ショートコース

2016年11月04日

芦刈ゴルフクラブ(飯能のショートコース)

ショートコースの小さな高麗グリーンでの寄せは意外と難しい。ほぼグリーンエッジ近くにピンが切ってあるようなものだから、足を使えないので上げて止めるしかなく、おのずと難しいことを要求されるから。

記事の続きを読む

2016年10月15日

芦刈ゴルフを家族でプレー

わが家族恒例のショートコース遊び。小学1年生の娘を連れてママと3人で埼玉県飯能市にある芦刈ゴルフまでおでかけ。今回ははじめてスコアカードを持たせてよりゴルフっぽくハンデ付きで競い合ってみた。

記事の続きを読む

2016年04月30日

芦刈ショートコースを家族で遊ぶ

わが家族恒例のショートコース遊びを楽しみに芦刈ゴルフクラブまで出かけた。狭山日高インターを降りてすぐで、我が家では帰りにサイボクハムでバーベキュー後、隣接の温泉に入るのが定番になっている。

記事の続きを読む

2015年09月05日

埼玉県飯能市芦刈ゴルフクラブ

埼玉県飯能市(池袋から車で1時間弱)の芦刈ゴルフクラブへ家族で遊びに行った。ここは子供料金(小学生以下)がうれしい。帰りはサイボクハムで天然温泉&バーベキュー&食材のお買い物で丸一日費やす。

記事の続きを読む

2015年05月17日

あにかのナイスショット

昨年に続いて家族3人でジュンミニゴルフに遊びに出かけた。あみプレミアムアウトレットもすぐ近くなので、家族で行く口実にも好都合。料金も良心的で家族的な雰囲気もあるほのぼのショートコース。

記事の続きを読む

2014年06月01日

05

あみプレミアムアウトレットのすぐ裏にあるショートコース、ジュンミニゴルフに家族3人で行ってきた。概ね平坦で各ホールが木々にセパレートされた50〜60Yがメインの小さなゴルフコース。コースの状態はお世辞にも良いとは言えないが、気さくでとても居心地の良いコースだった。

記事の続きを読む

2014年05月17日

竜ケ崎ショートコースでプレー中

茨城県龍ケ崎市にある竜ケ崎ショートコースへ行ってきた。軽くレジャー気分のつもりだったが、行ってみると予想外の本格的コース。雄大な景観に囲まれ、池の利いたホール、大木が邪魔するホール、2段グリーン、打ち上げや打ち下ろしなどバラエティに富んだ素晴らしいコースだった。

記事の続きを読む

2014年04月13日

芦刈ゴルフコース (6)

娘(4歳)に「ゴルフ行きたい」とリクエストされ、埼玉県飯能市にあるショートコースの芦刈ゴルフコースまで家族3人で出かけた。都内の近場にもショートコースはあるが、マスターズの映像を見て言い出したもんだからやはりそれなりに木々に囲まれていて起伏もある場所ってことで、過去に2度ほど訪れていて頭にふと浮かんだのがここだったというわけ。

記事の続きを読む

2013年11月04日

浮間ゴルフ場 (3)

今回もスクールのラウンド会。会場は荒川河川敷の埼玉県川口市側にある浮間ゴルフ場のさざんかコースで初訪問。全9ホールをグリーンを替えて2周するというパターン。その歴史は50年以上。

民間コースの「浮間ゴルフリンクス」としてとして昭和32年開場。その後改修を重ねて現在の9Hに縮小し、昭和58年に公営化。小さいが綺麗なクラブハウスには、ロッカー、浴室、レストランも完備。

河川敷のわりには、ハザードもしっかりあって、ドッグレッグホールや歴史を感じる樹木がスタイミーとなったりする。距離は短く、小さな高麗グリーンが2つずつで全て砲台。グリーン周り(特に河川側)は、いろんな芝が混ざっていたり水脈のせいで、かなり難易度が高い。

記事の続きを読む

2011年02月26日

戸田パブリックゴルフコース(2011年2月26日))

今日は、早朝ハーフラウンド+レンジ練習メニューを組んでみた。ラウンドが始まる前に芝の上で打っておきたかったのと、今後練習ラウンドで使えるコースかどうかの下見も兼ねて。場所は車で30分弱の荒川河川敷の戸田パブリックゴルフコースで、先着順のプレー。

友人と2人で行ったが、他の方は全員1人で常連さんが多い。クラブセットを見て回るだけで上級者の雰囲気ある人ばかり。お初の2人の方と組み合わせだったが、例にもれずお上手で勉強になった。コースと攻め方の説明や会話、クラブ談義なども楽しく遊ばせてもらえた。テーマを決めて実験も多くおこなったが、一応スコアも付けた。

戸田パブリックゴルフコースのスコア(2011年2月26日)

早朝ハーフラウンド
久しぶりのコース。気温3度、春一番翌朝の強風。ここの勝手が分からないもんだから、準備運動もままならないままのスタート。

いきなりドライバーをトップして130Yほど転がし、次の5Wもボールの上っ面を叩いて右のクリークへ。2番ホール・パー3を挟んで、次の3番でもドライバーを50Yチョロ。5番ホールではやっと上がったもののスライス&突風で右の池&ドロップしての次打が1ペナエリアへ。やっと長いクラブが使えるようになってきたのは6番ホールから。

対照的に、アイアン&ウェッジは最初から切れが良かった。1番ホールはグリーンオンが6打目だったが、AWでのあごの高いバンカー越え50Yショットが実に上手く放て、以降のショットにも自信が持てた。

中盤までの長いクラブのミスショットは、この状況下での準備運動不足が原因であることは明らかだった。久しくなかったような大きなミスだったので、これだけ出れば今年はもう大丈夫だろう(笑)。

パーオンさせずに練習したい位置にレイアップする、と決めてスタートしたけれど、前半はそんな余裕もな図らずも練習になった。後半は、風とキックのおかげで間違って1回乗ってしまったけれど、40〜60Yから小さな高麗グリーンを狙うのはとてもいい練習と自信になった。

先週の練習で良かった「右腰で押し込む」というイメージを今日も強く持って実行。ウッド以外は前半から効果抜群。これは今年のラウンドが面白くなりそう。期せずしてどんなミスが出るのかも解かった。パット数が多くなってしまったが、すごく硬くて速い高麗で手こずった。

