テイクバック

2010年09月18日

理想のテイクバック

ちょっと高いけど、打つのはちょっとで良く、長いクラブで沢山素振りがしたかったので最寄の練習場へ。しかしこのテーマにかかって数週間経つけれど、実際にボールを打つとなると全くできない。写真のテイクバックは、形を確認中のもので実際に打つ時のものではない。

ということで引き続き、始動とともに右腕を曲げてクラブを腕で上げてしまうスイングの改善中。腕の三角形を崩さず写真くらいの位置まで右肘を曲げるのを我慢のを身体で覚えたい。右肘をどのタイミングで曲げるか?という練習ではなく、肩を綺麗に回転させるためのもの。

現状は、肩が止まって腕だけでかなりアップライトな形まで上げ、そこからフラットな位置まで戻してダウンを開始するという無駄がある。いわゆるループしてしまうわけで、それで生じるミスショットの原因や将来の苦労を考えると早急に直したいのだが、なかなか苦労中。長いクラブを素振りできる環境があったらいいんだけどなぁ。


2010年07月25日

7番アイアン練習
7番アイアン練習

ラウンド翌日なので体の節々が痛かったが、ラウンドが続いて練習不足になりそうなのであえて練習場へ。本当はレッスンのあるインドアレンジへ行きたかったけれど、家庭の事情で近場の高価なところへ。

この夏の間にテイクバックの形を矯正して、秋あたりには次のレベルの課題に挑みたいので時間が惜しい。そう思って自宅での素振り回数も格段に増やした。アプローチ練習もそうだけど、素振りもテーマがあって黙々とやることで効果が出ることを今回知った。

そしてスイングの矯正は違和感との闘い。まあ逆に数週間程度で違和感がなくなるようでは、結局雰囲気だけで何も変わっていないということになってしまうので、これはしばらく諦めるしかない。こういう練習は本当はインドアの方がやりやすい。弾道を気にしながらになってしまうと形の徹底が希薄になりがちだし、別のパーツも崩してしまいそう。

昨日も多かった上半身、肩のラインが早く開いて左に真っ直ぐ打ってしまうボールが今日もよく出た。これは注意すればすぐに修正ができるのだけれど、しょっちゅう忘れてしまう。コースにでると頭を他にことにもたくさん使わないといけないので余計にそう。だからミスと修正を繰り返すことになる。練習場で徹底させておかないとダメということ。

今日は“素振り”にきたようなものなので、ボールの上で素振りばかりを繰り返した。練習場の滞在時間1時間で56球。帰宅後は奥さんが美容室に出かけたので子守りしながら腹筋を鍛える。というか鍛えるつもりはなくても、結果的に腹筋に負担がかかるだけ(笑)。


2010年07月18日

2週続けて今日もレッスン通い。引き続きテーマの中心は、ループスイングになってしまう最大の原因であるクラブの上げ方の修正。写真のように右肘を自分の限界まで曲げずに肩と一緒に回転。8時→4時程度のスイング幅でこれを行うのだけれど、依然としてできない。

肩を回して腕を伸ばしてテイクバック

写真撮影したときのように、上げるだけなら真似事みたいには出来るのだけど、いざボールを打つためのスイングになった場合、、なんとかして勢いをつけたい意識からか、早々に右肘を曲げてクラブを持ち上げてしまう。ダウンスイングからインパクトでも、クラブの自然落下に任せてヘッドを走らせるべきところを、右腕で必定以上に押してしまう。

最後にコーチから「どうでしょうか?」と言われ、「相当時間がかかりそうです。」としか答えられなかった。こんなに上手くできないドリルというか動きは初めて。それだけ悪いクセが染み付いてるということ。

右腕を曲げるタイミング
「右腕をどこから曲げれば良いのか?」という質問をした。「肩の回転を使って勢い良くクラブを放り投げるように上げて、自然に曲がってしまうところから。」という答え。トップ位置に関しても同様と教わる。これは笑ってしまうほど納得の答え。「ここから!」なんて回答を待っていた自分が可笑しく、難しく考えることなど何もないということ。

膝の高さと向きを変えないでスイング

今日もフルスイングせず終了
先週、今週のレッスンでフルスイングはほとんどなし。でも不思議なことにいつもの練習の何倍もの充実感。この“特訓してるぞー感”がなんとも心地良くて楽しい。もしかして自分の場合、ゴルフが好きなんじゃなくて、何かを教わってるのが楽しいのかもしれない。でも今日のこれが身に付くのはいつのことだろうかと途方感もある(笑)。


