ゴルフマニア手帳

手を出してしまったからには本気でやってみる!40代からゴルフを始め初心者から現在までを記録したブログ。ラウンド記、練習方法、クラブのことなど。

タグ:右肩

この連休は後半3日間で約7時間800球打ち込んだ。最終日にやっと模索していた感触が身を結びそうな結果が出た。写真はその初日のドライバーのものなので、記事のないようにあまり関係ない(笑)。 自分のミスの大半はあおり打ちによるものなので、ボールを打つ際に前

先週末の練習では、「ボールがどこに飛んでも気にしない」ということで修正したい部分にこだわって“形作り”をした。動画もボールの行方が分からないように暗い場所に設定を合わせて撮影してみた。 ほぼ真っ白の幻想的な動画になった(笑)。 ここまでして目的を絞って

風邪気味、そして毎年のことながらまた左肩が痛んできたので、あまり練習へのテンションが上がらなかったけど、いつもの時間に目覚めたので練習場へ。AW、PW、8+5番アイアン、5W、DRの6本持参。 今日の練習内容 1.AW、PW、8I、5Iのショートスイング

先週の練習写真で気づいた点を今日は集中して意識。アドレスで右肘を体側に引いて右肩が前に出ることのないよう努めた。ボールを見る風景画今までと少しだけ変わるので、かなり後方を向いている感じすらするけれど、こうすることでバックスイングもスムーズに上がるし、ト

最近練習でのシャンクが少しずつ増えている。でもコースや屋外のレンジでシャンクすることはまずない。おそらく練習場でのスイングがコースで出来ていない、というケースに該当するのだろうけど…。 ループスイングで、クラブがインから下り過ぎる点、ダウンスイング

身体全体がヘッドを待てずに突っ込んでしまう癖。グリップ、左足、右肩全てが突っ込み気味。左脇を胸前に締めてインパクトする、左足の内側に重心を置いてインパクトするなどいくつかの修正点を指摘され、そして最後にこの器具が登場。平べったいアイアン型の練習クラブ

今日のレッスンでは「インパクト時に右肩がまた前に出てきている。」という指摘をいきなり受けた。表現の「また」にあるようにしばらくの間は大丈夫だった。おそらく再発の原因は、的に当てる練習で、体を開いてインパクトすることによって的に当たることを覚えてしまっ

↑このページのトップヘ