8番アイアンショット

レンジへ移動して180球
早朝ラウンド前半で悪かったドライバー&ウッドで、ミスが出た原因とその修正方法探しを中心に約120球。アイアンと同じように振れるようにと交互に打ったりして、フェアウェイウッドはまずまず解決。でもドライバーは、まだまだ課題が残ったまま終了。目標が最も広く、及第点が最も緩いクラブでもあるので、いつも適当に終わらせてしまう。

そして最後の60球は、アプローチを多めに、1打ずつクラブを替えて時間をかけて集中して打った。この60球は、なんだかどれも良く当たってくれた。同時に、自分の“間(ま)”がちょっとだけ解かってきたような気がした。なんというかスイング自体というよりも、ワッグルあたりからショットに入るまでの自分自身の盛り上げ方とでも言うべきか。


2009年12月13日

江戸川ラインゴルフ場

今日は江戸川河川敷にあるショートコース、江戸川ラインゴルフ場まで出かけた。3千円回り放題でAコース12ホールを計3周した。今日はこれまでほど試したいというテーマはなかったのだけれど、行ってみるとそれなりの収穫と現在の欠点もみつかったりした。

得意距離と難しい距離
ウェッジのフルショットがようやく作れてきた。グリップ位置、フェースの開き具合、振り幅がやっと固まってきたからだと思う。以前のようにSWで100Y近く飛んでしまうこともなくなった。

今はAWなら80〜95Y、SWなら60〜70Yが最も打ちやすい距離。逆に難があったのは20〜40Yを上げて止めたい時。手ばかり急いで激しくカットし、低くて寸足らずでサイドスピンが強烈にかかった球になってしまうことが多かった。今度レッスンでチェックしてもらおう。

ショートパットに進歩の兆し
昨日のレッスンで教わった“目線はカップ、ボールは見ない”という方法が効果絶大だった。緩んで距離を合わせてしまうおっかないパッティングは影を潜め、見違えるようにストロークできるようになった。例え外しても怖いと思わなくなった気がするので楽に打てる。さてこれが実際のラウンドでも同じようにできるかどうかだけど…。

コーチは「この方法は、ロングパットでもスパットを見つけて、それをカップ代わりに考えれば有効」と言っていたが、カップを目線に入れるのに無理がある距離(2m以上)では、いざ打つ時に距離感が意識からなくなってしまうのでちょっと無理があると思った。慣れかな。


2009年10月12日

江戸川ラインゴルフ場(20091012)

久しぶりのラウンド+翌日練習で気だるい雰囲気の体調。これに加えて深夜にプレジデンツカップの放送があったりしてかなり寝不足。最近アプローチはそんなに悪くないので、わざわざこんな日に練習に出なくても良いのだけれど、先日使って好感触だったボールTOURSTAGE X-01B+をグリーンへ向けて打ってみたくなったのでショートコースへ。

出かけた江戸川ラインゴルフ場のグリーンは高麗グリーン。河川敷でそう管理されてるわけではないので芝が薄くかなり硬く、グリーンにダイレクトで落とすとまず止まってくれない。そんな状況でもかなりスピンが効いて何度も止まってくれたり、少し戻ったり。これはちょとした感動。

もちろん打ち方にもよるので、未熟な自分が全てのショットで止められたわけではないけれど、大変満足させてくれるボール。前回のラウンドでも特にピッチ&ランの転がり方&止まり方の感覚が合っていたし、他のショットでもソフトな打感が同ブランドのV10以上に心地良く思った。

ここの高麗グリーンでは全く同じ感覚を得るのは無理だけど、今回はスコアを全く付けないで、本コースを想定した練習に徹した。祝日で込み合っていたのでホール毎の待ち時間があったりしたが、その時間も有意義につかってコースの隅でもくもくとアプローチショットの練習。

江戸川ラインゴルフ場でのスイング01
江戸川ラインゴルフ場でのスイング02
江戸川ラインゴルフ場でのスイング03
写真は今日一番の70Yショット。SWを短く持ちフェースを返さずうまくフォローが出せた。マット上からだけどカップ1個分左にダイレクトオン。普段ならそのまま奥へ転がり落ちるところを2回転ほど戻って止まる。

グリーン上でも、カップに向って臆せず強気を決め込むことをテーマに練習のつもりで臨んだが、「強く」という意識を少し勘違いしてしまっているせいか、カップの上を通り過ぎたりクルッと蹴られたりばかり(笑)。届かないよりは一歩前進ではあるけれど、もう少し考えて打たねば…。

今日は、上げる、ピッチ&ラン、転がすの3種類をいろいろ試した。転がすのは先日来やっているクラブフェースを閉じながらヒールアップさせてトゥー側でコツンとパター打ちするものだが、予想はしていたものの思っていた以上に精神的に楽であることが解った。収穫!


関連リンク
江戸川ラインゴルフ場

2009年09月27日

江戸川ラインゴルフ場にて

最近80Y未満の感覚が以前よりかなり良くなってきた。今日はそれを再確認するために江戸川ラインゴルフ場まで友人と出かけた。ここに来るのは2回目。江戸川の河川敷にあるショートコース。

今回も約45〜90Yが12ホール(PAR36)あるAコースへ。クラブはSW、AW、パターの3本。前回はPWも持って歩いたけれど、グリーンが高麗でしかも地面が硬いので用途がないので今回は外した。

それで、今回のもうひとつのポイントは使用ボール。本コースのラウンドでいきなり新しいボールを試す勇気がないので、以前から買ってなかなか使うチャンスがなく隠し持っていたツアーステージのX01、タイトリストのNXTツアーを試した。でもタイトリストは拾い物(笑)。

江戸川ラインゴルフ場のスコア

1周目・2周目
2周目までは、カチカチ高麗グリーンということを意識せずに、通常のベントグリーンのつもりで練習。ダイレクトに乗せるとほとんど奥にこぼれてしまうようなグリーンだけど、奥からの寄せも練習できる。でもそれもまた更にこぼれてしまうので、3オンが普通に多かった。

3周目・4周目
3周目以降は、ここの状況を考えてスコアを気にして回った。自分で言うのもなんだけど、4周目はボギーなしで回れて優秀。その分、パッティングをビビッたり狙いすぎりでバーディーもなかった。

