフィール
ゴルフマニア手帳 by 大西義治
名称:ゴルフマニア手帳
著者:大西義治(はるる)
生年:1964年(昭和39年)
身長:165cm
体重:62kg
出身地:大阪府大阪市
住まい:東京都板橋区

自営業を営む趣味ゴルファー。東京都板橋区在住。生涯続けられるスポーツとして、趣味のゴルフを43歳から始めました。
  
クラブセッティング
ドライバー
GP ONE MINUTE M52
TRPX AURA(S)
フェアウェイウッド
BBD's 304T(#4)
TRPX RED-HOT TYPE-P(2+)
ユーティリティ・ハイブリッド
PING Anser(#20)
TRPX UT-7(1+)
PING Anser(#23)
TRPX UT-8(1+)
アイアン
MIZUNO MP-53(#5-PW)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
ウェッジ
MIURA MB-5000WB(#53)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
MIURA MB-5000WB(#57)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
パター
Edel Golf E-2
ボール
SRIXON Z-STAR
戦績
通算記録
通算ラウンド数(186)
2016年ラウンド数(24)
2015年ラウンド数(21)
2014年ラウンド数(20)
2013年ラウンド数(24)
2012年ラウンド数(17)
2011年ラウンド数(14)
2010年ラウンド数(17)
2009年ラウンド数(19)
2008年ラウンド数(26)
2007年ラウンド数(4)
ベストスコア(75)
ワーストスコア(152)
ベストハーフ(37)
ワーストハーフ(80)
ハンデキャップ
JGA/USGA(12.6)
GDO(15)
2016年の記録
ラウンド数(24)
平均スコア(86.7)
平均パット数(1.83-2.07)
フェアウェイキープ率(44.0%)
パーオン率(27.3%)
リカバリー率(22.3%)
サンドセーブ率(17.3%)
ラウンド予定
2017年3月
猿島カントリー倶楽部
ワンウェイゴルフクラブ
2016年
2016/11/25
大栄カントリー倶楽部
2016/11/18
浦和ゴルフ倶楽部
2016/11/09
美里ゴルフ倶楽部
2016/10/28
カレドニアンGC
20/16/10/14
サミットGC
2016/10/08
十日町CC
2016/09/29
阿見ゴルフクラブ
2016/09/09
ザ・インペリアルCC
2016/09/02
阿見ゴルフクラブ
2016/08/19
猿島カントリー倶楽部
2016/08/11
ザ・インペリアルCC
2016/07/27
千葉CC-梅郷C
2016/07/14
紫あやめ36-EAST
2016/07/01
阿見ゴルフクラブ
2016/06/16
紫あやめ36-EAST
2016/06/01
紫CCすみれコース
2016/05/26
阿見ゴルフクラブ
2016/05/12
阿見ゴルフクラブ
2016/05/05
ザ・インペリアルCC
2016/04/22
紫CCすみれコース
2016/04/15
浦和ゴルフ倶楽部
2016/04/07
新武蔵丘ゴルフコース
2016/03/25
紫あやめ36-EAST
2016/03/18
八千代ゴルフクラブ

86(35)

92(28)

86(33)

94(35)

84(31)

95(37)

88(33)

86(36)

81(30)

86(29)

75(32)

96(37)

86(34)

85(30)

79(28)

95(34)

89(37)

84(31)

82(36)

84(35)

90(32)

79(28)

95(39)

84(30)
2015年
2015/11/13
紫あやめ36-EAST
2015/10/31
十日町CC
2015/10/16
紫CCすみれコース
2015/10/09
エーデルワイスGC
2015/09/18
若洲ゴルフリンクス
2015/09/11
ザ・インペリアルCC
2015/08/28
紫CCすみれコース
2015/08/20
千代田CC-中東
2015/07/31
千葉CC-梅郷C
2015/07/23
紫あやめ36-EAST
2015/06/24
紫あやめ36-EAST
2015/06/13
八千代GC
2015/06/06
双鈴GC関コース
2015/05/29
紫CCすみれコース
2015/05/23
十日町CC
2015/05/15
阿見ゴルフクラブ
2015/05/04
阿見ゴルフクラブ
2015/04/24
若洲ゴルフリンクス
2015/04/18
紫あやめ36-WEST
2015/03/27
紫あやめ36-WEST
2015/03/20
紫あやめ36-EAST

