向原ゴルフセンター

2013年10月23日

寒い日の朝のゴルフ練習場

練習場から人が減る、良い季節になった。これからどんどん人が減って益々待たずに好きな打席に入ることができるようになる。

最近は平日の朝7〜8時頃がもっぱらの練習時間。なのでもともと混んではいないが、「空いてそうな時間」の予測幅が大きくなるので、朝の貴重な時間を割くにはとてもいい環境になってきた。

それ以外に「他人がサボってる間に」という、「抜け駆け的」な自己満足感が増すのが以前から好き。例えると、「バーディーとボギーで2打差が開く」みたいな感覚。そんなのどうでもいいか(笑)。

でも一番嬉しいのは、にわかゴルファーがいなくなること。特にグループで来るこの手の人達は実にやっかいなので助かる。やっぱり、出来るだけ静かな環境で、上手な人に囲まれて練習したいから。

冬場で平日の早朝なんて、それはもうお手本の宝庫。練習場自体の空気もキリッと締まって、独特の環境がそこにある。


2013年10月06日

6番アイアン練習動画

風邪のひき始めが先月の19日頃。その後、娘と伝染し合って今もまだ症状が改善されないまま。もともとアレルギー性鼻炎スタートだったのでややこしく、改善されてから通院したので医者も不明だと。そしてやっと症状から解放されたと思ったら数日前から強烈な肩凝り。

体調がすぐれないまま3週間。ボールを打ったのは先月のラウンド以降2回のみ。この間は素振りばかり。でもたまには打たないのも良かった様子で、日曜日は久しぶりながら好感触の練習になった。

素振りばかりの日々から、クラブでボールを打てる悦び。こういうのは気分的効果なんだろうか。な〜んにも考えないで過ごした後、久しぶりにクラブを握ったという「フレッシュ感だけ」じゃないので、繋ぎ目のある良いブランクになったように思う。今のところ(笑)。

でも相変わらず「カットし過ぎ」というミスはやらかしてしまう。クラブが右肩の上から下りてきてしまう。もっとベルトの上というか、背中の真ん中くらいから下りてきてもらわないと・・・。難しいなぁ。

その形を優先すると、右足前くらいからダフる(笑)。もうダフっても良いからダフりまくって矯正すべきなんだろうけど、外の練習場ではなかなかそこまで出来ない。木曜日の室内レッスンで徹底してみよう。


2013年08月29日

早朝練習のひとコマ


タイトルどおりの写真じゃないのは許してもらう(笑)。

今日の練習でも約半分のボールをハーフスイングに消費。グリップ位置が右腰→左腰までスイングなので、人によってはスリークォーターと呼ぶかもしれない。これで6月から再開させたレッスンの復習中。


現在取り組んでいる目標は、簡単に言うと「効率良いスイング」。もっと言うと「楽に見えて凄い球を打つヤツになる」というもの。具体的には「ヘッドスピードを上げるための動きを覚える」ということなのかな。

取り組んでるのはこんなこと
ボールを捕まえるスイングプレーン
左股関節への体重移動をしっかり
ダウンスイングは腰から動く(回りすぎない)
ハンドダウンで体の正面でインパクト
ヘッドが戻ってくるタイミングをつかむ
ボールの先を加速ポイントにしてターフを取る


1行ずつにすると多い。でも実際の動きとしては重複している内容があるので、頭の中はそんなに一杯じゃない。それで、これらを理解したり体に覚えさせるためにはフルスイングばかりしてたら追いつかない。

レッスンで課題に取り組んでいる期間、コースでの影響を気にする人がいるが、私はそんなことどうでもいい。実際にコーチも「明日ラウンドなんです」なんて生徒には、あまりややこしいレッスンを強要しない。

成果が出るとしたら、真面目に取り組んで(レッスン間の自習も含め)少なくとも数カ月は先。それまで良かったり悪かったりで、ギザギザで緩やかな右肩上がりな線を引いていくもんだろう。

そんな私も、最近は良かったり悪かったりを交互に繰り返す。この感覚は懐かしい。レッスンに通い詰めてた頃、今より更にヘタッピだったあの頃もそうだったなぁ。で、振り返るとズンズン上手になってた。手加減されないために、「いつコースへ行く」なんてことも隠してた(笑)。

「今日の失敗は来年の自分のためにある。」

以前、ウチの奥さんがどこかのコースでボソッっと言った言葉。きっとどこかで聞いてきたのだろうけど、今でもよく覚えてる。

2012年02月25日

向原ゴルフセンター1階打席

朝から雨で寒さぶり返しの1日。今年のラウンド開始に備えてそろそろ大詰めなので、寒いとか雨だとか言ってられない。こんな日はきっと空いてるだろうからと、午後の練習にしたが案の定空いていた。

練習場は、ボール自動回収のためアップヒルになっている。そう見えないほど滑らかな勾配がついているのだが、正面のマンションの1階部分と2階打席がちょうど同じ高さくらい。それ故に1階で練習していると知らずにうちに煽り打ちになってしまうのでいつもは2階でやる。

でも今日はアプローチを多くやりたかったのと、そろそろ目の高さに慣れておきたかったので1階打席へ。そしてこれが見事に煽り打ち癖を露呈してしまうショットの連発となった。最初は3球に1球はダフったし、その後も5球に1球。長いクラブはもっと確率が悪かった。

そしてついオーバースイングになってしまっていた。そこで普段以上にコンパクトスイングを意識。100球ほど打ってやっと身体にそれらを言い聞かせてなだめることが出来てきた。昨年同様、今年も本番まえにどこかの河川敷で1度練習ラウンドをやっておこうか。


2011年07月10日

この土日も2日続けて練習場へ通った。朝6時台とはいえすでにかなり暑いので休憩を挟んで約1時間半。土日ともに各80球ずつ。

8番アイアンのスイング動画
8番アイアンのスイング動画


UT23度のスイング動画

UT23度のスイング動画


塩崎亜美プロのスイングをTVで見て
両肘の使い方を意識する練習を続けているが、先週の練習であまりクラブを振り上げずに上半身の回転を使って打つ意識を追加したら凄く当たりが良くなった。そんな折、群馬テレビのゴルフ番組で塩崎亜美プロのスイングを見た。どっしりと構えて低重心で回るようなスイング。真似するのは無理だけど、見るだけでとても良いイメージをもらえた。

腰の高さからグリップを離さないイメージ
あくまでイメージとして、グリップを腰の高さで維持したままスイングするような意識を持ってみた。実際はトップまで腕が上がるし、フォローでもクラブは上がってしまうが、この意識だけでインパクトゾーンと呼ばれる位置にクラブヘッドが存在する時間が長くなった気がする。

年初から「捕まったボール」というのがテーマだったが、春先から効果が出てきてそろそろ完結してくれそうな雰囲気。オープンフェースのフックしないフェアウェイウッドに代えて、セッティングにフックを打ってしまうクラブがなくなったという効果もあったのかもしれない。

