練習方法

2017年02月16日

メトログリーン東陽

普段からインドア練習場オンリーで、屋外で練習することがめっきりなくなってしまった。でもたまには外で風を感じながら、実際のボールが飛んでいく緊張感を感じないと、ってことで久しぶりの屋外レンジ。

記事の続きを読む

2017年02月10日

女性用クラブで練習してみたら

レッスン課題の練習用として、女性用のやさしいクラブを使うことにして数日続けてみた。女性用の短くて軽くて軟らかいクラブは、ドリルを行うにはもってこいで、いろんなメリットも得られたのだけれど・・・。

記事の続きを読む

2017年01月27日

浦和ゴルフ倶楽部で面白い練習をしてみた(PC)

同伴者のティーショット(1打目)を使って、2打目以降をプレーしてみるという遊びをコースで行ってみた。実際には、実験というか遊んでみただけなので何を得られるか?も分からないままスタート。

記事の続きを読む

2016年03月31日

コースに出て上達しよう

ゴルフは練習場とコースの環境が大きく違う。練習場でのショットがコースでできないのはもちろん、気分的にも舞い上がってしまったり。練習場に行く機会が多い練習好きほどこのジレンマに陥るという体験談。

記事の続きを読む

2016年03月10日

斉藤さんのアイアンスイング

どの番手で練習したら良いのか?初心者の場合、ラウンド前の場合、苦手を克服したい場合、スイング改造の場合といろいろ。これについて自分がやっていることや、世間(ネット調べ)の様子などをざっくりと。

記事の続きを読む

2016年02月25日

赤羽ゴルフ倶楽部で練習ハーフラウンド

シーズン開始を前にコースで練習しておこうってことで、仕事をちょこっと抜けて近くの赤羽ゴルフ倶楽部まで足を運んだ。午後1時から受付開始のハーフラウンド。やっぱりコースでも練習しないとね。

記事の続きを読む

2016年02月20日

屋外練習で全クラブ持参

普段はシミュレーター付きの室内練習場に週3〜4回のペースで通っている私。でもたまーに屋外練習場に行く必要がある。室内と屋外、どっちが良いということではなく、TPOでどちらも有効に使い分けるべし。

記事の続きを読む

2015年10月23日

ゴルフゾンジャパン本社の体験ブース

東京や大阪などの都心部ではゴルフ練習場が減少の一途。それに代わって増えてきたのが室内(インドア)の練習場。シミュレーターの進化で、もはや屋外練習場を超える練習方法も可能になってきたというお話し。

記事の続きを読む

2015年09月02日

フックグリップでシンプルスイング

今やフックグリップこそ基本の握り方。そう言われて久しく、自分でも頭では分かってるつもり。でもなかなかボールが捕まらない。握り方や動き方を含め、他人から指摘されて初めてわかった内容をまとめた。

記事の続きを読む

2015年08月18日

素早く切り返す

なかなか直らないオーバースイングという無駄な動き。「ここまで!」と思っても腕が勝手に悪さをする。ならばと試みたのが、切り返しのタイミングを早くするという荒業。これだけで脳内に革命が起こった。

記事の続きを読む

2015年08月12日

脇にタオルを挟むドリル

曲がる、ダフる、方向性の安定、シャフトクロス、オーバースイングをすべて一気に直してしまうタオルを使った基本ドリル。もの足りない場合はこれにクロスハンドを加え、がんじがらめのショートスイング!

記事の続きを読む

2015年07月01日

方向性を指先で感じる

フックやスライスでボールが曲がることを悩むより、まずは打ち出す方向性を整える感覚の管理が先決。身体のどこにポイントとなる意識を持てば出球の方向性を整えられるか?曲がることより打ち出し方向!

記事の続きを読む

2015年04月22日

ショットを具体的にイメージする

スコアアップにおいて最も有効な練習方法は、ウィークポイントを消し潰していくこと。とりわけ直近のラウンドで失敗したことをなるべく早期に復習して「同じ失敗を減らす方法」を模索するのが良い。

記事の続きを読む

2015年03月05日

パッティング弾道軌跡画面

パッティングの距離感をシミュレーターの打席を使って計測してみた。ロングパットは、アマチュア最大の弱点のひとつでありながら、バンカーショットと共に最も練習されない部分。で、測定器が使えないかを模索。

記事の続きを読む

2015年02月27日

ピッチングウェッジでスイングプレーン作り

全てのクラブをピッチングウェッジ(以下PW)のように打ちたい!という目標のもとに練習を続けてきたこの冬。まずPWでスイングを作って少しずつ長いクラブにもそれを適応させていくという単純なもの。