85(30)

99(36)

98(34)

96(38)

94(35)

87(32)

93(31)

83(34)

94(33)

84(34)

86(29)

83(30)

91(33)

92(32)

89(40)

80(31)

84(34)

86(32)

91(33)

83(29)

87(30)
2014年
2014/12/19
紫あやめ36-EAST
2014/12/05
紫CCすみれC
2014/11/21
サミットGC
2014/11/01
十日町CC
2014/10/24
サミットGC
2014/10/01
紫あやめ36-WEST
2014/09/06
紫あやめ36-EAST
2014/08/22
阿見ゴルフクラブ
2014/07/25
川越CC
2014/07/17
紫あやめ36-EAST
2014/06/19
阿見ゴルフクラブ
2014/06/14
千代田CC
2014/05/28
紫あやめ36-EAST
2014/05/24
十日町CC
2014/05/03
おかだいらGL
2014/04/25
紫CCすみれC
2014/04/18
阿見ゴルフクラブ
2014/04/11
赤羽ゴルフ倶楽部
2014/03/29
紫あやめ36-EAST
2014/03/12
紫あやめ36-EAST

83(33)

90(34)

82(34)

100(38)

84(33)

88(29)

94(36)

85(31)

90(33)

84(30)

91(32)

80(30)

88(34)

90(38)

82(31)

90(37)

83(31)

85(32)

83(29)

84(30)
2013年
2013/12/31
紫あやめ36-EAST
2013/12/20
紫CCすみれC
2013/12/13
紫あやめ36-EAST
2013/11/22
千代田CC
2013/11/09
十日町CC
2013/10/17
富士桜CC
2013/10/11
セゴビアGC
2013/09/21
紫あやめ36-EAST
013/09/06
ワンウェイGC
2013/08/23
千葉CC・梅郷C
2013/08/14
紫あやめ36-EAST
2013/08/07
阿見ゴルフクラブ
2013/07/27
ひかみCC
2013/07/17
紫あやめ36-EAST
2013/07/13
紫あやめ36-EAST
2013/07/10
紫あやめ36-EAST
2013/06/08
紫あやめ36-WEST
2013/06/04
紫あやめ36-EAST
2013/05/18
ムーンレイク茂原
2013/05/15
おおむさらきGC
2013/04/28
ザ・GC竜ヶ崎
2013/04/13
阿見ゴルフクラブ
2013/03/20
紫あやめ36-WEST
2013/03/09
アゼリアヒルズCC

85(29)

91(32)

85(34)

93(37)

103(38)

89(32)

90(34)

84(28)

90(33)

92(32)

85(34)

78(30)

87(36)

96(31)

90(32)

85(33)

89(32)

86(31)

86(40)

91(35)

90(36)

86(37)

86(30)

85(35)
2012年
2012/12/30
アゼリアヒルズCC
2012/12/12
川越CC
2012/12/01
紫あやめ36-WEST
2012/11/24
富岡CC
2012/11/17
さいたまGC
2012/11/10
アゼリアヒルズCC
2012/10/21
ザ・インペリアルCC
2012/10/07
アゼリアヒルズCC
2012/10/04
エーデルワイスGC
2012/09/15
ハーモニーヒルズGC
2012/07/24
阿見GC
2012/07/14
高麗川CC
2012/06/23
千代田CC
2012/04/29
皆川城CC
2012/04/07
アゼリアヒルズCC
2012/03/14
湘南シーサイドCC
2012/03/03
朝霞パブリックG

92(36)

97(33)

88(31)

102(39)

87(31)

85(33)

88(31)

80(36)

104(36)

83(35)

86(30)

92(32)

82(30)

84(30)

80(33)

94(31)