フルスイング未満の距離感
20・30・40・50Y。最近このあたりが面白い。フェースを開いてバウンスを使いながら打つことを覚えてからかなり上達したように思う。技術ではなくてフェースの開き具合とグリップする長さ加減の調整。振り幅は大雑把に3種類くらい。これで「これ以上も以下も打てない」という条件を作ってスイングするので安心感があるし、自身を持って振れる。

TOURSTAGE X-01B+
ソフトな打感。高弾道でスピンも得られるという贅沢なキャッチコピーのボール。自分の感じではメイン使用のV10に似ていると思った。いやこっちの方がもっと柔らかいかもしれない。アプローチした感じも適度にスピンが効いて、希望の効果が得られた。高価だけど癖になるかも。


Titleist NXT-TOUR
こちらも同じようなキャッチコピーのボール。本当は新しいV1でも試してみたかったんだけど、手元になかったので断念。性能的には先ほどのツアーステージのと同じ感じ。打感も柔らかいけれど、打った時の音が少し高いので、その分硬く感じた。でもこれは気のせい。

4周もしたので、身体は結構ぼろぼろに…。疲れた。


2009年07月20日

江戸川ラインゴルフ場
江戸川ラインゴルフ場Bコースを望む

次のラウンドまで日が開くので、友人と江戸川ラインゴルフ場へ。場所は寅さんでお馴染みの柴又界隈の江戸川河川敷。早朝から出かけたが曇り空で気温もそう上がらず過ごしやすくいい練習にもなった。

約40〜90Yが12ホールあるAコースを3周。祝日で気候も良かったのでほど良く混んでいたが、ほのぼのとしていていい雰囲気。全てがセミラフ状態で、グリーンは芝が薄くてカチカチ。ダイレクトで狙えない状態だけれど、今朝最終日だった全英オープンさながらに楽しめた。

自分はクラブ3本で回ったけれど、キャディバッグごと持参している人や自前のカートでラウンドしている人が多かった。アプローチの練習というよりはショートコースを楽しむというタイプの人が多かったので、そんなにクラブを積んでどう使うんだろうか?とも思ったり…。

ショートコース1コマ

1週目はPWを多めに使ってラウンド。ピッチ&ランや、低いパンチショットでラフを転がしながらグリーンを狙ったりして遊んだ。2周目はAW中心に上げたり転がしたり。3周目はSW1本オンリーで回った。

スコアは、約半分がパー&バーディーでダボが1〜2、あとはボギーという内容。詰まっているので同じシチュエーションから何度も練習というわけにはいかなかったが、平日ならやりたい放題なんだろう。常連客っぽい人が多かったが、こういう練習場が近くにある人が羨ましい。

クラブセット

SWが自分が思っている2割増しくらい飛ばしてしまうのを発見。これが今日発見した課題だった。90Yを2度もクリーンにワンオンしたが、これはちょっとあり得ないので距離表示がおかしいのか?

あと、芝の下が結構硬かったせいか、グリーン周りのアプローチに少し苦労した。パッティングはグリーンの状態が良くないので参考外。

関連リンク
・江戸川ラインゴルフ場


2009年03月21日

芦刈ゴルフのグリーン

埼玉県飯能市にあるショートコースの芦刈ゴルフへ遊びに行った。全9ホールで最長178ヤードというのがあるが、80〜100ヤードくらいのホール続くこじんまりとしたコース。ここを3周して4800円。

高麗グリーンでサイズもかなり小さめなので、練習できることは限られてしまうが、それでもテーマを持って臨むことに。

ここのティーグラウンドは、ゴムマットが敷き詰められてその上にペラペラの人工芝マットが置いてあるだけなので、ティーショットはほぼ練習にならない。1オンさせたいというのがゴルファーの心情ながら、それだと練習にならないのでティーショットはかなり適当に打つ。

1週目はPW、SW、パターの3本を使用。グリーン周りからの寄せを全てSW1本でやってみる2周目も同じ3本で今度は寄せを全てPW。3周目はAWとパターの2本だけ持ってラウンドしてみた。

芦刈ゴルフでアプローチ練習

各クラブが普段は使わないシチュエーションからの練習にもなり、うまくいかなかった時は何種類か打ち分けて試してみたり。

最近練習場にしばらくAWを持参していなかったが、やはりグリーン周りからの得意クラブとして使ってきたAWが最もしっくりきた。AWをしばらく使っていなかった理由は、北の武器商人さんみたいにPW→SWのセッティングでシンプルに考えられないか、と思ったから。

しかしどうやら自分には、基本AW1本でシチュエーションによってPWやSWの方が頭の中がシンプルに働く様子。ただこの時期の硬い高麗芝などのコース形状が向かなかっただけかもしれない。

芦刈ゴルフ

今日はここのティーグラウンドのせいか、フォローでまた左肘が引けてしまって猛烈にボールを擦ってしまう癖が再発。ショートとはいえ久しぶりのコースだったせいもあったんだろうか。やっぱインドアレンジだけじゃなくて外レンジでの練習回数ももっと増やさないとだめみたい。

関連記事
・100ヤード以内から何打で上がるか
関連リンク
・芦刈ゴルフ


2008年09月06日

ジュンクラシックCC(クラブハウス玄関から)

昨年の初ラウンドからちょうど一年のアリバーサリー。ゴルフを始めるきっかけを作ってくれた友人の上京に合わせてジュンクラシックカントリークラブ前泊ラウンドを企画。今回は車ではなくメンバー全員が東京駅に集合して新幹線でまったりと旅行気分。

最寄駅からゴルフ好きの秋澤さんが運転するタクシーに乗って到着。何度も写真で見て憧れていた和風モダンなクラブハウス前に到着。ここはクラブハウス、宿泊所、キャディマスター、食堂(レストラン)の全てが古く、コンパクトで趣があり、バブリーなリゾートゴルフ場とは全く違う。初めてなのに故郷に戻ってきたような感じ。

ジュンクラシックカントリークラブ十九番穴・田舎家

到着後はまず名物の「十九番穴・田舎家」で腹ごしらえ。茅葺屋根の風情ある食堂。しかもどのメニューもゴルフ場らしからぬ値段に少々驚き。ソフトドリンクに至っては全て無料。ここはコース内にある売店も全て無料なのでこの時期は特に最高。ショートコースラウンド用に持参したクラブを軒先に置いて、青空と美しいコースを見ながら軒先に設けられた外の席でゆっくり食事を楽しんだ。

ジュンクラシックCC(ショートコース)ジュンクラシック(ショートコース)