2010年07月11日

レッスンから遠ざかって6ヶ月。コースではそれなりの数字は出ているものの、内容が徐々に悪くなっているので焦りがあった。そして本当にひどくなる前にということで久しぶりにレッスンに戻った。教わりたいポイントがが絞れていた事と、スポットレッスンということもあって、今回は以前から一度じっくり教わってみたかった別のコーチに依頼。

(1)すくい打ちでミス多発
(2)腕でクラブを上げてしまうループスイング矯正
(3)体重移動でインパクト


主に以上の3つと、最近の傾向を伝えてレッスン開始。今回のコーチはゴルフを簡単に、そして解りやすくコツ的な教え方をしてくれる方で、今日のレッスンで今後の自分で行う練習方法も見つけたかった。

すくい打ち矯正でボールの先の紙ごと打つドリル
いきなり出てきた大量の名刺大の紙。これをボールの先に3枚セットしてボールを打ちながらこの紙も全てはらい打つドリル。おまけにボールの手前を1cmほど高くしてダウンヒルの状態を作って打つ。

真っ直ぐ低く出すインパクトのドリル

意外とこれはすんなり打てた。よくボールの手前に障害物を置いてダウンブローのドリルとすることがあるけれど、それよりはプレッシャーもストレスもなく、気分良くインパクト以降に集中できると感じた。

気の持ちようだろうけど、「当たらないように」と言われるドリルよりも、「当てろ」と言われるドリルの方がやりやすい。このドリルを頭と体に焼き付ければ、今後の練習やコースでも重宝しそう。

8時半くらいまで右腕を曲げずテイクバック
以上の状態をセットして、まずはクォータースイングで開始。ここで左脇にものを挟んだ状態を作り、クラブを腕で上げずに肩の回転で上がるところまで右肘は畳まないように打つよう言われて、自分がいかに肩がと腕の一体感がないかを痛感。始動直後から右肘をひょいと曲げて腕だけでクラブを上げてしまう。これがループスイングの原因。

右肘を曲げずテイクバックの練習

写真は苦労の末、なんとか形になってきた時の様子。しかしこれにはかなり苦戦した。そっちに意識が集中するあまり、下半身が固まってしまって右膝が突っ張ってしまっている。このクォータースイングが出来るまでに30分ほどかかってしまった。でもかなり集中して気をつけないとまたすぐに右肘を曲げてプレーンから大きく外してしまう。今後も集中して更なる特訓が必要な部分。でもこれで直りそうな予感。

左足体重を作ってインパクトする練習
すくい打ち矯正と連動した内容の練習方法。ボールを左足の中心あたりにセット。ボールが中央にある状態でクラブをセットし、そこから左足の内側に体重を乗せていきながらクラブヘッドをボール側へ運ぶ。この時の注意点は決して右肩を前に出さずスクエアを保つこと。

レッスン中

この状態からテイクバックしてボールを打つ。ボール位置が左過ぎて不安だったけど、左足にしっかり体重が乗っているとこのボール位置でも強い球が打てた。左足に重心があるとこの位置がスイングの最下点になるんだということを実感する練習方法。また、これだけ突っ込んだ状態でも真っ直ぐボールを打てることを実感できた。

久しぶりに今後の自分に期待できそうな練習のネタをもらった。特に可能な限り肘を伸ばしてテイクバックのレッスンは、出来るまでには相当に苦労することになるだろうけど、できた瞬間の自分の映像に少し感動したくらい良い格好になっていたので、なんとか頑張りたい。


2009年11月28日

中2週間の久しぶりのレッスン。テーマはテイクバック。昨日の“テイクバック時の右肘の向き”の記事にも関係しているが、やはり右肘をすぐに畳んで腕だけでとグラブを持ち上げてしまう。そしてトップから垂直落下気味にインから出るダウンスイングにも修正が及ぶ。

今日は真後ろに大きな鏡のある打席を選んだので、開始早々正しいプレーンでクラブを上げる練習。自分を見ながらだと肩もよく回る。せっかく自宅用に買った姿見の鏡ももっと活用しないと…。