記事の続きを読む

2014年12月29日

ハンドファーストイメージ

右にも左にも曲がってしまうデタラメなボールの行方。更なるスコアメイクのため、フェード一辺倒へのスイング改革を開始。ドライバーからアイアン、アプローチまで全て同じスイングが目標。中でも基本となるクラブはPW(ピッチングウェッジ)で、全て同じようにスイングする。

記事の続きを読む

2014年11月26日

inGOLF kitaikeの傾斜打席

グリーン周りはいろんなライが混在しているもの。平らな場所がほとんどないだけでなく、プレッシャーも他のショットの比じゃない。しかしこここがスコアメイクの要であることは周知の事実。神経を使うショットだから、できるだけシンプルに考えて動作もシンプルにしたい。

記事の続きを読む

2014年11月13日

大きなフォローとフィニッシュ

テークバックで腕を大きく振り上げるより、小さなテークバックからフォロースルーを大きくする方が全てにおいて効率が良い。ごく当たり前のことながら、飛距離・方向性・距離感で悩む多くはバックスイングやトップ位置に一生懸命で、インパクトで終わっている人が多い。

記事の続きを読む

2014年05月13日

自宅で素振り練習中

素振りでゴルフが上達するならこんなに都合の良いことはない。素振りの大切さを上手に教えてくれるサイトは他にも多くあるので、ここでは私自身が行っている素振りの練習方法とその効果を記事にする。

記事の続きを読む

2012年11月04日

ウェッジで右手ごろし

緊張感が増すほど力が入ってスイングテンポが早くなる。これは中途半端な距離を打つ時にコースでよく起こること。そしてそのすべての根源は右手、もっと言うと右手の人差し指の仕業。

その人差し指をころすべく、写真のように右手のグリップを人差し指と中指の間(Vサインの間)で挟む握り方にする。急に右手が不安になるので体を使うようになる。グリップを体の近くに置いておかないと暴れて管理できないから、適度な位置に収まる。

あとはそのリズムとテンポを体に覚えさせるだけ。

これをやると、魔法のようにウェッジが易しく感じるはず。普通のグリップに戻してもしばらくは効果が続くがすぐにダメになる(笑)。どれくらいこれを繰り返せばモノになるんだろう。今回で3回目の練習だが、来春までになんとかこの力感をマスターしたいと思う。

6番アイアンの打痕

今日はそれとは別に6番アイアンの練習も多く行った。ヒール寄りに当たることが多かったが、シールで確認すると(画像参照)なぜか中央に集まる。緊張感の賜物だろうか。シールを貼らないでも同じ目的意識と緊張感を持てればいいということだろうか。

それとももっとヘッドの小さいアイアンに変えてみようかなぁ。ミズノのMPをレンタルで借りてみようかな。同じ効果があるといいけど。


2011年12月18日

向原ゴルフセンター1階打席

今週も土日で連日早朝練習へ。この週から練習場のオープン時間が6時から6時半に変更になった。それに合わせるかのように急に人の数が少なくなった。開店時間に合わせて来るという熱心な早朝組も、やはり寒くなると億劫になるらしい。気合いが中途半端だなぁ〜。

先週のワンポイントレッスンから、明らかにいい感じでボールを捕えられることが増えた。意識としては、ヘッドを走らせて最加速ポイントがインパクト直後になるようにクラブヘッドを誘導するというもの。

仮面の忍者・赤影のイメージ
「背中の鞘から刀を抜くようにクラブを下ろす」これは同世代のコーチから教わった言葉。自分の中ではこれから連想するのは忍者。別にガンダムでもいいんだけど、自分の場合はとりわけ赤影(笑)。

仮面の忍者赤影

例えはさておき、いわゆる「クラブを立てて下ろす」のと一緒。でも自分の場合はやっぱり「鞘から〜」の方が物体を意識できていいし、幼少期にプラスチックの刀を背中に結んで遊んでいたので、その頃を懐かしめて楽しい気分になれる。実際にそんなに綺麗に刀が抜けるか?は別としてとても、大変イメージしやすいのでこれを採用中。

イメージ実施中のポイント
あくまで鞘からはフワッと抜く。徐々に加速していく中で、右足の前にヘッドがくるあたりからフェースの向きと入射方向を気にする。自分の場合は少し手前(イン)側から入れるイメージでやっと捕まる。加えてハンドファーストで捕えられるようにクラブを誘導するような感覚。

体の正面を追い越して行くクラブヘッドを追うように、自分の上半身もそちらへ向けてターンして追いかけていく。いわゆる「ヘッドを感じる」と表現されるものと一緒なのかもしれない。今はこれらの基本をメインに憶えている最中だが、クラブがいい具合に入るようになってきた。