ショートコースは全12ホールで100〜110Y前後を中心に最長193Y。本コース同様各ホールに「ロストの森」「シャンクの池」など愛嬌ある名前が付けられていた。前泊客は無料で回り放題なのだけれど、さすがに翌日にラウンドを控えて何周も出来ないので1周で終了。

景観に重点を置いた美しいホールが多くティーグランドに立つ度にしばし眺めて楽しむ雰囲気。ゆえに少々トリッキーだったけれど、スコアカードも付けずに「楽しむ」という感じだった。

ジュンクラシックCC(パッティング練習場のベンチ)ジュンクラシックCC(フォレストイン)

時間がなくてアプローチ練習場は使わなかったけど、前泊だとパッティング練習も充分に出来るのでここぞとばかりに練習した。ネットのない250Yレンジは日没間近だったので50球ほどで終了。

田舎家で楽しい夕食を済ませた後、麻雀ルームへ直行し深夜2時近くまで遊んだ。テニス、卓球、麻雀すべてが無料というのは罠だ(笑)。周囲を見るとこんな遅くまで遊んでるのは自分達だけだった模様。ここがゴルフ場だってことを一瞬忘れて遊んでしまっていた(笑)。

宿泊は、トーナメント開催時に選手が止まったというフォレストイン。部屋の扉の「1980 S.Ballesteros」という文字にも少し感動。向かいの部屋には「Tommy Nakajima」と書かれていた。

2008年08月13日

雲雀丘ゴルフ倶楽部(2008/08/13)

今日から子供を連れて大阪の実家へ帰省。そしてその日の夜に雲雀丘ゴルフ倶楽部をナイターラウンド。ここはPAR60のミドル&ショートコースながら全盛期の会員権が300万もした一応メンバー制のコースで、昨年ゴルフを始めるきっかけとなった思い出の場所。宝塚市の高級住宅街に隣接していて設備は古いが一応全て整っている。

本日のスコア
43(16)+39(20)=82(36)


雲雀丘ゴルフ倶楽部スコア(2008/08/13)

ここはとにかくトリッキー。いや、トリッキーという言葉では片付けたくないほどで、まるで「虎の穴」のようなコース。行った人がみんなそう言うから間違いない。普通こういうコースは嫌われるけれど大阪の中心部から30分で来られるこのコースにハマる人も多いとか。ミドルは短いけど超打ち上げに超打ち下ろし、そして極狭。ショートもどちらかに10ヤード外せば即OBで前進もほとんどなし。

もうひとつの特筆は100万ドルの夜景。関西では六甲山からの眺めが有名だけど、ほぼ同じ景色がここからも楽しめる。去年はあまりそういった余裕がなかったけど、ゴルフを止めてうっとり眺めていたいほど。

雲雀丘ゴルフ倶楽部(2008/08/13)

幸いこの日は、最初こそプッシュアウトの連続だったけれどOBも2度しかなくスコア的にはまとまった。私にゴルフを始めさせた師匠的存在のTJさんは、このラウンド用に調達したロストボール10球を全滅させていたので、かろうじてスコアを上回れて恩返しが出来た。この日はPWでのアプローチを実験的に多用。グリーン脇からのアプローチはAWよりこっちの方が良いと今さら実感。

最終ホールはカートをティーグラウンド下に止めて人間だけ登って行って打つのだけれど、ここで大きなミスを犯してしまう。なんと私がこの日のリモコン係だったのだけどティーショットの後カートを送り過ぎて全員パターが使えなかった(笑)。おかげで自分もカードバンカーに入れて目玉になっていたボールをPWで出し、これが奇跡的に2mほどに寄ったが、そこからパター代わりのPWで3回叩いてしまった。

武器商人さん直伝の「PWのパター打ち」が発揮できず終了…。


2008年07月05日

芦刈ゴルフ(埼玉県飯能市)芦刈ゴルフ(埼玉県飯能市)

今日はショートコースでアプローチ練習。場所は芦刈ゴルフ(埼玉県飯能市)。本コースに行く予定が中止になったので、そのテンションの行き場をここに持ってきた。全9ホールのコースで、この日の最長は154ヤード。あとは70〜110ヤードのホールが続く。ほぼ平坦で打ち上げもあった。クリーク、砲台グリーン、バンカー、起伏などプレッシャーを与える仕掛けもそこそこ。高麗グリーンを含めたコース管理は申し分なし。

芦刈ゴルフのグリーン

今日は主にSWの感触を確かめるのが目的。AWとの使い分けも考えたかったのでウェッジ2本とパターの合計3本を抱えながら計3周した。当然このクラブセッティングでは届かないホールもあるので、そこは刻みながらの練習とした。

グリーンが思った以上に小さかったので練習できるアプローチの種類は限られてしまったが、「SWは重い方がいい」という事実を今さらながら実感させられた。この「振らないで良い」ということが、プレッシャーのかかる本番でどれほど大きなアドバンテージになるのだろうと。レンジや自宅練習では得られない収穫だった。

早速バンカーショットも試してみる。恥ずかしながら最近になってやっと「バウンスを使う」という事を理解出来たので、かなりわくわく気分で打った。そしてあまりの好感触に人知れず感動。なんか雲の切れ間から陽が差したような感じ。ショット自体は3ヤードほど出しただけなので同伴者にはこの感動が伝わらなかったはず。これは今後の練習にかなり熱が入りそうな手応えを得た。


サングラスの選び方




2008年04月29日

そうぶファミリーゴルフそうぶファミリーゴルフ

GW後半に2ラウンドを控えてのショートコースラウンド。場所は3回目の訪問となるそうぶファミリーゴルフ(東京都町田市)で、丘陵地に設計してある面白いコース。全12ホールを2周してパー72という設定。

天候は快晴。気温は16→22度の好天気。朝9時半頃のスタートだったけど朝から半袖でオッケーという陽気。半袖のゴルフウェアを2枚重ねで着ていたのでちょっと暑いくらいだった。この季節は高麗グリーン使用のはずが今日はベントグリーン使用とのことでラッキー(^ω^)v

本日の結果(ベントG使用)

そうぶファミリーゴルフ・スコアカード(2008/04/29)
バーディー:1
パー:10
ボギー:9
ダブルボギー:3
トリプルボギー:1

パーセーブ率:41.6%
パーオン率:25.0%
パット:42(平均パット数:1.75)

本日の総評

1オンが1周目と2周目でそれぞれ3回の計6回しかなく少々不満。本コースでのプレーを考えるとここでは半分は贅沢としても5回ずつの計10回は乗せたかった。それでもスコアが割とまとまったのは、乗らずともパターでアプローチ出来る位置だったから。

アプローチはパターを多用した1日。グリーンが小さい事もあって練習中のPW使用は1度のみ。AW(52度)で低めに転がすアプローチを多用して比較的上手くいった。砲台グリーンで上げるアプローチは、突っ込み不足が目立ち反省材料。距離感と力加減の再確認が必要。

パットは数字だけ見ると随分良くなったが、全てパー3でグリーンが小さい事を考えれば凄く良いわけではない。距離感はそう悪くなかったが芯で捕らえられていないパットが数回あった。芯に当てて真っ直ぐ転がす自宅練習を増やしてここを強化だ!