スイングプレーン

クラブを肩に担いでスイング
テイクバックしたプレーンに沿ってダウンスイングできなので、クラブを完全に肩に担いでそこからボールを打つドリルが始まる。自分にとってはかなりのオーバースイングになるのだけど、目線は後ろの鏡でここまで振り上げているのに面白いようにボールに気持ちよく当たる。

要するに上げたプレーン通りにクラブが下りているせいらしい。肩に担ぐのが前提のドリルなので左腕は曲がっているし、グリップも体からかなり近い位置。通常のスイングでは、このトップのグリップ位置が高くなるだけ言うが、担ぐのをやめると途端に出来なくなってしまう。

自分の場合、トップからそのまま下ろす作業をするとかなりアウトから下ろしているようなイメージになってしまう。そんな違和感を我慢して打てた時のみ合格と言われる始末。これはかなり手強いかも。

肩の回転と左手の甲
プッシュアウトを嫌って特にアイアンではスリークォーターのコンパクトトップで打っていたが、肩の回転もコンパクトになっていた。その弊害でインパクトからフォローにかけても肩の開きが早くなる。

あと、左手首の強化を言い渡される。左手首が甲側に折れてしまっているわけだが、すっかりこのことを忘れてしまっていた。最近勢いが弱くて擦ったボールが多かったのはこのへんが原因だったか。

来週はラウンドが2つもあるのに、課題が多いなぁ…。


2009年07月19日

青空20090719

ジリジリと暑い日差しの中、冷房の利いたインドアレンジへ。レンジへ来るのは1週間ぶり。その間、先週教わったテイクバックの軌道修正を自宅で何度も復習。今日はボールを前にしてその成果を確認する時。

結果は、見事に…とまではいかないまでもループスイングがかなり解消された。特にアイアンではほとんどループさせなくなった。トップは無駄に高く上げることもなくなって、以前よりもフラットな形に。

ただウッドを持つと少しまだループさせているので、続けて修復のための注意は必要。それとテイクバックの軌道を考えながら&確かめながら上げているのでまだ動きがぎこちない。右肘を折るタイミングもまだ早くてなめらかな軌道まではあと一歩。続けて覚えないといけない。

スイング練習(8I)

切り返しの動きが1つ減ったせいか、今日は少しダウンスイング→インパクトの新しいリズムを探しながらの練習にもなった。フィニッシュをあまりとらず、インパクトで止めるようなイメージ。これは、左(飛球線方向)に突っ込み過ぎず、体の中心でボールを捕らえるのにも良い。

関連リンク
・プッシュアウト修正プレーン


2009年03月13日

ドライバーのテイクバック
ドライバーのフォロースルー

相変わらずスムーズなテイクバック、スイング中の両肘の向きなどを意識した反復練習。まだ慣れない形を無理して作っている最中なので、少しのことでひどいミスショットも出るけれどここは我慢。

今日のテーマは、低く遠く大きくテイクバック。

理想のスイングプレーンを頭に描きながらトップまで。腰とグリップエンドが引っ張り合うように切り返して左腕主導でダウンスイング開始。

しかしトップで左手甲がフラットに保てない。撮影した動画を見てみるとなんかトップがクロス気味になってるようにも見えた。右肘を絞ってアドレスし、右脇を開かないようにトップまで持ってこなければ。ダウンスイングは左腕主導を意識しているものの、テイクバックはまだ右腕で上げてしまっているということなんだろうか。注意しよう。


2009年03月10日

最近気持ちよく打てるフェアウェイウッド

今日の練習は右腕が左腕の邪魔をしないよう、右腕を殺した状態でのスイングを多く試してみた。左腕の通り道だけに集中し、右腕はほとんど添えるだけ。左腕の動き方によって右腕がそれについて行くように形を覚えられればいいな考えてのこと。ボールは全てティーアップ。

クラブを換えながら続けていると、なぜかドライバーやクリークの長いクラブの方がアイアンよりもヘッドを感じやすいと感じた。アイアンの方が重いのに…。これはクラブバランスが関係してるのかな。

ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティは全てD1.5に揃えて調整してあるけれど、アイアンはすべてD0。ライ角を調整してあるだけでバランスは購入時のまま未調整だからD0前後という曖昧なまま。購入からジャスト1年でグリップ交換もしたいのでいじってみるか。

ちなみに、ウッドは随分気持ちよく打てるようになったのものの、今日のスイング動画を確認してみるとテイクバックがまだまだ。

5Wのテイクバック(1)