今のスイング練習手順
(1)9時→3時でぶらぶら反復素振してヘッドを感じる。
(2)肩(上半身)を回しきってからクラブを上げる(右肘を曲げる)。
(3)背中の鞘からフワッと刀を抜くようなイメージで切り返す。
(4)右足前あたりからフェース方向が合うよう誘導。
(5)インサイドからハンドファーストにボールコンクトを誘導。
(6)クラブヘッドに追い越されてから追いかける。

ポイントが多いので、ミスするたびに「あ、あれを忘れた」の繰り返しで時間があっと言う間に過ぎる。春までにはたっぷり時間があるのでそこまでに「楽しみ」と思えるような確率に仕上げていきたい。年内あと1ラウンドあるがどうせゴルフ場は凍っているので何も求めない。

テーマイメージは「楽に打つ」。客観的に見て「楽に振ってる」「どこにも力が入ってない」と思えるよなものにしたい。


2011年04月03日

向原ゴルフセンター(2011年4月3日))

プロが行うラウンドの練習は、ラウンド(試合)で乱れたショットを整えるという意味があるという。コースでは、場面ごとにさまざまなショットを要求される。場面ごとのプレッシャーをはじめ、斜面、風、ライの状態、そして疲れなどが原因。スイングに変化が起きてしまうらしい。

アマチュアもしかり。スイングの変化(悪化)は、間違った開眼の蓄積を筆頭に、ラウンドをきっかけに起こることが多いのかもしれない。

そこで始めて「ラウンド後にスイングを整える」という意味の練習をやってみた。持参クラブは、DR、UT23度、8番アイアン、PW。スイングを整えるだけなら、ということで選んだ4本。本当はもっと絞って8番アイアンとAWの2本とかでも良かったのかもしれない。模範は“ラウンドで良かったクラブだけにして悪いイメージを消す”らしい。

スイングを整えるチェック項目
大雑把に挙げると、アドレス・テンポ・リズム・バランスのチェック。自分が今回行ったのは、しっかり打てる範囲で可能な限り大きくゆったりとしたテンポでテイクバックし、心地良いリズムでスイングを終えることだけを考えるというもの。ボールの行方が気になったり、フィニッシュでふらついたり、切り返しやインパクトで「おりゃ!」となったりは厳禁。

とまあ目的は「スイングを整える」という部分にあったものの、凄く気持ちよく、また方向性と弾道が昨日のラウンド時とは比較にならないほどの良い結果があった。100球で終えたが、こんなに気分良く練習場を後にできたのも久しぶりのような気がする。

帰宅後、パッティングマットでも同じテーマで練習。昨日ラウンドで初めて試したクロスハンドグリップもやってみたが、これは引っ掛けたり押し出したりでどうも方向性が悪い。ということで早々に却下(笑)。でも終盤で良い結果が得られたのも事実なので、時々試してみよう。


2011年01月20日

本番につながる練習場での準備

知人たちからは、「練習より本番の方が良いね。」と言われるが、自分では「練習も本番もほとんど同じ。」と思っている。でも周りには、「練習は良いけどコースで失敗する。」と言う人が圧倒的に多い。先日の記事にも記したことだけど、ちょっとこれを考えてみた。

実は自分自身でも「コースの方が上手く打てる。」とちょっとだけ思っている。でもこれは自分の優劣の基準が、「練習場では厳しく、コースではかなり甘い。」という設定が大きいんだと思う。コースでは、目の覚めるようなナイスショットを期待して打つようなことはほとんどなく、ショット前には「あのへんくらいに行けばいいだろう。」程度の気分。また、結果論だけど、そう思えた日ほどゴルフの内容が良い。

練習では、目標に対して何度も同じクラブで練習できる。でもこれで打てたナイスショットを勘定に入れてしまうと、実際のコースで凹む結果になってしまう。自信という心の箱には入れるべきだけど、コースで再現できるレベルか?となるとおのずと厳しく考えられると思う。

だからメンタルやコース慣れを除いて考えると、見る人から見たらどんな人でもほとんど普段の練習どおりの結果しか出ていないと自分は思っている。プレッシャーや目標意識もなく、マットから連続して打った何球目かのナイスショットを過信しても、後で自分が損するだけ。

コースで凹まないため、正しい身の丈を知るための判断基準を知れば自分に合った練習方法も見えてくると思うし、本番とリンクする練習方法を自然に取り入れるようになってくるもんだと思う。

1球ごとにクラブを換える、3球ごとに換える、自分のルーティーンを決めて丁寧に行うなどの練習方法は効果的。また、本番同様に考えながら緊張感を持って打って存分にミスすればいい。これをやると、ゴルフ場にやってきたような錯覚と緊張感があって練習も楽しめる。

最近は本番同様にウキウキできる環境が欲しくて、なるべく朝イチで練習場に向かうことが多くなった。特にこの時期の7時前後は、空気も朝の雰囲気が漂っているし、寝ている家族を起こさないようにそっと出かける様子も、本番の日に似ているから楽しい(笑)。


