ゴルフマニア手帳

手を出したからには本気でやる!40代から始め、初心者時代からの上達過程を記録中のブログ。練習方法、クラブ、レッスンのことなど。

タグ:アドレス

先日の友人との練習で、「スイングを見てほしい」ということで彼の後ろに立った。正直なところ、本当に上達のない人なので今度は何を教えようか迷っていたところ、方向性が安定しないと言う。 そこでとても簡単なある部分に気づいた。右にプッシュアウトしたり左に引っ掛け

練習場の打席はアーチ状になっている。直線物を組み合わせて作ってあるので入る打席によって向きが異なる。今日入った打席は練習場のほぼ中央。タイルカーペットと打席の向きが少し歪んでる。 自分にはこれがどうしてもタイルカーペットが正しくて、打席の向きが右を向い

目下開眼習得中の、右腰と右肘でボールを押し込むインパクトを最もイメージしやすいのが有村智恵プロのスイング。幸いこのタイミングで米国女子ツアーのHSBCチャンピオンズで3日目までトップという活躍をしてくれたので、TVにもよく映ってよく研究&刷り込めた。

先週の練習写真で気づいた点を今日は集中して意識。アドレスで右肘を体側に引いて右肩が前に出ることのないよう努めた。ボールを見る風景画今までと少しだけ変わるので、かなり後方を向いている感じすらするけれど、こうすることでバックスイングもスムーズに上がるし、ト

リシャフト時、フジクラゴルフクラブ相談室で“バランスを出すため”ということでトゥー側に貼られていたウェイトバランス(鉛)の位置を変更してみた。試したのはヒール側に2.5g、後方に2.5gの2枚。合計5gはちょっと重いかな?と思ったけど振ってみると許容範

先週に続いてがに股アドレスでのスイング練習。自宅のダウンブロー練習の効果からか、今日は満遍なくいい感触で打てる。しかもドッシリと構えているせいで、練習開始の1球目から余計な力も入らない感じ。下半身がしっかりすると、その安心感からか上半身が楽に動く。 こ

引き続き、新ドライバーと100Y未満のショットの練習を中心に、と考えて練習場に着いた。何球か打っているうちに、ふと先週のラウンドで左下がりが上手に打てたスイングを思い出した。 先週のラウンドは、久しぶりの元ホームコースだったけど、山岳地で傾斜が多く、いつも

けんさんのブログ記事で「方向性アップのヒント」というのを読んで、「自分は目標に対してちゃんと真っ直ぐ立てているのか?」という疑問を持ってみた。思い返せばコーチとのラウンドでも「少し右を向いている。」と指摘されたこともあるし、TVのゴルフ中継で「片山選手

来月に引越を計画していて、その準備とお盆前という仕事の段取りも手伝ってここしばらくは多忙だった。よって、ゴルフの練習も7月30日を最後全く出来ず、自宅でのアプローチ練習のみ。 とはいえお盆の帰省時にラウンド入っているので、少し早いがすでに昨日キャディバ

グリップをオーバーラッピングに変更する以前はずっとフェードだったので未だに右側から対角線に向いて立つことが多い。その日のプッシュアウトの度合いにもよるけれど、写真のようなシチュエーションの場合は赤い部分をターゲットに、プッシュアウトからストレートボー

微妙にダフって距離をロスしてしまう。前回のラウンドの反省をコーチに相談し、ダフらないようボール手前にマットを敷く。もう何度もやったことのある練習なので、マットがプレッシャーになってまともに打てないということはなくなったが、やはり時々厚めにマットを擦る。

↑このページのトップヘ