↑三角形を気にしながら上げているが、クラブが地面と水平になったあたりから垂直に腕で持ち上げてしまう↓。縦上げ縦下ろし状態。もっと低く遠く体から離れず引いて、体の外側をヘッドが通るようにしたい。

5Wのテイクバック(2)

関連記事
・三角形を崩さないテイクバック
・ティーアップ練習の効力


2009年03月08日

スチュアート・シンクのテイクバック

PGAツアーの録画中継を見ていて、スチュアート・シンクのテイクバックがふと目を引いた。すごく肩を大きく使う選手だが、肩幅と背中が大きいせいか、その動きが凄く解りやすくピンときた。

理屈は分かっていて努力はしているものの、未だにスムーズなアークとはなっていない。彼のスイングをそのお手本となりそうなものだったので早速ネットでスイング動画を探して自宅で真似て繰り返す。

なんとなく感じをつかんで、スポーツクラブのレンジへ。

テイクバックの反復練習

素振りではそれなりにいい感じになるが、いざボールを前にするとトップの手前あたりで一気に腕で上げてしまう。自然じゃないし無駄な動きがどうしても出てしまう。いい感じで出来たかと思えば今度はフェースが開いてしまい、ボールコンタクトまでが上手く出来ない。

今日の練習ではかなりゆっくりテイクバック。クラブヘッドを途中まで目で追いながらの反復練習。体がこれを覚えて、スムーズにさっとテイクバックできるまでは相当時間がかかりそうな感じ。

肩と腕の三角形
テイクバックで三角形を崩さないということは、肩の回転が重要で次に腕を伸ばしている状態ということ。これで大きなアークが作られる。腕が体から大きく離れた状態になるので、手打ちも防げる。

●関連リンク
・ゴルフスイング・ユーチューブ動画(スチュアート・シンク)
・ゴルフ豆知識(肩と腕の三角形)


2009年02月11日

インドアレンジで練習中

今月に入ってから俄然ボールが捕まるようになってきた。「ようやく固まってきたか?」と思いたいところだけど、スイング動画を見ると目標にはまだほど遠い。インパクト前後の肘の使い方だけはかなり良くなってきたと思うので、当たりの良い原因はそこにあるんだろう。

腕で上げてしまうテイクバック
腰のあたりまではなんとか身体を使って大きく後方に引けるようになってきたものの、そこから先で肩が回っておらず腕だけで縦に上げて無理に高いトップ位置に持って行ってる感じ。そしてそこから8の字回転式にダウンスイングする。脇も甘いし、肩と腕の一体感もない。こりゃ相当な意識を持って時間かけないと直らないなぁ。今日のあたりに今の不細工なテイクバックは関係なかったと考えればそれまでだけど…。

起き上がるインパクト
ダウンスイング→インパクト時の肘の使い方が少し出来てきているように思う。例えその自己診断が甘いとしてもボールコンタクトは上手になってきていると思う。しかしインパクトで前傾が起き上がり過ぎ。これでは何かと相殺されて当たっているだけということになる。無理してミスショットが続いても強制的に修正すべきかな。今度のレッスンで教わろう。


2009年01月20日

テイクバック修正前(ドライバー)
テイクバック修正中(ドライバー)

早速テイクバックの修正練習。日曜日の夜から今日まで、練習器具を使って自宅でかなり繰り返して形を確認したおかげで、わりと苦労せずそれなりに整ってきた。上が先週のもの、下が今日のスイング。それぞれ動画から抽出した写真。かなり違ってきた。

これまでは飛球線に対して限りなく後方に引いていた。故にクラブが体からどんどん離れて左脇が開き、トップで形を微調整しなければならない無駄な動きが入って切り返す。当然肩も回っていない。

修正ポイントは、腰からの始動。そして30cmほどは飛球線に対して後方へ低くヘッドを出し、続いて肩の回転と共に両腕を伸ばしたままクラブを上げ、地面と平行になるあたりから初めて手首と右肘を畳む。こうすると左脇も開かないし肩の回転も以前よりは自然に行える。

今日のスイング動画(5W)

スイング動画(5W)

まだ気を許すと初動でヒョイと腕で持ち上げてしまう癖が出る。また、途中までは出来ても右肘を畳み始めるあたりから腕で上げてしまう。この時、右脇が開いてしまってクラブ軌道もいきなり変化してしまう。このへんがまだ不自然。途中まではいい感じで上げているのに…。