そうぶファミリーゴルフ(はるるスイング確認)
スイングを確認する私(咥えタバコは良くない…)



2008年04月20日

ホテルインターブルゴホテルインターブルゴ・パー3ゴルフ

ソウルや釜山ならともかく、ほとんど日本語が通じない大邱(テグ)。ホテルや交通網でもかなり苦労して面白かったが、ショートコースをプレーするにあたってもこの申し込みに大変苦労した(笑)。行ったのはホテルインターブルゴ内にある合計6ホールのショートコース。出発前に航空写真で見つけたゴルフ場の写真は隣の別コースで間違っていた(笑)。

合計6ホールは約45〜90ヤードで典型的なショートコース。そして上の写真を見てわかるように距離がメートル表示だった。計算しながらラウンドすれば良いのだけれど、なぜか大きめに打ってしまう。料金は彼女と2人で3万ウォン。今回のレートで約3200円という安さ。しかも日没まで回り放題で途中休憩も自由にOKという設定。

ホテルインターブルゴ・パー3ゴルフホテルインターブルゴ・パー3ゴルフ

もちろんゴルフのフロントのお兄さんや、前後のプレーヤーとは会話は通じない(笑)。でもゴルフのいいとことは全国でルールやマナーが徹底されている点。言葉は通じなくてもいとも快適にラウンドすることが出来た。ゴルフって素晴らしい!

最初の2ホールくらいはまじめに1球のボールでプレーしていたんだけれど、よく前後を組を見ていると1人で何球も打ってるのを発見。空いてるせいもあってか、かなりのんびりした雰囲気。前後の組の状況を判断しながら好きなだけティーショットを打ったり、何度もアプローチやパターしたりしてる感じ。これで1人1600円とは。

ホテルインターブルゴ・パー3ゴルフホテルインターブルゴ・パー3ゴルフ

ということで、早速自分たちもこのスタイルに合わせ自由きままに時間と体力の許すまま、ラウンドというよりはショートゲームの練習を徹底的に楽しんだ。午前10時半頃からプレーを開始して、昼前くらいには朝からのプレーヤーが引き上げ始めたのでそうなると1人で3〜4球ずつ打って更にグリーン周りをひたすら練習するといった感じ。

今回はゴルフ旅行ではないので、クラブは現場で借りた。PW、SW、パターの3本。持参はゴルフ用ポーチにボール、グローブ、ティーを入れたもののみ。シューズはレンタルがなかったので普通の運動靴でプレー。しかし貸してくれたのはPWがスチールシャフトのマッスルバッグで、SWがカーボンという超適当なセッティング(笑)。仕方なく1周目はSWで、2週目以降はPWをメインに「打ち分け」をテーマに回った。そしてPWのアプローチがこんなに心地良いという事をこの瞬間に学んでしまった。韓国でこんな収穫を得られるとは…(^ω^)

ホテルインターブルゴ・パー3ゴルフホテルインターブルゴ・パー3ゴルフ

全体的に綺麗なコースではあったけど、グリーンはやや放置に近い状態の高麗芝。だけどこれが案外速かった(笑)。普段はマレット型のパターを使用しているが、今回借りたのはピン型。武器商人さんやTJさんの影響で、最近気になってはいたものの今日のラウンドでピン型パターにもハマってしまったかも(笑)。

ということで完全に「遊び」のつもりだったのだけど、意外に得るものがあった今回のショートコースラウンドとなった。そして「ゴルフは万国共通。ゴルファーは皆兄弟」という事も学んだ(^ω^)


2008年03月30日

そうぶファミリーゴルフ

今日は町田市にあるショートコース「そうぶファミリーゴルフ」に出かけた。太陽があまり姿を見せない曇り空の一日だったけど、夕方からの雨にはなんとか打たれずに楽しい一日となった(^ω^)

このショートコースは相武カントリー倶楽部の敷地内にあって管理もまずまず。ショートコースながら丘陵地にあり様々なシチュエーションが楽しめ、景観がもたらす緊張感も本番の練習にはもってこい。

そうぶファミリーゴルフ

…が、到着して思わぬ看板が目に飛び込む。

本日は高麗グリーン

実は高麗グリーンへの知識は「ベントより重い」「芝目がある」くらい。過去に経験したことはあったけど、なんか今日のグリーンはパッティングしていてもボールがカサカサと音を立てて転がる感じで苦労した。あとひと転がりで入りそうなパットが急に止まったり、アプローチもスピンが思ってるほどかからず先まで転がったり(;´Д`)

最近練習を始めたPWや9番アイアンでのランニングアプローチも積極的に試したかったのだけれど、ショートコースゆえグリーンも小さく3回ほど試したのみ。しかしこれはうまくいった。高麗グリーンは転がした方が良かったのか…。少々無理にでももっと試せば良かった。

そうぶファミリーゴルフのスコアカード

スコアは見ての通りで、24ホールPAR72で99の平均4.125打。パットは48で平均ジャスト2パット。高麗グリーンの予備知識不足、不勉強さを反省。しかも前半は、昨日のレッスンの影響なのかショットが定まらずティーショットがあちこちに。ショートコースなのでそれほど迷惑をかけずに済んだけど。

そして過去を振り返って調べてみて、ある顕著な結果を発見。2月に1.5ラウンドでプレーしたアジア取手カントリー倶楽部。実はコースそれぞれグリーンの芝が異なっていたのを今日気付いた。ラウンド当日はそんなこと知らずにプレーしてたのだ(苦笑)。