2010年07月14日

アプローチ自宅練習

ボールの先に置いた紙切れを一緒に打つという先日のレッスンで思いついた2球同時打ち練習。ウレタン製の練習ボールを使って、通常のセット位置から15〜20cm先にもう1球をセット。通常位置にセットしたボールをクリーンにヒットしつつ、先にあるボールまできちんと打つ。

練習というよりも興味本位でやってみたのだけれど、これが案外いい練習になりそう。ただし、ウレタン製の練習ボールを6球しか持っていないので3回打つとまた拾いに行くのが面倒…。やはりレッスンのように別のもので代用する方が効率良いってことか。

アプローチ自宅練習
アプローチ自宅練習
アプローチ自宅練習

連続写真。2球とも綺麗に上がっているが、当然左寄りにセットしたボールの方がフェイスが寝た状態で当たるので高く上がる。この2球は約2m先のカーテン20〜30cm違いの高さで当たる。そして1球目よりも2球目の方がやや左にボールが出る。いや、むしろ逆。1球目がやや右に飛んでしまって、2球目の方が真っ直ぐ飛んでる。

スタンスはほぼ閉じた状態でややオープン。1球目を右足親指前あたりにセットして打つ。この左右の違いは、自分のストロークプレーンによるものだと考えた場合、これは興味深い結果。やはり2球とも真っ直ぐ出るようにすべきなんだろうなぁ。続けて練習&研究してみよう。


2009年09月08日

練馬高野台トップゴルフセンター

ゴルフ開始当初の練習と言えば、ただひたすらナイスショットが出るまで球数を消費してるだけの練習が多かった。そしてナイスショットが出るまで打ち込んで出たらクラブを持ち替えてまた打ち込む…。

そんな練習を見ていた友人からのひと言。

なんでやめるの?

その後の練習方法に大きな影響をくれたひと言。今でも時々そういう練習になりかけた時にふと思い出す。テーマを持って頻繁にレンジに通っているとそういうことにはならないのだけれど、久しぶりの練習ともなるとただ打ってるだけというような練習になりがち。

すっかりレッスンもレンジ回数も減ってしまった。自宅練習に意味を持たせることで補えればと考えているけれど、引っ越しも落ち着いたので新居での練習パターンを考えて習慣付けなければ。


2009年02月21日

右肘が脇腹近くを通るダウンスイング


インパクトで腰(左股関節)が引けて伸び上がる。
インパクトでグリップが体から離れすぎ。


この2点がうまく相殺された時にナイスショットできる。これが今の自分のスイング。クラブが長いほど上記の癖は顕著に現れ、ナイスショットの確率も低くなる。それでも具合の良い時はよく相殺してくれる(笑)。

しかし最近はその相殺率が低下してきたようで、繰り返すスイング修正作業も手伝って、連続でのジャストミートがかなり少ない。

左股関節の伸び(引き)を矯正するレッスンは前回も行ったが、まだその悪癖は健在。そこで以前もやったことがある、右斜め後方から大きくステップを踏み込んでボールを打つドリル。足だけじゃなく、お尻(腰)を飛球線方向にクイッと持って行きながら左股関節上に乗せて。

なるほど矯正器具を使った前回より解り易い。しかし腰を引かなくなったら今度はボールとの位置が近くなり過ぎてダフる。前傾が保てている証拠なのだけど、でもダフるからまた腰を引いて伸びる繰り返し。

そこでこれも以前やった右肘の畳みを自分なりに取り入れてみる。もはや畳まないとボールにうまく当たらないのでしょうがなくという苦肉の策的思いつき。ダウンスイングで腰を飛球線方向に切る際に出来るその隙間に畳まれたままの右肘を通していくイメージ。

あ、出来そう!
クラブヘッドのタメも効いて気持ち良い!


左股関節を我慢したフォロー

そして憑かれたように反復していると、今度はインサイドアウトになり過ぎという指摘を受けた。肘から先が全く返ってなかった(笑)。そこでこれまた以前に習った左肘の使い方を思い出して取り入れ、なんとか形になってきた。ボールも高くてほぼ真っ直ぐ。連続して芯を喰う。久しぶり。

結局今日始めて言われたことはひとつもなく、何度も言われていることを今日になってやっと体で解釈できたという感じ。でもステップして打つドリルなんて昨年の5月にはもうやっていたドリルだ。覚えが遅いというか頭が悪いというか、なんとも試行錯誤の期間が長すぎる(笑)。