今日はテイクバックだけに注意して練習を行ったので、これを発見する前のダウンスイングにおける留意事項がおろそかになってしまった。もう少しテイクバックが固まったら、ダウンスイングの続きを反復しよう。

2009年01月18日

腕で上げる悪いテイクバック

クラブを腕で上げてしまう癖。昨年末から修正に向っていい感じでマシになっていたのに、右肘の畳み方を気にするようになってからまた酷くなってきた。またクラブフェイスを開いてしまう癖の修正練習も関係していたかもしれない。今日のレンジではそれが一番分かる位置から撮影してどれだけ酷いかを確認。そして少し凹んだ(苦笑)。

テイクバックの初動からいきなり三角形が崩れているし、腕や手首だけでクラブを上げているもんだから肩も全く回転していない。ダウンスイングだけを見るとそれなりに振れてはいるが、無理矢理腕だけでトップまで持って行ってるので、切り返しで無駄な動きもある。

同時に飛球線に対して後方に真っ直ぐ引くという事を意識し過ぎて、クラブも身体からどんどん離れていく。アウトサイドからクラブが下りるのを直す時に癖づいてから徐々に今の形に落ち着いたんだろう。おかげで逃げ道がなくなってインサイドから下ろせるようにはなったが…。

よくレッスンで言われる「腰の回転から始動」して、上半身を回転させながら肩と腕の三角形を腕が地面と水平になるまで保って、そこから初めて手首と右肘を順に折るのが理想。早急に改善したい。

今日は当たり自体はすごく良かった。怖いくらいに。でもこんな日に欠点が見えて良かった。まあ疑問があったからこの角度から撮影したのだけれど、もし気にもならず撮影しないで単に打ち込み練習みたいになっていたら、今日の当たりに満足してしまっていただろう。

間違ったテイクバックに正しいインパクトなし

↑こんな言葉が実際あるのかどうか知らないけれど(笑)、安定したインパクトを得るために頑張って修正していこう。


2008年12月24日

テイクバック

始動からテイクバック、そしてトップの改良を始めてからちょうど1ヶ月。途中で他の部分が気になったりと寄り道もあったけれど、日曜日のラウンドでようやく成果が出てきたと思えることが多々あった。パーオンが6回というのも新記録。

まだまだぎこちない動きもあるけれど、徹底して反復したおかげで同伴の友人からも「スイングが変わりましたね。」と言ってもらえた。普通、自分では大改造してるつもりでも他人から見ると「特に何も変わってない」ということがほとんど。クラブがトップへ辿り着くまでに約3〜3.5秒かかっているので、少しゆっくり過ぎるかもしれないけれどしっくり自然に固定されるまでラウンドでもこれを続けるつもり。

コースで実践することで、そんなに急いで勢いをつけないでも飛距離が落ちないことが分かったし、なにしろミスが大幅に減って方向性も安定する。しかしまだ手でクラブを上げすぎているし、クラブを真っ直ぐ後方に引くことを意識しすぎて左脇が開きクラブが体から離れ過ぎている。

前回のラウンドでは、ここまでゆっくり上げているのに切り返しからいきなり力んで特に前半のティーショットはミスを繰り返してしてしまった。このまま気持ち良くフィニッシュまでクラブヘッドを走らせるだけで真っ直ぐ勢いの良いボールが出るというのに。

腕で振ろうとすればするほど。力が入れば入るほどヘッドは走らない。腕やグリップをいくらせっかちに動かしても、肝心のボールを弾くヘッドが走らなければ意味がない。ゆっくり大きく全身を使ってヘッドを加速させるのだ。


2008年11月25日

体でクラブを上げる練習

最近は序盤でぎくしゃくしたスイングが多い。トップ改造に着手してしまってから、そこに到達するまでのテイクバックまで悩みながらスイングしていた。先週のラウンド前半はそんなことで頭がごちゃごちゃしたままだった。せめてもっと気持ちよく振れるくらい体に覚えこませないと。

テイクバックを真っ直ぐ引く。自分のような身長のないプレーヤーにとってはクラブが体から離れていく一方。真っ直ぐ引くことも大切だけれど、そればかりにとらわれ過ぎずにもっと両肩とグリップの三角形を維持して上げることに意識を向けた方が良さそう。ということでスローモーション気味にテイクバックを何度も繰り返して形を刷り込むことに。