WESTコース ベント 51(14)
OUTコース 高麗 58(21)
INコース 高麗 53(16)

↑結果論だけど、これをきちんと理解してるのとしてないのとでは大違いだ(笑)。練習のつもりで足を運んだ今日のショートコースだけど、意外な勉強をさせられた日となった。

⇒そうぶファミリーゴルフ


2008年01月15日

そうぶファミリーゴルフ

新宿の自宅から車で約1時間。町田市と八王子市の境にあるショートコースそうぶファミリーゴルフ。名門総武CCの敷地内にあり、同関連施設だけにグリーンの整備が行き届いている。丘陵地に設計されているので、距離の割にそれなりにトリッキーで楽しめるコース。

そうぶファミリーゴルフ(乗用リモコンカート)

全12ホールでパー36。基本的にはこれを2周して計24ホールでパー72というしくみ。土日祝は要予約で料金は24ホール5800円。4人乗りリモコンカートは先着順でプラス300円。歩行プレーもいいけど、結構な丘陵地なのでカートプレーがおすすめ。

そうぶファミリーゴルフ(マスター室)そうぶファミリーゴルフ(食堂)

写真左が受付&マスター室。明るい親切なおじさんがエスコートしてくれるので安心(笑)。食堂は昭和の大衆食堂を思わせる雰囲気で、メニューは少ないけれど麺類や定食、飲み物などひと通りはある。

最長距離がベントグリーン使用で3mほど打ち下ろしの140Yなので、男性なら飛ばない人でもショートアイアン以下のクラブを持参すればオッケ。ショートコースによくある筒状のクラブケースが無料で借りられるので、歩行プレーの人はそれを担いでプレー。

そうぶファミリーゴルフ(11H)そうぶファミリーゴルフ

そうぶファミリーゴルフそうぶファミリーゴルフ(6H)

距離はないけれど、丘陵地に設計してあるためホール間はかなり上り下りが多く要体力となる(笑)。最大で15mほどの打ち上げ(7番ホール85Y)や、谷っぽい地形&池もあり、グリーン奥は全てOBで左右もどちらかがすぐOBと、それなりに緊張感が!河川敷のショートコースをイメージして行くと痛い目に遭うかも。

傷だらけのクラブ

ティーショットはティーが刺せる隙間のあるマットから打つけど、クラブはご覧のようにかなり傷み&汚れますのでご注意を(^ω^)

そうぶファミリーゴルフ
名前もHPのデザインもユルユルだけど、全18ホールのパターコースや、アプローチも練習できるバンカー練習場も回り放題で格安。季節のせいか結構空いていたように思えたので時々友人と練習&遊びに行きたいコース(^ω^)


2008年01月14日

そうぶファミリーゴルフ(11H)

せっかくの3連休で腰の状態も良好ということで、町田市と八王子市の境目にあるショートコースのそうぶファミリーゴルフまで、めぐちゃん、キタさんの3人で出かけた。

初ゴルフとなるめぐちゃんが楽しめるようにと、距離が短めでゴルフ気分を満喫できるようにネットで選らんだコース。HPがちょっとショボめなので最初はあまり期待してなかったけど、ここは名門の相武CC敷地内にある関連施設。特にグリーンの整備が行き届いて綺麗だった。

ショートコースながら丘陵地に設計してあり少々トリッキー。ショートコース全12ホールでパー36。休憩(食堂あり)を挟んで2度周ってパー72になるというシステムで、他のブロガーも書いていたけど本コースでの腕前に比例したスコアになるみたい。

ということで、3人のスコアカード(^ω^)

そうぶファミリーゴルフのスコアカード

まあこんなもんでしょうか(笑)。豪快な打ち上げや打ち下ろしに加え、OB杭が厳しいところに迫っていたりで、そのへんの河川敷ショートコースのつもりで行くと痛い目に遭います。距離感や方向性を要求されるので打ちっ放しレンジよりは格段に良い練習になるかも。

はるる
はるる選手

本年度の目標である108切りを見事に達成(笑)。前半はトリッキーな景色に圧迫されてミスショット連発。後半は最終のOB2発を除いては本人的にまあまあ満足かな(^ω^)バーティー1個、パー3個取れて幸せ(^ω^)でも距離を考えるともっと極めないとなぁ。

めぐちゃんアプローチするキタさん
めぐちゃん選手(左)キタさん選手(右)

どうなるかと心配だった初ラウンドのめぐちゃんは、ほとんど練習したことのないアプローチとパットが課題を残したけど、見事にパーを2個ゲット。フックラインのロングパットを格好よく沈めたり、絶妙なアプローチがあったりもした(^ω^)

キタさんは、下りのパットを残すシーンが多く、そのほとんどを大きくオーバーさせてしまっていた。この日のキタさんはチッパー初導入で、その成果もまずまずだった様子。ゴルフ仲間内では評判の良くないクラブだけど別に反則じゃない(笑)。

しかし、いい遊び場が見つかって楽しい日だった(^ω^)


2007年08月13日

雲雀丘GC

待ち合わせ場所で待っていると、友人のTJ氏は本格的ゴルファースタイルに身を包んで車で迎えに来てくれた。今回は急なラウンドだったため彼が余しているクラブセットを借りることになった。

しかしゴルフクラブを握るのは実に4年ぶり。2度とやることはないと思っていたゴルフだけど、不思議とわくわくしてくるから不思議。目指すは兵庫県宝塚市の高級住宅街内ににある雲雀丘ゴルフ倶楽部。ショートコースと聞いているのになんだか本格的っぽい名称。

少ない知識でゴルフ的な会話などしながら到着。なんだかクラブハウスもしっかりしていて本格的っぽい。そして到着後、心配になってコースガイドを覗いたら確かに100Yそこそこのホールもあるけれど、パー4もあるしインコースは3,000Y近くあるじゃん!