今週末は10週ぶりのラウンド。怪我や雨で中止が続いたが、梅雨も明けてやっとゴルフ場へ予定通り行けそう。久しぶりとなるけれど、もはやスクラッチ競技でもない限り緊張することもないので、存分に練習した成果を試してみたい。練習テーマ上の球筋はまだ安定味にかけるが、ミスを怖がらずに練習場と同じことを貫いて結果を出そう。


2011年06月25日

フェアウェイウッド(BBD's 304T)練習動画

今日は近所の練習場の早朝サービス時間を利用。クラブを6本持って出かけ、先週に続いて、ダウンスイングでは右肘、インパクトでは左膝にテーマを置いた練習内容。怪我は日常生活では完治したが、しばらく休んだツケが体にあるので、今日も加減して120球。

右肘の向きと通り道
先週から行っている楽に振るためのテーマ。イメージ点は、トップで作った右肘の角度をできるだけ維持してインパクトするというもの。

右肘を体の正面から外さないで、なるべく体の近く(右脇腹)を通るようにしながらその向きを注意すると、上半身の開きにも効果がある。どちらかと言うと、右肘のあるところに上半身を向けているという感じ。

自分の場合は右肘に意識を置くと手首のコックもセットで我慢が利くようなので、力を入れなくていい効率の良さを実感できる。「効率良く飛距離を伸ばす」のではなく、「もっと楽に振りたい」というのが目的。ただ右サイドばかり気にすると、右肩や右腰が下がってしまうので注意。

左膝を緩めてフォロー
そこで左足下がりで打つような意識で、左膝を突っ張らず柔らかく緩めてインパクトするように打つ。伸び上がる癖があるので、意識はむしろ深く曲げて打つようなイメージ。これでやっと伸びずに済む。

これは左脇腹をかばいたいという一心で、休んでる間に考えたことだけれど、インパクトを安定するのに凄く良い。

ダウンスイングでは、右サイドが落ちてしまいそうなテーマを課しながらインパクトからフォローでは、それを補う作業を入れる。なんか矛盾した動きを同時にしようとしてるなぁ〜と感じながら・・・。

徐々に身体も動いてきた
先週より体も動いて振れるようになってきた。新しいフェアウェイウッドだが今日は3Wは持参せずに5Wだけにした。下はその動画。中央の柱よりやや右が正面となるが、1球目は吹け上がったスライス、2球目が理想の弾道、3球目はトップしてスライス。と、こんな傾向。

PW(105Y)練習動画

「ドライバーが短く見える」の効果は今週も持続。やっぱりフェアウェイウッドを代えた効果なんだろうか。凄く簡単に振れるようになった。だからといってナイスショットが増えたわけではないけれど。


2010年12月23日

右足前にボール

もっと捕まった球を打つために、知人からのアドバイスを元に、ボールまでのインパクトゾーンを長くする意識を加えて練習した。知人からのアドバイスは、“右足前にクラブを落とすように”だったが、どうもしっくりこなかったので、以前にレッスンでやったことのある“右足前に仮想ボールをイメージして”という方法に置き換えて行った。

大型化したドライバーのヘッドは、右足前あたりから返す意識を持たないとインパクトに間に合わない…とよく語られるが、フェースが開いてインパクトしてしまう私みたいなタイプにとって効果的なドリル。積極的にリストターンを行える人には命取りになってしまうかもしれない。

瞬時に効果てき面を実感。まさに「分厚いインパクト」と感じられるような感触になってきた。これに先週までの意識である2点、「右肘を引いてアドレス」、「左肩の前でインパクト」を加えてみると、今度は捕まるというよりは引っ掛け気味になってきた。怖いボールもいくつか…。

そこで、ほぼ中央の打席からネットの右奥角に向いて、クローズスタンスでセットして打ってみる。これでやっとボールがネットの中央あたりにドロー回転で突き刺さる。でも時々強烈なフックボール。実験としては成功だけど、安定性や危険性を考えるとこれは怖いなぁ。

やっぱりフェードのままの方が安心だなぁ。擦ってしまうのではなくて捕まりの良いフェード…。そんな球打てるんだろうか。


2010年09月18日

理想のテイクバック

ちょっと高いけど、打つのはちょっとで良く、長いクラブで沢山素振りがしたかったので最寄の練習場へ。しかしこのテーマにかかって数週間経つけれど、実際にボールを打つとなると全くできない。写真のテイクバックは、形を確認中のもので実際に打つ時のものではない。

ということで引き続き、始動とともに右腕を曲げてクラブを腕で上げてしまうスイングの改善中。腕の三角形を崩さず写真くらいの位置まで右肘を曲げるのを我慢のを身体で覚えたい。右肘をどのタイミングで曲げるか?という練習ではなく、肩を綺麗に回転させるためのもの。

現状は、肩が止まって腕だけでかなりアップライトな形まで上げ、そこからフラットな位置まで戻してダウンを開始するという無駄がある。いわゆるループしてしまうわけで、それで生じるミスショットの原因や将来の苦労を考えると早急に直したいのだが、なかなか苦労中。長いクラブを素振りできる環境があったらいいんだけどなぁ。


2010年09月12日

高三神輿

今週は地域のお祭り。豊島区長崎神社の例大祭。昨年の今頃は、ちょうどこちらに引っ越してきたばかりで、賑やかなこの風景を見学するだけだったが、今年はご近所さんに駆り出されて自分も神輿を担ぐことになった。上京してもう20年以上になるが、東京で神輿を担ぐなんて初めてで、なんだかいろんな儀式が小っ恥ずかしくて楽しかった。

早い時間に練習に行こうと予定していたのだけど、急に上記の行事が入ってしまったので、練習は夕方に。今日は、奥さんのお母さんが遊びに来ていたので愛娘を預けて約1年ぶりに夫婦揃って練習。

今日の練習では、昨日具合が良かった左膝の使い方を再確認したかったのだけど、神輿担ぎで腰と膝がガクガク。ちょっとこれは確認にはならないなぁと感じて、ボールの感触を楽しむだけにした。あとは奥さんの久しぶりのスイングを見学したり撮影したり。

ドライバー練習風景
奥さんのドライバーインパクト

1年ぶりなので地面から打つアイアン、ウッドは苦戦していたが、大好きなドライバーを持つと様子は一変。私が強引にリシャフトして今年から使用していたスペックでとても綺麗に打つ。時々自宅でシャドースイングしていて「イメージトレーニングは完璧!」と豪語していたが、思っていた以上に基本が整っていて良く飛ぶし驚き。

肩は良く回るし、腰も切れて捻転差を上手に使ってるし、しっかり体重移動できてるし、インパクト時の前傾の背中の丸みもバッチリで習った通りの形ができてる。恐るべし…。自分のスイング動画と比較しても完全に負けてる…。今年は結構平均スコアを縮めたけれど、これじゃ「単に自分はラウンド慣れしただけか?」と嫌悪感に襲われる(笑)。