インドアレンジで練習

あと、腕と手首を使ってクラブをヒョイと上げてしまう癖があるのでそれも直したい。幸いハーフスイングだとこの三角形を維持して綺麗なインパクトを迎えられるので今日はハーフスイングを中心にこれらの点に注意して気持ちよく練習。

30分くらいやったら飽きてきたので当然のようにフルスイングに移行。途端に感触が悪くなる(笑)。自分で決めてスイングを崩したのだからしょうがないけれど、先月あたりまでの心地良い感じが全くない。これはじっくり時間がかかると決め込んで課題の多さを楽しむしかないかぁ。



プロフィール
ゴルフマニア手帳 by 大西義治
名称:ゴルフマニア手帳
著者:大西義治(はるる)
生年:1964年(昭和39年)
身長:165cm
体重:62kg
出身地:大阪府大阪市
住まい:東京都板橋区

自営業を営む趣味ゴルファー。東京都板橋区在住。生涯続けられるスポーツとして、趣味のゴルフを43歳から始めました。
  
クラブセッティング
ドライバー
GP ONE MINUTE M52
TRPX AURA(S)
フェアウェイウッド
BBD's 304T(#4)
TRPX RED-HOT TYPE-P(2+)
ユーティリティ・ハイブリッド
PING Anser(#20)
TRPX UT-7(1+)
PING Anser(#23)
TRPX UT-8(1+)
アイアン
MIZUNO MP-53(#5-PW)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
ウェッジ
MIURA MB-5000WB(#53)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
MIURA MB-5000WB(#57)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
パター
Edel Golf E-2
ボール
SRIXON Z-STAR
戦績
通算記録
通算ラウンド数(186)
2016年ラウンド数(24)
2015年ラウンド数(21)
2014年ラウンド数(20)
2013年ラウンド数(24)
2012年ラウンド数(17)
2011年ラウンド数(14)
2010年ラウンド数(17)
2009年ラウンド数(19)
2008年ラウンド数(26)
2007年ラウンド数(4)
ベストスコア(75)
ワーストスコア(152)
ベストハーフ(37)
ワーストハーフ(80)
ハンデキャップ
JGA/USGA(12.6)
GDO(15)
2016年の記録
ラウンド数(24)
平均スコア(86.7)
平均パット数(1.83-2.07)
フェアウェイキープ率(44.0%)
パーオン率(27.3%)
リカバリー率(22.3%)
サンドセーブ率(17.3%)
ラウンド予定
2017年3月
猿島カントリー倶楽部
ワンウェイゴルフクラブ
2016年
2016/11/25
大栄カントリー倶楽部
2016/11/18
浦和ゴルフ倶楽部
2016/11/09
美里ゴルフ倶楽部
2016/10/28
カレドニアンGC
20/16/10/14
サミットGC
2016/10/08
十日町CC
2016/09/29
阿見ゴルフクラブ
2016/09/09
ザ・インペリアルCC
2016/09/02
阿見ゴルフクラブ
2016/08/19
猿島カントリー倶楽部
2016/08/11
ザ・インペリアルCC
2016/07/27
千葉CC-梅郷C
2016/07/14
紫あやめ36-EAST
2016/07/01
阿見ゴルフクラブ
2016/06/16
紫あやめ36-EAST
2016/06/01
紫CCすみれコース
2016/05/26
阿見ゴルフクラブ
2016/05/12
阿見ゴルフクラブ
2016/05/05
ザ・インペリアルCC
2016/04/22
紫CCすみれコース
2016/04/15
浦和ゴルフ倶楽部
2016/04/07
新武蔵丘ゴルフコース
2016/03/25
紫あやめ36-EAST
2016/03/18
八千代ゴルフクラブ

86(35)

92(28)

86(33)

94(35)

84(31)

95(37)

88(33)

86(36)

81(30)

86(29)

75(32)

96(37)

86(34)

85(30)

79(28)

95(34)

89(37)

84(31)

82(36)

84(35)

90(32)

79(28)

95(39)