これもクラブが長いほどまだ上手く出来ない。膝がまだ外に逃げていて修正点は残っているものの、大変良い感じなので反復あるのみ。

▼関連記事
・左足のめくれと膝の突っ張りを直すために
・インパクトで伸び上がってしまう左足の矯正ドリル
▼関連リンク
・腰が引ける原因(ゴルフレッスン +72ゴルフブログ)


2009年02月14日

スイング時の左足矯正器具

今日のレッスンは、インパクト時に伸び切ってしまう癖の矯正。中でも左股関節の引けと左膝の伸び切り。このせいで目とボールの位置関係も崩れてしまい体も立ち上がった感じになって安定したインパクトを得られていない様子。この状態では安定したスショットは出ないし、ナイスショットがあったとしても常にまぐれ当たりということか。

ということで左足矯正のドリル開始。

左足を台の上に乗せて
まず左足を20cmくらいある台に乗せてボールを打つ。この状態で伸びてしまうと確実にボールに当たらない。右足に体重が残っても不安定になりフラフラしてしまう。これは見た目以上にハードなドリルで、開始2分ほどで額から汗がしたたり落ちた。でもよく理解できた。

右足を後方に引いてつま先立ちでスイング
両足を揃えて右足を後方に引くパターンと、肩幅スタンスのパターンとの2種類行った。後方から見た時にクラブのライ角と同じくらいになるよう右足を後方に引くので相当きつい体勢。ここからインパクト後に右膝だけ左足に寄せてフィニッシュ。これも右足に体重が残るとすぐ分かる。

矯正器具(写真)に左足を乗せて
最後は写真の器具に左足をセットしてのドリル。股関節が硬いとこれもかなりきつい。体がきついせいで左肘が外側に引けてしまう。また全てを我慢できても、今度はフォローで股関節が悲鳴を上げてしまう。

たしかに左足1本で立つためには突っ張ったり、引けたりしていては全く出来ないので、左足を軸にでスイングするいい勉強になったし理解しやすかった。インパクト安定に向けても為になるドリルばかりだった。

▼関連記事
・腰が引ける原因(ゴルフレッスン +72ゴルフブログ)
・左ひざを伸ばすこと(ゴルフレッスン +72ゴルフブログ)


2009年02月10日

ティーアップして練習

ザ・ゴルフ・チャンネルのレッスン番組で、「練習場で最初の何球かはティーアップして打ちましょう。」というのがあった。最初にミスショットが出るとそれを補おうとしょっぱなから形を崩してしまったり、テーマがあるべきその日の練習が別物に変化してしまったりするからだそうだ。日々感覚が変化する中で、今日は調子が悪い、今日は良いなどという一喜一憂の幅も減らせて“正しい練習”になると言う。

自分の練習はインドアレンジ主体なので、距離の見える外レンジでやるよりはこういったことが少なくて済んでいるのかもしれないが、当たり前のことながらいいヒントをもらった。そして番組は、“単に安心感を得るための連続打ち”になってしまわないよう、必ず何を練習するのかという目的を持って臨みましょうと締め括っていた。これも当たり前だけど、練習中にもこれを時々忘れてしまう瞬間があるので留意。

ということで早速今日の練習からティーアップ練習を取り込む。最初は気持ちよく練習を開始できるための準備ショットのつもりでやっていたけれど考えていた以上にいい練習になった。ティーアップして体が慣れてきたら地面から打つ。乱れてきたらまたティーアップに戻すという手順。

ドライバー練習中

よく短いクラブから練習を開始して、ナイスショットが続いたら徐々に長いクラブに持ち替えて、乱れてきたら再度短いクラブに戻すという練習方法がある(坂田ジュニアゴルフ塾)けれど、これに今日はこれにティーアップする、しないも加えて繰り返し行うことにした。

マット上にボールがあると、身体が自然に反応して力んでしまう。ティーアップする練習はその力みを見事に取り払ってくれた。スイング改造中はまさにティーアップすべきだと実感できた。ウェッジのティーアップ練習もよく推奨され時々行うようにしているが、意外とこれが難しい。


2009年01月24日

イスに座ってボールを打つ

最近、クラブのトゥ側にボールが当たることが多くなった。以前シャンクが連続で出た時があって、その頃からボールをトゥ側にセットするようになっていた。これが原因だと思ってヒール側にセットしてみたり、ヒールよりで捉えるよう打つと少しは緩和された。これでも良いのだろうけれどやはりヒールよりにセットするのはなんとなく不安。

そこで今日のレッスンでこれを相談してみたら「左肘と左腰が外側に逃げている」とのこと。そこで両足のつま先を右斜め45度(飛球線に対して後方側)に向けてスイング。なるほど芯で捉えられるなった。しかもここまで後ろを向いていてもボールはまっすぐ飛ぶ。