雲雀丘コース

慌てて練習場に駆け込んでアイアン練習するのだけれど、まともに当たるはずもなくなんとか格好の付く当て方を考える。でもさすがに何球か打ったところで諦めた。そうだ、もともと出来ないんだからこの場におよんで慌ててもしょうがない。それに気づいた(笑)。

結果は記憶があやふやだけど、たしかイン49+アウト53。なぜか距離のあるインの方が数字が少なかった。広かったからかな。ちなみに真夏だけどナイターだったので涼しかった。それと阪神地区の100万ドルの夜景が時々楽しめて絶景。ここに住みたくなってきた(笑)。

短いけれど、かなりトリッキーな山岳コース。でもまた来年チャレンジしたくなってきた。よし来年はここで100切りだ(笑)。終えてみるとすっかり4年前に始めかけて続けられなかったあの日以前の自分に戻っていた。長年私を誘い続けたTJ氏の努力が報われた瞬間?でした。


プロフィール
ゴルフマニア手帳 by 大西義治
名称:ゴルフマニア手帳
著者:大西義治(はるる)
生年:1964年(昭和39年)
身長:165cm
体重:62kg
出身地:大阪府大阪市
住まい:東京都板橋区

自営業を営む趣味ゴルファー。東京都板橋区在住。生涯続けられるスポーツとして、趣味のゴルフを43歳から始めました。
  
クラブセッティング
ドライバー
GP ONE MINUTE M52
TRPX AURA(S)
フェアウェイウッド
BBD's 304T(#4)
TRPX RED-HOT TYPE-P(2+)
ユーティリティ・ハイブリッド
PING Anser(#20)
TRPX UT-7(1+)
PING Anser(#23)
TRPX UT-8(1+)
アイアン
MIZUNO MP-53(#5-PW)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
ウェッジ
MIURA MB-5000WB(#53)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
MIURA MB-5000WB(#57)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
パター
Edel Golf E-2
ボール
SRIXON Z-STAR
戦績
通算記録
通算ラウンド数(186)
2016年ラウンド数(24)
2015年ラウンド数(21)
2014年ラウンド数(20)
2013年ラウンド数(24)
2012年ラウンド数(17)
2011年ラウンド数(14)
2010年ラウンド数(17)
2009年ラウンド数(19)
2008年ラウンド数(26)
2007年ラウンド数(4)
ベストスコア(75)
ワーストスコア(152)
ベストハーフ(37)
ワーストハーフ(80)
ハンデキャップ
JGA/USGA(12.6)
GDO(15)
2016年の記録
ラウンド数(24)
平均スコア(86.7)
平均パット数(1.83-2.07)
フェアウェイキープ率(44.0%)
パーオン率(27.3%)
リカバリー率(22.3%)
サンドセーブ率(17.3%)
ラウンド予定
2017年3月
猿島カントリー倶楽部
ワンウェイゴルフクラブ
2016年
2016/11/25
大栄カントリー倶楽部
2016/11/18
浦和ゴルフ倶楽部
2016/11/09
美里ゴルフ倶楽部
2016/10/28
カレドニアンGC
20/16/10/14
サミットGC
2016/10/08
十日町CC
2016/09/29
阿見ゴルフクラブ
2016/09/09
ザ・インペリアルCC
2016/09/02
阿見ゴルフクラブ
2016/08/19
猿島カントリー倶楽部
2016/08/11
ザ・インペリアルCC
2016/07/27
千葉CC-梅郷C
2016/07/14
紫あやめ36-EAST
2016/07/01
阿見ゴルフクラブ
2016/06/16
紫あやめ36-EAST
2016/06/01
紫CCすみれコース
2016/05/26
阿見ゴルフクラブ
2016/05/12
阿見ゴルフクラブ
2016/05/05
ザ・インペリアルCC
2016/04/22
紫CCすみれコース
2016/04/15
浦和ゴルフ倶楽部
2016/04/07
新武蔵丘ゴルフコース
2016/03/25
紫あやめ36-EAST
2016/03/18
八千代ゴルフクラブ

86(35)

92(28)

86(33)

94(35)

84(31)

95(37)

88(33)

86(36)

81(30)

86(29)

75(32)

96(37)

86(34)

85(30)

79(28)

95(34)

89(37)

84(31)

82(36)

84(35)

90(32)

79(28)

95(39)

84(30)
2015年
2015/11/13
紫あやめ36-EAST
2015/10/31
十日町CC
2015/10/16
紫CCすみれコース
2015/10/09
エーデルワイスGC
2015/09/18
若洲ゴルフリンクス
2015/09/11
ザ・インペリアルCC
2015/08/28
紫CCすみれコース
2015/08/20
千代田CC-中東
2015/07/31
千葉CC-梅郷C
2015/07/23
紫あやめ36-EAST
2015/06/24
紫あやめ36-EAST
2015/06/13
八千代GC
2015/06/06
双鈴GC関コース
2015/05/29
紫CCすみれコース
2015/05/23
十日町CC
2015/05/15
阿見ゴルフクラブ
2015/05/04
阿見ゴルフクラブ
2015/04/24
若洲ゴルフリンクス
2015/04/18
紫あやめ36-WEST
2015/03/27
紫あやめ36-WEST
2015/03/20
紫あやめ36-EAST

85(30)

99(36)

98(34)

96(38)

94(35)

87(32)

93(31)

83(34)

94(33)

84(34)

86(29)

83(30)

91(33)

92(32)

89(40)

80(31)

84(34)

86(32)

91(33)

83(29)

87(30)
2014年
2014/12/19
紫あやめ36-EAST
2014/12/05
紫CCすみれC
2014/11/21
サミットGC
2014/11/01
十日町CC
2014/10/24
サミットGC
2014/10/01
紫あやめ36-WEST
2014/09/06
紫あやめ36-EAST
2014/08/22
阿見ゴルフクラブ
2014/07/25
川越CC
2014/07/17
紫あやめ36-EAST
2014/06/19
阿見ゴルフクラブ
2014/06/14
千代田CC
2014/05/28
紫あやめ36-EAST
2014/05/24
十日町CC
2014/05/03
おかだいらGL
2014/04/25
紫CCすみれC
2014/04/18
阿見ゴルフクラブ
2014/04/11
赤羽ゴルフ倶楽部
2014/03/29
紫あやめ36-EAST
2014/03/12
紫あやめ36-EAST

83(33)

90(34)

82(34)

100(38)

84(33)

88(29)

94(36)

85(31)

90(33)

84(30)

91(32)

80(30)

88(34)

90(38)

82(31)

90(37)

83(31)

85(32)

83(29)