2010年07月25日

7番アイアン練習
7番アイアン練習

ラウンド翌日なので体の節々が痛かったが、ラウンドが続いて練習不足になりそうなのであえて練習場へ。本当はレッスンのあるインドアレンジへ行きたかったけれど、家庭の事情で近場の高価なところへ。

この夏の間にテイクバックの形を矯正して、秋あたりには次のレベルの課題に挑みたいので時間が惜しい。そう思って自宅での素振り回数も格段に増やした。アプローチ練習もそうだけど、素振りもテーマがあって黙々とやることで効果が出ることを今回知った。

そしてスイングの矯正は違和感との闘い。まあ逆に数週間程度で違和感がなくなるようでは、結局雰囲気だけで何も変わっていないということになってしまうので、これはしばらく諦めるしかない。こういう練習は本当はインドアの方がやりやすい。弾道を気にしながらになってしまうと形の徹底が希薄になりがちだし、別のパーツも崩してしまいそう。

昨日も多かった上半身、肩のラインが早く開いて左に真っ直ぐ打ってしまうボールが今日もよく出た。これは注意すればすぐに修正ができるのだけれど、しょっちゅう忘れてしまう。コースにでると頭を他にことにもたくさん使わないといけないので余計にそう。だからミスと修正を繰り返すことになる。練習場で徹底させておかないとダメということ。

今日は“素振り”にきたようなものなので、ボールの上で素振りばかりを繰り返した。練習場の滞在時間1時間で56球。帰宅後は奥さんが美容室に出かけたので子守りしながら腹筋を鍛える。というか鍛えるつもりはなくても、結果的に腹筋に負担がかかるだけ(笑)。


2010年05月15日

ウェッジ練習風景(向原ゴルフセンター)

最近の自宅練習で、アプローチ&パッティングのミスはほぼ手打ちから誕生することが分かった。「どうしたらミスが減るか?」をずっと考えたり思い返したりして身体を動かしているうちに、腕ばかりを使わずちゃんと肩を回してやれば自宅でやる限りはほとんどミスにならない。

今日は早朝6時半から自転車で近所の練習場へ。早朝サービスで入場料を取られない時間帯なので、朝イチというのに混んではいたがさすがに待たずに1階打席へ。でもここまで早くなくても良かったかな。

自宅練習では確認できない30Y〜50Yのショットで肩を回す打ち方を確認するように数発。高く、そして低いボールも。同ポイントに主眼が置けるようにスタンスはほぼ閉じた形、体重も最初から左に乗せたままで軸を作って続けた。いずれもいい感じ。以前はウェッジやショートスイングでも肩幅に近いスタンスで打っていたが、これが良さそう。

テーマ以外のショット
寝ぼけながら出かけたせいで、身体がきつくスライスが多め。できるだけ上半身を我慢しようとするのだけど、身体が許してくれなくてしんどかったので、今日はいいボールが出たところで終了。長いクラブは素振りだけで、あとはウェッジの練習に精をだした。合計58球で終了。


2010年04月29日

アプローチ練習

近所の向原ゴルフセンターは久しぶり。午前9時までは入場料無料なので早起きして出かけた。持参クラブは5本。ドライバー、7W、アイアンは5番と8番、そして先週活躍した52度のウェッジ。

クローズスタンスの復習
今日は、先日ドライバーで上手くいったクローズスタンスをウェッジ以外の持参クラブで試してみた。結果は素直なまでに良好。7Wは吹け上がらなく打て、5番アイアンも今日はよく当たる。8番アイアンは時々低い逆風用の弾道となったが、概ね捕まりが良かったのでよし。

おそらく、クラブはもちろん身体全体が開いてしまっていたと予測される自分がこれをすると「ちょうど良くなる」というだけなのかも。でもクローズにしたからといって、右に行くのを怖がりすぎると引っ掛けてしまうことがあるので、スタンスした方向に振りぬくことが大事みたいだ。

バックスイング時の両肘の向き
他に注意した点は、まずバックスイング時の両肘の向き。アドレス時は肘の内側が正面に、テイクバックにかけてはずっと空を向いているような感じ。両腕の間隔も揃えて水平まで上げてそこから右肘を折る。

これは、右肘が身体の正面から大きく外れてしまわないようにと始めたものだけど、シャットに上がっていた自分にとってはフェースの向きまるで変わるのですごく怖い作業。でも我慢してこの形で綺麗に出来た時は驚くほど素直にボールを捕まえられる。いわゆるオンプレーン。

インパクトで自分の左頬を叩く
インパクトで注意しているのは、左手甲の向き。左手の親指を地面に向けるようなイメージに加えて、左手の甲でボールを地面に埋め込むような感覚。そして自分の左頬(の線上)を引っ叩く感じ。

なかなか全て一度にできるものではないけれど、レンジで良い復習ができるよう自宅の素振りでは、特に各部位の形にこだわってやる。レンジにきて「さあ、何しよう」とか、ある試みをイチからそこでやるのはなんかボール代や時間がもったいない気がするので。ってことで、今日はたった58球で満足したのでとっとと帰宅。家族はまだ寝ていた…。


関連リンク
向原ゴルフセンター

2010年03月06日

向原ゴルフセンター

練習場へ通うのは2週間ぶり。以前は3〜4日通わないと感覚が鈍るというか下手になっていく恐怖感があったもんだけど、そういった意味ではだいぶ気持ちに余裕が出来たと思う。練習場通いは多いに越したことはないけれど、その分自宅練習がふえたことだし。

持参クラブは、ドライバー、7W、7I、AW、SWの5本。

ボールの位置を例えるのによく顔の部分が使われる。左耳の前とか左頬の前とか。一定の人もいればクラブによってボール位置が変える人もいる。あるいは打とうとする弾道によっても変わるだろう。

そしてセットされたボールを打つ時。例えば左頬前にセットしたのなら左頬の位置でインパクトするイメージ。耳でも鼻でも同じようにその部分を強く意識してインパクトを迎える。要はクラブヘッドがその位置を通過する時に「ここだ!」みたいな感じでインパクトを意識する。

今日の練習ではこれがやってみたかった。自宅での素振りで感覚的なものはやっていたので、予想外にすんなりと好感触。自分のボール位置を決める練習ではなくて、ボール位置がどこでも綺麗にインパクトできるようになるための練習。この捉え方で練習すると、いろんなボール位置でのスイングがスムーズになって練習も楽しかった。

今日は打ち放題ではないので140球で終了。アプローチに半分、あとの半分を他のクラブで費やしたが、7Wが相変わらず不安定。体が開いてしまうのが原因で高いスライスを時々打ってしまう。他は概ねいい感じで練習できた。ドライバーの弾道もかなり強くなってきた。

今年は事情がありラウンド数が減るが、コースへ出るのが楽しみ。


2009年12月30日

ドライバー練習動画(2009/12/30)