ボールのセット位置だけではないカス当たりの原因がこうして判明するだけでも練習に集中できて安心した。

「肩も回転も足りない」ということで、今度はイスに座ってボールを打つ練習。主に上半身の使い方を覚えるドリルだけれど、すくい打ちや腰が引ける矯正にもなるとのこと。プロもよくやる練習方法だけど、横峯さくらプロが飛距離アップ用に実践していた記憶もあるなぁ。

しかしこのドリル。ほぼ上半身だけしか使わないはずなのに、太腿がやたら疲れる。何球も続けて打っているうちに足がガクガクしてきた。下半身の踏ん張る力ってかなり重要なんだという事も実感した。


2009年01月21日

正しくインパクトする練習

たった数秒のスイングの中で注意すべきことが多過ぎる。ひとつひとつを身に染み込ませるべく練習する時間は楽しいけれど、この中のひとつだけでもなんとか簡単に済ませられないだろうか。

そんな中で編み出したのが、インパクトの瞬間に「パーン!」と声を発しながら打つ方法。自分の場合、手(グリップ)が先に行き過ぎて仕方ない時がある。だけど、ここばかりに集中すると、捻転がおろそかになったり手だけでクラブを上げてしまったりの弊害が起こる。

ところが、右足の内側にグリップが通る瞬間に「パーン」と声を発する実験をしてみたところ、ミスの率が格段に減った。これは「左手の甲でインパクトする」というイメージの補助に大変役立った。インパクトは「声」に任せて、他の部分の練習に集中できるという感じ。

ただこれは、いつも行くスポーツクラブのレンジが空いている(というよりはほとんど自分1人しか練習していない)から出来ることで、他人がいたりコースでどうするかは思案中(笑)。まあ、そんなに大声出すわけじゃないからなんとでもなるか。でも最近いつも1人ぽっちのレンジになっているせいか、練習中の独り言が増えてきた気がする(笑)。


プロフィール
ゴルフマニア手帳 by 大西義治
名称:ゴルフマニア手帳
著者:大西義治(はるる)
生年:1964年(昭和39年)
身長:165cm
体重:62kg
出身地:大阪府大阪市
住まい:東京都板橋区

自営業を営む趣味ゴルファー。東京都板橋区在住。生涯続けられるスポーツとして、趣味のゴルフを43歳から始めました。
  
クラブセッティング
ドライバー
GP ONE MINUTE M52
TRPX AURA(S)
フェアウェイウッド
BBD's 304T(#4)
TRPX RED-HOT TYPE-P(2+)
ユーティリティ・ハイブリッド
PING Anser(#20)
TRPX UT-7(1+)
PING Anser(#23)
TRPX UT-8(1+)
アイアン
MIZUNO MP-53(#5-PW)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
ウェッジ
MIURA MB-5000WB(#53)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
MIURA MB-5000WB(#57)
DG TOUR ISSUE CPT(S200)
パター
Edel Golf E-2
ボール
SRIXON Z-STAR
戦績
通算記録
通算ラウンド数(186)
2016年ラウンド数(24)
2015年ラウンド数(21)
2014年ラウンド数(20)
2013年ラウンド数(24)
2012年ラウンド数(17)
2011年ラウンド数(14)
2010年ラウンド数(17)
2009年ラウンド数(19)
2008年ラウンド数(26)
2007年ラウンド数(4)
ベストスコア(75)
ワーストスコア(152)
ベストハーフ(37)
ワーストハーフ(80)
ハンデキャップ
JGA/USGA(12.6)
GDO(15)
2016年の記録
ラウンド数(24)
平均スコア(86.7)
平均パット数(1.83-2.07)
フェアウェイキープ率(44.0%)
パーオン率(27.3%)
リカバリー率(22.3%)
サンドセーブ率(17.3%)
ラウンド予定
2017年3月
猿島カントリー倶楽部
ワンウェイゴルフクラブ
2016年
2016/11/25
大栄カントリー倶楽部
2016/11/18
浦和ゴルフ倶楽部
2016/11/09
美里ゴルフ倶楽部
2016/10/28
カレドニアンGC
20/16/10/14
サミットGC
2016/10/08
十日町CC
2016/09/29
阿見ゴルフクラブ
2016/09/09
ザ・インペリアルCC
2016/09/02
阿見ゴルフクラブ
2016/08/19
猿島カントリー倶楽部
2016/08/11
ザ・インペリアルCC
2016/07/27
千葉CC-梅郷C
2016/07/14
紫あやめ36-EAST
2016/07/01
阿見ゴルフクラブ
2016/06/16
紫あやめ36-EAST
2016/06/01
紫CCすみれコース
2016/05/26
阿見ゴルフクラブ
2016/05/12
阿見ゴルフクラブ
2016/05/05
ザ・インペリアルCC
2016/04/22
紫CCすみれコース
2016/04/15
浦和ゴルフ倶楽部
2016/04/07
新武蔵丘ゴルフコース
2016/03/25
紫あやめ36-EAST
2016/03/18
八千代ゴルフクラブ