84(30)
2013年
2013/12/31
紫あやめ36-EAST
2013/12/20
紫CCすみれC
2013/12/13
紫あやめ36-EAST
2013/11/22
千代田CC
2013/11/09
十日町CC
2013/10/17
富士桜CC
2013/10/11
セゴビアGC
2013/09/21
紫あやめ36-EAST
013/09/06
ワンウェイGC
2013/08/23
千葉CC・梅郷C
2013/08/14
紫あやめ36-EAST
2013/08/07
阿見ゴルフクラブ
2013/07/27
ひかみCC
2013/07/17
紫あやめ36-EAST
2013/07/13
紫あやめ36-EAST
2013/07/10
紫あやめ36-EAST
2013/06/08
紫あやめ36-WEST
2013/06/04
紫あやめ36-EAST
2013/05/18
ムーンレイク茂原
2013/05/15
おおむさらきGC
2013/04/28
ザ・GC竜ヶ崎
2013/04/13
阿見ゴルフクラブ
2013/03/20
紫あやめ36-WEST
2013/03/09
アゼリアヒルズCC

85(29)

91(32)

85(34)

93(37)

103(38)

89(32)

90(34)

84(28)

90(33)

92(32)

85(34)

78(30)

87(36)

96(31)

90(32)

85(33)

89(32)

86(31)

86(40)

91(35)

90(36)

86(37)

86(30)

85(35)
2012年
2012/12/30
アゼリアヒルズCC
2012/12/12
川越CC
2012/12/01
紫あやめ36-WEST
2012/11/24
富岡CC
2012/11/17
さいたまGC
2012/11/10
アゼリアヒルズCC
2012/10/21
ザ・インペリアルCC
2012/10/07
アゼリアヒルズCC
2012/10/04
エーデルワイスGC
2012/09/15
ハーモニーヒルズGC
2012/07/24
阿見GC
2012/07/14
高麗川CC
2012/06/23
千代田CC
2012/04/29
皆川城CC
2012/04/07
アゼリアヒルズCC
2012/03/14
湘南シーサイドCC
2012/03/03
朝霞パブリックG

92(36)

97(33)

88(31)

102(39)

87(31)

85(33)

88(31)

80(36)

104(36)

83(35)

86(30)

92(32)

82(30)

84(30)

80(33)

94(31)

92(30)
2011年
2011/12/30
アゼリアヒルズCC
2011/11/26
つつじヶ丘CC
2011/11/09
ホワイトバーチCC
2011/10/29
富岡CC
2011/10/02
埼玉GC
2011/09/23
アゼリアヒルズCC
2011/09/17
ホワイトバーチCC
2011/09/03
霞ヶ浦CC
2011/08/13
ホワイトバーチCC
2011/08/08
おおむらさきGC
201107/16
皆川城CC
2011/05/03
ハーモニーヒルズGC
2011/04/02
アゼリアヒルズCC
2011/03/09
湘南シーサイドCC

88(36)

101(41)

88(31)

94(37)

95(31)

87(31)

92(34)

86(32)

92(31)

91(34)

78(32)

83(39)

83(33)

85(32)
2010年
2010/12/30
アゼリアヒルズCC
2010/12/18
高根CC
2010/12/04
おかだいらGL
2010/11/27
おかだいらGL
2010/11/03
ハーモニーヒルズGC
2010/10/02
富岡CC
2010/09/04
ハーモニーヒルズGC
2010/08/28
玉造GC・捻木C
2010/08/09
瀬田GC・北C
2010/07/31
霞ヶ浦CC
2010/07/24
ザ・インペリアルCC
2010/07/03
鳳凰GC・東C
2010/06/05
おかだいらGL
2010/05/29
玉造GC・若海C
2010/05/01
おかだいらGL
2010/04/24
霞ヶ浦CC
2010/03/27
水戸レイクスCC

88(32)

98(38)

96(36)

93(33)

87(36)

96(34)

86(37)

102(45)

91(32)

90(36)

81(35)

94(35)

82(33)

94(33)

88(35)

84(29)

97(34)
2009年
2009/12/31
玉造GC・捻木C
2009/12/05
アジア取手CC
2009/12/01
高根CC(BT)
2009/11/21
玉造GC・捻木C
2009/11/01
玉造GC・・若海C
2009/10/20
おかだいらGL
2009/10/10
笠間CC
2009/09/21
笠間CC
2009/09/19
おかだいらGL
2009/08/13
滋賀GC
2009/07/09

笠間CC
2009/07/04
アジア取手CC
2009/06/13
笠間CC
2009/05/11
太平洋クラブ六甲
2009/04/29
ザ・GC竜ヶ崎
2009/04/11
ハーモニーヒルズGC
2009/03/28
イトーピア栃木GC
2009/01/11
千代田CC
2009/01/03
イトーピア栃木GC

90(36)

92(37)

88(30)

100(37)

99(30)

92(38)

96(34)

91(36)

88(32)

91(38)

90(33)

87(36)

95(38)

107(38)

96(37)

109(44)

125(41)

102(35)

102(41)
2008年
2008/12/21
イトーピア栃木GC
2008/12/08
サミットGC
2008/12/06
水戸レイクスCC
2008/11/30
みずなみCC
2008/11/22
東都飯能CC
2008/11/08
イトーピア栃木GC
2008/10/26
水戸レイクスCC
2008/10/09
小見川東急GC
2008/10/05
イトーピア栃木GC
2008/09/27
水戸レイクスCC
2008/09/15
イトーピア栃木GC
2008/09/07
ジュンクラシックCC
2008/08/31
東庄GC
2008/08/16
マスターズGC
2008/08/02
水戸レイクスCC
2008/07/26
板倉ゴルフ場
2008/07/20
アジア取手CC
2008/07/12
ロイヤルフォレスト
2008/06/15
アジア取手CC
2008/06/04
小見川東急GC
2008/05/18
アジア取手CC
2008/05/05
セブンハンドレッド
2008/04/12
ロックヒルGC
2008/04/06
グランディ那須白河
2008/03/08
セブンハンドレッドC
2008/02/16
アジア取手CC

98(38)

98(40)

102(42)

107(35)

103(35)

100(35)

96(39)

95(32)

101(39)

90(30)

95(35)

106(38)

103(38)

106(32)

99(40)

106(35)

99(39)

101(36)

94(32)

100(37)

101(40)

104(44)

108(43)

115(42)

112(38)

109(35)
2007年
2007/12/17
京CC
2007/11/23
鶴CC・宇都宮C
2007/10/06
ロックヒルGC
2007/09/05
小見川東急GC

125(41)

152(40)

137(44)

130(40)
過去記事