84(30)
2015年
2015/11/13
紫あやめ36-EAST
2015/10/31
十日町CC
2015/10/16
紫CCすみれコース
2015/10/09
エーデルワイスGC
2015/09/18
若洲ゴルフリンクス
2015/09/11
ザ・インペリアルCC
2015/08/28
紫CCすみれコース
2015/08/20
千代田CC-中東
2015/07/31
千葉CC-梅郷C
2015/07/23
紫あやめ36-EAST
2015/06/24
紫あやめ36-EAST
2015/06/13
八千代GC
2015/06/06
双鈴GC関コース
2015/05/29
紫CCすみれコース
2015/05/23
十日町CC
2015/05/15
阿見ゴルフクラブ
2015/05/04
阿見ゴルフクラブ
2015/04/24
若洲ゴルフリンクス
2015/04/18
紫あやめ36-WEST
2015/03/27
紫あやめ36-WEST
2015/03/20
紫あやめ36-EAST

85(30)

99(36)

98(34)

96(38)

94(35)

87(32)

93(31)

83(34)

94(33)

84(34)

86(29)

83(30)

91(33)

92(32)

89(40)

80(31)

84(34)

86(32)

91(33)

83(29)

87(30)
2014年
2014/12/19
紫あやめ36-EAST
2014/12/05
紫CCすみれC
2014/11/21
サミットGC
2014/11/01
十日町CC
2014/10/24
サミットGC
2014/10/01
紫あやめ36-WEST
2014/09/06
紫あやめ36-EAST
2014/08/22
阿見ゴルフクラブ
2014/07/25
川越CC
2014/07/17
紫あやめ36-EAST
2014/06/19
阿見ゴルフクラブ
2014/06/14
千代田CC
2014/05/28
紫あやめ36-EAST
2014/05/24
十日町CC
2014/05/03
おかだいらGL
2014/04/25
紫CCすみれC
2014/04/18
阿見ゴルフクラブ
2014/04/11
赤羽ゴルフ倶楽部
2014/03/29
紫あやめ36-EAST
2014/03/12
紫あやめ36-EAST

83(33)

90(34)

82(34)

100(38)

84(33)

88(29)

94(36)

85(31)

90(33)

84(30)

91(32)

80(30)

88(34)

90(38)

82(31)

90(37)

83(31)

85(32)

83(29)

84(30)
2013年
2013/12/31
紫あやめ36-EAST
2013/12/20
紫CCすみれC
2013/12/13
紫あやめ36-EAST
2013/11/22
千代田CC
2013/11/09
十日町CC
2013/10/17
富士桜CC
2013/10/11
セゴビアGC
2013/09/21
紫あやめ36-EAST
013/09/06
ワンウェイGC
2013/08/23
千葉CC・梅郷C
2013/08/14
紫あやめ36-EAST
2013/08/07
阿見ゴルフクラブ
2013/07/27
ひかみCC
2013/07/17
紫あやめ36-EAST
2013/07/13
紫あやめ36-EAST
2013/07/10
紫あやめ36-EAST
2013/06/08
紫あやめ36-WEST
2013/06/04
紫あやめ36-EAST
2013/05/18
ムーンレイク茂原
2013/05/15
おおむさらきGC
2013/04/28
ザ・GC竜ヶ崎
2013/04/13
阿見ゴルフクラブ
2013/03/20
紫あやめ36-WEST
2013/03/09
アゼリアヒルズCC

85(29)

91(32)

85(34)

93(37)

103(38)

89(32)

90(34)

84(28)

90(33)

92(32)

85(34)

78(30)

87(36)

96(31)

90(32)

85(33)

89(32)

86(31)

86(40)

91(35)

90(36)

86(37)

86(30)

85(35)
2012年
2012/12/30
アゼリアヒルズCC
2012/12/12
川越CC
2012/12/01
紫あやめ36-WEST
2012/11/24
富岡CC
2012/11/17
さいたまGC
2012/11/10
アゼリアヒルズCC
2012/10/21
ザ・インペリアルCC
2012/10/07
アゼリアヒルズCC
2012/10/04
エーデルワイスGC
2012/09/15
ハーモニーヒルズGC
2012/07/24
阿見GC
2012/07/14
高麗川CC
2012/06/23
千代田CC
2012/04/29
皆川城CC
2012/04/07
アゼリアヒルズCC
2012/03/14
湘南シーサイドCC
2012/03/03
朝霞パブリックG

92(36)

97(33)

88(31)

102(39)

87(31)

85(33)

88(31)

80(36)

104(36)

83(35)

86(30)

92(32)

82(30)

84(30)

80(33)

94(31)