ドライバーをリシャフトしてから、以前よりしっかり振ってもボールが暴れないもんだからすっかり力む癖が付いてしまった気がする。先日の練習ではその弊害か、他のクラブに悪影響を与えてしまっていた。

今日は「飛ばしてやろう」という気持ちを捨てて、とにかく気持ちよく自分のリズムでスイング。シーズンオフ中は、このリズムから効率の良い自分のフルスイングを探して行こうと思う。今日はドライバーを続けて打ってからショートアイアン、再びドライバーを打って次はフェアウェイウッドという具合に、ドライバーを挟んでの交互練習を繰り返してみた。

従来の自分の練習では、“ドライバーを練習する”という習慣がほとんどなかったので、最近は凄く新鮮な気持ち。これまでも「ドライバーを打てるようになりたい」という練習はしてきたけれど、完全に14本の中の1本として練習に加えるようになったのはリシャフト後から。

明日は、今年の下半期で唯一100を叩いてしまった難関、玉造ゴルフ倶楽部捻木コースでの今年最終戦。タイミング的にはリシャフトしたドライバーと、練習を重ねているパッティングで成果を出して是非リベンジしたいところだけど、そう思うには少しやっかい過ぎるコース。13ホールの池絡み、あのやっかいなグリーンをどうして攻略してやろうか。


2009年10月27日

ドライバー練習(向原ゴルフセンター)

今週末のラウンドから自分のドライバーを使ってみようと思う。思えば以前怖くて打てなかったフェアウェイウッドの時も、怖がらずに実戦で使用することで徐々に打てるようになった。幸い、全く上がらないというどうしようもない状況から脱している。次のラウンドは他の3名が滅多に90台を打たないという方達なので、自分が一番下手なのは明白。マイペースで下手ぶりを披露できる格好のシチュエーションでもある。

実は数日前からそのつもりだったので、コーチにグリップ交換をお願いしてあった。そのドライバーをレッスン場へ取りに行ってその足で近所のレンジへ出かけ、ドライバー中心に練習。全140球のうち100球近くはドライバー練習に費やしただろうか。他のクラブに比べたら方向性も悪いし弾道もバラバラ。他のクラブでは出ないスライスも出る。

かなり不安な気持ちの中で、今日はボール位置をどこにすれば最適かを徹底的に模索。レディースドライバーでは左足つま先より1個右側に入れるのが良かったが、左足つま先が一番良さそう。加えてリズムを絶対崩さないように大きくゆったりスイングすることに終始した。あとテークバックでしっかり右足に体重を乗せるのも忘れずに。

リズムが安定してきたところで、フォロースイングだけ少し力を入れてシャフトが首に巻きつくよう振り切ってみる。かなり気持ち良いが、これをした時はスライス弾道の曲がり幅が増すのでとりあえずやめとこう。

最近のスコアは90台前半に集中して落ち着いてきた。この定着は今年の大目標でもあった。とりあえずは達成できたとして、あとの2ヶ月はスコアの平均が再び上がってしまったとしても、来年のためにいろんなことにチャレンジしてみようと思う。凹まない程度に(笑)。


2009年10月15日

練習(20091015)

もともとはらい打ち、すくい打ち気味のスイング。上手く当たっている時は良いけれど、狂い始めると長いクラブが当たらなくなってくる。前回のラウンドではこれが出始めたように思ったので、今日はその狂い始めたスイングが修正できるといいなぁ、なんて漠然とレンジへ出た。

最初の20球ほどは、7番アイアンですら前回のラウンド同様にスライス回転する弾道が多く、どうしたものかと少し休憩。そしてふと先週のキャノンオープンの映像を思い出した。それは池田勇太プロ、久保谷健一プロのスイング。レッスンからもしばらく遠ざかっていた自分の注意点をこの2人のスイングで思い出したのを忘れていた。

久保谷プロの浅めのトップ、池田プロの打ち込み。

そこで、バックスイングはスリークォーター直前程度で切り返し、腕はほどほどにして肩を回す意識。このへんまでならプッシュアウトする怖さもない。インパクトでは、パンチショットをイメージするくらい極端に打ち込んでみた。途端にドロー回転の利いた力強いボールが連続する。

いつ振りだろうか、こんなに気持ちよくアイアンが打てたのは。しかも連続で打てたのが気持ちよかった。続くフェアウェイウッドも同じイメージで力強く叩けた。自分はこれくらい極端な意識で矯正して、やっと人並みのスイングになっているということなんだろう。

しかしドライバーだけがなぜかスライス回転。もちろん練習に持参しているのは自分用のドライバー。OBになるほどのスライスボールではないものの、練習場でこれではコースでは怖くてまだ使えない。

最近、池田勇太プロの独特の雰囲気が大好きで、早送りしながら彼の録画映像を多く見ている。イマドキの打ち方ではないかもしれないが、自分は彼のアイアンがターフを豪快に取る姿が心地良い。そしてその瞬間の破裂音。今回は彼のスイング残像が良い影響を与えてくれた。


2009年09月23日

向原ゴルフセンター(20090923b

午前中から近所の練習場へ。今日は連休2ラウンド分の体ほぐし、それと足の使い方チェックが練習ポイント。早朝割引時間に入った人が残っていたので混んでいて、打席は一番右側に入る。

左膝を使ったスイング

ダウンスイングで左膝&左股関節が伸び始めて、インパクトでは完全に伸び上がる。前回のレッスンで「もっと左膝を柔らかく使って」と言われたのを思い出して、この2ラウンドもつま先下がりの傾斜からナイスショットが何度か打てた。これも1度大ミスをしたから思い出した。

自分のイメージとしては左膝を突っ張ってしまわないで、曲げたままで左膝を車のサスペンションの様に使う感じ。これをやるとフォロースイングが下に長く出て大きくなって、開いたり左肘を引いてしまったりということがなくなる。ただし、左の壁を別の意識で感じないと体重移動じゃなくて体が平行してしまいがちなので注意しなければいけない。

クラブを右手で後方に引きすぎ

プッシュアウトのひとつの要因。右肘の位置か背中側に逃げてしまってクラブを背中側に大きく引いてしまう癖。コーチにいわせると「遼君ばりにクラブを引き付けて下ろしてる」とのこと。遼君が引き合いに出されて嬉しい反面、その前後の処置が自分あたりに出来るはずもなく…。

これは、練習を終えてから見た動画で思い出したことなので、今後の練習で随時修正していきたい。自宅の素振りでもできるかな。今日の練習はは1時間ちょいで約50球。自分用ドライバーもまずまずだった。


2009年09月09日

ドライバーショット5連発

引っ越しで忙しく自宅練習もようやく今週から再開。レンジでの練習に至ってはは実に約2週間ぶり。中16日も開いてしまった。毎週練習していた自分にとっては過去最長のブランクとなった。