86(35)

92(28)

86(33)

94(35)

84(31)

95(37)

88(33)

86(36)

81(30)

86(29)

75(32)

96(37)

86(34)

85(30)

79(28)

95(34)

89(37)

84(31)

82(36)

84(35)

90(32)

79(28)

95(39)

84(30)
2015年
2015/11/13
紫あやめ36-EAST
2015/10/31
十日町CC
2015/10/16
紫CCすみれコース
2015/10/09
エーデルワイスGC
2015/09/18
若洲ゴルフリンクス
2015/09/11
ザ・インペリアルCC
2015/08/28
紫CCすみれコース
2015/08/20
千代田CC-中東
2015/07/31
千葉CC-梅郷C
2015/07/23
紫あやめ36-EAST
2015/06/24
紫あやめ36-EAST
2015/06/13
八千代GC
2015/06/06
双鈴GC関コース
2015/05/29
紫CCすみれコース
2015/05/23
十日町CC
2015/05/15
阿見ゴルフクラブ
2015/05/04
阿見ゴルフクラブ
2015/04/24
若洲ゴルフリンクス
2015/04/18
紫あやめ36-WEST
2015/03/27
紫あやめ36-WEST
2015/03/20
紫あやめ36-EAST

85(30)

99(36)

98(34)

96(38)

94(35)

87(32)

93(31)

83(34)

94(33)

84(34)

86(29)

83(30)

91(33)

92(32)

89(40)

80(31)

84(34)

86(32)

91(33)

83(29)

87(30)
2014年
2014/12/19
紫あやめ36-EAST
2014/12/05
紫CCすみれC
2014/11/21
サミットGC
2014/11/01
十日町CC
2014/10/24
サミットGC
2014/10/01
紫あやめ36-WEST
2014/09/06
紫あやめ36-EAST
2014/08/22
阿見ゴルフクラブ
2014/07/25
川越CC
2014/07/17
紫あやめ36-EAST
2014/06/19
阿見ゴルフクラブ
2014/06/14
千代田CC
2014/05/28
紫あやめ36-EAST
2014/05/24
十日町CC
2014/05/03
おかだいらGL
2014/04/25
紫CCすみれC
2014/04/18
阿見ゴルフクラブ
2014/04/11
赤羽ゴルフ倶楽部
2014/03/29
紫あやめ36-EAST
2014/03/12
紫あやめ36-EAST

83(33)

90(34)

82(34)

100(38)

84(33)

88(29)

94(36)

85(31)

90(33)

84(30)

91(32)

80(30)

88(34)

90(38)

82(31)

90(37)

83(31)

85(32)

83(29)

84(30)
2013年
2013/12/31
紫あやめ36-EAST
2013/12/20
紫CCすみれC
2013/12/13
紫あやめ36-EAST
2013/11/22
千代田CC
2013/11/09
十日町CC
2013/10/17
富士桜CC
2013/10/11
セゴビアGC
2013/09/21
紫あやめ36-EAST
013/09/06
ワンウェイGC
2013/08/23
千葉CC・梅郷C
2013/08/14
紫あやめ36-EAST
2013/08/07
阿見ゴルフクラブ
2013/07/27
ひかみCC
2013/07/17
紫あやめ36-EAST
2013/07/13
紫あやめ36-EAST
2013/07/10
紫あやめ36-EAST
2013/06/08
紫あやめ36-WEST
2013/06/04
紫あやめ36-EAST
2013/05/18
ムーンレイク茂原
2013/05/15
おおむさらきGC
2013/04/28
ザ・GC竜ヶ崎
2013/04/13
阿見ゴルフクラブ
2013/03/20
紫あやめ36-WEST
2013/03/09
アゼリアヒルズCC

85(29)

91(32)

85(34)

93(37)

103(38)

89(32)

90(34)

84(28)

90(33)

92(32)

85(34)

78(30)

87(36)

96(31)

90(32)

85(33)

89(32)

86(31)

86(40)

91(35)

90(36)

86(37)

86(30)

85(35)
2012年
2012/12/30
アゼリアヒルズCC
2012/12/12
川越CC
2012/12/01
紫あやめ36-WEST
2012/11/24
富岡CC
2012/11/17
さいたまGC
2012/11/10
アゼリアヒルズCC
2012/10/21
ザ・インペリアルCC
2012/10/07
アゼリアヒルズCC
2012/10/04
エーデルワイスGC
2012/09/15
ハーモニーヒルズGC
2012/07/24
阿見GC
2012/07/14
高麗川CC
2012/06/23
千代田CC
2012/04/29
皆川城CC
2012/04/07
アゼリアヒルズCC
2012/03/14
湘南シーサイドCC
2012/03/03
朝霞パブリックG