92(30)
2011年
2011/12/30
アゼリアヒルズCC
2011/11/26
つつじヶ丘CC
2011/11/09
ホワイトバーチCC
2011/10/29
富岡CC
2011/10/02
埼玉GC
2011/09/23
アゼリアヒルズCC
2011/09/17
ホワイトバーチCC
2011/09/03
霞ヶ浦CC
2011/08/13
ホワイトバーチCC
2011/08/08
おおむらさきGC
201107/16
皆川城CC
2011/05/03
ハーモニーヒルズGC
2011/04/02
アゼリアヒルズCC
2011/03/09
湘南シーサイドCC

88(36)

101(41)

88(31)

94(37)

95(31)

87(31)

92(34)

86(32)

92(31)

91(34)

78(32)

83(39)

83(33)

85(32)
2010年
2010/12/30
アゼリアヒルズCC
2010/12/18
高根CC
2010/12/04
おかだいらGL
2010/11/27
おかだいらGL
2010/11/03
ハーモニーヒルズGC
2010/10/02
富岡CC
2010/09/04
ハーモニーヒルズGC
2010/08/28
玉造GC・捻木C
2010/08/09
瀬田GC・北C
2010/07/31
霞ヶ浦CC
2010/07/24
ザ・インペリアルCC
2010/07/03
鳳凰GC・東C
2010/06/05
おかだいらGL
2010/05/29
玉造GC・若海C
2010/05/01
おかだいらGL
2010/04/24
霞ヶ浦CC
2010/03/27
水戸レイクスCC

88(32)

98(38)

96(36)

93(33)

87(36)

96(34)

86(37)

102(45)

91(32)

90(36)

81(35)

94(35)

82(33)

94(33)

88(35)

84(29)

97(34)
2009年
2009/12/31
玉造GC・捻木C
2009/12/05
アジア取手CC
2009/12/01
高根CC(BT)
2009/11/21
玉造GC・捻木C
2009/11/01
玉造GC・・若海C
2009/10/20
おかだいらGL
2009/10/10
笠間CC
2009/09/21
笠間CC
2009/09/19
おかだいらGL
2009/08/13
滋賀GC
2009/07/09

笠間CC
2009/07/04
アジア取手CC
2009/06/13
笠間CC
2009/05/11
太平洋クラブ六甲
2009/04/29
ザ・GC竜ヶ崎
2009/04/11
ハーモニーヒルズGC
2009/03/28
イトーピア栃木GC
2009/01/11
千代田CC
2009/01/03
イトーピア栃木GC

90(36)

92(37)

88(30)

100(37)

99(30)

92(38)

96(34)

91(36)

88(32)

91(38)

90(33)

87(36)

95(38)

107(38)

96(37)

109(44)

125(41)

102(35)

102(41)
2008年
2008/12/21
イトーピア栃木GC
2008/12/08
サミットGC
2008/12/06
水戸レイクスCC
2008/11/30
みずなみCC
2008/11/22
東都飯能CC
2008/11/08
イトーピア栃木GC
2008/10/26
水戸レイクスCC
2008/10/09
小見川東急GC
2008/10/05
イトーピア栃木GC
2008/09/27
水戸レイクスCC
2008/09/15
イトーピア栃木GC
2008/09/07
ジュンクラシックCC
2008/08/31
東庄GC
2008/08/16
マスターズGC
2008/08/02
水戸レイクスCC
2008/07/26
板倉ゴルフ場
2008/07/20
アジア取手CC
2008/07/12
ロイヤルフォレスト
2008/06/15
アジア取手CC
2008/06/04
小見川東急GC
2008/05/18
アジア取手CC
2008/05/05
セブンハンドレッド
2008/04/12
ロックヒルGC
2008/04/06
グランディ那須白河
2008/03/08
セブンハンドレッドC
2008/02/16
アジア取手CC

98(38)

98(40)

102(42)

107(35)

103(35)

100(35)

96(39)

95(32)

101(39)

90(30)

95(35)

106(38)

103(38)

106(32)

99(40)

106(35)

99(39)

101(36)

94(32)

100(37)

101(40)

104(44)

108(43)

115(42)

112(38)

109(35)
2007年
2007/12/17
京CC
2007/11/23
鶴CC・宇都宮C
2007/10/06
ロックヒルGC
2007/09/05
小見川東急GC

125(41)

152(40)

137(44)

130(40)
過去記事