練習場は自転車で約7〜8分。すごく近いわけではないけれど、道は2回曲がるだけですんなりストレスなく行けるので凄く嬉しい環境。

久しぶりのフルスイングは、やはりぎこちなく最初に握ったSWはダフったりシャンクしたりを5球ほど繰り返した。予想通りのサビつき様だったので、すぐさまハーフスイングからスリークォータースイングに切り替えて小さなスイング幅でぼちぼちと練習再開を楽しむことに。

ドライバーの皮剥ぎ

ドライバーは見るのさえ随分久しぶり。持参したのは奥さんのレディスではなく自分のドライバーだけど、アドレスした感じが良かったので思い切って青いフィルムを剥がすことにした。しかしそのとたんに青い時よりも難しく感じてしまうことに(笑)。見た目って大切だなぁ。

今日はまず肩慣らしといったところ。幸い今週末は、アプローチ練習場やグリーンもある練習場で出張レッスンを受けるので、リハビリ開始にはちょうど良い。そこでオーバーホールしてもらおう。


2009年07月26日

向原ゴルフセンター

午後からドライバーを試すために屋外レンジへ出かけた。雲ひとつない猛烈な晴天で、外に出た瞬間に一瞬ためらったが…。レンジに着いて打席につくとかなりのアゲインストな風。まあ、精神鍛錬にもなる。

いつも通り短いクラブから順に打つ。8I、6I、5Wをそれぞれ2〜3球ずつ2巡させて、いよいよドライバー。初球こそ力が入ってしまって超低空ライナーを打ってしまい、「あぁ、やっぱりダメなのか」と一瞬思ったが、一旦深呼吸して冷静に打ち始めると、まずまずの弾道が連続した。

しかし気になるのは、その半分以上がスライス球だったこと。

ここで気づいた事が2つ。ひとつは、レディースドライバーを使っていた影響でボール位置が中央過ぎだったこと。もうひとつは、昨日レッスンで教わったボールまでの距離。近くに立って前傾と尻突き出しを実施。まだ窮屈な感はあるけれど、これで俄然弾道が安定するようになった。

ドライバー練習動画(2009/7/26)
ドライバー練習動画

打席が左側で、正面のネット手前にあるフラッグを向いているので、目標方向は向正面中央の柱のやや右側。ボール位置に気づくまでは右左の黒ラインのように、バラバラなボールが出たりプッシュアウトからスライスするボールもあったが、正してからは概ね赤点付近の弾道。

動画の1球目はプッシュアウトに出て少しだけ左に戻り始めたところでネットに当たった。2球目はほぼ理想の弾道だったけど、着地点までを考えるとやや左へ行っちゃたかもしれない。3球目はやや低くめに出て結構左へ曲がりそうな勢いでネットに。左へどんどんランするパターン。

ネットまでは練習ボールを加味して約130Y(実測約103m)。強いアゲインストとはいえ、飛距離はそんなに出ていない感じがする。まあ、まずはちゃんと上がることで良しとして、まずは方向性重視で。

これでやっと最後の砦のドライバーが使えるようになる気配。でも1日だけならこれまでも調子よく打てた時があったので油断禁物。気のせいじゃなければ、これまでにない手応えだと思うのだけれど…。

関連リンク
・向原ゴルフセンター


2009年07月12日

なんかそろそろドライバーが打てるようになってるんじゃないか?という衝動に駆られて屋外レンジへ。本来は昨日教わったテイクバックの形をインドアレンジで集中的に作るのが先決なのだけれど…。

向原ゴルフセンター
向原ゴルフセンター

持参クラブはDR、5W、6I、8Iの4本。8Iから順に1〜2球ずつ、自分のルーティーンをとりながら丁寧に打つ。引っ掛け&フック気味が多かったため、素振りでスイングを整えて2順目で今度は各2〜3球ずつ。

床がタイルカーペットなので、その升目を45度になぞるようゆっくりテイクバックして昨日のドリルの再現。本当にゆっくりで、トップでは一旦止めるような感じだけど、飛距離、方向、弾道ともにまずまず。

そして練習はドライバーへ。北の武器商人さんに言われたように、レディスドライバーの最初の頃をイメージしようとするが、素振りしているうちに全く解らなくなってしまった(笑)。結果は案の定で全くだめ。

ドライバー練習

その後も、素振りを交えながらドライバーの練習は続けたが、30球ほど打ってそれなりのボールが出たのは3〜4球。手応え悪くチーピン気味に出たり、手応えが良いとかなりのプッシュアウトという始末。

ヘッド体積もクラブの長さもそんなに違わないのになぁ。

撮影したムービーを見ても、ドライバーになるとスイングが全く別人のようになる。前傾が立ち、ハンマー投げのように手が伸び、体の開きも凄く早くなる。よく見ると、素振りの時点ですでに出来ていない。帰宅してから奥さんにムービーのスイングを笑われてしまった(笑)。

まだしばらくはレディスドライバーに頼ることになりそう。


2009年05月29日

コンペを明日に控えた奥さんに付き添って練習場へ。今日は車で行ったのでいつもより持参クラブは多め。DR、5W、UT、6I、8I、PW、AWの合計7本。こんなに積むんだったらバッグごとでも良かったかも。

向原ゴルフセンターで練習

前半20球。とても強くて良いボールがどんどん出るのだけれど、撮影ムービーを見てみると、右膝と右肩が前に出てるわ、左腰が引けて体は開いてるわ、右腕を使ってしまってるわで「どんな練習を積んできたんだ?」と自分に問いただしたくなるような感じ。

でも、打球自体はそう悪くない。

きっと別の悪い部分が相殺してくれてるんだろう。とうことで、まぐれ当たりにうっとりするのは止めて、撮影しながら8Iで素振りをしばらく繰り返して“意味ある練習になるようなスイング”に落ち着かせてから、再びボールをセットして打ち始めた。各クラブ5球ほどずつ。

浅いトップからでも充分にヘッドが走るように心掛けた。

ウッドも当たるようになってきたし、数ヶ月ぶりに握ったUTも久しぶりの感触の良さを感じられた。そろそろまた使い始められるかな。DRは、短く持ってかなりマシになってきた。まだドライブするまでには至っていないけれど、130Y先のネット中段に当たるだけでも進歩。

しかし、彼女のドライバー(Callaway GOLF Big Bertha 2008 13度 44inch Flex-L C0)で軽く振った方がかなり真っ直ぐよく上がってネット上段へ強く突き刺さる(笑)。次のラウンドで借りようかな(笑)。

関連リンク
・向原ゴルフセンター


2009年05月24日

向原ゴルフセンター

雨が降っていて少し億劫だったけれど、レッスンの復習を屋外でやっておきたかったので予定通り出かけた。持参クラブは久しぶりとなるドライバー、5W、アイアンは6番、8番、PWの合計5本。