92(36)

97(33)

88(31)

102(39)

87(31)

85(33)

88(31)

80(36)

104(36)

83(35)

86(30)

92(32)

82(30)

84(30)

80(33)

94(31)

92(30)
2011年
2011/12/30
アゼリアヒルズCC
2011/11/26
つつじヶ丘CC
2011/11/09
ホワイトバーチCC
2011/10/29
富岡CC
2011/10/02
埼玉GC
2011/09/23
アゼリアヒルズCC
2011/09/17
ホワイトバーチCC
2011/09/03
霞ヶ浦CC
2011/08/13
ホワイトバーチCC
2011/08/08
おおむらさきGC
201107/16
皆川城CC
2011/05/03
ハーモニーヒルズGC
2011/04/02
アゼリアヒルズCC
2011/03/09
湘南シーサイドCC

88(36)

101(41)

88(31)

94(37)

95(31)

87(31)

92(34)

86(32)

92(31)

91(34)

78(32)

83(39)

83(33)

85(32)
2010年
2010/12/30
アゼリアヒルズCC
2010/12/18
高根CC
2010/12/04
おかだいらGL
2010/11/27
おかだいらGL
2010/11/03
ハーモニーヒルズGC
2010/10/02
富岡CC
2010/09/04
ハーモニーヒルズGC
2010/08/28
玉造GC・捻木C
2010/08/09
瀬田GC・北C
2010/07/31
霞ヶ浦CC
2010/07/24
ザ・インペリアルCC
2010/07/03
鳳凰GC・東C
2010/06/05
おかだいらGL
2010/05/29
玉造GC・若海C
2010/05/01
おかだいらGL
2010/04/24
霞ヶ浦CC
2010/03/27
水戸レイクスCC

88(32)

98(38)

96(36)

93(33)

87(36)

96(34)

86(37)

102(45)

91(32)

90(36)

81(35)

94(35)

82(33)

94(33)

88(35)

84(29)

97(34)
2009年
2009/12/31
玉造GC・捻木C
2009/12/05
アジア取手CC
2009/12/01
高根CC(BT)
2009/11/21
玉造GC・捻木C
2009/11/01
玉造GC・・若海C
2009/10/20
おかだいらGL
2009/10/10
笠間CC
2009/09/21
笠間CC
2009/09/19
おかだいらGL
2009/08/13
滋賀GC
2009/07/09

笠間CC
2009/07/04
アジア取手CC
2009/06/13
笠間CC
2009/05/11
太平洋クラブ六甲
2009/04/29
ザ・GC竜ヶ崎
2009/04/11
ハーモニーヒルズGC
2009/03/28
イトーピア栃木GC
2009/01/11
千代田CC
2009/01/03
イトーピア栃木GC

90(36)

92(37)

88(30)

100(37)

99(30)

92(38)

96(34)

91(36)

88(32)

91(38)

90(33)

87(36)

95(38)

107(38)

96(37)

109(44)

125(41)

102(35)

102(41)
2008年
2008/12/21
イトーピア栃木GC
2008/12/08
サミットGC
2008/12/06
水戸レイクスCC
2008/11/30
みずなみCC
2008/11/22
東都飯能CC
2008/11/08
イトーピア栃木GC
2008/10/26
水戸レイクスCC
2008/10/09
小見川東急GC
2008/10/05
イトーピア栃木GC
2008/09/27
水戸レイクスCC
2008/09/15
イトーピア栃木GC
2008/09/07
ジュンクラシックCC
2008/08/31
東庄GC
2008/08/16
マスターズGC
2008/08/02
水戸レイクスCC
2008/07/26
板倉ゴルフ場
2008/07/20
アジア取手CC
2008/07/12
ロイヤルフォレスト
2008/06/15
アジア取手CC
2008/06/04
小見川東急GC
2008/05/18
アジア取手CC
2008/05/05
セブンハンドレッド
2008/04/12
ロックヒルGC
2008/04/06
グランディ那須白河
2008/03/08
セブンハンドレッドC
2008/02/16
アジア取手CC

98(38)

98(40)

102(42)

107(35)

103(35)

100(35)

96(39)

95(32)

101(39)

90(30)

95(35)

106(38)

103(38)

106(32)

99(40)

106(35)

99(39)

101(36)

94(32)

100(37)

101(40)

104(44)

108(43)

115(42)

112(38)

109(35)
2007年
2007/12/17
京CC
2007/11/23
鶴CC・宇都宮C
2007/10/06
ロックヒルGC
2007/09/05
小見川東急GC

125(41)

152(40)

137(44)

130(40)
過去記事