92(30)
2011年
2011/12/30
アゼリアヒルズCC
2011/11/26
つつじヶ丘CC
2011/11/09
ホワイトバーチCC
2011/10/29
富岡CC
2011/10/02
埼玉GC
2011/09/23
アゼリアヒルズCC
2011/09/17
ホワイトバーチCC
2011/09/03
霞ヶ浦CC
2011/08/13
ホワイトバーチCC
2011/08/08
おおむらさきGC
201107/16
皆川城CC
2011/05/03
ハーモニーヒルズGC
2011/04/02
アゼリアヒルズCC
2011/03/09
湘南シーサイドCC

88(36)

101(41)

88(31)

94(37)

95(31)

87(31)

92(34)

86(32)

92(31)

91(34)

78(32)

83(39)

83(33)

85(32)
2010年
2010/12/30
アゼリアヒルズCC
2010/12/18
高根CC
2010/12/04
おかだいらGL
2010/11/27
おかだいらGL
2010/11/03
ハーモニーヒルズGC
2010/10/02
富岡CC
2010/09/04
ハーモニーヒルズGC
2010/08/28
玉造GC・捻木C
2010/08/09
瀬田GC・北C
2010/07/31
霞ヶ浦CC
2010/07/24
ザ・インペリアルCC
2010/07/03
鳳凰GC・東C
2010/06/05
おかだいらGL
2010/05/29
玉造GC・若海C
2010/05/01
おかだいらGL
2010/04/24
霞ヶ浦CC
2010/03/27
水戸レイクスCC

88(32)

98(38)

96(36)

93(33)

87(36)

96(34)

86(37)

102(45)

91(32)

90(36)

81(35)

94(35)

82(33)

94(33)

88(35)

84(29)

97(34)
2009年
2009/12/31
玉造GC・捻木C
2009/12/05
アジア取手CC
2009/12/01
高根CC(BT)
2009/11/21
玉造GC・捻木C
2009/11/01
玉造GC・・若海C
2009/10/20
おかだいらGL
2009/10/10
笠間CC
2009/09/21
笠間CC
2009/09/19
おかだいらGL
2009/08/13
滋賀GC
2009/07/09

笠間CC
2009/07/04
アジア取手CC
2009/06/13
笠間CC
2009/05/11
太平洋クラブ六甲
2009/04/29
ザ・GC竜ヶ崎
2009/04/11
ハーモニーヒルズGC
2009/03/28
イトーピア栃木GC
2009/01/11
千代田CC
2009/01/03
イトーピア栃木GC

90(36)

92(37)

88(30)

100(37)

99(30)

92(38)

96(34)

91(36)

88(32)

91(38)

90(33)

87(36)

95(38)

107(38)

96(37)

109(44)

125(41)

102(35)

102(41)
2008年
2008/12/21
イトーピア栃木GC
2008/12/08
サミットGC
2008/12/06
水戸レイクスCC
2008/11/30
みずなみCC
2008/11/22
東都飯能CC
2008/11/08
イトーピア栃木GC
2008/10/26
水戸レイクスCC
2008/10/09
小見川東急GC
2008/10/05
イトーピア栃木GC
2008/09/27
水戸レイクスCC
2008/09/15
イトーピア栃木GC
2008/09/07
ジュンクラシックCC
2008/08/31
東庄GC
2008/08/16
マスターズGC
2008/08/02
水戸レイクスCC
2008/07/26
板倉ゴルフ場
2008/07/20
アジア取手CC
2008/07/12
ロイヤルフォレスト
2008/06/15
アジア取手CC
2008/06/04
小見川東急GC
2008/05/18
アジア取手CC
2008/05/05
セブンハンドレッド
2008/04/12
ロックヒルGC
2008/04/06
グランディ那須白河
2008/03/08
セブンハンドレッドC
2008/02/16
アジア取手CC

98(38)

98(40)

102(42)

107(35)

103(35)

100(35)

96(39)

95(32)

101(39)

90(30)

95(35)

106(38)

103(38)

106(32)

99(40)

106(35)

99(39)

101(36)

94(32)

100(37)

101(40)

104(44)

108(43)

115(42)

112(38)

109(35)
2007年
2007/12/17
京CC
2007/11/23
鶴CC・宇都宮C
2007/10/06
ロックヒルGC
2007/09/05
小見川東急GC

125(41)

152(40)

137(44)

130(40)
過去記事