いくつかのポイントを復習するように念入りにPWで素振り。最初はダフリ、引っ掛け、擦ってスライスが繰り返される。そこで一緒に付いてきてくれた奥さんから「テンポが早いよ」とアドバイスをもらって、更に何度か素振りを繰り返して、力まずヘッドを走らせる事に集中。

ようやくテーマ通りの練習が出来始めた。

ショートアイアンだけでなく、今日は6番アイアン、5Wも良い感じで振り抜けて理想に近い弾道が出るようになってきたので、今日は念のために一応バッグに入れてきたドライバーを打ってみることにした。

しかしやっぱりダメ。ドライバーになった途端にスイングが変わってしまい、レッスンで得た注意点が全く再現できない。

でもここであることを思い出した。“ドライバーは振りやすいところまで短く持って練習する”って以前に決めたんだった。完全に忘れてた…。ということで、かなり短くもってアドレス。当たり前だけどかなり打ちやすそうで安心感があって、それなりのボールがやっと打てた。

でもわざわざドライバーで打つほどの距離は出ていない。これなら得意の3Wでも充分。でも練習する気になってきた、というところが今日の収穫かな。「ドライバーだけは負けるなぁ」なんて奥さんと談笑しながら、今日は自分のクラブセットを持参しなかった彼女も打席へ。

向原ゴルフセンター(MEGUMI)

やっぱり、ドライバーだけは彼女の方が上手だし、よく飛ぶ(笑)。

関連リンク
・向原ゴルフセンター


2009年04月26日

向原ゴルフセンターで練習

昨日の大雨から一転して快晴。帰ってからTVで知ったが川奈のフジサンケイレディスは強風で中止になった。レンジではそこまでの強風はなく適度に心地良い。時々吹く突風が打球に影響を与えてはいたが。

アイアンの当たりは引き続き悪くなかったが、ウッドは先週コツを得たはずの“ゆっくりスイング”のタイミングがなかなか思い出せず、少し打っては自動ティーアップ機を止めて、ゴムティー打ちで模索を繰り返す。

グリッププレッシャーを緩めてテイクバックもゆっくり、でもダウンスイングから力が入っていることに気づいて、自分的にはまるでスローモーションのようなスイングに落ち着いたところでやっと当たり出した。

でも次にアイアンに持ち替えて同じ感じで打つと、緩めどころがおかしいのかプッシュアウトしてしまう。アイアンは若干しっかりめにボールに向って行き、打ち込んだ方が良い様子。

いずれ同じイメージというか流れで打ちたいのでこれは宿題。クラブセッティング上の問題なのか、自分のスイングなのか。でも他人に自分のクラブを打たせたら上手に打つから、自分のせいには違いない。

関連リンク
・向原ゴルフセンター


2009年04月12日

小竹向原で見つけたチューリップ

ラウンド翌日だと言うのに、午前4時半に起きてマスターズ観戦。その後そのまま居眠りして昼前に起き、天気も良かったので昨日のラウンドの反省材料再確認のため向原ゴルフセンターまで出かけた。

昨日のラウンドでは、“右腕を極力使わない”を第一に考えて、これが実行できたショットは概ね上手く打てた。次に“ヒールアップせずベタ足”は実際はなかなか実行が難しかった。もっと癖づけないと。

ヒールアップ自体は悪いことではないが、ヒールアップしないで練習すると明らかにヒット率が違うので、ヒールアップ後に左足への体重のかけ方、かかと位置、膝や腰の開きなどに問題があるのだろう。

また、左腕主導でスイングする場合、左肩を突っ張るように力を入れてしまうのでこれも問題。今日のレンジでも素振り時のスムーズさと比較すると、ボールを打つときの力の入り方はいただけなかった。

6番アイアンショット

形の上ではいくつかの注意事項を守れていたとしても、力の入りすぎとそれによる体の開きがラウンド時の課題。今年に入ってまだ100が切れていないが、それだけで90台は出るだろう。それ以上は運も必要で、更に上に行くには技術が必要。まずは再び100切り目標。

関連リンク
・向原ゴルフセンター


2009年04月05日

向原ゴルフセンターで練習

陽気はすっかり春。電車で約10分先にある向原ゴルフセンターまで出かけた。持参クラブはDR、5W、6I、8I、PWの5本。この冬はインドアレンジ中心に練習を積んでいたので、たまには屋外で「飛ばしてやる」という雑念と戦っとかないと。前ラウンドのような失敗もあるし。

アイアンは概ね順調。力も入らず今日はインドアレンジでの練習と同じような力加減でスイング出来た。せっかく当たりも良かったので、1球ずつクラブを換えながらルーティーンからじっくり打ったりした。アイアンに関してはベタ足に替えたとたんに良く芯に当たるようになった。

問題はウッド。ほとんどまともに飛ばない。ただ、ゆっくりスイングすることを心掛けて、体の開きと左肘の引きを我慢できた時に限ってなんとか飛ぶ。クラブが長くなると、いろんな部分の我慢が効かなくなって、スイング自体にも力が入って右手を使ってしまっているんだろう。

年初めからしばらく「ウッドは当たるがアイアンがダメ」という時期があったが、自分の場合はウッドが打てなかった時期が長くあったせいか、アイアンが当たる方がずっと気持ちよく練習できる。

でも両方上手になりたい…。

しかしベタ足を続けているせいで、足首の張りと背骨周りの筋肉痛が出てきた。これだけ練習していて、今さら新しい部分に張りがあるなんて面白い。以前より足を我慢して体を回している証拠だと思っておこう。実は肩凝りも出てきているのだけど、これはいただけないかな。

関連リンク
・向原ゴルフセンター


2009年02月22日

向原ゴルフセンターで練習

今日は向原ゴルフセンターまで出かけた。昨日のレッスンでピンときたスイングでどんなボールが打てるのかを確認するために。

しかし最初はなかなかヒットせず、トゥ寄りにヒットするカス当たりばかり出る。また腰を引いてしまってるのだろうか?あと、バックスイングのプレーンもぎこちない。そこでボールを打つのをやめて、ガムの包み紙を細かくちぎってマット上に置き、それをボールに見立てて昨日のドリルを繰り返すことに。その後10球試してはドリルに戻り、の繰り返し。

素振りとドリルを繰り返すこと約1時間でようやく当たるようになってきたが、そんなこんなでここまで約100球も使ってしまった。ある程度想像できたけれど、やっぱりもっと固めないと行けない。

また、ストレッチにかける時間と内容にも問題があるのかも。いつも決まったパターンのストレッチを必ずしているものの時間にしてほんの5分程度。屋外レンジはインドアのように時間制ではないので、充分すぎるくらいのストレッチメニューを作ってみようかな。

そう言えばラウンドでも毎度エンジンのかかりが遅い。しかもかからないで終わることさえある(笑)。案外こういうことが一番大事なのかも。

ドライバーの打痕

一応、最後に連続して打ったドライバー12球のボールマークは、今までにないくらい中央に集中していた。これは奇跡的。

▼関連記事
欠点はいつも相殺してくれるとは限らないので
▼関連リンク
・向原ゴルフセンター


2009年01月12日

向原ゴルフセンター

小竹向原駅のすぐそばにある向原ゴルフセンターに出かけた。大晦日に訪れた練習場のすぐ隣。建物の新しさからしてこちらの方が後で営業を開始したと思うが、隣の古い練習場の方に同情を感じる。値段は古い方の練習場が安いが、こちらの方が綺麗で距離がある。心情的には古い方を応援したいが、今日はお試しでこちらへ。

距離は全長130Y表示。中央に見えるグリーンが60Y、色の変わり目が70Y、奥にあるピンが100Yということになっている。空撮地図の実測では全長は110Yと出たがそれ以外は表示とほぼ同じだった。

打った球数は合計140球。今日も昨日と同様に、なかなかスイングの力が抜けなかったがアイアンは昨日ほどのミスは出ず手ばかりが突っ込み過ぎる原因もすぐ修復できた。あとはラウンドで出ないためにどうするかが課題だけど、すぐ解決できればとっくに上達しているんだろうから原因が解ってるだけでも良しとする。

向原ゴルフセンターで練習

問題はドライバーとフェアウェイウッド。原因は解っているつもりでもなかなか上手く行かない。問題を抱えたままの練習終了となった。これまで練習場にきて修正が効かなかったことなんてなかったのに。やっぱりドライバーだけは別物ということなんだろうか。逆にその考えがダメなのだろうか。解決方法が今日の自分の引き出しになかったということだけが分かった練習となった。難しい。


プロフィール
ゴルフマニア手帳 by 大西義治
名称:ゴルフマニア手帳
著者:大西義治(はるる)
生年:1964年(昭和39年)
身長:165cm
体重:62kg
出身地:大阪府大阪市
住まい:東京都板橋区

自営業を営む趣味ゴルファー。東京都板橋区在住。生涯続けられるスポーツとして、趣味のゴルフを43歳から始めました。
  
クラブセッティング
ドライバー
GP ONE MINUTE M52
TRPX AURA(S)
フェアウェイウッド
BBD's 304T(#4)
TRPX RED-HOT TYPE-P(2+)
ユーティリティ・ハイブリッド
PING Anser(#20)
TRPX UT-7(1+)
PING Anser(#23)
TRPX UT-8(1+)
アイアン
MIZUNO MP-53(#5-PW)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
ウェッジ
MIURA MB-5000WB(#53)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
MIURA MB-5000WB(#57)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
パター
Edel Golf E-2
ボール
SRIXON Z-STAR
戦績
通算記録
通算ラウンド数(186)
2016年ラウンド数(24)
2015年ラウンド数(21)
2014年ラウンド数(20)
2013年ラウンド数(24)
2012年ラウンド数(17)
2011年ラウンド数(14)
2010年ラウンド数(17)
2009年ラウンド数(19)
2008年ラウンド数(26)
2007年ラウンド数(4)
ベストスコア(75)
ワーストスコア(152)
ベストハーフ(37)
ワーストハーフ(80)
ハンデキャップ
JGA/USGA(12.6)
GDO(15)
2016年の記録
ラウンド数(24)
平均スコア(86.7)
平均パット数(1.83-2.07)
フェアウェイキープ率(44.0%)
パーオン率(27.3%)
リカバリー率(22.3%)
サンドセーブ率(17.3%)
ラウンド予定
2017年3月
猿島カントリー倶楽部
ワンウェイゴルフクラブ
2016年
2016/11/25
大栄カントリー倶楽部
2016/11/18
浦和ゴルフ倶楽部
2016/11/09
美里ゴルフ倶楽部
2016/10/28
カレドニアンGC
20/16/10/14
サミットGC
2016/10/08
十日町CC
2016/09/29
阿見ゴルフクラブ
2016/09/09
ザ・インペリアルCC
2016/09/02
阿見ゴルフクラブ
2016/08/19
猿島カントリー倶楽部
2016/08/11
ザ・インペリアルCC
2016/07/27
千葉CC-梅郷C
2016/07/14
紫あやめ36-EAST
2016/07/01
阿見ゴルフクラブ
2016/06/16
紫あやめ36-EAST
2016/06/01
紫CCすみれコース
2016/05/26
阿見ゴルフクラブ
2016/05/12
阿見ゴルフクラブ
2016/05/05
ザ・インペリアルCC
2016/04/22
紫CCすみれコース
2016/04/15
浦和ゴルフ倶楽部
2016/04/07
新武蔵丘ゴルフコース
2016/03/25
紫あやめ36-EAST
2016/03/18
八千代ゴルフクラブ

86(35)

92(28)

86(33)

94(35)

84(31)

95(37)

88(33)

86(36)

81(30)

86(29)

75(32)

96(37)

86(34)

85(30)

79(28)

95(34)

89(37)

84(31)

82(36)

84(35)

90(32)

79(28)

95(39)

84(30)
2015年
2015/11/13
紫あやめ36-EAST
2015/10/31
十日町CC
2015/10/16
紫CCすみれコース
2015/10/09
エーデルワイスGC
2015/09/18
若洲ゴルフリンクス
2015/09/11
ザ・インペリアルCC
2015/08/28
紫CCすみれコース
2015/08/20
千代田CC-中東
2015/07/31
千葉CC-梅郷C
2015/07/23
紫あやめ36-EAST
2015/06/24
紫あやめ36-EAST
2015/06/13
八千代GC
2015/06/06
双鈴GC関コース
2015/05/29
紫CCすみれコース
2015/05/23
十日町CC
2015/05/15
阿見ゴルフクラブ
2015/05/04
阿見ゴルフクラブ
2015/04/24
若洲ゴルフリンクス
2015/04/18
紫あやめ36-WEST
2015/03/27
紫あやめ36-WEST
2015/03/20
紫あやめ36-EAST

85(30)

99(36)

98(34)

96(38)

94(35)

87(32)

93(31)

83(34)

94(33)

84(34)

86(29)

83(30)

91(33)

92(32)

89(40)

80(31)

84(34)

86(32)

91(33)

83(29)

87(30)
2014年
2014/12/19
紫あやめ36-EAST
2014/12/05
紫CCすみれC
2014/11/21
サミットGC
2014/11/01
十日町CC
2014/10/24
サミットGC
2014/10/01
紫あやめ36-WEST
2014/09/06
紫あやめ36-EAST
2014/08/22
阿見ゴルフクラブ
2014/07/25
川越CC
2014/07/17
紫あやめ36-EAST
2014/06/19
阿見ゴルフクラブ
2014/06/14
千代田CC
2014/05/28
紫あやめ36-EAST
2014/05/24
十日町CC
2014/05/03
おかだいらGL
2014/04/25
紫CCすみれC
2014/04/18
阿見ゴルフクラブ
2014/04/11
赤羽ゴルフ倶楽部
2014/03/29
紫あやめ36-EAST
2014/03/12
紫あやめ36-EAST

83(33)

90(34)

82(34)

100(38)

84(33)

88(29)

94(36)

85(31)

90(33)

84(30)

91(32)

80(30)

88(34)

90(38)

82(31)

90(37)

83(31)

85(32)

83(29)

84(30)
2013年
2013/12/31
紫あやめ36-EAST
2013/12/20
紫CCすみれC
2013/12/13
紫あやめ36-EAST
2013/11/22
千代田CC
2013/11/09
十日町CC
2013/10/17
富士桜CC
2013/10/11
セゴビアGC
2013/09/21
紫あやめ36-EAST
013/09/06
ワンウェイGC
2013/08/23
千葉CC・梅郷C
2013/08/14
紫あやめ36-EAST
2013/08/07
阿見ゴルフクラブ
2013/07/27
ひかみCC
2013/07/17
紫あやめ36-EAST
2013/07/13
紫あやめ36-EAST
2013/07/10
紫あやめ36-EAST
2013/06/08
紫あやめ36-WEST
2013/06/04
紫あやめ36-EAST
2013/05/18
ムーンレイク茂原
2013/05/15
おおむさらきGC
2013/04/28
ザ・GC竜ヶ崎
2013/04/13
阿見ゴルフクラブ
2013/03/20
紫あやめ36-WEST
2013/03/09
アゼリアヒルズCC

85(29)

91(32)

85(34)

93(37)

103(38)

89(32)

90(34)

84(28)

90(33)

92(32)

85(34)

78(30)

87(36)

96(31)

90(32)

85(33)

89(32)

86(31)

86(40)

91(35)

90(36)

86(37)

86(30)

85(35)
2012年
2012/12/30
アゼリアヒルズCC
2012/12/12
川越CC
2012/12/01
紫あやめ36-WEST
2012/11/24
富岡CC
2012/11/17
さいたまGC
2012/11/10
アゼリアヒルズCC
2012/10/21
ザ・インペリアルCC
2012/10/07
アゼリアヒルズCC
2012/10/04
エーデルワイスGC
2012/09/15
ハーモニーヒルズGC
2012/07/24
阿見GC
2012/07/14
高麗川CC
2012/06/23
千代田CC
2012/04/29
皆川城CC
2012/04/07
アゼリアヒルズCC
2012/03/14
湘南シーサイドCC
2012/03/03
朝霞パブリックG

92(36)

97(33)

88(31)

102(39)

87(31)

85(33)

88(31)

80(36)

104(36)

83(35)

86(30)

92(32)

82(30)

84(30)

80(33)

94(31)

92(30)
2011年
2011/12/30
アゼリアヒルズCC
2011/11/26
つつじヶ丘CC
2011/11/09
ホワイトバーチCC
2011/10/29
富岡CC
2011/10/02
埼玉GC
2011/09/23
アゼリアヒルズCC
2011/09/17
ホワイトバーチCC
2011/09/03
霞ヶ浦CC
2011/08/13
ホワイトバーチCC
2011/08/08
おおむらさきGC
201107/16
皆川城CC
2011/05/03
ハーモニーヒルズGC
2011/04/02
アゼリアヒルズCC
2011/03/09
湘南シーサイドCC

88(36)

101(41)

88(31)

94(37)

95(31)

87(31)

92(34)

86(32)

92(31)

91(34)

78(32)

83(39)

83(33)

85(32)
2010年
2010/12/30
アゼリアヒルズCC
2010/12/18
高根CC
2010/12/04
おかだいらGL
2010/11/27
おかだいらGL
2010/11/03
ハーモニーヒルズGC
2010/10/02
富岡CC
2010/09/04
ハーモニーヒルズGC
2010/08/28
玉造GC・捻木C
2010/08/09
瀬田GC・北C
2010/07/31
霞ヶ浦CC
2010/07/24
ザ・インペリアルCC
2010/07/03
鳳凰GC・東C
2010/06/05
おかだいらGL
2010/05/29
玉造GC・若海C
2010/05/01
おかだいらGL
2010/04/24
霞ヶ浦CC
2010/03/27
水戸レイクスCC

88(32)

98(38)

96(36)

93(33)

87(36)

96(34)

86(37)

102(45)

91(32)

90(36)

81(35)

94(35)

82(33)

94(33)

88(35)

84(29)

97(34)
2009年
2009/12/31
玉造GC・捻木C
2009/12/05
アジア取手CC
2009/12/01
高根CC(BT)
2009/11/21
玉造GC・捻木C
2009/11/01
玉造GC・・若海C
2009/10/20
おかだいらGL
2009/10/10
笠間CC
2009/09/21
笠間CC
2009/09/19
おかだいらGL
2009/08/13
滋賀GC
2009/07/09

笠間CC
2009/07/04
アジア取手CC
2009/06/13
笠間CC
2009/05/11
太平洋クラブ六甲
2009/04/29
ザ・GC竜ヶ崎
2009/04/11
ハーモニーヒルズGC
2009/03/28
イトーピア栃木GC
2009/01/11
千代田CC
2009/01/03
イトーピア栃木GC

90(36)

92(37)

88(30)

100(37)

99(30)

92(38)

96(34)

91(36)

88(32)

91(38)

90(33)

87(36)

95(38)

107(38)

96(37)

109(44)

125(41)

102(35)

102(41)
2008年
2008/12/21
イトーピア栃木GC
2008/12/08
サミットGC
2008/12/06
水戸レイクスCC
2008/11/30
みずなみCC
2008/11/22
東都飯能CC
2008/11/08
イトーピア栃木GC
2008/10/26
水戸レイクスCC
2008/10/09
小見川東急GC
2008/10/05
イトーピア栃木GC
2008/09/27
水戸レイクスCC
2008/09/15
イトーピア栃木GC
2008/09/07
ジュンクラシックCC
2008/08/31
東庄GC
2008/08/16
マスターズGC
2008/08/02
水戸レイクスCC
2008/07/26
板倉ゴルフ場
2008/07/20
アジア取手CC
2008/07/12
ロイヤルフォレスト
2008/06/15
アジア取手CC
2008/06/04
小見川東急GC
2008/05/18
アジア取手CC
2008/05/05
セブンハンドレッド
2008/04/12
ロックヒルGC
2008/04/06
グランディ那須白河
2008/03/08
セブンハンドレッドC
2008/02/16
アジア取手CC

98(38)

98(40)

102(42)

107(35)

103(35)

100(35)

96(39)

95(32)

101(39)

90(30)

95(35)

106(38)

103(38)

106(32)

99(40)

106(35)

99(39)

101(36)

94(32)

100(37)

101(40)

104(44)

108(43)

115(42)

112(38)

109(35)
2007年
2007/12/17
京CC
2007/11/23
鶴CC・宇都宮C
2007/10/06
ロックヒルGC
2007/09/05
小見川東急GC

125(41)

152(40)

137(44)

130(40)
過去記事